【TypeScript】wait関数を10ステップで完全理解!

初心者が楽しめるTypeScriptのwait関数の学習ガイドのサムネイルTypeScript
この記事は約25分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

初心者でも楽々とTypeScriptのプログラミング世界に足を踏み入れることが可能となる、本記事を手にしていただき、誠にありがとうございます。

今回は、プログラムの基本とも言えるwait関数の使用方法に焦点を当て、簡潔かつ明瞭な10のステップを通じて、その理解を深めていただくことを目指します。

特に初心者の方が安心して学べるよう、豊富なサンプルコードとともに解説を進めてまいります。

●TypeScriptとは

TypeScriptはJavaScriptのスーパーセットとして知られるプログラミング言語です。

JavaScriptとの互換性を保ちながらも、型安全性やコンパイル時のエラーチェックなど、開発者にとって非常に有用な機能を提供しています。

次の項目で、基本的な特性とインストール方法を解説していきます。

○基本的な特性

TypeScriptは次のような基本的な特性を持っています。

□型安全性

TypeScriptは静的型付けを採用しており、変数や関数の引数などに型を指定することができます。

これにより、コードの安全性が向上し、バグの予防にも寄与します。

例えば、次のようなコードを考えます。

function greet(name: string) {
    return 'Hello, ' + name;
}

このコードでは、nameという引数にstring型を指定しています。

この型指定によって、誤って数値やオブジェクトが引数として渡されることを防ぐことができます。

□コンパイル時のエラーチェック

TypeScriptはコンパイル時にエラーチェックを行うため、実行前に多くのエラーを検出できます。

これにより、ランタイムエラーのリスクを大幅に減少させることが可能です。

□クラスとインターフェイス

TypeScriptはクラスとインターフェイスをサポートしており、オブジェクト指向プログラミングが容易に行えます。

下記のコードは、Personインターフェイスと、そのインターフェイスを実装したEmployeeクラスを表しています。

interface Person {
    firstName: string;
    lastName: string;
}

class Employee implements Person {
    firstName: string;
    lastName: string;

    constructor(firstName: string, lastName: string) {
        this.firstName = firstName;
        this.lastName = lastName;
    }

    getFullName(): string {
        return this.firstName + ' ' + this.lastName;
    }
}

このコードを実行すると、Employeeクラスを通じてPersonインターフェイスを実装したオブジェクトを作成し、そのオブジェクトのgetFullNameメソッドを通じてフルネームを取得することができます。

○インストール方法

TypeScriptのインストールは非常に簡単で、npm(Node.jsのパッケージマネージャ)を利用して行えます。

まず、Node.jsを公式サイトからダウンロードし、インストールします。

次に、次のコマンドを実行してTypeScriptをインストールします。

npm install -g typescript

このコマンドを実行すると、グローバルにTypeScriptコンパイラがインストールされます。

このコンパイラを利用して、TypeScriptファイルをJavaScriptファイルに変換することができます。

●wait関数の概観

wait関数はプログラミングにおいて非常に重要な概念であり、特定の時間だけ処理を遅延させるために使用されます。

TypeScriptにおいても、この関数は非同期プログラミングを行う際に重宝します。

今回は、このwait関数の基本的な概観と、TypeScriptでの利用メリットを順を追って詳しく解説します。

○定義と特性

wait関数は、プログラムが指定された時間だけ待機する機能を提供します。この時間はミリ秒単位で指定されます。

非同期処理を理解するためには、この関数がどのように動作するか理解することが非常に重要です。

下記のコードは、wait関数を用いた非常に簡単な例です。

このコードでは、2000ミリ秒(2秒)待機した後に、”時間が経過しました”というメッセージをコンソールに表示します。

function wait(ms: number) {
  return new Promise(resolve => {
    setTimeout(() => {
      resolve('時間が経過しました');
    }, ms);
  });
}

// 使用例
async function example() {
  console.log('開始');
  await wait(2000);
  console.log('終了');
}

example();

