PHPとNginxをWindowsで使う5つのステップ

PHPとNginxをWindowsで設定する方法を解説するイラストPHP
この記事は約6分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPとNginxをWindowsで設定する方法を学びたいと思っているあなたへ。

この記事はまさにあなたのために書かれました。ここでは、PHPとNginxをWindowsで設定する5つのステップを詳しく解説します。

サンプルコード付きで、エラー対処法やカスタマイズ方法も紹介します。

この記事を読めば、あなたもPHPとNginxをWindowsで使うことができるようになります。

●PHPとNginxとは

PHPとは、Webサイトの動的な部分を作るためのプログラミング言語です。

一方、Nginxは高性能なWebサーバーで、PHPと組み合わせて使用することで、効率的なWebサイトを構築することができます。

○PHPの基本

PHPは、サーバーサイドのスクリプト言語で、HTMLを動的に生成することができます。

つまり、ユーザーがWebサイトを訪れるたびに、PHPは新しいHTMLページを生成します。

これにより、ユーザーごとに異なる情報を表示することが可能になります。

○Nginxの基本

Nginxは、ロシアのIgor Sysoevによって開発されたWebサーバーです。

その高性能と安定性から、世界中の多くのWebサイトで使用されています。

Nginxは、静的なHTMLファイルを配信するだけでなく、PHPと組み合わせることで動的なWebサイトもホストすることができます。

●WindowsでのPHPとNginxの設定方法

WindowsでPHPとNginxを設定するための手順を説明します。

まずは、それぞれのソフトウェアをインストールし、次に連携設定を行います。

○PHPのインストール

  1. PHPの公式ウェブサイトからWindows用のPHPをダウンロードします。
    ダウンロードしたファイルを解凍し、Cドライブ直下に「php」という名前のフォルダを作成してそこに配置します。
  2. 次に、PHPの設定ファイル「php.ini」を編集します。
    このファイルは、PHPの動作を制御するための設定が書かれています。必要な設定を行ったら、ファイルを保存します。

○Nginxのインストール

  1. Nginxの公式ウェブサイトからWindows用のNginxをダウンロードします。
    ダウンロードしたファイルを解凍し、Cドライブ直下に「nginx」という名前のフォルダを作成してそこに配置します。
  2. 次に、Nginxの設定ファイル「nginx.conf」を編集します。
    このファイルは、Nginxの動作を制御するための設定が書かれています。必要な設定を行ったら、ファイルを保存します。

○PHPとNginxの連携設定

PHPとNginxがそれぞれ正しくインストールされたら、次にPHPとNginxを連携させる設定を行います。

これにより、PHPスクリプトをNginx経由で実行できるようになります。

●サンプルコードとその解説

ここでは、PHPとNginxの設定を行うためのサンプルコードを2つ紹介します。

○サンプルコード1:基本的なPHPスクリプト

このコードは、基本的なPHPスクリプトを作成する例を示しています。

この例では、”Hello, World!”と表示する簡単なPHPスクリプトを作成しています。

<?php
echo "Hello, World!";
?>

○サンプルコード2:Nginxの設定ファイル

このコードは、Nginxの設定ファイルを編集する例を示しています。

この例では、PHPファイルを実行するための設定を追加しています。

server {
    listen 80;
    server_name localhost;

    location / {
        root   html;
        index  index.php index.html index.htm;
    }

    location ~ \.php$ {
        root           html;
        fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
        fastcgi_index  index.php;
        fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  /scripts$fastcgi_script_name;
        include        fastcgi_params;
    }
}

●エラー対処法と注意点

PHPとNginxを設定する際には、いくつかのエラーが発生する可能性があります。

そのような場合には、エラーメッセージをよく読み、問題を解決するための対処法を探します。

○よくあるエラーとその対処法

  1. “PHP not found”:PHPが見つからない場合、PHPのインストール場所を確認します。
    また、環境変数のPATHにPHPのインストール場所が正しく設定されているか確認します。
  2. “Nginx not found”:Nginxが見つからない場合、Nginxのインストール場所を確認します。

○設定時の注意点

PHPとNginxを設定する際には、次の点に注意してください。

  1. PHPとNginxのインストール場所:PHPとNginxは、それぞれCドライブ直下にインストールすることを推奨します。
    これは、設定ファイルでのパス指定を簡単にするためです。
  2. 設定ファイルの編集:PHPの「php.ini」ファイルとNginxの「nginx.conf」ファイルは、それぞれの動作を制御する重要なファイルです。
    編集する際には、必ず元のファイルをバックアップしてから行い、誤った設定による問題を防ぎます。

●カスタマイズ方法

PHPとNginxの設定が完了したら、次にカスタマイズを行うことができます。

ここでは、PHPとNginxのカスタマイズ例を紹介します。

○PHPのカスタマイズ例

PHPの動作をカスタマイズするには、「php.ini」ファイルを編集します。

たとえば、エラーレポートのレベルを変更したり、ファイルアップロードの最大サイズを設定したりすることができます。

○Nginxのカスタマイズ例

Nginxの動作をカスタマイズするには、「nginx.conf」ファイルを編集します。

たとえば、サーバーのリッスンポートを変更したり、ロケーションごとの設定を追加したりすることができます。

まとめ

この記事では、PHPとNginxをWindowsで設定する方法を5つのステップで詳しく解説しました。

これらのステップを順に進めることで、あなたもPHPとNginxをWindowsで使うことができるようになります。

エラーが発生した場合やカスタマイズを行いたい場合には、この記事を参考にしてください。