TypeScriptで改行する方法10選

TypeScriptでの改行のイラスト付きガイドTypeScript
この記事は約11分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

改行は、コードを見やすくし、他の開発者や自分自身が後でコードを読み返したときの理解を助ける重要な要素です。

この記事を読めば、TypeScriptでの改行方法やその周辺の知識を身につけ、コードの可読性を向上させることができるようになります。

●TypeScriptでの改行の基本

TypeScriptでの改行は、プログラムの動作には直接的な影響を与えませんが、ソースコードの可読性や整理のためには非常に重要です。

特に複数の開発者が関わるプロジェクトでは、統一的な改行のルールを持つことで、コードの読みやすさを向上させることができます。

○サンプルコード1:単純な改行の実現方法

このコードでは基本的な改行の方法を表しています。

この例では、簡単に改行を追加することで、コードの見た目を整えています。

let message1 = "こんにちは、";
let message2 = "TypeScriptの世界へようこそ!";

console.log(message1);
console.log(message2);

このコードを実行すると、”こんにちは、”と”TypeScriptの世界へようこそ!”が別々の行に表示されます。

○サンプルコード2:文字列内の改行

このコードでは、文字列内に改行を追加する方法を表しています。

この例では、\nを用いて文字列内に改行を挿入しています。

let greeting = "こんにちは、\nTypeScriptの世界へようこそ!";
console.log(greeting);

実行すると、”こんにちは、”と”TypeScriptの世界へようこそ!”が別々の行に表示される結果が得られます。

●テンプレートリテラルを用いた改行

TypeScript、そしてJavaScriptにおけるテンプレートリテラルは、文字列を扱う際の強力なツールとなっています。

テンプレートリテラルを使用することで、文字列内に変数を埋め込むことや、複数行にわたる文字列を簡単に作成することができます。

特に、文字列内の改行を実現する場面で、このテンプレートリテラルの利点が際立っています。

テンプレートリテラルは、バッククォート(“)を用いて文字列を囲みます。

これにより、文字列内での改行をそのままコードに反映させることができるのです。

○サンプルコード3:テンプレートリテラルでの改行

このコードではテンプレートリテラルを使って、複数行の文字列を作成する方法を表しています。

この例では、変数の中に複数行の文章を入れて、そのままの形式で出力しています。

const multiLineString = `TypeScriptのテンプレートリテラルは
非常に便利で、
改行を含む文字列も簡単に扱えます。`;

console.log(multiLineString);

このコードを実行すると、次のように複数行にわたる文章がそのまま出力されます。

TypeScriptのテンプレートリテラルは
非常に便利で、
改行を含む文字列も簡単に扱えます。

テンプレートリテラルを用いることで、従来の文字列の扱いに比べ、直感的にコードを書くことが可能となります。

特に、初心者の方でも簡単に複数行の文字列を扱うことができるため、様々なシチュエーションでの利用が期待されます。

●改行と関連するエスケープシーケンス

エスケープシーケンスは、特定の文字を表現するための短い文字列の組み合わせです。

TypeScriptでは、文字列内で特殊な文字を表現する際に、これらのエスケープシーケンスを頻繁に使用します。

例えば、文字列内での改行を表すためのエスケープシーケンスは「\n」です。

今回は、エスケープシーケンスの中でも特に改行と密接に関連するものを中心に、具体的な使用例とともに解説していきます。

○サンプルコード4:エスケープシーケンスの利用例

このコードでは、TypeScriptでのエスケープシーケンスを使って、文字列内に改行やタブなどを挿入する方法を紹介しています。

この例では、変数の中に文字列を代入して、エスケープシーケンスを用いて特殊な文字を表現しています。

const exampleString = "こんにちは、世界!\n新しい行へようこそ\tタブでスペースを開けます。";
console.log(exampleString);