このコードを実行すると、初めに”開始”と表示され、その後指定した2000ミリ秒後に”終了”と表示されます。

このコードではPromiseオブジェクトを使用してwait関数を定義しています。

PromiseオブジェクトとsetTimeout関数を組み合わせることで、指定した時間後にresolve関数を呼び出しています。

○TypeScriptでの利用のメリット

TypeScriptでwait関数を利用することにはいくつかのメリットがあります。

まず、TypeScriptは型安全性を提供するため、コードのバグを事前に防ぐことができます。

また、非同期処理を行う際にasync/await構文を利用できるため、コードが読みやすく、理解しやすくなります。

さらに、TypeScriptはJavaScriptのスーパーセットであるため、JavaScriptのライブラリやフレームワークも利用できます。

これにより、開発者は既存のリソースを利用しながら、より効率的かつ安全なコードを書くことができます。

TypeScriptでのwait関数の使用は、次のコードのように行います。

async function process() {
  try {
    console.log('プロセス開始');
    await wait(3000); // 3000ミリ秒(3秒)待機
    console.log('プロセス終了');
  } catch (error) {
    console.error('エラーが発生しました:', error);
  }
}

process();

このコードを実行すると、「プロセス開始」と表示された後、3000ミリ秒待機し、「プロセス終了」と表示されます。

このコードでは、async/await構文を利用して非同期処理を行っています。

また、try/catchブロックを利用して、エラーハンドリングも行っています。

●wait関数の作成方法

TypeScriptでプログラミングを行う際、非同期処理を扱うためのwait関数の作成は非常に重要です。

このセクションでは、初心者でも簡単に理解できるよう、wait関数の基本的な構造と、その作成方法に必要なツールやリソースを超絶詳細に解説します。

まずは、基本的な構造から見ていきましょう。

○基本的な構造

wait関数を作成するためには、まず基本的な構造を理解することが必要です。

wait関数は非同期処理を行うための関数であり、一定の時間後に特定の処理を実行することが可能です。

TypeScriptでの基本的なwait関数の構造は次のようになります。

async function wait(時間: number): Promise<void> {
    return new Promise<void>(resolve => {
        setTimeout(() => {
            resolve();
        }, 時間);
    });
}

