【CSS】ブラー効果入門!基本から応用まで5つの実例コードで徹底解説

CSSブラー効果を実現する方法を初心者にも分かりやすく解説CSS
この記事は約10分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

CSSを用いたウェブデザインでは、視覚的魅力を高めるための多様な技法が利用されています。

その中でも、ブラー効果は特に注目に値する技術です。

この記事では、CSSでのブラー効果の基本から応用まで、初心者でも理解しやすいように詳しく解説していきます。

ブラー効果を用いることで、ウェブサイトやアプリケーションにプロフェッショナルで洗練された印象を与えることができるのです。

●CSSブラー効果とは?

CSSにおけるブラー効果とは、要素にぼかしを加えることにより、デザインに深みや立体感をもたらす手法です。

この効果を適用することで、テキストや画像、背景などの要素が柔らかく、かつ洗練された見た目に変わります。

ブラー効果は、ウェブページ上での注目度を高めるためにも有効であり、ユーザーの視線を引きつけるのに役立ちます。

○CSSブラー効果の基本

CSSでブラー効果を作成するためには、filterプロパティを用います。

このプロパティは、ぼかしの他にも色調補正やコントラスト調整など、多くの視覚効果を提供します。

ブラー効果を適用する際には、blur関数を用いて、どの程度のぼかしを加えるかを指定します。

たとえば、filter: blur(5px);と記述すると、5ピクセルのぼかしが適用されることになります。

○filterプロパティの概要

filterプロパティは、CSS3において導入された機能の一つで、要素に様々なグラフィック効果を適用することができます。

blur関数の他にも、brightness(明るさ調整)、contrast(コントラスト調整)、grayscale(グレースケール化)など、多様な関数が用意されています。