このコードを実行すると、文字列内の「\n」は改行として、そして「\t」はタブとして処理されます。

そのため、コンソールにはついgのような出力が表示されます。

こんにちは、世界!
新しい行へようこそ タブでスペースを開けます。

TypeScriptにおけるエスケープシーケンスは、他の多くのプログラミング言語と同様の動作をしますので、異なる言語からの移行も比較的スムーズに行えるでしょう。

ただし、文字列を操作する際や、特定の文字を正確に表現する必要がある場合には、これらのエスケープシーケンスの正確な動作を理解しておくことが重要です。

特に初心者の方々にとっては、エスケープシーケンスを使用することで、コード内で簡単に特殊な文字を表現することができるため、是非とも覚えておくことをおすすめします。

さらに、他にも「\”」や「\」など、さまざまなエスケープシーケンスがTypeScriptで利用可能です。

これらのエスケープシーケンスを駆使することで、より柔軟なコーディングが可能になります。

●改行を含む文字列の操作

TypeScriptで文字列を操作する際、改行を含む文字列の取り扱いは非常に一般的です。

ここでは、改行を含む文字列の分割や結合などの操作方法を学びます。

○サンプルコード5:改行を利用した文字列の分割

このコードでは、文字列の中に含まれる改行を基にして、文字列を分割する方法を表しています。

この例では、splitメソッドを使って文字列を配列に分割しています。

const 文字列 = "こんにちは\nTypeScriptの\n改行のガイドにようこそ!";
const 分割された配列 = 文字列.split("\n");

console.log(分割された配列);

上記のコードを実行すると、文字列が改行ごとに分割されて配列に格納されます。

そのため、出力される配列は[“こんにちは”, “TypeScriptの”, “改行のガイドにようこそ!”]となります。

○サンプルコード6:文字列の結合と改行

こちらのコードでは、配列の各要素を結合して改行を含む文字列を作成する方法を表しています。

この例では、joinメソッドを利用して配列の要素を結合し、改行を挿入しています。

const 文字列配列 = ["TypeScript", "改行", "初心者"];
const 結合された文字列 = 文字列配列.join("\n");

console.log(結合された文字列);

上記のコードを実行すると、配列の要素が改行を挟んで結合され、次のような出力が得られます。

TypeScript
改行
初心者

●関数やクラス内での改行の扱い

TypeScriptを使用してプログラムを書く際、関数やクラス内の改行は非常に重要です。

コードの可読性を高め、他の開発者との協力を円滑にするための方法として、適切な位置での改行はコードの品質向上に貢献します。

ここでは、関数やクラス内での改行の扱い方を2つのサンプルコードを交えて詳しく説明します。

○サンプルコード7:関数内での改行の使い方

関数の中での改行は、複数の引数やロジックを持つ関数で特に有効です。

下記のコードは、関数の引数や内部のロジックでの改行の使い方を表しています。

function 計算(第一数値: number, 第二数値: number, 操作: string): number {
  // 引数が多い場合や、ロジックが複雑な場合に改行を挟む
  if (操作 === '足し算') {
    return 第一数値 + 第二数値;
  } else if (操作 === '引き算') {
    return 第一数値 - 第二数値;
  } else {
    throw new Error('未対応の操作です。');
  }
}

この例では、関数計算が3つの引数を受け取り、操作のタイプに応じて計算を行っています。

関数の中での条件分岐や計算ロジックを明確にするために、適切な位置で改行を使用しています。

○サンプルコード8:クラスのプロパティやメソッドの間の改行

クラス内でも改行は効果的です。

プロパティやメソッド間に適切なスペースを持たせることで、コードの見た目が整い、読みやすくなります。

class 人物 {
  名前: string;
  年齢: number;

  // コンストラクタ
  constructor(名前: string, 年齢: number) {
    this.名前 = 名前;
    this.年齢 = 年齢;
  }

  // メソッド
  自己紹介(): void {
    console.log(`${this.名前}です。${this.年齢}歳です。`);
  }
}

上記のコードでは、クラス人物が2つのプロパティと2つのメソッドを持っています。

それぞれのプロパティやメソッドの間に改行を挟むことで、コードの構造が一目でわかるようになっています。

このコードを実行すると、新しい人物のインスタンスを作成し、その人物の自己紹介をコンソールに出力することができます。

例えば、const 山田 = new 人物('山田太郎', 25);というインスタンスを作成した後、山田.自己紹介();を実行すると、”山田太郎です。25歳です。”という文がコンソールに表示されます。