このコードでは「async」キーワードを用いて非同期関数を定義しています。

そして関数内部で「new Promise」を生成し、setTimeoutメソッドを使って指定した時間が経過した後にresolve関数を呼び出しています。

指定した時間はミリ秒単位で設定します。

○必要なツールとリソース

wait関数を作成する際には、いくつかのツールやリソースが必要となります。

下記の点に注意して、必要なものを準備しましょう。

□TypeScriptの環境設定

TypeScriptを利用するためには、まずTypeScriptの開発環境を設定する必要があります。

公式サイトから最新版のTypeScriptをダウンロードし、インストールしてください。

□開発エディタ

TypeScriptのコードを書くためには、テキストエディタやIDEが必要です。

Visual Studio CodeやWebStormなどのエディタを利用すると、TypeScriptのコーディングが効率的に行えます。

□必要なライブラリやパッケージ

wait関数を利用するプロジェクトに応じて、追加のライブラリやパッケージが必要となる場合があります。

npmやyarnを利用して、必要なライブラリやパッケージをインストールしましょう。

□TypeScriptの基本知識

wait関数を作成する前に、TypeScriptの基本的な知識があると助かります。

特に、非同期処理やPromiseに関する知識は必須です。

●wait関数の詳細な使い方

TypeScriptのプログラムを記述する際、非同期処理を効率的に行うためにwait関数は重要な役割を果たします。

ここでは、初心者でも楽々と理解できるよう、wait関数の基本的な使い方を詳細に解説していきます。

まず初めに、wait関数は非同期処理を一時的に停止させる目的で使用されます。

非同期プログラミングは、プログラムが複数のタスクを同時に実行できるよう設計された方法です。

しかし、これにはタスクが一定の順序で実行されることを保証する方法が必要です。

これがwait関数の役割です。

次に、基本的なwait関数の構造について解説します。

wait関数は、一般的には次のような形式で記述されます。

async function functionName() {
  await wait(時間);
}

このコードでは、asyncキーワードを使って非同期関数を宣言しています。

その内部でawaitキーワードを使ってwait関数を呼び出し、指定した時間だけ処理を停止します。

○サンプルコード1:単純なwait関数の作成

次に、単純なwait関数の作成方法について説明します。

下記のサンプルコードは、非常に基本的なwait関数の使用例を表しています。

function wait(時間: number): Promise<void> {
  return new Promise<void>(resolve => setTimeout(resolve, 時間));
}

async function exampleFunction() {
  console.log('処理を開始します');
  await wait(2000);  // 2秒待つ
  console.log('2秒後に表示されます');
}

このコードではwaitという名前の関数を作成しています。

この関数は、指定された時間(ミリ秒単位)だけ処理を一時停止させるPromiseを返します。

exampleFunctionという非同期関数の内部で、このwait関数をawaitキーワードを使用して呼び出しています。

このコードを実行すると、まず「処理を開始します」と表示され、その後2秒待った後に「2秒後に表示されます」と表示されます。

さて、このコードがどのような結果をもたらすかを見てみましょう。

まず、コンソールには「処理を開始します」と表示されます。

その後、2秒の待機時間が経過すると、「2秒後に表示されます」と表示されます。このような流れでプログラムは進行します。

○サンプルコード2:wait関数とループの組み合わせ

初めましての方もそうでない方も、今回の記事ではTypeScriptにおけるwait関数の利用方法と、それをループと組み合わせる技法を解説します。

この記事があなたのプログラミング学習の手助けとなれば幸いです。

ここで紹介するサンプルコードは、wait関数を用いて、一定の時間間隔でループ内の処理を行うものです。

さらに、このコードでは非同期処理の基本であるPromiseを利用しています。

それでは、まずはコードをご覧ください。

async function wait(milliseconds: number): Promise<void> {
    return new Promise<void>(resolve => {
        setTimeout(() => {
            resolve();
        }, milliseconds);
    });
}

async function loopWithWait() {
    for (let i = 0; i < 5; i++) {
        console.log(`Loop count: ${i}`);
        await wait(1000);
    }
    console.log("Loop completed");
}

loopWithWait();

このコードの最初の部分では、wait関数を定義しています。

wait関数は、指定されたミリ秒数だけ処理を遅延させる機能を持っています。

関数は非同期であり、Promiseオブジェクトを返します。

これにより、awaitキーワードを使って関数の完了を待つことができます。

次に、loopWithWait関数を定義しています。

この関数は、5回のループを行い、それぞれのループの間に1秒間の遅延を挿入します。

この遅延はwait関数を用いて実現されています。

このコードを実行すると、次のような出力がコンソールに表示されます。

Loop count: 0
(1秒の遅延)
Loop count: 1
(1秒の遅延)
Loop count: 2
(1秒の遅延)
Loop count: 3
(1秒の遅延)
Loop count: 4
(1秒の遅延)
Loop completed

実行すると、Loop count: 0からLoop count: 4までのメッセージがそれぞれ1秒間隔で表示され、最後にLoop completedメッセージが表示されます。

このように、wait関数を用いることで、ループ内の処理を一定の間隔で実行することが可能となります。

○サンプルコード3:wait関数とエラーハンドリング

ここでは、TypeScriptでのwait関数の使用方法に関連するエラーハンドリングに焦点を当てたサンプルコードを紹介いたします。

エラーハンドリングはプログラムが予期しない問題や例外に遭遇した際に、それに適切に対処する技術です。

ここでは、wait関数と組み合わせて使用する際の基本的なエラーハンドリングの手法を説明します。

では、コードの詳細な説明とともにサンプルコードを見ていきましょう。

// ステップ1: 基本的なwait関数の作成
function wait(ms: number): Promise<void> {
    return new Promise(resolve => setTimeout(resolve, ms));
}