これらの関数を組み合わせることで、非常に高度な視覚効果を簡単に実現することが可能です。

また、filterプロパティは、ほとんどの現代のブラウザでサポートされており、広範囲のユーザーに対応するウェブデザインが可能となっています。

●ブラー効果の基本的な作り方

ウェブデザインにおいて、CSSを使ったブラー効果は、視覚的な魅力を高めるための重要な技術です。

ブラー効果の基本的な作り方を理解することは、ウェブサイトやアプリケーションをより魅力的に見せる上で不可欠です。

ここでは、CSSにおけるブラー効果の作り方について、初心者でも理解しやすいようにステップバイステップで説明します。

ブラー効果を作成するには、まずCSSのfilterプロパティを使用します。

このプロパティは、ぼかし効果を含む多くのグラフィック効果を提供しています。

具体的には、filterプロパティにblur関数を指定し、ぼかしの強度をピクセル単位で設定します。

例えば、filter: blur(5px);と記述すれば、5ピクセルの強度でブラー効果が適用されます。

この単純な記述によって、テキストや画像などの要素に柔らかなぼかしを加えることができるのです。

○サンプルコード1:基本的なブラー効果

ここでは、基本的なブラー効果を適用したサンプルコードを紹介します。

この例では、クラス.blur-exampleを持つ要素に対して、10ピクセルのブラー効果を適用しています。

.blur-example {
    filter: blur(10px);
}

このコードは、指定された要素に対して、明確なぼかし効果を適用します。

例えば、このスタイルを画像やテキストに適用することで、それらの要素が柔らかく、注目を引く見た目になることが期待できます。

実際にウェブページに適用すると、視覚的な深みが増し、ユーザーの興味を引きつける効果があります。

○blur関数の使い方

blur関数の使い方は非常にシンプルです。

filterプロパティ内でblur()と記述し、括弧内にぼかしの強度をピクセル単位で指定します。

ぼかしの強度は、ピクセル値を増やすことで強く、減らすことで弱くすることができます。

この機能を使って、さまざまな要素に対して繊細なビジュアルエフェクトを加えることが可能です。

例えば、filter: blur(2px);とすると、非常に軽いぼかし効果が適用されます。

一方で、filter: blur(15px);とすると、より強いぼかし効果が得られます。

このようにして、ウェブページの各要素に最適なぼかし効果を適用することで、全体のデザインを高めることができます。

●ブラー効果の応用例

CSSのブラー効果は、基本的な使い方だけでなく、様々な応用が可能です。

ウェブページの様々な要素にブラー効果を適用することで、ユーザーの注意を引きつけたり、特定の情報を強調したりすることができます。

ここでは、ブラー効果を応用した具体的な例をいくつか紹介します。

○サンプルコード2:画像にブラー効果を適用

ウェブページにおける画像は、視覚的なインパクトが非常に大きい要素です。

ブラー効果を画像に適用することで、画像を柔らかく見せたり、背景としての役割を強調したりすることが可能です。

下記のサンプルコードは、画像にブラー効果を適用する方法を表しています。

.blur-image {
    filter: blur(8px);
}

このコードを適用すると、指定されたクラス.blur-imageを持つ画像に8ピクセルのブラー効果が適用されます。

この方法を利用すれば、画像を背景として使う際に、前面のコンテンツをより目立たせることができます。

また、画像自体に焦点を当てたい場合には、ブラー効果を軽減して画像のディテールを際立たせることも可能です。

○サンプルコード3:テキストにブラー効果を適用

テキストにブラー効果を適用することも、CSSのブラー効果の面白い使い方の一つです。

この方法は、特定のテキストを目立たせるためや、あえて読みにくくすることで特定の情報を隠す際に役立ちます。

下記のサンプルコードでは、テキストにブラー効果を適用する方法を表しています。

.blur-text {
    filter: blur(4px);
}

このコードを使用すると、クラス.blur-textを持つテキストに4ピクセルのブラー効果が適用されます。

この効果は、ユーザーがマウスオーバーするまでテキストを隠すなど、インタラクティブな要素としても利用できます。

また、背景に溶け込むようなテキストデザインを作成する際にも有効です。

○サンプルコード4:ホバー時のブラー効果

ホバー時にブラー効果を適用することは、インタラクティブなウェブデザインを作成する際に非常に効果的です。

このテクニックを使うことで、ユーザーがマウスを要素の上に置いた時にのみブラー効果が発生し、動的なユーザー体験を生み出すことができます。

下記のサンプルコードでは、ボタンにホバーした際にブラー効果が適用されるように設定しています。

.blur-button:hover {
    filter: blur(5px);
}

このコードを使用すると、クラス.blur-buttonが適用されたボタンにマウスをホバーした際に、5ピクセルのブラー効果が発動します。

このようなインタラクションは、ユーザーの注意を引きつけるだけでなく、ウェブサイトの全体的な見た目と感触を高めるのに役立ちます。

また、ホバー効果はナビゲーションメニューやリンク、その他のクリック可能な要素にも適用することができます。

○サンプルコード5:背景画像のブラー効果

背景画像にブラー効果を適用することで、ウェブページの背景をより魅力的で目を引くものにすることが可能です。

背景画像にブラー効果を加えると、前面のコンテンツがより際立ち、全体のデザインに深みを加えることができます。

下記のサンプルコードは、背景画像にブラー効果を適用する方法を表しています。

.blur-background::before {
    content: "";
    background-image: url("example-background.jpg");
    filter: blur(10px);
    width: 100%;
    height: 100%;
    position: absolute;
    z-index: -1;
}

