TypeScriptで数字を3桁区切りに変換するたった10のステップ – JPSM

TypeScriptで数字を3桁区切りに変換するたった10のステップ

初心者向けTypeScript3桁区切りガイドTypeScript

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

TypeScriptは、近年急速に普及しているプログラム言語の一つです。

特に初心者にとっては、その型安全性とJavaScriptとの連携が可能な点が非常にメリットとなります。

この記事では、TypeScriptを使用して数字を3桁ごとに区切る手法をわかりやすく解説します。

この手法は特に、大きな数値を視覚的にわかりやすく表示したい時や、財務レポートを整形する場合などに非常に有用です。

実用的なガイドとして、本記事では初心者でも取り組みやすいよう、基本知識から応用までの流れをステップバイステップで解説します。

さらに、サンプルコードとその詳細な解説も交えて、具体的な方法を明示します。

このガイドを参考にして、TypeScriptのコーディング技術を高めていきましょう。

●TypeScriptの基礎知識

TypeScriptの力を最大限に活用するためには、まず基本的な文法を理解することが重要です。

TypeScriptはJavaScriptを拡張していますが、型注釈やインターフェースといった独自の機能を備えており、これらの基本を学ぶことで、より堅牢なコードを書くための第一歩を踏み出すことができます。

次に、変数の宣言や関数の型指定といった、TypeScript特有の基本的な文法要素について詳細に見ていきましょう。

○TypeScriptの基本的な文法

TypeScriptの文法はJavaScriptに非常に似ていますが、型システムが導入されているためいくつかの新しい要素があります。

初心者が理解しやすいよう、基本的な文法について具体的なサンプルコードとともに解説します。

□変数宣言と型注釈

TypeScriptでは、変数を宣言する際に型を指定できます。

これによって、型のミスマッチが事前に検出できます。

下記のコードは、変数の宣言と型注釈の基本的な例を示しています。

let 数字: number = 123;
let 文字列: string = "Hello, TypeScript!";

このコードでは、数字という変数にnumber型を、文字列という変数にstring型を指定しています。

これにより、変数に適切な型のデータしか割り当てられなくなります。

□関数と型注釈

関数でも、パラメータや返り値に型を指定できます。

この機能はコードの可読性と安全性を向上させます。

下記のコードは、関数と型注釈の基本的な使用例です。

function 挨拶(名前: string): string {
    return "Hello, " + 名前 + "!";
}

このコードでは、挨拶という関数を作成しています。

この関数はstring型のパラメータ名前を受け取り、string型の文字列を返します。

●3桁区切りに関する基本概念

プログラミングの世界では、数値の表現方法が非常に重要です。

特に、大きな数値を扱う際には、3桁ごとに区切るという手法が一般的に採用されます。

この手法は、人間が数値を視覚的に捉えやすくすることを目的としています。

しかし、初心者の方々がこの技術を理解し、実際に利用するためには、まず基本的な概念から理解する必要があります。

ここでは、3桁区切りの基本的な概念について深く探るとともに、その実装方法についても解説します。

○なぜ3桁区切りが必要なのか?

数値データは、そのままでも情報としての価値を持っていますが、特に大きな数値は視覚的に捉えにくくなりがちです。

たとえば、10000000という数値は、一見して何桁かを判断するのが難しいかもしれません。

しかし、10,000,000と表示すると、桁数を瞬時に把握しやすくなります。

3桁区切りの表記は、数値を読みやすくし、桁数の誤解を防ぐことができます。

このような表記法は、特に財務レポートや統計データなどの大きな数値が頻繁に登場するドキュメントで有効です。

○3桁区切りの基本的な考え方

3桁区切りの実現には、いくつかの方法がありますが、ここではTypeScriptを使用した基本的な方法に焦点を当てます。

まず、最も単純な方法は数値を文字列に変換し、特定の位置にカンマを挿入することです。

下記のコードは、TypeScriptで数字を3桁ごとに区切る簡単な関数のサンプルです。

このコードは、入力された数値を文字列に変換し、正規表現を使用して3桁ごとにカンマを挿入します。

function 三桁区切り(数値: number): string {
    return 数値.toString().replace(/\B(?=(\d{3})+(?!\d))/g, ",");
}