// ステップ2: エラーハンドリングの実装
async function exampleFunction() {
    try {
        await wait(1000);
        throw new Error('何らかのエラーが発生しました');
    } catch (error) {
        console.error('エラーが捕捉されました:', error);
    }
}

// ステップ3: エラーハンドリングのテスト
exampleFunction();

このコードでは、まずwait関数を使って1000ミリ秒(1秒)待機した後に、意図的にエラーを発生させています。

このエラーはcatchブロックによって捕捉され、コンソールにエラーメッセージが出力されます。

このコードを実行すると、コンソールに「エラーが捕捉されました: Error: 何らかのエラーが発生しました」というメッセージが表示されます。

これは、catchブロックが機能し、エラーを捕捉してエラーメッセージを出力していることを表します。

●wait関数の詳細な対処法

近年、TypeScriptの人気が高まってきており、その中でもwait関数の利用法は多くの初心者プログラマーが関心を持つトピックとなっています。

ここでは、wait関数の詳細な対処法について、徹底的な解説と、実際に実行できるサンプルコードを交えた説明を行います。

特にエラーハンドリングの方法や一般的なトラブルシューティングに焦点を当てます。

○エラーハンドリングの方法

一般的に、wait関数は非同期プログラミングの中で用いられ、特定の時間が経過するのを待つために使われます。

しかし、この関数の使用中に発生しうるさまざまなエラーを適切にハンドリングすることは、品質の高いコードを書くために重要です。

それでは、サンプルコードと詳細な説明とともにエラーハンドリングの方法を説明します。

function wait(ms: number): Promise<void> {
    return new Promise((resolve, reject) => {
        if (ms < 0) {
            reject(new Error('時間は負の値にできません。'));
        } else {
            setTimeout(resolve, ms);
        }
    });
}

async function main() {
    try {
        await wait(-1000);
    } catch (error) {
        console.error('エラーが発生しました:', error.message);
    }
}

main();

このコードでは、wait関数を定義しています。

関数は時間(ミリ秒)を引数として受け取り、指定された時間が経過するまで待つPromiseを返します。

ただし、引数が負の場合、関数はエラーを発生させます。

main関数ではwait関数を呼び出しており、エラーハンドリングのためのtry-catchブロックを用いています。

このコードを実行すると、「エラーが発生しました: 時間は負の値にできません。」というメッセージがコンソールに表示されます。

これは、wait関数に負の値が渡されたため、エラーが投げられ、catchブロックで捕捉されたことを示しています。

○一般的なトラブルシューティング

wait関数を使いこなすためには、さまざまなトラブルシューティング技術が必要となります。

ここでは、一般的なトラブルシューティングのテクニックとサンプルコードを紹介します。

下記のサンプルコードは、時間パラメータが数値でない場合にエラーをスローするように拡張されたwait関数を表しています。

function wait(ms: number): Promise<void> {
    return new Promise((resolve, reject) => {
        if (typeof ms !== 'number') {
            reject(new Error('時間パラメータは数値でなければなりません。'));
        } else if (ms < 0) {
            reject(new Error('時間は負の値にできません。'));
        } else {
            setTimeout(resolve, ms);
        }
    });
}

async function main() {
    try {
        await wait('1000' as any);
    } catch (error) {
        console.error('エラーが発生しました:', error.message);
    }
}

main();

