初心者でも安心!PHPページ遷移の5ステップ完全ガイド

初心者向けPHPページ遷移ガイドのサムネイルPHP
この記事は約7分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

いま、あなたはPHPでのページ遷移について詳しく学びたいと考えていますね。

でも、コードの書き方や適切な使用方法がよくわからない。そんな時はこの記事を参照してください。

本記事を読むことで、PHPでのページ遷移の基本から応用まで、5つのステップで理解することができます。

そして各ステップでは具体的なサンプルコードも用意しています。

手元で試しながら学んでみましょう!

●PHPページ遷移とは

PHPページ遷移とは、一言で言えば、ウェブページから別のウェブページへ移動することをプログラムで制御することです。

ウェブサイトを訪れたユーザーが、リンクをクリックしたり、フォームを送信したりすると、新たなウェブページが表示されますよね。

その背後で動いているのが、PHPなどのサーバーサイドのプログラミング言語によるページ遷移です。

○なぜページ遷移が必要なのか

ページ遷移は、ウェブアプリケーションの動作を制御する基本的な要素です。

例えば、ユーザーがログインフォームを送信した後、正しい認証情報が提供された場合と、それがない場合とで、ユーザーを異なるページに導くことができます。

また、オンラインショッピングサイトで商品を検索し、詳細ページに移動したり、カートに追加したりする一連の流れも、ページ遷移のおかげでスムーズに実現します。

●PHPでのページ遷移の基本

では、実際にPHPでページ遷移をどのように行うのかを見ていきましょう。

○PHPでページ遷移を行うための基本構文

PHPには「header()」という関数があり、これを使用することでページ遷移を行うことができます。

この関数はHTTPヘッダーを送信するためのものですが、’Location’ヘッダーを指定することで、ブラウザに指定したURLへリダイレクトするよう指示を出すことができます。

具体的なコードは次のようになります。

header('Location: 遷移先のURL');
exit;

このコードは、「遷移先のURL」の部分にリダイレクトしたいページのURLを記述します。

また、’exit;’は処理を終了させるためのもので、リダイレクト後の不要な処理を防ぐ役割があります。

○サンプルコード1:基本的なページ遷移

簡単なページ遷移を行うPHPのサンプルコードをご紹介します。

この例では、「index.php」から「second.php」へ遷移するコードを示しています。

<?php
  header('Location: second.php');
  exit;
?>

このコードは、「index.php」に記述し、ユーザーが「index.php」を開いた瞬間に「second.php」にリダイレクトするように指示しています。

「second.php」は同じディレクトリ内にあるものとします。

●PHPページ遷移の応用

PHPのページ遷移は、基本的なリダイレクトからさらに発展させることができます。

これにより、より複雑なウェブアプリケーションを開発することが可能となります。

○ページ遷移を利用したWebアプリケーション

ウェブアプリケーションの開発では、ユーザーの入力情報を受け取り、それに応じてページ遷移を制御することが一般的です。

例えば、ユーザーがログインフォームに入力した情報が正しいかどうかを検証し、正しい場合にはメインページに、誤っている場合にはエラーページに遷移させる、といったことが可能です。

○サンプルコード2:フォームからのデータを扱うページ遷移

次に、ユーザーからの入力を受け取り、その結果に基づいてページ遷移を制御するPHPのサンプルコードを見てみましょう。

この例では、フォームから送信されたデータを受け取り、その値によって遷移先のページを変更する方法を表しています。

<?php
  $name = $_POST['name'];
  if ($name == 'Alice') {
    header('Location: welcome.php');
  } else {
    header('Location: error.php');
  }
  exit;
?>

このコードでは、POSTメソッドで送信されたデータ(この例では’name’)を取得しています。

その値が’Alice’であれば、’welcome.php’へ遷移し、それ以外の場合は’error.php’へ遷移します。

○サンプルコード3:セッションを利用したページ遷移

また、PHPではセッションを利用することで、ユーザーがサイト内を移動してもデータを保持することができます。

セッションを利用したページ遷移の一例のサンプルコードを表します。

<?php
  session_start();
  $_SESSION['name'] = 'Alice';
  header('Location: welcome.php');
  exit;
?>

このコードでは、’session_start()’を使用してセッションを開始し、セッション変数’$_SESSION[‘name’]’に値を保存しています。

そして、’welcome.php’へ遷移します。’welcome.php’では、セッション変数から値を取り出して利用することができます。

●PHPページ遷移の注意点と対処法

PHPでページ遷移を行う際には、いくつかの注意点があります。

一つは、’header’関数を使ってリダイレクトする前に、出力が行われてはならないという点です。

これは、HTTPヘッダは本文の出力が始まる前に送信されなければならないためです。

もし出力が行われた後にリダイレクトを試みると、エラーが発生します。

これを解決するためには、リダイレクトする前に出力が行われないように注意する必要があります。

出力バッファリングを利用することで、この問題を回避することも可能です。

また、適切なエラーハンドリングが重要であり、リダイレクト先のページが存在しない場合や、ユーザーからの入力が予期しない形であった場合に対処できるようにする必要があります。

●PHPページ遷移のカスタマイズ

さらにPHPのページ遷移を応用すると、ユーザーエクスペリエンスを向上させるための様々なカスタマイズが可能です。

例えば、特定の条件に応じて遷移先を動的に変更したり、エラーハンドリングを組み込んでユーザーにフレンドリーなエラーメッセージを表示したりできます。

○サンプルコード4:エラーハンドリングを組み込んだページ遷移

下記のサンプルコードでは、ユーザーが入力した名前が指定の形式に合致しない場合、エラーメッセージを表示し、元のページにリダイレクトする方法を示しています。

<?php
  $name = $_POST['name'];
  if (!preg_match("/^[a-zA-Z ]*$/",$name)) {
    $_SESSION['error'] = "名前は英字と空白のみ許可されています。";
    header('Location: form.php');
  } else {
    header('Location: welcome.php');
  }
  exit;
?>

このコードでは、正規表現を使用して名前が英字と空白のみから構成されているかをチェックしています。

もし該当しない場合、エラーメッセージをセッションに保存し、元のフォームページにリダイレクトします。

そうでなければ、’welcome.php’にリダイレクトします。

○サンプルコード5:動的なページ遷移の作成

下記のサンプルコードでは、動的なページ遷移を実現する方法を示しています。

具体的には、ユーザーが選択したオプションに応じて、異なるページへ遷移する機能を実装しています。

<?php
  $option = $_POST['option'];
  switch ($option) {
    case '1':
      header('Location: page1.php');
      break;
    case '2':
      header('Location: page2.php');
      break;
    default:
      header('Location: default.php');
      break;
  }
  exit;
?>

このコードでは、ユーザーがフォームから送信したオプションの値に基づいて、遷移先のページを決定しています。

オプションの値が’1’の場合、’page1.php’に、’2’の場合、’page2.php’に遷移し、それ以外の場合は’default.php’に遷移します。

まとめ

本記事では、初心者でも安心してPHPのページ遷移を理解し応用できるよう、その基本からステップバイステップで解説しました。

この知識を使って、より高度なウェブアプリケーションの開発に挑戦してみてください。

なお、一部を自身で試してみることで、理解がより深まります。

また、コードはあくまで一例であり、自分のニーズに合わせてカスタマイズすることも可能です。

応用の幅は無限大です。