このコードを実行すると、数値が3桁ごとにカンマで区切られた文字列に変換されます。

このコードではtoStringメソッドを使って数値を文字列に変換しています。

そして、replaceメソッドと正規表現を使って、3桁ごとにカンマを挿入しています。

この関数を使って、具体的な数値を3桁区切りに変換してみましょう。

console.log(三桁区切り(1234567890)); // 出力: "1,234,567,890"

ご覧の通り、このコードは数値1234567890を”1,234,567,890″という文字列に変換します。

この方法は非常に単純でありながら効果的で、大きな数値を人間が視覚的に捉えやすい形に変換することができます。

●TypeScriptでの3桁区切りの実装

プログラミングの世界において、数字の3桁区切りは、大きな数値を見やすく、読みやすくするための重要な技法です。

ここでは、TypeScriptで数字を3桁区切りに変換するプロセスを、初心者でも理解できるよう丁寧に説明します。

まず、基本的な関数の作成から始めて、その後の詳細なサンプルコードと共に、実装方法を順を追って解説します。

○サンプルコード1:基本的な3桁区切り関数の作成

最初のステップとして、基本的な3桁区切り関数を作成します。

この関数は、数値を受け取り、カンマで区切られた文字列を返すものとします。

下記のサンプルコードは、このタスクを実行するための簡単な関数を示しています。

function formatNumberToThreeDigitGroups(number: number): string {
    // 数値を文字列に変換してから、正規表現を使用して3桁ごとにカンマを追加します
    return number.toString().replace(/\B(?=(\d{3})+(?!\d))/g, ",");
}

このコードではformatNumberToThreeDigitGroupsという関数を作成しています。

この関数は、数値を受け取り、その数値を文字列に変換後、正規表現を使って3桁ごとにカンマを挿入します。

ここでは、number.toString()メソッドを使って数値を文字列に変換し、replaceメソッドと正規表現を使って3桁ごとにカンマを追加しています。

このコードを実行すると、数値が文字列として3桁区切りでフォーマットされた結果を得られます。

たとえば、formatNumberToThreeDigitGroups(1234567)を呼び出すと、"1,234,567"という文字列が返されます。

この関数をさらに実用的にするため、小数点以下の数値も考慮する必要があります。

次のステップでは、小数点以下の数値が含まれる場合にも正確に3桁区切りを行えるよう改良します。

また、負の数値が入力された場合の処理も実装します。

まずは、基本的な関数をさらに進化させ、小数点やマイナス記号がある場合にも適切に動作するようにしましょう。

function formatNumberToThreeDigitGroups(number: number): string {
    // マイナス記号と小数点を適切に扱うための前処理
    let isNegative = false;
    if (number < 0) {
        isNegative = true;
        number = Math.abs(number);
    }

    const parts = number.toString().split(".");
    parts[0] = parts[0].replace(/\B(?=(\d{3})+(?!\d))/g, ",");

    // マイナス記号があった場合は再度付け加えます
    return (isNegative ? "-" : "") + parts.join(".");
}

このコードでは、まず数値が負かどうかを確認し、負の場合はisNegativeフラグをtrueに設定し、数値の絶対値を取得します。

次に、数値を文字列に変換し、小数点で分割します。

整数部分に3桁区切りのカンマを追加し、元の小数点以下の部分と結合します。最後に、数値が負だった場合は、マイナス記号を再度追加します。

このコードを実行すると、小数点やマイナス記号が含まれる数値でも、適切な3桁区切りが行われます。

たとえば、formatNumberToThreeDigitGroups(-1234567.89)を呼び出すと、"-1,234,567.89"という文字列が返されます。

○サンプルコード2:さまざまな数値での3桁区切り関数のテスト

ここでは、TypeScriptを使用してさまざまな数値に対する3桁区切り関数のテスト方法を詳細に解説します。

初めてTypeScriptでのプログラミングに挑戦する方でも理解しやすいよう、豊富なサンプルコードとそれに伴う詳しい説明を提供します。

まず初めに、基本的な3桁区切り関数を作成しましょう。

下記のコードは、数字を受け取り、それを3桁ごとにカンマで区切って文字列として返す関数です。

function formatNumber(num: number): string {
  return num.toLocaleString();
}

このコードでは、toLocaleStringメソッドを使って数値を3桁区切りの文字列に変換しています。

このメソッドはJavaScriptとTypeScriptの両方で使用可能であり、非常に便利なツールと言えます。

次に、この関数を利用してさまざまな数値のテストを行います。

下記のコードは、いくつかの異なる数値を使用したテストの例です。

console.log(formatNumber(123456)); // "123,456"
console.log(formatNumber(1234567.89)); // "1,234,567.89"
console.log(formatNumber(0)); // "0"

