CSSドット作成・活用法10選!初心者向け完全ガイド – JPSM

CSSドット作成・活用法10選!初心者向け完全ガイド

CSSドット作成・活用法イメージCSS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

あなたもウェブデザインに悩んでいませんか?

そんなあなたにおすすめしたいのが、CSSドットです。

この記事では、CSSドットの作り方、使い方、対処法について初心者目線で徹底解説します。

サンプルコードや応用例も満載で、デザイン力をアップできること間違いなし!

これを読めば、あなたもCSSドットを活用したデザインができるようになります。

●CSSドットとは?

CSSドットは、CSSを使用して作成される小さなドットで、ウェブデザインにアクセントや装飾として使われます。

簡単に実装でき、初心者にも手軽に取り入れられる方法です。

ここからは、CSSドットの基本的な作り方、使い方、対処法を解説します。

●CSSドットの作り方

点線ボーダーを使った方法

.dot-border {
  border: 1px dotted #000;
}

疑似要素を使った方法

.dot::before {
  content: "";
  display: inline-block;
  width: 3px;
  height: 3px;
  background-color: #000;
  border-radius: 50%;
}

バックグラウンドグラデーションを使った方法

.dot-background {
  background: radial-gradient(circle, #000 25%, transparent 26%);
  background-size: 6px 6px;
}

●CSSドットの使い方

区切り線として

<div class="dot-border"></div>

リストスタイルとして

<ul>
  <li class="dot">項目1</li>
  <li class="dot">項目2</li>
  <li class="dot">項目3</li>
</ul>

背景パターンとして

<div class="dot-background"></div>

ドットのサイズ調整

ドットのサイズを変更したい場合は、widthとheightの値を調整します。

以下の例では、疑似要素を使ったドットのサイズを5pxに変更しています。

.dot::before {
  content: "";
  display: inline-block;
  width: 5px;
  height: 5px;
  background-color: #000;
  border-radius: 50%;
}

ドットの色変更

ドットの色を変更するには、background-color(疑似要素)、border(点線ボーダー)、またはradial-gradient(バックグラウンドグラデーション)の色を変更します。

.dot::before {
  background-color: #f00; /* 赤色に変更 */
}

ドット間隔の調整

ドット間隔を調整する場合は、background-size(バックグラウンドグラデーション)やborder(点線ボーダー)のプロパティを変更します。

.dot-background {
  background-size: 8px 8px; /* ドット間隔を8pxに変更 */
}

●CSSドットの応用例

ホバーエフェクト

マウスオーバー時にドットが現れるボタンを作成します。

<button class="hover-dot">ボタン</button>
.hover-dot {
  position: relative;
  background-color: transparent;
}

.hover-dot:hover::after {
  content: "";
  position: absolute;
  top: 0;
  left: 0;
  width: 100%;
  height: 100%;
  background: radial-gradient(circle, #000 25%, transparent 26%);
  background-size: 6px 6px;
}

テキスト装飾

ドットを使ってテキストの下線をデザインします。

<p class="text-decoration-dot">ドットで装飾されたテキスト</p>
.text-decoration-dot {
  position: relative;
}

.text-decoration-dot::after {
  content: "";
  position: absolute;
  bottom: 0;
  left: 0;
  width: 100%;
  height: 1px;
  background: radial-gradient(circle, #000 25%, transparent 26%);
  background-size: 6px 6px;
}

プログレスバー

ドットを使ってプログレスバーを作成します。

<div class="progress-bar">
  <div class="progress"></div>
</div>
.progress-bar {
  width: 100%;
  height: 10px;
  background: radial-gradient(circle, #ccc 25%, transparent 26%);
  background-size: 6px 6px;
}

.progress {
  width: 50%; /* 進捗率を変更 */
  height: 10px;
  background: radial-gradient(circle, #000 25%, transparent 26%);
  background-size: 6px 6px;
}

まとめ

CSSドットは、ウェブデザインにアクセントや装飾として活用できる便利な方法です。

初心者でも簡単に実装でき、デザイン力をアップできます。

この記事では、CSSドットの作り方、使い方、対処法を初心者目線で徹底解説しました。

また、実用的な応用例やサンプルコードも紹介しました。

これであなたも、CSSドットを活用したデザインができるようになるでしょう。

是非、ウェブデザインの中でCSSドットを使ってみてください。

デザインがより一層引き立ち、見る人の目を引くこと間違いありません。

今回学んだ知識を活かして、素敵なデザインを作り上げましょう!