CSS圧縮の方法と使い方!初心者向けの徹底解説 – JPSM

CSS圧縮の方法と使い方!初心者向けの徹底解説

CSS圧縮を徹底解説CSS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Webサイトの表示速度は、ユーザーエクスペリエンスやSEOの観点から極めて重要です。

そのため、ページの読み込み時間を短縮することは、サイト訪問者の離脱率を減少させるだけでなく、検索エンジンのランキングにも寄与します。

その中で、CSSはページデザインの要となるものですが、CSSファイルのサイズが大きすぎると、そのページの読み込み時間が遅れることがあります。

そこで、この問題を解消するための方法として、CSSの圧縮が挙げられます。

本記事では、CSS圧縮の方法と使い方について詳しく解説します。

●CSS圧縮とは

CSSを圧縮するとは、CSSのコードの中で不要な空白や改行、コメントなどを排除し、コードの量を削減することを意味します。

この結果、CSSファイルのサイズが小さくなり、それに伴ってページの読み込み速度が向上します。

また、ファイルのサイズが小さいため、サーバーへのアップロード時間や、ユーザーがページを読み込む際のダウンロード時間も短縮されます。

●CSS圧縮の方法

CSS圧縮には、手動で圧縮する方法と、自動で圧縮するツールを使う方法があります。

まずは手動での圧縮方法を紹介します。

①手動でのCSS圧縮

手動でCSSを圧縮する際の基本的なステップとして、不要なスペースや改行、コメントを削除します。

これにより、ファイルサイズの増加を引き起こす要素を排除することができます。

例えば、

/* ヘッダー */
.header {
  width: 100%;
  background-color: #fff;
}

/* ナビゲーション */
.nav {
  margin: 0;
}

このCSSコードでは、コメントや改行が多く含まれており、これを削除することでファイルのサイズを減らすことができます。

②CSS圧縮ツールの利用

手動で圧縮する方法は効果的ですが、大規模なプロジェクトでは時間がかかるため、CSS圧縮ツールを利用することが一般的です。

CSS圧縮ツールは、自動的にCSSファイルを圧縮し、ファイルサイズを縮小することができます。

代表的なCSS圧縮ツールとしては、下記のものがあります。

・YUI Compressor

・CSS Compressor

・CleanCSS

・CSSNano

それぞれのツールの使い方は異なりますが、基本的な手順は以下の通りです。

  1. CSSファイルを圧縮したいツールにアップロードする。
  2. ツールが自動的にCSSファイルを圧縮する。
  3. 圧縮されたCSSファイルをダウンロードする。

次に、代表的なツールの使用例を示します。

・YUI Compressor

YUI Compressorは、Javaの実行環境が必要です。

  1. YUI Compressorをダウンロードしてインストールします。
  2. 圧縮したいCSSファイルを用意します。
  3. コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを入力します。
java -jar yuicompressor.jar style.css -o style.min.css

style.cssの部分は、圧縮したいCSSファイルの名前に置き換えます。-oオプションを使用することで、圧縮後のファイル名を指定することができます。

上記の例では、style.min.cssというファイル名で保存されます。

・CSSNano

CSSNanoは、Node.jsの実行環境が必要です。

  1. Node.jsをインストールします。
  2. コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを入力します。
npm install cssnano -g
  1. 圧縮したいCSSファイルを用意します。
  2. コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを入力します。
cssnano style.css style.min.css

style.cssの部分は、圧縮したいCSSファイルの名前に置き換えます。

上記の例では、style.min.cssというファイル名で保存されます。

以上のように、CSS圧縮ツールを利用することで、手動での圧縮よりも簡単にファイルサイズを縮小することができます。

③Gzip圧縮を利用する

CSSファイルをGzip圧縮することで、ファイルサイズを大幅に縮小することができます。Gzip圧縮は、Webサーバーが自動的に圧縮を行うことができます。

ただし、Webサーバーが圧縮をサポートしていない場合は、手動でGzip圧縮する必要があります。

Gzip圧縮を利用するためには、次の手順が必要です。

  1. WebサーバーがGzip圧縮をサポートしていることを確認する。
  2. CSSファイルをGzip圧縮する。
  3. HTMLファイルにGzip圧縮されたCSSファイルのパスを設定する。

Gzip圧縮の手順を紹介します。

  1. WebサーバーがGzip圧縮をサポートしていることを確認する。
    Gzip圧縮をサポートしているWebサーバーには、Apache、Nginx、IISなどがあります。
    Webサーバーの設定ファイルを編集して、Gzip圧縮を有効にすることができます。
  2. CSSファイルをGzip圧縮する。
    Gzip圧縮は、gzipコマンドを使用して行うことができます。
gzip style.css
  1. HTMLファイルにGzip圧縮されたCSSファイルのパスを設定する。
    HTMLファイルのhead要素内で、Gzip圧縮されたCSSファイルのパスを設定する必要があります。
    次は、Gzip圧縮されたCSSファイルを使用するためのHTMLコードの例です。
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Document</title>
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css.gz" />
</head>

以上の手順に従って、Gzip圧縮を利用することで、CSSファイルのファイルサイズを縮小することができます。

まとめ

Webページの速度を向上させるためには、CSSの圧縮は非常に有効な手段の一つです。

手動での圧縮や、各種ツールを活用した圧縮、そしてGzip圧縮の方法を組み合わせることで、最適なページ速度を実現することができます。

この記事を通じて、初心者の方でもCSSの圧縮方法についての理解を深め、実際の開発に活用していただけることを期待しています。