HTMLのヘッダーを8選の実例で完全ガイド

HTMLヘッダーの基本構造、使い方、カスタマイズ方法を解説するイメージHTML
この記事は約19分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事では、HTMLで使われる重要な要素の一つであるヘッダーについて、基礎から応用技術まで詳しく解説します。

ヘッダーはウェブページの見た目と機能性を大きく左右するため、初心者からプロの開発者まで、その使い方を正しく理解し活用することが重要です。

このガイドを通じて、ヘッダーの基本的な構造から、SEO対策やレスポンシブデザインとの連携方法まで、一歩ずつ学んでいきましょう。

●HTMLヘッダー要素の基礎知識

ウェブページのヘッダー部分は、訪問者にとって最初に目にするエリアです。

ここにはロゴ、ナビゲーションメニュー、連絡先情報など、サイトの核となる要素が含まれます。

ヘッダーは<header>タグでマークアップされ、HTML5ではこの要素が導入されることで、より意味のあるセマンティックな構造が可能になりました。

○ヘッダーとは何か?

ヘッダーは、一般的にページの上部に表示されるセクションで、サイトのブランドアイデンティティを象徴する情報や、ユーザーナビゲーションを助けるリンクが配置されます。

この部分は、サイトの使いやすさと視覚的魅力を高めるために、デザインと内容が最適化されている必要があります。

○ヘッダーの基本的な構造と役割

ヘッダーのHTMLコードは非常にシンプルですが、その役割は多岐にわたります。

例えば、下記のサンプルコードでは基本的なヘッダーの構造を表しています。

<header>
    <h1>ウェブサイトのタイトル</h1>
    <nav>
        <ul>
            <li><a href="#home">ホーム</a></li>
            <li><a href="#about">会社情報</a></li>
            <li><a href="#contact">お問い合わせ</a></li>
        </ul>
    </nav>
</header>

このコードでは、<header>タグ内に<h1>タグでサイトの主要なタイトルを、<nav>タグでナビゲーションメニューを配置しています。

これにより、ヘッダーがページの入り口としての機能を果たすと同時に、検索エンジンに対してコンテンツの概要を伝える役割も担います。

さらに、CSSを用いてこれらの要素を適切にスタイリングすることで、ユーザーにとって魅力的かつ機能的なヘッダーを実現できます。

●ヘッダー要素の正しい使い方

先ほどの例ではHTMLヘッダーの基本的な構造を見てきましたが、ここからはそれをどのように適切に使うかに焦点を当てます。

ヘッダー要素は単にページの一部を装飾するだけでなく、ユーザビリティとアクセシビリティを向上させるための重要な役割を担います。

特に、ナビゲーションリンクを整理して提供することで、訪問者のサイト内での移動を助けることができます。

ヘッダーを使う際の一般的な実践方法は、主要なナビゲーションとロゴを中心に配置することです。

ロゴは通常、ヘッダーの最も目立つ位置、多くの場合は左上に配置され、クリックするとホームページに戻るリンクが設定されています。

ナビゲーションは視認性が高く使いやすい形で配置することが推奨されます。

○サンプルコード1:基本的なヘッダーの設定方法

前述した基本的な構造を踏まえ、より具体的な例を紹介します。

このサンプルでは、シンプルなナビゲーションバーと検索フォームを含んだヘッダーを設定しています。

<header>
    <h1 id="logo"><a href="index.html">MyWebsite</a></h1>
    <nav>
        <ul>
            <li><a href="about.html">About Us</a></li>
            <li><a href="services.html">Services</a></li>
            <li><a href="contact.html">Contact</a></li>
            <li><a href="blog.html">Blog</a></li>
        </ul>
    </nav>
    <form action="/search" method="get">
        <input type="text" name="q" placeholder="Search...">
        <button type="submit">Go</button>
    </form>
</header>

このコード例では、<header>タグの中に<h1>タグを用いてウェブサイトのロゴとタイトルを表示しています。

<nav>タグで囲まれた<ul>リストはサイト内の主要なページへのリンクを提供し、ユーザが容易に情報を見つけられるようにサポートしています。

さらに、検索フォームも組み込むことで、訪問者が特定の情報を迅速に探せるように機能を拡張しています。

○サンプルコード2:セクショニングとヘッダーの組み合わせ

ウェブサイトの構造をさらに洗練させるために、ヘッダーをセクショニング要素と組み合わせる方法もあります。

下記の例では、<header>要素を使って各セクションの開始を明確に示し、そのセクション固有のナビゲーションや情報を表しています。

<section>
    <header>
        <h2>News</h2>
        <p>Latest updates from our company</p>
    </header>
    <article>
        <h3>Article Title</h3>
        <p>Content goes here...</p>
    </article>
</section>