このコードを実行すると、3桁ごとにカンマが挿入された結果が得られることが確認できます。

数字が整数であれば、カンマ区切りの整数部分を返し、数字が浮動小数点であれば、カンマ区切りの整数部分と小数点以下の部分を返します。

さらに、この関数は0や負の数にも対応しています。

例えば、次のようなテストも可能です。

console.log(formatNumber(-123456)); // "-123,456"
console.log(formatNumber(-1234567.89)); // "-1,234,567.89"

このコードを実行すると、負の数に対しても適切にカンマが挿入されることが確認できます。

さらなる実用例として、大きな数値や非常に小さい数値にもこの関数を適用できます。

次のコードはその実例です。

console.log(formatNumber(123456789012345)); // "123,456,789,012,345"
console.log(formatNumber(0.000123456)); // "0.000123456"

○サンプルコード3:エラーハンドリングを含む3桁区切り関数

TypeScriptを利用したプログラミングでは、多くの場面でエラーハンドリングが求められます。

数値を3桁区切りに変換する際も例外ではありません。

数値以外の値が入力された場合や、予期しないエラーが発生する可能性を考慮し、安全なコードを実装することが大切です。

下記のコードでは、数字を3桁区切りに変換する関数を実装するとともに、エラーハンドリングも行っています。

// 3桁区切りの関数の定義
function numberToCommaSeparatedString(value: any): string {
  // 数値かどうかをチェック
  if (typeof value !== 'number') {
    throw new Error('入力された値が数値ではありません。');
  }

  // 数値を3桁区切りの文字列に変換
  return value.toLocaleString();
}

このコードでは、toLocaleStringというJavaScriptの組み込みメソッドを使って数値を3桁区切りの文字列に変換しています。

しかし、最初にtypeofを用いて、入力された値が数値であるかを確認しています。

数値でなければエラーをスローするようにしています。

このコードを実行すると、数値を正しく3桁区切りの文字列に変換することができますが、数値以外の値が入力されるとエラーが発生します。

たとえば、

console.log(numberToCommaSeparatedString(1234567));  // "1,234,567"という文字列が出力されます。

一方、数値以外の入力の場合、例えば、

console.log(numberToCommaSeparatedString("1234567"));

上記のようなコードを実行すると、エラーが発生し、「入力された値が数値ではありません。」というメッセージが表示されます。

●応用例とサンプルコード

今回はTypeScriptでの3桁区切りの実装方法の一歩進んだテクニックとして、大きな数値データの表示の改善について詳しく解説します。

初心者の方でもステップバイステップで理解できるよう、豊富なサンプルコードとその詳細な説明を提供します。

○応用例1:大きな数値データの表示の改善

大きな数値データは、3桁区切りでの表示を行うことにより、読み手が数字を視覚的に捉えやすくなります。

特に、金融のデータや統計のデータを取り扱う際には、3桁区切りを利用することで、データの可読性が大幅に向上します。

ここでは、TypeScriptを用いて大きな数値データを3桁区切りで表示するための関数を実装し、その応用例を紹介します。

まず初めに、基本的な3桁区切りの関数を作成します。

下記のサンプルコードは、数値を受け取り、それを3桁区切りの文字列に変換する関数を表しています。

function formatNumber(num: number): string {
  return num.toLocaleString('ja-JP');
}

このコードではtoLocaleStringメソッドを使って数値を3桁区切りの文字列に変換しています。

次に、この関数を利用して大きな数値データを3桁区切りで表示する例を紹介します。

下記のサンプルコードは、配列内の数値データをループを使って一つずつ3桁区切りの文字列に変換し、結果を配列として返す関数を表しています。

function formatNumberArray(nums: number[]): string[] {
  return nums.map(num => formatNumber(num));
}

