CSSで図を作る!初心者向け7つの方法 – JPSM

CSSで図を作る!初心者向け7つの方法

CSS, 図, 作り方, 使い方, 対処法, サンプルコード, 応用例, 初心者, 解説 alt属性内文章: CSSで作成した図の例CSS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

CSSって何だか難しそう……そんな風に感じていませんか?

そんなあなたも大丈夫!この記事を読むことで、初心者でも簡単にCSSを使った図の作成方法がわかります。

CSSを使って、ウェブサイトに魅力的な図を加えることで、見た目が一気にパワーアップ!

ぜひ、この記事で学んだ知識を活かしてください。

●CSSで図を作る方法1:四角形

まずは、四角形を作成してみましょう。

次のサンプルコードを参考にしてください。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
.rectangle {
  width: 200px;
  height: 100px;
  background-color: #f00;
}
</style>
</head>
<body>
<div class="rectangle"></div>
</body>
</html>

このコードでは、<style>タグ内で.rectangleというクラスを定義し、その中でwidthheightを指定して四角形のサイズを決めています。

background-colorで色も指定できます。

●CSSで図を作る方法2:円

次に、円を作成してみましょう。

次のサンプルコードを参考にしてください。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
.circle {
  width: 100px;
  height: 100px;
  border-radius: 50%;
  background-color: #00f;
}
</style>
</head>
<body>
<div class="circle"></div>
</body>
</html>

このコードでは、.circleクラスでborder-radiusを50%に指定することで、四角形が円に変化します。

●CSSで図を作る方法3:三角形

三角形もCSSで簡単に作成できます。

次のサンプルコードを参考にしてください。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
.triangle {
  width: 0;
  height: 0;
  border-left: 50px solid transparent;
  border-right: 50px solid transparent;
  border-bottom: 100px solid #0f0;
}
</style>
</head>
<body>
<div class="triangle"></div>
</body>
</html>

三角形は、ボーダーの幅を調整して作成します。

.triangleクラスで、border-leftborder-rightを透明にし、border-bottomに色を指定することで、上向きの三角形ができます。

●CSSで図を作る方法4:線

線もCSSで簡単に描画できます。

次のサンプルコードを参考にしてください。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
.line {
  width: 100%;
  height: 2px;
  background-color: #000;
}
</style>
</head>
<body>
<div class="line"></div>
</body>
</html>

.lineクラスでheightを2pxにすることで、線が作成できます。

widthを調整することで、線の長さを変更できます。

●CSSで図を作る方法5:影

影をつけることで、図に立体感を出すことができます。

次のサンプルコードを参考にしてください。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
.shadow {
  width: 200px;
  height: 100px;
  background-color: #f00;
  box-shadow: 5px 5px 10px rgba(0, 0, 0, 0.5);
}
</style>
</head>
<body>
<div class="shadow"></div>
</body>
</html>

.shadowクラスでbox-shadowを指定し、影のオフセットとぼかしを調整します。

rgbaで色と透明度も設定できます。

●CSSで図を作る方法6:グラデーション

グラデーションを使って、図に色彩豊かな表現を加えましょう。

次のサンプルコードを参考にしてください。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
.gradient {
  width: 200px;
  height: 100px;
  background: linear-gradient(45deg, #f00, #00f);
}
</style>
</head>
<body>
<div class="gradient"></div>
</body>
</html>

.gradientクラスでbackgroundlinear-gradientを指定し、角度と色を指定します。

角度を変えることで、グラデーションの方向を変更できます。

●CSSで図を作る方法7:アニメーション

アニメーションを使って、図を動かすことができます。

次のサンプルコードを参考にしてください。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
@keyframes move {
  from {left: 0px;}
  to {left: 200px;}
}

.animated {
  width: 100px;
  height: 100px;
  background-color: #f0f;
  position: relative;
  animation: move 4s infinite;
}
</style>
</head>
<body>
<div class="animated"></div>
</body>
</html>

このコードでは、@keyframesでアニメーションのキーフレームを定義しています。

fromtoで開始位置と終了位置を指定し、.animatedクラスでアニメーションの設定を行っています。

animationプロパティで、キーフレームの名前、アニメーションの時間、繰り返し回数を指定します。

まとめ

これで、CSSを使って図を作成する基本的な方法が理解できたかと思います。

これらのテクニックを組み合わせることで、さまざまな図を表現することができます。

ぜひ、自分だけのオリジナルな図を作成して、ウェブサイトを魅力的にデザインしましょう!