この構造では、<section>タグで大きなコンテンツブロックを作り、その中の<header>でセクションのタイトルと簡単な説明を配置しています。

この方法により、ウェブページの内容がセグメントごとに整理され、訪問者が求めている情報にすぐにアクセスできるようになります。

●ヘッダーでSEOを強化するテクニック

先ほど紹介したヘッダーの構造と実装方法を理解したところで、次にSEO(検索エンジン最適化)の観点からヘッダーを強化するテクニックを見ていきましょう。

ヘッダーはウェブサイトの「顔」とも言える部分ですから、ここを最適化することで検索エンジンにより良く評価される可能性が高まります。

特に、重要なキーワードをヘッダー内に適切に配置することで、ページのトピックが明確に伝わり、SEO効果を向上させることができます。

ヘッダー内でのキーワード配置は、ただ多くを詰め込むのではなく、ユーザーが自然に情報を受け取れるよう工夫が必要です。

たとえば、サイトの主要なサービスや商品に直結するキーワードを、サイトのロゴやメインのナビゲーションリンクに組み込むことが効果的です。

○サンプルコード3:メタ情報を最適化するヘッダーの例

下記のサンプルでは、HTMLヘッダー内でメタデータを最適化する方法を表しています。

特に<title>タグと<meta>タグのdescription属性を活用して、検索エンジンにページの内容を効果的に伝えることが重要です。

<head>
    <title>プレミアムコーヒーブランド | おいしいコーヒーの秘密</title>
    <meta name="description" content="最高品質の豆を使用したプレミアムコーヒーブランドです。こだわりの製法で一杯の完璧なコーヒーをお届けします。">
</head>
<header>
    <h1>プレミアムコーヒーブランド</h1>
    <nav>
        <ul>
            <li><a href="#about">ブランドについて</a></li>
            <li><a href="#products">製品情報</a></li>
            <li><a href="#store">販売店</a></li>
            <li><a href="#contact">お問い合わせ</a></li>
        </ul>
    </nav>
</header>

このコードでは、<title>タグにはサイト全体のコンセプトを表すキーワードを含め、さらに<meta>タグのdescriptionで具体的な説明を加えることで、検索結果でのクリック率を向上させることが目指されています。

○サンプルコード4:検索エンジンに優しいヘッダー設計

SEOにおいてもユーザー体験を損なわないよう、ナビゲーションの設計は非常に重要です。

下記のサンプルでは、ヘッダー内にSEO対策として構造化されたデータとアリア属性を使用してアクセシビリティを向上させています。

<header>
    <h1 aria-label="プレミアムコーヒーブランドの公式サイト">プレミアムコーヒーブランド</h1>
    <nav aria-label="主要ナビゲーション">
        <ul>
            <li><a href="#history" aria-label="ブランドの歴史について学ぶ">ブランドの歴史</a></li>
            <li><a href="#process" aria-label="コーヒー製造プロセスの詳細">製造プロセス</a></li>
            <li><a href="#contact" aria-label="お問い合わせページへ">お問い合わせ</a></li>
        </ul>
    </nav>
</header>

ここでは、aria-label属性を使用して各要素の役割を明確にし、検索エンジンだけでなくスクリーンリーダーを使用するユーザーにも友好的な設計を心がけています。

●レスポンシブデザインとヘッダーの関係

現代のウェブデザインにおいて、レスポンシブデザインは不可欠な要素です。

ヘッダー部分は、異なるデバイスでの表示が最適化されているかが特に重要となります。

ユーザーが使用するデバイスの画面サイズに応じて適切に調整されるヘッダーは、サイトのアクセシビリティとユーザーエクスペリエンスを大きく向上させます。

ヘッダーをレスポンシブに設計することで、小さなスマートフォンの画面から大きなディスプレイまで、どのデバイスからアクセスしても情報が効果的に伝わり、使いやすいウェブサイトを実現することができます。