さて、このコードを実行するとどうなるか見てみましょう。

例えば、[123456, 789012, 345678]という配列をformatNumberArray関数に渡すと、[“123,456”, “789,012”, “345,678”]という新しい配列が返されます。

○応用例2:財務レポートの整形

ある企業の財務レポート整形において、3桁区切り機能は大変役立ちます。

ここでは、TypeScriptで作成した3桁区切り関数を使用して、財務レポートの数字を視覚的にわかりやすく整形する方法を詳細に解説します。

サンプルコードも交えて、具体的な手順を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

まず、財務レポートには様々な数値データが含まれます。

それらのデータを視覚的に捉えやすくするために3桁区切りを行うことが、データの見易さと理解を向上させる助けとなります。

ここでは、売上、利益などの財務データを整形するサンプルコードを示します。

コードの初めに、3桁区切りを行う関数を定義します。

この関数は、数値を受け取り、それを文字列に変換した後、3桁ごとにカンマを挿入します。

function formatNumberToCommaSeparated(num: number): string {
  return num.toLocaleString('ja-JP');
}

このコードでは、toLocaleStringメソッドを使って数値を3桁区切りにしています。

‘ja-JP’というロケールを指定することで、日本語のフォーマットである3桁区切りに整形することができます。

次に、この関数を用いて財務データを整形します。

const financialReport = {
  sales: 123456789,
  profit: 98765432,
};

const formattedReport = {
  sales: formatNumberToCommaSeparated(financialReport.sales),
  profit: formatNumberToCommaSeparated(financialReport.profit),
};

console.log(formattedReport);

このコードを実行すると、次のような出力が得られます。

{
  sales: "123,456,789",
  profit: "98,765,432"
}

この出力からわかるように、salesとprofitの数値が3桁区切りで表示されます。

これによって、財務データが一目でわかりやすくなります。

さらにこのコードを発展させることで、多くの財務データを同時に整形することも可能です。

また、この関数は他のプログラムやプロジェクトでも利用できるため、コードの再利用性が高いです。

このように、TypeScriptを使用して3桁区切り関数を作成し、財務レポートの整形に利用することは非常に有効です。

これで財務レポートの読みやすさが向上し、データ分析が効率的に行えるようになります。

また、財務レポート整形のプロセスにおいて、前述の基本的なコードをさらに拡張し、より複雑なデータ構造に対応する方法も紹介します。

まず、財務レポートがJSON形式で与えられることを想定し、そのデータを適切に整形する例を考えます。

下記のコードは、JSONデータに含まれる全ての数値を3桁区切りに変換する関数を表します。

function formatJSONData(jsonData: any): any {
  if (typeof jsonData === 'number') {
    return jsonData.toLocaleString('ja-JP');
  }
  if (typeof jsonData === 'object' && jsonData !== null) {
    for (let key in jsonData) {
      jsonData[key] = formatJSONData(jsonData[key]);
    }
  }
  return jsonData;
}

このコードでは、再帰的な関数を使ってJSONデータ内の各要素を調べ、数値が見つかった場合は3桁区切りの形式に変換します。

この方法では、ネストされたオブジェクトや配列に含まれる数値も適切に変換できます。

次に、この関数を使用してJSONデータを整形する実行コードを紹介します。

const financialData = {
  sales: 123456789,
  profit: 98765432,
  quarterlyData: [
    { quarter: 1, sales: 30456789, profit: 1234567 },
    { quarter: 2, sales: 40567890, profit: 2345678 },
  ],
};

const formattedData = formatJSONData(financialData);
console.log(formattedData);

このコードを実行すると、次のような出力が得られます。

{
  sales: "123,456,789",
  profit: "98,765,432",
  quarterlyData: [
    { quarter: "1", sales: "30,456,789", profit: "1,234,567" },
    { quarter: "2", sales: "40,567,890", profit: "2,345,678" },
  ],
}

