【画面サイズに合わせる】HTMLでウィンドウサイズ自動調整の7つの方法

ウィンドウサイズ自動調整のイメージ図HTML
この記事は約4分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、ウィンドウサイズを自動調整する方法がマスターできるようになります。

ウェブデザインの世界では、さまざまなデバイスやブラウザで閲覧されることを想定し、ウィンドウサイズの自動調整が重要となっています。

この記事では、初心者向けにHTMLでウィンドウサイズを自動調整する方法を徹底解説します。

使い方、対処法、注意点、カスタマイズ方法をサンプルコード付きで学びましょう。

●ウィンドウサイズ自動調整の基本

ウィンドウサイズ自動調整は、ウェブページが異なるデバイスやブラウザで適切に表示されるように、コンテンツの幅や高さを自動的に変更する技術です。

この章では、ウィンドウサイズ自動調整の基本を学びます。

○方法1:ビューポートの設定

ビューポートとは、ウェブページの表示領域のことで、これを設定することで自動調整が可能になります。

次のサンプルコードを<head>タグ内に追加してください。

<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">

●ウィンドウサイズ自動調整の使い方

ウィンドウサイズ自動調整を活用する方法には、いくつかのバリエーションがあります。

この章では、それぞれの方法をサンプルコード付きで解説します。

○方法2:CSSで幅を設定

CSSを用いて、ウィンドウサイズに応じてコンテンツの幅を変更する方法です。

次のサンプルコードを<style>タグ内に追加してください。

.container {
  width: 100%;
  max-width: 1200px;
  margin: 0 auto;
}

○方法3:メディアクエリを使ったレスポンシブデザイン

メディアクエリを使って、ウィンドウサイズに応じたスタイルを適用する方法です。

次のサンプルコードを<style>タグ内に追加してください。

@media screen and (max-width: 768px) {
  .container {
    width: 100%;
  }
}

●ウィンドウサイズ自動調整の対処法

ウィンドウサイズ自動調整に関する問題に対処する方法を学びます。

○方法4:画像の自動調整

画像もウィンドウサイズに合わせて自動調整することができます。

次のサンプルコードを<style>タグ内に追加してください。

img {
  max-width: 100%;
  height: auto;
}

●ウィンドウサイズ自動調整の注意点

ウィンドウサイズ自動調整を実装する際に気を付けるべきポイントを解説します。

○方法5:オーバーフローの制御

コンテンツがウィンドウサイズに収まらない場合、スクロールバーを表示して閲覧できるようにしましょう。

次のサンプルコードを<style>タグ内に追加してください。

.container {
  overflow: auto;
}

●ウィンドウサイズ自動調整のカスタマイズ

ウィンドウサイズ自動調整をカスタマイズして、独自のデザインを実現しましょう。

○方法6:フレックスボックスを使ったレイアウト

フレックスボックスを使って、柔軟なレイアウトを実現する方法です。

次のサンプルコードを<style>タグ内に追加してください。

.flex-container {
  display: flex;
  flex-wrap: wrap;
}

.flex-item {
  flex-basis: 50%;
}

●応用例とサンプルコード

ウィンドウサイズ自動調整の応用例を紹介します。

○方法7:グリッドシステムを使ったレイアウト

グリッドシステムを用いて、レスポンシブなレイアウトを作成する方法です。

次のサンプルコードを<style>タグ内に追加してください。

.grid-container {
  display: grid;
  grid-template-columns: repeat(auto-fit, minmax(200px, 1fr));
  gap: 10px;
}

このコードでは、ウィンドウサイズに応じて自動的に列数が変更されるグリッドシステムが実現されます。

200px以上の幅を持つ列を作成し、必要に応じて自動的に折り返されるように設定しています。

まとめ

この記事では、ウィンドウサイズ自動調整の基本から応用までを初心者向けに詳しく解説しました。

ウィンドウサイズ自動調整は、さまざまなデバイスやブラウザで閲覧されることを想定したウェブデザインにおいて重要な要素です。

記事で紹介した7つの方法を活用し、ウィンドウサイズに適応するウェブページを作成してみましょう。