5つの実例で学ぶ!HTMLでリンクを別ウィンドウで開く方法

HTMLリンクを別ウィンドウで開く方法を解説するイメージHTML
この記事は約12分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事では、HTMLでリンクを別ウィンドウで開く方法を詳細に解説します。

ウェブページにリンクを設置し、そのリンクがクリックされた際に新しいタブやウィンドウで開くようにする手法は、ウェブサイトのユーザビリティを高める上で重要な役割を果たします。

ここでは、その基本から応用までを段階的に学べるように構成しています。

初心者の方でも安心して進められるように、具体的なサンプルコードを交えながら説明していきます。

●HTMLリンク基本

HTMLでウェブページにリンクを作成するためには、<a>タグを使用します。

このタグを用いて、ユーザーがクリックするテキストや画像にリンクを設定し、他のページや外部サイトへのナビゲーションを可能にします。

基本的なリンクの形式は非常にシンプルで、以下のように記述されます。

<a href="https://example.com">訪問するサイト</a>

上の例では、”訪問するサイト”というテキストがリンクとして機能し、ユーザーがこれをクリックすると、指定されたURLのページに移動します。

しかし、リンクが同じウィンドウやタブで開かれるのが一般的ですが、これを別のウィンドウで開くには少し手を加える必要があります。

○リンクの基本構造

リンクを設置する際の基本構造には、<a>タグの他に、href属性が必要です。

このhref属性には、リンク先のURLを指定します。ただし、リンクの振る舞いを制御するためには、さらに属性を追加することができます。

例えば、title属性を使ってリンクにツールチップを追加したり、classidを使用してCSSでスタイルを適用することが可能です。

○target属性とは

target属性は、リンクをクリックした際の動作をどのウィンドウやタブで開くかを指定するために使用されます。

この属性にはいくつかの値を設定できますが、リンクを新しいウィンドウで開きたい場合は_blankを指定します。

具体的なコードは次の通りです。

<a href="https://example.com" target="_blank">新しいタブで開くリンク</a>

このコード例では、ユーザーがリンクをクリックすると、設定されたURLが新しいタブまたはウィンドウで開かれます。

target="_blank"は特にニュースサイトやブログなど、元のページからユーザーを離れさせたくない場合に便利です。

ただ、この機能を使用する際には、セキュリティ面での考慮も必要となるので、それについては後述します。

●別ウィンドウでリンクを開く方法

HTMLを利用してリンクを別ウィンドウで開く方法は、ウェブデザインにおいて非常に便利なテクニックです。

主に、ユーザーがサイトを離れることなく、追加情報を提供するために使われます。

ここでは、HTMLのtarget属性を用いて、この方法を実装する手順を説明します。

リンクを新しいウィンドウまたはタブで開くには、<a>タグのtarget属性に_blankの値を設定します。

これにより、リンクがクリックされたときに新しいブラウジングコンテキストが生成され、指定されたURLがそこで開かれるようになります。

○サンプルコード1:シンプルなリンク作成

簡単な例として、下記のHTMLコードをご覧ください。

ここでは、テキストリンクを作成し、それを新しいタブで開くように設定しています。

<a href="https://www.example.com" target="_blank">Visit Example.com</a>

このコードスニペットでは、href属性によってリンク先のURLを指定し、target="_blank"によって新しいタブで開くように指示しています。

ユーザーがこのリンクをクリックすると、www.example.comのページが新しいタブで開きます。

○サンプルコード2:target="_blank"の使用

次に、もう少し具体的な例を見てみましょう。

多くのウェブサイトでは、外部サイトへのリンクを新しいタブで開くことが推奨されています。

これには、ユーザーを自サイトから遠ざけないようにする戦略的な理由があります。

<!-- Link to an external site -->
<a href="https://www.externalwebsite.com" target="_blank">Check our partner site</a>

ここでのtarget="_blank"属性は、リンク先が自サイト外である場合に特に有効です。

これによって、ユーザーは元のサイトをナビゲートしたままで、新しい情報源を探索できます。

また、rel="noopener noreferrer"属性を追加することで、セキュリティリスクを軽減することが推奨されていますが、その詳細は次にまとめておきますので、ご覧ください。