このように、財務データの各部分が3桁区切りに整形され、データの読みやすさが大幅に向上します。

この関数は非常に汎用的であり、さまざまなデータ構造に対して使うことができます。

○応用例3:ウェブサイトやアプリケーションでの動的表示

今回は、TypeScriptを使用してウェブサイトやアプリケーションでの動的表示を行う方法に焦点を当てます。

具体的には、3桁区切りの数字をリアルタイムで表示する機能を構築します。

このような機能は、ユーザーがデータを視覚的に理解しやすくする目的で、商業ウェブサイトや財務アプリケーションで頻繁に利用されます。

ウェブサイトやアプリケーションを作成する際、HTMLやCSS、JavaScript(TypeScript)などの技術が基本となります。

HTMLはウェブページの構造を定義し、CSSはスタイルを適用し、JavaScriptやTypeScriptは動的な機能を追加します。

最初のステップとして、3桁区切りの関数をTypeScriptで実装します。

この関数は、入力として数値を受け取り、その数値を3桁ごとに区切って文字列として返します。

function formatNumber(num: number): string {
  return num.toLocaleString('ja-JP');
}

このコードでは、toLocaleStringメソッドを使って数値を3桁区切りの文字列に変換しています。

このコードを実行すると、数値が3桁区切りの文字列に変換された結果が得られます。

次に、ウェブページ上の特定の要素にこの3桁区切りの数字を動的に表示する機能を実装します。

下記のコードは、HTML要素を選択し、その内容を更新するTypeScriptコードの例です。

document.addEventListener('DOMContentLoaded', () => {
  const numberElement = document.querySelector('#number');
  if (numberElement) {
    const num = 1234567;
    numberElement.textContent = formatNumber(num);
  }
});

このコードでは、DOMContentLoadedイベントが発生したとき(すなわち、ページが読み込まれたとき)に実行される関数を定義しています。

この関数内で、HTML要素を選択し(idが”number”の要素)、そのtextContentプロパティを更新しています。

次に、このJavaScriptコードと連携する簡単なHTMLを紹介します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
<title>3桁区切りデモ</title>
</head>
<body>
<div id="number"></div>
<script src="path/to/your/typescript/compiled.js"></script>
</body>
</html>

このHTMLファイルでは、<div id="number"></div>要素を作成し、それに対応するTypeScriptコード(コンパイル後のJavaScriptコード)を読み込んでいます。

このコードをウェブブラウザで開くと、1234567が”1,234,567″として表示されます。

コードを実行すると、ウェブページ上には次のように数値が3桁区切りで表示されることがわかります。

1,234,567

これにより、ウェブページで動的に3桁区切りの数値を表示する方法を簡単に実現できました。

●注意点と対処法

プログラミングを行う上で注意が必要な点や、それに伴う適切な対処法について、ここで詳しく解説します。

特にTypeScriptで数字を3桁区切りに変換する際のポイントを深堀りしますので、注意して読み進めてください。

○型の注意点

TypeScriptは、JavaScriptに型を導入することでより安全で整合性のあるコードを書くことが可能な言語です。

数字を3桁区切りにする処理を行う際には、特定の型を持つ変数に対して操作を行なうことが多いです。

次のポイントに注意してください。

□適切な型の指定

まず、関数の引数として受け取る値が数値であることを明示的に表すため、型注釈を使用してください。

このようにして、非数値型の引数が渡されることを防ぎます。

function formatNumber(num: number): string {
    return num.toLocaleString();
}

このコードでは、数値型の引数numを受け取り、3桁区切りの文字列として返しています。

□戻り値の型

関数の戻り値の型も注釈しておくことで、関数の使用方法を明示し、意図しない型の値が返されることを防ぐことができます。

○エラーハンドリングの重要性

コードがエラーを引き起こす可能性がある場合、エラーハンドリングを行って、プログラムが適切に処理されるようにすることが重要です。

次に、エラーハンドリングを適切に行う方法を紹介します。

□入力の検証

関数に不正な値が渡されると、予期せぬエラーが発生する可能性があります。

そのため、関数の最初で入力を検証することが重要です。

function formatNumber(num: any): string {
    if (typeof num !== 'number') {
        throw new Error('Invalid input: input should be a number');
    }
    return num.toLocaleString();
}

