CSSでゆっくり変化する方法と応用例 – サンプルコード付きの徹底解説

CSSでゆっくり変化するアニメーションの使い方とサンプルコード CSS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Webサイトを作成する上で、アニメーション効果は重要な要素の一つです。

CSSを使ってアニメーションを作ることができますが、アニメーションの速さを調整することができると、より良いユーザーエクスペリエンスを提供することができます。

この記事では、CSSでゆっくり変化するアニメーションの作り方と応用例を紹介します。

●CSSでゆっくり変化するアニメーションの作り方

CSSでゆっくり変化するアニメーションを作るには、transitionプロパティを使います。

transitionプロパティを使うことで、要素の状態が変化したときに、変化をゆっくりとアニメーションで表示することができます。

transitionプロパティを使用した基本的なCSSの書き方です。

/* 要素の状態が変化したときに、変化を0.5秒かけてアニメーション表示する */
.element {
  transition: all 0.5s;
}

上記の例では、.elementというクラスを持つ要素に対して、transitionプロパティを設定しています。allという値は、要素のすべてのプロパティに対してtransitionを設定することを示しています。

0.5sは、アニメーションにかける時間をミリ秒単位で指定するものです。

この例では、要素の状態が変化したときに、変化を0.5秒かけてアニメーション表示するようになります。

また、transitionプロパティには、transition-timing-functionというサブプロパティがあります。

これを使うことで、アニメーションの変化がどのように進行するかを指定することができます。

下の例では、ease-in-outという値を使用しています。

/* 要素の状態が変化したときに、変化を0.5秒かけてアニメーション表示し、ease-in-outを適用する */
.element {
  transition: all 0.5s ease-in-out;
}

ease-in-outは、アニメーションの進行が最初にゆっくり始まり、途中で加速し、最後にゆっくり終わるようになります。

他にも、linear(一定の速度で変化する)、ease-in(変化がゆっくり始まり、途中で加速する)、ease-out(変化がゆっくり終わり、途中で減速する)など、いくつかの値があります。

また、transitionプロパティには、transition-delayというサブプロパティがあります。これを使うことで、アニメーションの開始を遅らせることができます。

次の例では、0.2秒後にアニメーションが開始するように設定しています。

/* 要素の状態が変化した0.2秒後に、変化を0.5秒かけてアニメーション表示する */
.element {
  transition: all 0.5s ease-in-out 0.2s;
}

上記の例では、transitionプロパティに0.2sという値を追加しています。

これにより、要素の状態が変化した0.2秒後にアニメーションが開始されるようになります。

●CSSでゆっくり変化するアニメーションの応用例

CSSでゆっくり変化するアニメーションを使った応用例をいくつか紹介します。

1. ボタンの色がゆっくり変化する

/* ボタンをマウスオーバーしたときに、背景色がゆっくり変化する */
button {
  background-color: #FFA500;
  transition: background-color 0.5s ease-in-out;
}

button:hover {
  background-color: #FF4500;
}

上記の例では、マウスオーバーしたときに、ボタンの背景色がゆっくり変化するように設定しています。

transitionプロパティにbackground-colorを指定することで、背景色が変化したときにアニメーション表示されるようになります。

2. フォームの入力欄がゆっくり表示される

/* フォームの入力欄がゆっくり表示される */
.form {
  opacity: 0;
  transition: opacity 0.5s ease-in-out;
}

.form.show {
  opacity: 1;
}

上記の例では、フォームの入力欄が初めは非表示になっていて、showというクラスが追加されたときに、ゆっくり表示されるように設定しています。

opacityプロパティは、要素の透明度を指定するもので、0が完全に透明、1が不透明です。

3. メニューがゆっくり開閉する

/* メニューがゆっくり開閉する */
.menu {
  height: 0;
  overflow: hidden;
  transition: height 0.5s ease-in-out;
}

.menu.show {
  height: auto;
}

上記の例では、メニューが初めは非表示になっていて、showというクラスが追加されたときに、ゆっくり開閉するように設定しています。

heightプロパティは、要素の高さを指定するもので、autoを指定することで、要素の内容に合わせて自動的に高さが設定されます。

以上のように、transitionプロパティを使うことで、CSSでゆっくり変化するアニメーションを実現することができます。

応用例には、ボタンの色変化、フォームの入力欄の表示、メニューの開閉などがありますが、他にもさまざまな場面で活用することができます。

まとめ

CSSでゆっくり変化するアニメーションを作るには、transitionプロパティを使います。

transitionプロパティには、transition-timing-functionとtransition-delayというサブプロパティがあり、これらを使うことでアニメーションの変化がどのように進行するかを指定することができます。

応用例として、ボタンの色変化、フォームの入力欄の表示、メニューの開閉などがあります。

この記事を参考にして、Webサイトにアニメーションを加えて、より良いユーザーエクスペリエンスを提供しましょう。