●HTMLリンクのカスタマイズ

HTMLリンクのカスタマイズは、ウェブデザインにおいて非常に重要な要素です。

リンクの外見を変更することで、サイトの全体的なデザインに調和させることが可能ですし、ユーザーの注意を引くこともできます。

ここでは、CSSを使用してリンクの見た目をカスタマイズする方法と、JavaScriptを用いて動的なリンクの挙動を制御する技術について解説します。

○サンプルコード3:リンクの見た目を変更するCSS

リンクのビジュアルスタイルをカスタマイズする基本的な方法は、CSSを使用することです。

この例では、リンクに色やマウスオーバー時の効果を追加しています。

<a href="https://www.example.com" class="custom-link">Visit Example.com</a>
.custom-link {
    color: #3498db; /* リンクの色を青に設定 */
    text-decoration: none; /* 下線を非表示に */
}

.custom-link:hover {
    color: #2980b9; /* マウスオーバー時に色を濃い青に変更 */
    text-decoration: underline; /* 下線を表示 */
}

このCSSは、リンクがより目立つようにデザインされており、ユーザーがマウスでリンク上にホバーした際に視覚的なフィードバックが実装できます。

このようにCSSを活用することで、リンクをサイトデザインに合わせて調整することができます。

○サンプルコード4:イベントハンドラを使った動的なリンク

JavaScriptを使用してリンクの動作をカスタマイズする方法は、ウェブページにインタラクティブな要素を加えるのに適しています。

この例では、リンクのクリックによるデフォルトの動作をキャンセルし、代わりにJavaScriptを使って特定の動作を行っています。

<a href="#" id="dynamic-link">Click me!</a>
document.getElementById('dynamic-link').addEventListener('click', function(event) {
    event.preventDefault(); // リンクのデフォルト動作をキャンセル
    alert('Link clicked without navigation!'); // アラートを表示
});

このJavaScriptコードは、リンクがクリックされたときにページ遷移を防ぎつつ、ユーザーにアラートを表示します。

このテクニックは、フォームの送信を管理したり、ページ内の動的なコンテンツ変更を行う際にも応用することができます。

●安全なリンクの作成

ウェブページでリンクを使用する際、セキュリティを考慮することは非常に重要です。

特に、外部サイトへのリンクを新しいタブで開く場合、rel="noopener noreferrer"属性を追加することで、セキュリティリスクを減少させることが可能です。

この属性を使用する理由とそのメカニズムについて詳しく説明します。

リンクにrel=”noopener noreferrer”を追加するメリット

rel="noopener"は、新しいブラウザタブが元のページと同じプロセスを共有しないようにブラウザに指示します。

これにより、新しいタブが元のページのパフォーマンスに影響を与えることが防げます。

さらに、rel="noreferrer"を使用すると、ブラウザはリンクをクリックした際にリファラ情報を送信しないようになり、これがプライバシーの向上につながります。

これらの属性を使用することで、特にtarget="_blank"を使って新しいタブでリンクを開く際のセキュリティとプライバシーが強化されます。

攻撃者が新しいタブを利用して元のページを悪用するリスクを減らすことができます。

○サンプルコード5:セキュリティを考慮したリンク設定

このHTMLコードは、rel="noopener noreferrer"属性を含む安全なリンクの一例を表しています。

これにより、リンクが新しいタブで安全に開かれるようになります。

<a href="https://www.example.com" target="_blank" rel="noopener noreferrer">Visit Example.com</a>

このリンクは、href属性によって訪問先のURLを指定していますが、target="_blank"に加えてrel="noopener noreferrer"を指定することで、セキュリティとプライバシーの保護が図られています。