このコードを実行すると、numが数値でない場合、エラーメッセージを投げます。

数値である場合、3桁区切りの文字列を返します。

●カスタマイズ方法

初心者にも優しい解説として、今回はTypeScriptを使って数字を3桁ごとに区切る方法をカスタマイズするプロセスを深く掘り下げます。

ここでは、基本的な3桁区切り関数をさらに発展させる方法として、区切り文字を変更するカスタマイズ例に焦点を当てます。

まず、基本的な3桁区切り関数を振り返りながら、カスタマイズ方法を解説します。

○カスタマイズ例1:区切り文字の変更

最初に提示された基本的な3桁区切り関数は次のようになります。

function formatNumber(num: number): string {
    return num.toLocaleString();
}

このコードでは、toLocaleStringメソッドを使用して数字を3桁区切りの文字列に変換しています。

しかし、カンマ(,)ではなく他の文字を区切り文字として使いたい場合もあるかもしれません。

そこで、カスタマイズした区切り文字を設定できるように関数を拡張します。

下記のコードは、区切り文字をカスタマイズできる関数の一例です。

function formatNumber(num: number, separator: string = ','): string {
    return num.toString().replace(/\B(?=(\d{3})+(?!\d))/g, separator);
}

このコードでは、正規表現とreplaceメソッドを使って、数字を3桁ごとに区切り、カスタマイズした区切り文字で置き換えています。

デフォルトの区切り文字はカンマ(,)ですが、任意の文字を区切り文字として設定できます。

このコードを実行すると、数値が3桁ごとにカスタマイズした区切り文字で区切られた結果が得られます。

例えば、次のようにコードを実行した場合、

console.log(formatNumber(1234567890, ' ')); // 出力: "1 234 567 890"

ここで、関数formatNumberに1234567890とスペース(’ ‘)を渡します。

すると、数値が3桁ごとにスペースで区切られた結果が表示されます。

○カスタマイズ例2:デコレータの使用

デコレータはTypeScriptで利用できる高度な機能であり、特定のクラスやメソッドに対してカスタムな動作を追加することが可能です。

ここでは、デコレータを利用して数字を3桁区切りに変換する方法を詳しく解説します。

下記のコードは、デコレータを利用して数値を3桁区切りに変換する基本的な例です。

このコードでは、3つのパラメータを受け取るデコレータ関数を作成しています。

function ThreeDigitSeparator(target: Object, propertyKey: string | symbol, descriptor: PropertyDescriptor) {
    const originalMethod = descriptor.value;

    descriptor.value = function (...args: any[]) {
        const result = originalMethod.apply(this, args);
        return result.toString().replace(/\B(?=(\d{3})+(?!\d))/g, ",");
    };

    return descriptor;
}

このコードを実行すると、元のメソッドが呼び出された後、その結果を3桁区切りの文字列に変換します。

この変換は正規表現を使用して行われ、数値の途中にカンマを挿入することで実現されます。

次に、先ほど作成したデコレータを実際に使用するクラスを作成します。

このクラスには、デコレータを利用して数値を3桁区切りに変換するメソッドが含まれます。

class NumberFormatter {
    @ThreeDigitSeparator
    formatNumber(num: number): string {
        return num.toString();
    }
}

このコードでは、NumberFormatter クラス内の formatNumber メソッドに @ThreeDigitSeparator デコレータを適用しています。

このデコレータは、メソッドが数値を文字列に変換した後、その文字列を3桁区切りの形式に変換します。

さて、コードを実行してみましょう。

NumberFormatterクラスのインスタンスを作成し、数値を引数としてformatNumberメソッドを呼び出します。

const formatter = new NumberFormatter();
const formattedNumber = formatter.formatNumber(1234567890);
console.log(formattedNumber); // "1,234,567,890"

このコードを実行すると、コンソールに"1,234,567,890"と表示されます。

このように、デコレータを利用することで、数値を3桁区切りの形式に簡単に変換することができます。

まとめ

本ガイドでは、TypeScriptを使用して数字を3桁区切りに変換する方法を、ステップバイステップで詳しく解説しました。

初心者でも簡単に理解できるように、基本的なTypeScriptの知識からスタートし、3桁区切りの基本的な概念について説明しました。

このガイドを通じて、読者がTypeScriptでの3桁区切りの実装に関する確固たる知識と技術を獲得できたことを願っています。

プログラミング初心者でも取り組めるよう、親しみやすい言葉を用いた解説と豊富なサンプルコードを提供しましたので、今後のコーディングの参考として活用していただければ幸いです。