このコードにより、.blur-backgroundクラスを持つ要素の背景に設定された画像に10ピクセルのブラー効果が適用されます。

::before疑似要素を使用することで、背景画像に対してのみブラー効果を適用し、前面のコンテンツはクリアな状態を保つことができます。

この方法は、特に大きな画像を背景として使用する際に効果的です。

●ブラー効果の対処法と注意点

CSSによるブラー効果をウェブデザインに取り入れる際、いくつかの対処法と注意点を理解しておくことが重要です。

これらを適切に把握し対応することで、ブラー効果をより効果的に活用することができます。

ここでは、ブラー効果を使用する際の主な対処法と注意点について説明します。

○ブラウザの互換性と代替スタイル

ブラー効果は、CSSのfilterプロパティを使用して実装されますが、これがすべてのブラウザでサポートされているわけではありません。

特に古いブラウザや一部のモバイルブラウザでは、filterプロパティが完全には対応していない場合があります。

したがって、対応していないブラウザで閲覧された際に備え、代替のスタイルを用意しておくことが重要です。

例えば、下記のようにCSSを記述することで、ブラウザがfilterプロパティに対応していない場合に備えることができます。

.example {
    background-color: rgba(0, 0, 0, 0.5); /* 代替スタイル */
    filter: blur(10px); /* ブラウザがfilterをサポートしている場合 */
}

このコードでは、filterプロパティをサポートしていないブラウザ向けに、背景色の透明度を調整することで視覚的なエフェクトを提供しています。

○要素の境界線と余白の調整

ブラー効果を適用した要素は、その境界線がぼやけることがあります。

これにより、他の要素との区別が曖昧になる場合があるため、周囲の要素との間に適切な余白を設定することが重要です。

余白を適切に設定することで、ブラー効果を適用した要素と他の要素との視覚的なバランスを保つことができます。

例えば、下記のようにCSSを記述することで、要素間の余白を調整できます。

.blur-text {
    filter: blur(3px);
    margin: 20px; /* 余白の調整 */
}

このコードでは、ブラー効果を適用したテキスト要素に対して、周囲の要素からの余白を20ピクセル確保しています。

これにより、テキストと他の要素との区別が明確になり、デザイン全体の見た目が改善されます。

●CSSブラー効果の活用でウェブデザインを引き立てる

CSSによるブラー効果をウェブデザインに取り入れることは、プロフェッショナルで洗練された印象を与えるための強力なツールです。

ブラー効果は、ウェブサイトのビジュアルデザインに深みを与え、ユーザーの注意を引きつけることができます。

ここでは、CSSブラー効果を活用してウェブデザインを引き立てる方法について、いくつかのポイントを紹介します。

○プロフェッショナルな印象を与えるデザイン

ブラー効果を用いることで、テキストや画像、背景などのウェブページの要素に柔らかさや洗練された印象を与えることができます。

特に、背景画像にブラー効果を適用することで、前面のコンテンツを際立たせることが可能です。

また、ブラー効果は、ウェブページの全体的な色調を調和させるのにも役立ちます。

例えば、背景に軽いブラー効果を適用することで、前面のテキストやボタンがより明瞭に見え、全体のデザインが一層引き立ちます。

このような微妙な視覚効果は、ウェブサイトを訪れるユーザーにプロフェッショナルな印象を与えることができます。

○インタラクティブなデザインの実現

ブラー効果は、インタラクティブなウェブデザインを作成する上で重要な役割を果たします。

例えば、ユーザーがマウスを要素の上に置いた際にブラー効果を適用することで、動的なユーザー体験を提供することができます。

このようなインタラクションは、ウェブサイトをよりエンゲージメント豊かなものにし、ユーザーの興味を引きつけます。

ボタンやリンク、画像などにホバー時のブラー効果を適用することで、ユーザーのアクションに対する即時のフィードバックを提供することができます。

このようにして、ウェブサイトにインタラクティブな要素を加えることは、ユーザーエクスペリエンスの向上に繋がります。

まとめ

CSSブラー効果の活用は、ウェブデザインを一段と引き立てる手法です。

基本から応用、そして対処法に至るまで、この記事ではブラー効果の多様な使い方を解説しました。

サンプルコードを参考にしながら、あなたのウェブサイトにブラー効果を取り入れて、プロフェッショナルで洗練された印象を与えるデザインを実現してみましょう。