●TypeScriptのフォーマッターを使った改行の最適化

TypeScriptを使ってコードを書いていると、コードが長くなったり、多くのメンバーが同じコードに手を加えることがあると思います。

このような状況で、統一されたコードスタイルを維持するのは非常に大変です。

特に改行の取り扱いは、人それぞれの好みや環境によって異なるため、一貫性を持たせるのが難しくなりがちです。

そこで活躍するのが、コードフォーマッターです。

コードフォーマッターは、コードを一定のルールに基づいて自動的に整形してくれるツールのことを指します。

TypeScriptの世界では、特に「Prettier」というツールが有名です。

○サンプルコード9:Prettierを用いた自動整形

このコードでは、Prettierを使ってTypeScriptのコードを自動的に整形する例を表しています。

この例では、不適切な位置に改行が入ったコードをPrettierを使って整形しています。

// このコードは意図的に改行が不適切な場所に入っています
const sayHello = (name: string) => {return `Hello, ${name}!`;}

// Prettierを使用して自動整形すると以下のようになります
const sayHello = (name: string) => {
    return `Hello, ${name}!`;
}

この例を見ると、最初のコードでは一行にすべてのコードが詰め込まれており、読みにくい状態になっています。

しかし、Prettierを使用して整形すると、関数の本体が改行されて見やすくなります。

Prettierは非常に便利なツールであり、多くのオプションや設定を持っています。

例えば、セミコロンの有無やシングルクォートとダブルクォートの使い分けなど、細かな設定が可能です。

これにより、チームごとやプロジェクトごとに統一されたコードスタイルを維持することができます。

また、PrettierはTypeScriptだけでなく、JavaScriptやCSS、SCSS、Markdownなど、さまざまな言語やファイル形式に対応しています。

これにより、フロントエンドの開発ではもちろん、バックエンドやドキュメントの整形にも活用することができます。

●その他の注意点

TypeScriptを使用する際、改行に関して気をつけるべき点や、日常的に遭遇する可能性のあるエラーケースも存在します。

これらの問題に早急に対処することで、効率的な開発が進められます。

ここでは、そういった一般的な問題点やその対処法について解説していきます。

○サンプルコード10:改行に関連するエラーとその対処法

このコードでは、TypeScriptでよく遭遇する改行に関連するエラーと、それに対する対処法を表しています。

この例では、意図せず改行が入ってしまいエラーが発生する場面と、その解決手段を表しています。

// このコードは意図的にエラーを起こすためのサンプルです
let message: string = "こんにちは、
TypeScript";

// 上記のようなコードは、文字列の途中での改行が認められていないためエラーとなります。

// 正しい書き方
let correctMessage: string = "こんにちは、" +
 "TypeScript";

上述のコードの最初の部分では、文字列の途中での改行が行われており、これはTypeScriptでは許容されていないためエラーが発生します。

この問題を解決するためには、文字列を連結する際に+を使用することで、複数行にまたがる文字列を正しく表現することができます。

また、このようなエラーが発生した場合、TypeScriptのコンパイラは具体的なエラーメッセージを出力してくれますので、それを元に問題の原因を探ると良いでしょう。

具体的には「文字列の途中での改行は許可されていない」というようなメッセージが出力されるため、それを元にコードの修正を進めることが推奨されます。

まとめ

この記事では、TypeScriptにおける改行の方法を10通りのアプローチを元に詳細に解説しました。

TypeScriptは現代のフロントエンド開発において不可欠な言語となっており、改行の技術もコードの可読性や保守性に大きく影響する要素の一つです。

今回紹介した技術や方法をマスターすることで、TypeScriptのコードをより美しく、そして効率的に書くことが可能になります。

日々の開発業務において、このガイドが皆様の大いなる参考資料として活用されることを期待しています。