このコードを実行すると、「エラーが発生しました: 時間パラメータは数値でなければなりません。」というメッセージがコンソールに表示されます。

これは非数値が時間パラメータとして渡されたためです。

このようにして、適切なエラーハンドリングとトラブルシューティングを行うことが、コードの品質を保つために非常に重要です。

●wait関数の詳細な注意点

○適切なタイミングでの使用

wait関数を用いる際の第一の注意点は、その適切なタイミングでの使用です。

wait関数は、特定の時間間隔を設定し、その間処理を停止させることができる関数です。

この機能は一見便利に見えますが、適切なタイミングで使用しないと、アプリケーションのパフォーマンスに悪影響を与えることがあります。

例えば、wait関数を使用して過度に多くの待機時間を設定すると、アプリケーションが遅く感じる可能性があります。

逆に、必要な処理が完了する前に次の処理に進むと、未予期のエラーやバグを引き起こすことがあります。

このような状況を避けるためには、次のようなサンプルコードを参考に、適切なタイミングでwait関数を利用することが重要です。

async function sampleFunction() {
  console.log('処理を開始します。');

  // このコードでは2秒の待機時間を設けています。
  await new Promise(resolve => setTimeout(resolve, 2000));

  console.log('2秒後の処理を実行します。');
}

sampleFunction();

このコードを実行すると、まず”処理を開始します。”と表示され、その後2秒間待機した後に、”2秒後の処理を実行します。”と表示されます。

このようにwait関数を適切なタイミングで使用することで、処理の流れをコントロールすることが可能です。

○パフォーマンスに関する注意

wait関数を利用する際には、パフォーマンスに関する注意も必要です。

長い待機時間を設定することは、特定の処理が過度に長くなることを意味し、それがアプリケーションの応答性の低下を招く可能性があります。

また、wait関数をループ内で使う場合は特に注意が必要です。

ループ内で長い待機時間を設定すると、アプリケーションが非常に遅くなり、最悪の場合、ブラウザがフリーズするかもしれません。

下記のサンプルコードは、wait関数をループ内で使う際のパフォーマンスに関する注意点を表しています。

async function loopWithWait() {
  for(let i = 0; i < 10; i++) {
    console.log(`現在のループ:${i}`);

    // このコードでは、ループの各ステップで1秒待機しています。
    await new Promise(resolve => setTimeout(resolve, 1000));
  }
}

loopWithWait();

このコードを実行すると、ループの各ステップで1秒の間隔を開けて”現在のループ:i”(iはループのインデックス)が表示されます。

しかし、この方法は合計で10秒間の実行時間が必要となり、アプリケーションのパフォーマンスに影響を与えるかもしれません。

このような場合、必要以上の時間がかかってしまい、ユーザー体験が低下する可能性があります。

●wait関数の詳細なカスタマイズ

TypeScriptのwait関数は非常に便利であり、多くの開発者が利用しています。

しかし、実際にwait関数を使う際には、さまざまなカスタマイズが可能です。

ここでは、wait関数をより柔軟に、かつ効果的に使うためのカスタマイズ方法を詳しく解説します。

○カスタムエラーの作成

wait関数の動作中に何らかの問題が発生した場合、適切なエラーメッセージを表示することは非常に重要です。

そのため、特定の条件下でカスタムエラーを投げることで、デバッグを容易にする方法を考えてみましょう。

下記のサンプルコードでは、wait関数の待機時間が指定された最大時間を超えた場合に、カスタムエラーを投げる機能を実装しています。

// このコードでは、指定した最大の待機時間を超えるとカスタムエラーを発生させるwait関数を作成しています。
async function customWait(ms: number, maxWaitTime: number): Promise<void> {
    return new Promise(async (resolve, reject) => {
        if (ms > maxWaitTime) {
            reject(new Error('指定された最大待機時間を超えました。'));
        } else {
            setTimeout(resolve, ms);
        }
    });
}

// このコードを実行すると、5000ミリ秒を超える待機時間を指定した場合、カスタムエラーが発生します。
async function main() {
    try {
        await customWait(6000, 5000);
        console.log('正常に完了');
    } catch (error) {
        console.log(error.message); // '指定された最大待機時間を超えました。'と表示されます。
    }
}

main();

