HTMLの送信ボタンを完全攻略!初心者から上級者まで役立つ7つのテクニック

HTML送信ボタン作成方法HTML
この記事は約15分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事では、HTMLにおける送信ボタンの作成方法について、初心者から上級者までが学べるように詳細に解説します。

HTMLはウェブページを構築するための基本言語であり、送信ボタンはフォームにおいて不可欠な要素です。

この記事を読むことで、HTMLの送信ボタンの作成からカスタマイズ、エラー対応、さらに応用例に至るまでの全てをマスターすることができます。

では、一緒に学んでいきましょう!

●HTMLで送信ボタンを作成する基本

送信ボタンの作成は、HTMLを学ぶ上での基本中の基本です。

まず、HTMLでウェブページ上にボタンを表示するためには、<input> タグまたは <button> タグを使用します。

これらは、フォーム内で利用され、ユーザーによるデータ送信を促す役割を持っています。

では、実際にどのようにコードを書くのか見てみましょう。

○基礎知識

HTMLで送信ボタンを作成するためには、まず <form> タグでフォームの範囲を定義します。

この中に <input type=”submit”> を記述することで、送信ボタンを作成できます。

また、<button type=”submit”> を使用することもでき、こちらはカスタマイズがしやすいというメリットがあります。

例えば、下記のような形で基本的な送信ボタンを作成できます。

<form action="/submit-page" method="post">
    <input type="submit" value="送信">
</form>

このコードでは、<form> タグでフォームを作成し、その中に <input> タグを使って送信ボタンを配置しています。

“action” 属性はフォームの送信先を指定し、”method” 属性で送信方法(この場合はPOSTメソッド)を定義しています。

そして、<input> タグの “type” 属性に “submit” を指定することで、このボタンが送信ボタンとして機能するようになります。

また、”value” 属性にはボタン上に表示されるテキストを設定します。

○サンプルコード1:基本的な送信ボタンの作り方

では、実際に少し応用を加えた送信ボタンのサンプルを見てみましょう。

<form action="/submit-page" method="post">
    <button type="submit">送信する</button>
</form>

この例では、<button> タグを使用しています。

このタグの利点は、テキストだけでなく、HTMLタグを内包できるため、画像やその他のHTML要素をボタン内に含めることが可能です。

例えば、アイコンとテキストを組み合わせたボタンを作成することもできます。

●送信ボタンのカスタマイズ方法

HTMLで作成した送信ボタンは、見た目や動作をカスタマイズすることで、より魅力的で使いやすいものにすることが可能です。

スタイルを変更することから始め、JavaScriptと連携させる方法、そしてフォームとの統合に至るまで、さまざまなカスタマイズ方法を探求してみましょう。

○サンプルコード2:スタイルを変更する

送信ボタンの見た目は、CSSを使用して自由にカスタマイズできます。

たとえば、色や大きさ、ボーダー、影などを変更することができます。

下記のサンプルコードでは、ボタンに色とホバー効果を加えています。

<style>
    .submit-button {
        background-color: #4CAF50; /* 緑色の背景 */
        color: white; /* 白色のテキスト */
        padding: 15px 32px; /* パディング */
        text-align: center; /* テキストを中央揃え */
        text-decoration: none; /* 下線をなくす */
        display: inline-block; /* インラインブロックとして表示 */
        font-size: 16px; /* フォントサイズ */
        margin: 4px 2px; /* 余白 */
        cursor: pointer; /* カーソルをポインターに */
    }

    .submit-button:hover {
        background-color: #45a049; /* ホバー時の背景色 */
    }
</style>

<button class="submit-button">送信する</button>

このコードでは、.submit-button クラスにスタイルを適用し、ボタンに緑色の背景と白色のテキストを設定しています。

また、ホバー時に背景色を少し暗くする効果を加えています。

○サンプルコード3:JavaScriptとの連携

JavaScriptを用いることで、ボタンのクリック時に特定の動作をさせることができます。

例えば、クリックされたときにアラートを表示させることができます。

下記のサンプルでは、ボタンをクリックすると「ボタンがクリックされました」というアラートが表示されます。

<button onclick="buttonClicked()">送信する</button>

<script>
    function buttonClicked() {
        alert('ボタンがクリックされました');
    }
</script>