ユーザーがこのリンクをクリックすると、新しいタブでページが開きますが、オリジナルのページとは独立しており、オリジナルのページが影響を受けることはありません。

●よくある問題とその対処法

HTMLリンクの実装中に遭遇することがある一般的な問題には、リンクが期待通りに機能しない場合があります。

これは、リンクが適切に設定されていない、あるいは特定の環境下で予期せぬ動作をするためです。

ここでは、リンクが動作しない原因を特定し、それに対処する方法を解説します。

○リンクが動作しない場合のチェックポイント

リンクが機能しない場合、最初に確認すべきはリンク先のURLが正しく設定されているかどうかです。

誤ったURLやリンク切れはよくある原因です。

次に、JavaScriptがリンクの挙動に干渉していないか検証します。

JavaScriptがイベントをキャンセルしてリンクが機能しないようにしている場合があります。

また、CSSがリンクを覆い隠しているか、クリック可能な状態になっていないかも確認しましょう。

○クロスブラウジングの問題への対応

異なるブラウザ間でリンクが一貫して動作するようにするには、各ブラウザの互換性を確認することが重要です。

特に古いブラウザでは、現代のWeb標準を完全にはサポートしていないため、ポリフィルやシムを用いることで対応が可能です。

また、ブラウザ固有のバグや制限に対しては、条件付きコメントやブラウザ検出スクリプトを用いて特定のスタイルやスクリプトを適用することが効果的です。

●HTMLリンクの応用例

HTMLリンクを使った応用例には、ナビゲーションメニューやポップアップウィンドウの制御などがあります。

このテクニックは、ウェブサイトのインタラクティビティを向上させるために役立ちます。

次に、具体的な応用例として、ナビゲーションメニューの作成とポップアップウィンドウの制御方法を詳しく説明します。

○サンプルコード6: リンクを利用したナビゲーションメニュー

ナビゲーションメニューは、ウェブサイトのユーザーエクスペリエンスに直接影響を与える重要な要素です。

このHTMLとCSSのコードは、シンプルなナビゲーションメニューを作成しています。

<ul class="navigation">
    <li><a href="#home">Home</a></li>
    <li><a href="#services">Services</a></li>
    <li><a href="#about">About</a></li>
    <li><a href="#contact">Contact</a></li>
</ul>
.navigation {
    list-style-type: none;
    margin: 0;
    padding: 0;
    background-color: #333;
    overflow: hidden;
}

.navigation li {
    float: left;
}

.navigation li a {
    display: block;
    color: white;
    text-align: center;
    padding: 14px 16px;
    text-decoration: none;
}

.navigation li a:hover {
    background-color: #111;
}

このコードは、ウェブページの上部に水平なナビゲーションバーを作成し、各リンクにマウスオーバーしたときの視覚的フィードバックを提供します。

○サンプルコード7:ポップアップウィンドウの制御

ポップアップウィンドウは、ユーザーの注意を引くために効果的に使用できます。

このJavaScriptとHTMLのコードは、ボタンをクリックするとポップアップウィンドウが表示される機能を実装しています。

<button onclick="openPopup()">Open Popup</button>
<div id="popup" style="display:none;position:fixed;background-color:white;width:300px;height:200px;border:1px solid #000;padding:10px;">
    <span onclick="closePopup()" style="cursor:pointer;float:right;">&times;</span>
    <p>Welcome to our website!</p>
</div>
function openPopup() {
    document.getElementById('popup').style.display = 'block';
}

function closePopup() {
    document.getElementById('popup').style.display = 'none';
}

このスクリプトは、ポップアップウィンドウを開閉するためのシンプルなメカニズムを提供し、ユーザーがポップアップウィンドウを簡単に閉じることができるようにします。

ポップアップ内の内容は、プロモーション情報や重要な通知など、目的に応じてカスタマイズ可能です。

まとめ

この記事を通じて、HTMLリンクの基本から応用技術までを詳しく解説しました。

特に、リンクを新しいタブで開く方法や、ナビゲーションメニューとポップアップウィンドウの実装技術は、ウェブサイトのユーザビリティとセキュリティ向上に寄与します。

今後もこの技術を活用し、さらに充実したウェブサイト作りを目指してください。