CSSでゆっくり表示する方法!初心者向け徹底解説&サンプルコード – JPSM

CSSでゆっくり表示する方法!初心者向け徹底解説&サンプルコード

CSSでゆっくり表示を実現する方法の徹底解説CSS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事では、CSSでゆっくり表示を実現する方法を初心者向けに徹底解説します。

使い方や応用方法、サンプルコードを交えながら、わかりやすく説明していきます。

まずは基本から始め、徐々に応用方法についても触れていくので、初心者の方でも安心して学べる内容になっています。

●CSSとは

CSS(Cascading Style Sheets)は、ウェブページのデザインやレイアウトを制御するための言語です。

HTMLで書かれた文章や画像などの要素に対して、見た目を整える役割があります。

●ゆっくり表示の基本

ゆっくり表示を実現するためには、CSSのアニメーション機能を利用します。

アニメーション機能には、transitionanimation の2つの方法があります。

ここでは、両方の方法を使ってゆっくり表示を実現する方法を紹介します。

【transitionを使ったゆっくり表示】

まずは、transition を使ってゆっくり表示を実現する方法を見ていきましょう。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
  .box {
    width: 100px;
    height: 100px;
    background-color: blue;
    transition: width 2s, height 2s;
  }

  .box:hover {
    width: 200px;
    height: 200px;
  }
</style>
</head>
<body>

<div class="box"></div>

</body>
</html>

このサンプルコードでは、.box というクラス名が付けられたdiv要素に対して、transition を使ってゆっくり表示を実現しています。

transition プロパティは、対象要素のプロパティが変化する際のアニメーションを指定します。

今回は、widthとheightの変化に対して、それぞれ2秒かけてアニメーションを行うように指定しています。

この例では、.box 要素にマウスをホバーすると、幅と高さがそれぞれ200pxに変化し、その変化が2秒かけてゆっくり表示されます。

【animationを使ったゆっくり表示】

次に、animation を使ったゆっくり表示の方法を見ていきましょう。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
  @keyframes fadeIn {
    0% {
      opacity: 0;
    }
    100% {
      opacity: 1;
    }
  }

  .box {
    width: 100px;
    height: 100px;
    background-color: red;
    animation: fadeIn 3s ease-in-out;
  }
</style>
</head>
<body>

<div class="box"></div>

</body>
</html>

このサンプルコードでは、@keyframes を使って、fadeIn というアニメーションを定義しています。

このアニメーションでは、0%(開始時)の透明度を0、100%(終了時)の透明度を1としています。

その後、.box というクラス名が付けられたdiv要素に対して、animation プロパティを使ってゆっくり表示を実現しています。

animation プロパティは、指定したアニメーションを適用するためのプロパティです。

今回は、fadeIn アニメーションを3秒かけて実行し、イージング(アニメーションの速度変化)は ease-in-out に設定しています。

この例では、ページが読み込まれると、.box 要素が3秒かけてゆっくり表示されます。

●応用例とサンプルコード

ここからは、ゆっくり表示の応用例とそれに対応するサンプルコードを紹介します。

【テキストのゆっくり表示】

テキストをゆっくり表示させる方法も、上で紹介した transitionanimation を利用することができます。

animation を使ってテキストをゆっくり表示させるサンプルコードを示します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
  @keyframes fadeIn {
    0% {
      opacity: 0;
    }
    100% {
      opacity: 1;
    }
  }

  .hidden {
    opacity: 0;
    animation: fadeIn 3s ease-in-out;
  }

  .visible {
    opacity: 1;
  }
</style>
<script>
  window.addEventListener('scroll', function() {
    var elements = document.querySelectorAll('.hidden');
    for (var i = 0; i < elements.length; i++) {
      var rect = elements[i].getBoundingClientRect();
      if (rect.top < window.innerHeight) {
        elements[i].classList.add('visible');
      }
    }
  });
</script>
</head>
<body>

<div class="hidden" style="height: 1000px;"></div>
<div class="hidden" style="height: 100px; background-color: green;"></div>

</body>
</html>

このサンプルコードでは、.hidden クラスを持つ要素に対して、fadeIn アニメーションを適用しています。

その後、JavaScriptを使ってスクロールイベントを検知し、要素が表示範囲内に入った際に .visible クラスを追加します。

これにより、スクロールに応じて要素がゆっくり表示されます。

このように、CSSのtransitionanimationを使うことで、さまざまなゆっくり表示の効果を実現することができます。

初心者の方でも、上記のサンプルコードを参考に、自分のウェブページにゆっくり表示の効果を取り入れてみてください。