このコードを実行すると、’指定された最大待機時間を超えました。’というエラーメッセージがコンソールに表示されます。

このように、カスタムエラーを作成することで、エラーの原因を特定しやすくなります。

○wait関数の拡張

wait関数の基本的な動作は、指定された時間だけ処理を停止することです。

しかし、この機能を拡張して、wait関数の待機中に特定の処理を行うことも可能です。

下記のサンプルコードでは、wait関数の待機中に定期的にメッセージを表示する機能を実装しています。

// このコードでは、wait関数の待機中に指定した間隔でメッセージを表示する機能を持つwait関数を作成しています。
async function extendedWait(ms: number, interval: number, message: string): Promise<void> {
    return new Promise((resolve) => {
        const intervalId = setInterval(() => {
            console.log(message);
        }, interval);

        setTimeout(() => {
            clearInterval(intervalId);
            resolve();
        }, ms);
    });
}

// このコードを実行すると、1000ミリ秒間隔で'待機中...'というメッセージが表示されることが確認できます。
async function main() {
    await extendedWait(5000, 1000, '待機中...');
    console.log('待機完了');
}

main();

このコードを実行すると、’待機中…’というメッセージが5秒間、1秒ごとにコンソールに表示された後、’待機完了’と表示されます。

このように、wait関数をカスタマイズすることで、様々な処理を追加することができます。

●wait関数の応用例とサンプルコード

wait関数はJavaScriptやTypeScriptで非常に重要な機能を果たします。

それでは、ここではwait関数の応用例とそれに関連するサンプルコードを説明します。

○サンプルコード4:wait関数を利用したAPIの呼び出し

wait関数を利用したAPIの呼び出しは、非同期処理を簡単かつ効率的に行える方法として広く利用されます。

下記のサンプルコードでは、wait関数を用いてAPIからデータを取得しています。

async function fetchData(apiUrl: string) {
    try {
        // wait関数を使って非同期処理を行います。
        const response = await fetch(apiUrl);
        if (!response.ok) {
            throw new Error('ネットワークの応答が不適切です');
        }
        const data = await response.json();
        console.log(data);
    } catch (error) {
        console.error('エラーが発生:', error);
    }
}

fetchData('https://api.example.com/data');

このコードではfetch関数を使ってAPIからデータを取得しています。

awaitキーワードは非同期関数内で使用され、関数の実行を一時停止し、Promiseが解決されるまで待機します。

これによりコードの読みやすさと保守性が向上します。

このコードを実行すると、指定したAPIからデータを取得し、それをコンソールに表示します。

もし何らかのエラーが発生した場合、エラーメッセージがコンソールに表示されます。

○サンプルコード5:wait関数を利用した動的コンテンツの表示

次に、wait関数を利用してウェブページ上で動的コンテンツを表示する方法について解説します。

下記のサンプルコードでは、一定の時間が経過した後にコンテンツを表示しています。

async function displayContent() {
    try {
        // 3秒待つ
        await new Promise(resolve => setTimeout(resolve, 3000));

        // コンテンツを表示する
        document.querySelector('#content').innerText = 'コンテンツが表示されました';
    } catch (error) {
        console.error('エラーが発生:', error);
    }
}

displayContent();

このコードは非同期関数displayContentを定義しており、この関数内で新しいPromiseを生成し、setTimeout関数を使用して3秒間の遅延を作成しています。

その後、コンテンツをウェブページに表示します。

このコードを実行すると、ウェブページ上で3秒の遅延後にメッセージが表示されます。

もしエラーが発生した場合、エラーメッセージがコンソールに表示されます。

まとめ

今回のガイドを通じて、TypeScriptのwait関数の実装と使用法を解説しました。

初心者でもステップバイステップで理解しやすくなるよう心掛け、実際のコード例を交えて説明を行いました。

これからもTypeScriptの学習を進めていく中で、この記事があなたの一助となることを願っています。

今回学んだ知識を活かし、さらなる応用例やカスタマイズ方法を探求して、TypeScriptプログラミングの世界を更に探求してみてください。