特に、メニューの表示方法や、ロゴとナビゲーションの配置は、レスポンシブデザインにおいて重要な考慮事項です。

○サンプルコード5:異なるデバイスでのヘッダー表示の最適化

レスポンシブデザインの実装例として、下記のCSSを使用したヘッダーのサンプルコードを見てみましょう。

このコードは、メディアクエリを活用して異なる画面サイズに応じてヘッダーのスタイルを変更しています。

<header>
    <h1>My Site</h1>
    <nav>
        <ul>
            <li><a href="#home">Home</a></li>
            <li><a href="#services">Services</a></li>
            <li><a href="#contact">Contact</a></li>
        </ul>
    </nav>
</header>
header {
    background-color: #333;
    color: white;
    padding: 10px 20px;
    text-align: center;
}

nav ul {
    padding: 0;
    list-style: none;
    display: flex;
    justify-content: space-around;
}

nav ul li a {
    color: white;
    text-decoration: none;
}

@media (max-width: 600px) {
    nav ul {
        flex-direction: column;
    }
}

この例では、画面の幅が600px以下になると、ナビゲーションメニューの方向が縦に変更されます。

これにより、小さなデバイスでもナビゲーションが使いやすくなります。

○サンプルコード6:CSSとヘッダーを用いたレスポンシブナビゲーションバー

更に進んだレスポンシブデザインでは、JavaScriptを使用して動的な要素を追加することもあります。

下記のサンプルでは、CSSとJavaScriptを組み合わせて、デバイスのサイズに応じてナビゲーションバーの表示を切り替える方法を表しています。

<header>
    <button id="menuButton">Menu</button>
    <h1>My Responsive Site</h1>
    <nav id="navbar">
        <ul>
            <li><a href="#home">Home</a></li>
            <li><a href="#about">About</a></li>
            <li><a href="#services">Services</a></li>
            <li><a href="#contact">Contact</a></li>
        </ul>
    </nav>
</header>
#menuButton {
    display: none;
    background: none;
    border: none;
    color: white;
    font-size: 30px;
}

@media (max-width: 600px) {
    #menuButton {
        display: block;
    }

    #navbar {
        display: none;
    }

    #navbar.open {
        display: block;
    }
}
document.getElementById('menuButton').addEventListener('click', function() {
    var navbar = document.getElementById('navbar');
    if (navbar.classList.contains('open')) {
        navbar.classList.remove('open');
    } else {
        navbar.classList.add('open');
    }
});

このコードにより、600px以下の画面サイズで「Menu」ボタンが表示され、ユーザーがこのボタンをクリックするとナビゲーションバーが展開または隠れるようになります。

