JavaScriptで簡単に計算を算出!初心者も理解できる10のサンプルコード

JavaScriptを使って計算を行うサンプルコードJS
この記事は約5分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptでの計算方法が簡単に理解できるようになります。

初心者の方でも分かりやすいように、基本的な計算方法から応用例、注意点、カスタマイズ方法まで詳しく解説しています。

それでは、さっそく始めましょう。

●JavaScriptでの計算方法

それでは早速JavaScriptで計算する方法を見ていきましょう。

○基本的な計算

JavaScriptで計算を行うには、通常の数学的な演算子を使います。

これらの演算子を使って、足し算、引き算、掛け算、割り算、剰余計算が可能です。

○サンプルコード1:足し算と引き算

JavaScriptで足し算と引き算を行う方法を見てみましょう。

// 足し算
let sum = 10 + 20;
console.log(sum); // 30

// 引き算
let difference = 10 - 20;
console.log(difference); // -10

上記のコードでは、10と20を足し算しています。

また、10から20を引いた結果も計算しています。

○サンプルコード2:掛け算と割り算

次に、JavaScriptで掛け算と割り算を行う方法を見てみましょう。

// 掛け算
let product = 10 * 20;
console.log(product); // 200

// 割り算
let quotient = 10 / 20;
console.log(quotient); // 0.5

上記のコードでは、10と20を掛け算しています。

また、10を20で割った結果も計算しています。

○サンプルコード3:剰余計算

JavaScriptで剰余(余り)を求める方法を見てみましょう。

// 剰余計算
let remainder = 10 % 3;
console.log(remainder); // 1

上記のコードでは、10を3で割った余りを求めています。

●計算の応用例

続いて、実践的な応用例もコード付きで解説していきます。

○サンプルコード4:四則演算を組み合わせた計算

四則演算を組み合わせた計算を行う方法を見てみましょう。

let result = (10 + 20) * (30 - 10) / 2;
console.log(result); // 300

上記のコードでは、10と20を足し、その結果に対して30から10を引いた値を掛け、さらに2で割った結果を求めています。

○サンプルコード5:数値の丸め処理

JavaScriptで小数点以下を丸める方法を見てみましょう。

let num = 3.141592;

// 四捨五入
let rounded = Math.round(num);
console.log(rounded); // 3

// 切り上げ
let ceil = Math.ceil(num);
console.log(ceil); // 4

// 切り捨て
let floor = Math.floor(num);
console.log(floor); // 3

上記のコードでは、小数点以下を四捨五入、切り上げ、切り捨てる方法を示しています。

○サンプルコード6:乱数生成

JavaScriptで乱数を生成する方法を見てみましょう。

let random = Math.random();
console.log(random); // 0以上1未満のランダムな小数

上記のコードでは、0以上1未満のランダムな小数を生成しています。

○サンプルコード7:配列内の数値合計

JavaScriptで配列内の数値を合計する方法を見てみましょう。

let numbers = [10, 20, 30, 40, 50];
let total = numbers.reduce((sum, current) => sum + current, 0);
console.log(total); // 150

上記のコードでは、配列内のすべての数値を合計しています。

○サンプルコード8:最大値と最小値の取得

JavaScriptで配列内の最大値と最小値を取得する方法を見てみましょう。

let numbers = [10, 20, 30, 40, 50];

// 最大値の取得
let max = Math.max(...numbers);
console.log(max); // 50

// 最小値の取得
let min = Math.min(...numbers);
console.log(min); // 10

上記のコードでは、配列内の最大値と最小値を取得しています。

○サンプルコード9:順位付け

JavaScriptで数値の順位付けを行う方法を見てみましょう。

let scores = [80, 90, 70, 85, 95];
let sortedScores = [...scores].sort((a, b) => b - a);

function getRank(score) {
  return sortedScores.indexOf(score) + 1;
}

console.log(getRank(85)); // 3

上記のコードでは、数値の順位付けを行っています。

○サンプルコード10:平均値の計算

JavaScriptで配列内の数値の平均値を計算する方法を見てみましょう。

let numbers = [10, 20, 30, 40, 50];
let total = numbers.reduce((sum, current) => sum + current, 0);
let average = total / numbers.length;

console.log(average); // 30

上記のコードでは、配列内の数値の平均値を計算しています。

●注意点と対処法

JavaScriptの計算では、浮動小数点数の誤差に注意が必要です。

誤差を回避するために、toFixed()メソッドや、適切な丸め処理を行うことが重要です。

まとめ

この記事では、JavaScriptでの計算方法を初心者にもわかりやすく解説しました。

基本的な計算から応用例、注意点、カスタマイズ方法まで詳しく紹介しました。

この知識を活用して、JavaScriptでの計算を楽しみながら学んでいってください。