このコードでは、onclick 属性を使って、ボタンがクリックされた時に buttonClicked 関数を呼び出しています。

この関数内で alert を使用し、アラートメッセージを表示しています。

○サンプルコード4:フォームとの統合

送信ボタンは通常、フォームの一部として機能します。

下記のサンプルでは、ユーザーがテキストフィールドに入力したデータを送信ボタンで送信するフォームを作成しています。

<form action="/submit-data" method="post">
    <label for="name">名前:</label>
    <input type="text" id="name" name="name"><br><br>
    <input type="submit" value="送信">
</form>

このフォームでは、<input type="text"> を使用してテキストフィールドを作成し、<input type="submit"> で送信ボタンを設置しています。

ユーザーがこのフォームに名前を入力し、「送信」ボタンをクリックすると、入力されたデータが “/submit-data”へPOSTメソッドで送信されます。

●よくあるエラーと対処法

HTMLでの送信ボタン作成において、特に初心者が直面しやすいのがエラーとその対処法です。

ここでは、よく遭遇するエラーとその解決策を詳細に解説します。

これにより、もし問題が発生した場合でも、適切に対処することができるようになります。

○エラー1:ボタンが反応しない

送信ボタンをクリックしても何も起こらない、というのは一般的な問題です。

この問題の原因としては、HTMLタグの誤り、JavaScriptのエラー、あるいはフォームの設定ミスなどが考えられます。

まず確認すべきは、HTMLタグが正しく閉じられているか、また属性が正しく設定されているかです。

例えば、下記のようなコードでは、タグの閉じ忘れによってボタンが機能しない可能性があります。

<!-- 誤った例 -->
<form action="/submit-page" method="post">
    <input type="submit" value="送信"
</form>

この場合、<input>タグを適切に閉じることで問題を解決できます。

<!-- 正しい例 -->
<form action="/submit-page" method="post">
    <input type="submit" value="送信">
</form>

また、JavaScriptを使用している場合、スクリプトのエラーが原因でボタンが機能しないこともあります。

この場合、ブラウザの開発者ツールを使用してエラーをチェックし、適切に修正する必要があります。

○エラー2:データ送信の問題

フォームからのデータ送信に問題がある場合、これも一般的なエラーの一つです。

これは、フォームのaction属性やmethod属性が適切に設定されていないことによって生じることが多いです。

例えば、下記のコードではaction属性が正しく設定されていないため、データ送信に失敗する可能性があります。

<!-- 誤った例 -->
<form action="" method="post">
    <input type="text" name="name">
    <input type="submit" value="送信">
</form>

この問題を解決するには、action属性に正しい送信先のURLを設定します。

<!-- 正しい例 -->
<form action="/submit-data" method="post">
    <input type="text" name="name">
    <input type="submit" value="送信">
</form>

このように、送信ボタンのエラーは多岐にわたりますが、基本的な原則としてHTMLタグの正確な記述と、フォームの属性設定を確実にすることが重要です。

また、JavaScriptを利用する場合は、スクリプトの正確性も重要となります。

これらのポイントに注意を払うことで、エラーを未然に防ぐことが可能になります。

●送信ボタンの応用例

HTMLの送信ボタンは、基本的なフォーム送信以外にも、多様な応用が可能です。

動的なフォーム作成、画面遷移の制御、非同期データ送信など、様々なシナリオで役立つ応用例を見ていきましょう。

これらのテクニックをマスターすることで、ウェブ開発の幅が大きく広がります。

○サンプルコード5:動的なフォーム作成

動的なフォームを作成することで、ユーザーインタラクションに応じてフォームの内容を変更することができます。

下記のサンプルでは、チェックボックスの選択に応じて、追加の入力フィールドが表示されるようになっています。

<form action="/submit-data" method="post">
    <input type="checkbox" id="moreOptions" name="moreOptions" onclick="showOptions()">
    <label for="moreOptions">追加オプションを表示</label><br>
    <div id="additionalOptions" style="display:none;">
        <label for="extra">追加情報:</label>
        <input type="text" id="extra" name="extra"><br>
    </div>
    <input type="submit" value="送信">
</form>

<script>
    function showOptions() {
        var checkBox = document.getElementById("moreOptions");
        var additionalOptions = document.getElementById("additionalOptions");
        if (checkBox.checked == true){
            additionalOptions.style.display = "block";
        } else {
            additionalOptions.style.display = "none";
        }
    }
</script>