このようなインタラクティブな要素は、ユーザーの操作性を向上させるだけでなく、限られたスペースを有効に活用するための優れた手法です。

●よくあるミスとその対処法

ヘッダーの設計と実装においては、いくつかの一般的なミスがあります。

これらのミスを理解し、それを避ける方法を学ぶことは、より効果的なウェブサイトを構築するために非常に重要です。

ここでは、よくあるミスとそれに対する対処法を詳しく解説します。

○ミス例1:ヘッダー内の重複コンテンツ

ウェブページのヘッダー内に重複するコンテンツがあると、SEOに悪影響を及ぼす可能性があります。

特に、同じリンクやテキストが複数のページにわたって繰り返されることは、検索エンジンによるページの評価を下げる原因になり得ます。

対処法として、重複コンテンツを削減し、各ページに独自のコンテンツを提供するように心がけましょう。

ヘッダーで使用するリンクや情報が、ページのコンテキストに合致していることを確認してください。

また、Canonicalタグの使用を検討して、検索エンジンに対して主要なページを明示することも効果的です。

○ミス例2:ヘッダーの非効率的なマークアップ

ヘッダーのHTMLが複雑であったり、非効率的であったりすると、ページのロード時間が遅くなり、ユーザーエクスペリエンスに悪影響を与える可能性があります。

さらに、過度に複雑なマークアップは、検索エンジンがコンテンツを適切にインデックス付けするのを妨げることがあります。

対処法として、ヘッダーのマークアップをできるだけシンプルに保ち、不要なタグやスタイルを排除しましょう。

セマンティックなHTML5タグ(例えば <header><nav> など)を適切に使用して、コンテンツの構造を明確にすると良いでしょう。

CSSとJavaScriptは、必要最小限に抑え、外部ファイルに分離してページのロードを速くすることも重要です。

●ヘッダーの応用例

ヘッダーは単にウェブサイトのナビゲーションを提供する以上の役割を果たすことができます。

デザインと機能性を融合させた応用例を通じて、より魅力的でユーザーフレンドリーなウェブページを設計する方法を探求します。

ここでは、具体的な応用例として、インタラクティブなUIの作成と動的なコンテンツ管理を取り上げます。

○サンプルコード7:ヘッダーを活用したインタラクティブなUIの作成

インタラクティブなユーザーインターフェース(UI)を作成することで、訪問者の関与を高めることができます。

下記のサンプルコードは、ヘッダー内にインタラクティブな要素を組み込んだ例です。

<header>
    <h1>Explore Our Products</h1>
    <nav>
        <button id="dropdownMenu" onclick="toggleMenu()">Menu</button>
        <div id="menuItems" style="display:none;">
            <a href="#products">Products</a>
            <a href="#services">Services</a>
            <a href="#contact">Contact Us</a>
        </div>
    </nav>
</header>
<script>
function toggleMenu() {
    var menu = document.getElementById('menuItems');
    if (menu.style.display === 'none') {
        menu.style.display = 'block';
    } else {
        menu.style.display = 'none';
    }
}
</script>

このコードでは、<button> タグをクリックすることでメニューの表示/非表示を切り替えることができます。

これにより、ユーザーは直感的にナビゲーションを操作でき、スペースを効率的に使用することが可能になります。

○サンプルコード8:ヘッダーを使った動的なコンテンツ管理

ヘッダーを利用してウェブサイトのコンテンツを動的に管理する方法もあります。

下記の例では、JavaScriptを使用してヘッダー内のコンテンツを動的に更新する方法を表しています。

<header>
    <h1 id="headerTitle">Welcome to Our Site</h1>
</header>
<script>
window.onload = function() {
    var titles = ["Welcome to Our Site", "Discover Our Services", "Contact Us Today"];
    var currentIndex = 0;
    setInterval(function() {
        document.getElementById('headerTitle').textContent = titles[currentIndex];
        currentIndex = (currentIndex + 1) % titles.length;
    }, 3000);
};
</script>

このスクリプトは、ページが読み込まれた後、3秒ごとにヘッダーのタイトルを順番に変更します。

これにより、訪問者の注意を引きつけ、サイトの主要な部分への興味を喚起することができます。

●プロが教えるヘッダーの秘訣

ウェブ開発のプロフェッショナルは、ヘッダーの設計と利用に際して、その効果を最大化する多くのテクニックを活用しています。

ヘッダーはただのナビゲーションエリアではなく、サイトのSEOとユーザーエクスペリエンスに直接的な影響を与える重要な要素です。

ここでは、ヘッダーを最適化し、その機能を強化する方法について深掘りします。

○豆知識1:ヘッダーを使ったSEO戦略の進め方

SEOにおいてヘッダーは重要な役割を果たします。

特に、ヘッダー内でのキーワードの使用やナビゲーションの構造は検索エンジンにとって重要な指標です。

適切なキーワードをヘッダーに配置し、論理的でわかりやすいナビゲーションを設計することは、サイトの検索エンジンでの評価を向上させるために不可欠です。

また、スキーママークアップを利用してヘッダーの情報を構造化し、検索エンジンが内容を正確に解釈しやすくすることも有効です。

○豆知識2:ヘッダーでユーザーエクスペリエンスを向上させる方法

ヘッダーのデザインと機能性はユーザーエクスペリエンスに直接影響します。

レスポンシブデザインの採用はすべてのデバイスで一貫したユーザー体験を提供し、アクセシビリティの向上にも寄与します。

色のコントラストを高め、読みやすいフォントサイズを使用することで、視覚障害を持つユーザーもサイトを容易にナビゲートできるようになります。

さらに、クリアで直感的なインタラクションデザインを通じて、ユーザーが求める情報に迅速にアクセスできるようにすることが重要です。

まとめ

このガイドでは、HTMLヘッダーの効果的な使用法から、SEOおよびユーザーエクスペリエンスを向上させるための応用技術までを解説しました。

適切なマークアップ、スタイリング、そしてインタラクティブな要素の組み合わせにより、訪問者にとって魅力的かつナビゲートしやすいサイトを実現することができます。

これらの知識を活かし、各自のウェブサイトやプロジェクトにおいて、より良いヘッダー設計を目指しましょう。