この例では、JavaScriptのonclickイベントを使用して、チェックボックスが選択された際に追加のオプションを表示しています。

○サンプルコード6:送信ボタンによる画面遷移

送信ボタンを使って、特定のページにユーザーをリダイレクトすることもできます。

下記のサンプルでは、ボタンをクリックするとユーザーが別のページに移動するように設定しています。

<button onclick="redirectToPage()">別のページへ</button>

<script>
    function redirectToPage() {
        window.location.href = "https://www.example.com";
    }
</script>

このコードでは、JavaScriptのwindow.location.hrefプロパティを使って、ボタンクリック時に指定したURLへのリダイレクトを実行しています。

○サンプルコード7:非同期データ送信

最後に、非同期通信を使ってフォームデータを送信する方法です。

これにより、ページの再読み込みなしにサーバーへのデータ送信が可能になります。

<form id="myForm">
    <label for="name">名前:</label>
    <input type="text" id="name" name="name"><br>
    <input type="button" value="非同期送信" onclick="sendData()">
</form>

<script>
    function sendData() {
        var xhr = new XMLHttpRequest();
        var url = "/submit-data";
        xhr.open("POST", url, true);
        xhr.setRequestHeader("Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded");
        xhr.onreadystatechange = function () {
            if (xhr.readyState === 4 && xhr.status === 200) {
                alert("データ送信成功!");
            }
        };
        var data = "name=" + document.getElementById("name").value;
        xhr.send(data);
    }
</script>

この例では、XMLHttpRequestを使用して、ボタンクリック時にフォームのデータを非同期でサーバーに送信しています。

これにより、ページのリフレッシュを行わずにサーバーとの通信が可能です。

●HTMLと送信ボタンに関する豆知識

ウェブ開発では、HTMLの送信ボタンは単なるフォームの一部にとどまらず、多くの役割を果たします。

その応用は幅広く、アクセシビリティの向上からモダンなデザイン傾向まで様々です。

ここでは、HTMLの送信ボタンに関する有用な豆知識を二つ紹介します。

○豆知識1:最適なアクセシビリティの確保

ウェブサイトを訪れるユーザーは多様で、特定の障害を持つユーザーも含まれます。

そのため、すべてのユーザーがサイトを利用できるよう、アクセシビリティ(アクセスしやすさ)を意識することが重要です。

送信ボタンでは、十分な大きさやコントラストの高い色を使う、スクリーンリーダー用のテキストを提供するなど、アクセシビリティを高める工夫が求められます。

たとえば、下記のようにaria-label属性を使用してスクリーンリーダーに読ませるテキストを設定することができます。

<button type="submit" aria-label="フォームを送信">送信</button>

このコードでは、ボタンの機能をスクリーンリーダーが適切に読み上げるためのラベルを設定しています。

○豆知識2:モダンなフォームデザインの傾向

最近のウェブデザインでは、シンプルかつ直感的なフォームデザインが好まれています。

余計な装飾を省き、ユーザーの注目をフォームの内容に集中させることが重要です。

また、レスポンシブデザインを取り入れ、異なるデバイスでも快適にフォームを利用できるようにすることも、現代のウェブデザインの重要な要素です。

例えば、下記のようにCSSを活用して、モダンなスタイルのフォームを作成することが可能です。

<style>
    .modern-form {
        font-family: Arial, sans-serif;
        color: #333;
        background-color: #f7f7f7;
        padding: 20px;
        border-radius: 8px;
    }
    .modern-form input[type="text"],
    .modern-form input[type="submit"] {
        width: 100%;
        padding: 10px;
        margin: 10px 0;
        border: 1px solid #ddd;
        border-radius: 4px;
    }
</style>

<form class="modern-form">
    <input type="text" placeholder="名前">
    <input type="submit" value="送信">
</form>

この例では、フォームに現代的な外観を与えるために、シンプルながらも洗練されたスタイリングが施されています。

まとめ

この記事では、HTMLでの送信ボタンの基本から応用まで、幅広いテクニックを紹介しました。

ウェブ開発のスキルを向上させたい方にとって、この記事が有益なガイドとなることを願っています。

HTMLの送信ボタンを理解し、使いこなすことで、あなたのウェブページがより機能的で魅力的なものになることでしょう。