HTMLでファイルアップロード機能を実例7選で習得しよう

初心者がHTMLファイルアップロードを理解しやすいイメージHTML
この記事は約27分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事では、HTMLを利用してファイルアップロード機能を実装する方法について解説します。

HTMLの基礎知識を持つ方を対象に、初心者から中級者が理解しやすい形で、ステップバイステップで手順を追って説明します。

ファイルをWebサーバーにアップロードする基本的なフォームから、セキュリティやエラーハンドリングの高度なテクニックまで、具体的なサンプルコードと共に紹介していきます。

●HTMLフォームとファイルアップロードの基本

Web開発において、ユーザーがファイルをアップロードする機能は非常に一般的です。

この機能を実装するためには、まずHTMLフォームを理解することが必須です。

HTMLフォームは、ユーザーからの入力を受け取るための手段として用いられ、そのデータをサーバーに送信します。

○フォームの基本構造とは

HTMLフォームを作成するには、<form>タグを使用します。

このタグは、入力されるデータがどこに、どのように送信されるかを定義する属性を持ちます。

例えば、action属性はフォームデータが送信されるURLを指定し、method属性はデータの送信方法(通常はGETまたはPOST)を定義します。

<form action="/upload" method="post" enctype="multipart/form-data">
    <label for="fileUpload">ファイルを選択:</label>
    <input type="file" id="fileUpload" name="fileUpload">
    <input type="submit" value="アップロード">
</form>

このフォーム例では、ユーザーがファイルを選択し、アップロードボタンを押すことで、ファイルが/uploadURLにPOSTメソッドで送信されます。

enctype属性のmultipart/form-dataは、フォームがファイルや大量のデータを送信する場合に必要です。

○ファイルアップロードのHTMLコード例

実際にファイルをアップロードするためのHTMLコードは非常にシンプルです。

重要なのは、ユーザーがファイルをサーバーにアップロードできるように、フォームにtype="file"<input>タグを含めることです。

ここでは、基本的なファイルアップロードフォームの完全な例を紹介します。

<form action="file-upload.php" method="post" enctype="multipart/form-data">
    <input type="file" name="userfile">
    <button type="submit">Send File</button>
</form>

このコードスニペットは、ユーザーがファイルを選択して送信ボタンを押すと、選択されたファイルがfile-upload.phpにアップロードされるプロセスを表しています。

サーバー側のスクリプト(この例ではfile-upload.php)はアップロードされたファイルを処理し、必要に応じて保存または他の操作を行います。

●ファイルアップロードの詳細な使い方

前述した基本的なフォーム構造から一歩進んで、ファイルアップロードのより詳細な使い方に焦点を当てます。

ファイルアップロードを効果的に利用するためには、複数ファイルのアップロードやドラッグアンドドロップ、ファイルのサイズやタイプの制限など、さまざまな技術を組み合わせる必要があります。

それぞれの技術について、具体的なサンプルコードを交えながら説明します。

○サンプルコード1:基本的なファイルアップロードフォーム

先ほど紹介した基本的なフォームは、単一ファイルのアップロードに対応しています。

しかし、現実のアプリケーションでは複数のファイルを一度にアップロードすることがよくあります。

そのためには、inputタグのmultiple属性を使います。

<form action="file-upload-multiple.php" method="post" enctype="multipart/form-data">
    <input type="file" name="files[]" multiple>
    <button type="submit">ファイルをアップロード</button>
</form>

このフォームでは、ユーザーが複数のファイルを選択して一度にアップロードできます。

サーバー側のスクリプトは、アップロードされたファイルを配列として受け取り、それぞれを処理します。

○サンプルコード2:複数ファイルのアップロード対応

複数ファイルのアップロードをさらに進化させるために、ドラッグアンドドロップによるアップロード機能を実装する方法を見ていきます。

これにはHTML5のDrag and Drop APIFile APIを使用します。

<form action="file-upload-drag-and-drop.php" method="post" enctype="multipart/form-data" id="drop_zone">
    <input type="file" name="files[]" id="fileinput" multiple style="display:none;">
    <p>ファイルをこのエリアにドラッグ&ドロップ、または<span style="color:blue; text-decoration:underline; cursor:pointer;">ここをクリック</span>してファイルを選択してください。</p>
</form>
<script>
    var dropZone = document.getElementById('drop_zone');
    var fileInput = document.getElementById('fileinput');
    dropZone.addEventListener('dragover', function(e) {
        e.preventDefault();
        e.stopPropagation();
        dropZone.style.background = '#e1e7f0';
    });
    dropZone.addEventListener('drop', function(e) {
        e.preventDefault();
        e.stopPropagation();
        fileInput.files = e.dataTransfer.files;
        // フォームを自動で送信するコードもここに追加できます
    });
</script>

このコードでは、ユーザーがファイルをフォームエリアにドラッグアンドドロップすることでファイルを選択できます。

JavaScriptはドラッグイベントを処理し、選択されたファイルを隠れたinputタグに設定します。

○サンプルコード3:ドラッグアンドドロップでのアップロード対応

ファイルのアップロードでは、特にセキュリティやユーザー体験を考慮する必要があります。

ファイルのサイズやタイプを制限することは、サーバーの負荷を避け、不適切なファイルのアップロードを防ぐために重要です。

<form action="file-upload-size-type.php" method="post" enctype="multipart/form-data">
    <input type="file" name="file" id="file" accept=".jpg, .jpeg, .png, .gif" onchange="checkFile()">
    <button type="submit">アップロード</button>
</form>
<script>
    function checkFile() {
        var file = document.getElementById('file').files[0];
        if (file.size > 2 * 1024 * 1024) { // 2MBを超える場合は警告
            alert('ファイルサイズは2MB以下にしてください');
            return false;
        }
        if (!file.type.match('image.*')) { // 画像ファイル以外は警告
            alert('画像ファイルのみアップロード可能です');
            return false;
        }
    }
</script>

このスクリプトでは、inputタグのaccept属性を使って許可されたファイルタイプを指定し、JavaScriptでファイルサイズとタイプのチェックを行います。

これにより、不適切なファイルがサーバーに送信されるのを前もって防ぎます。

●ファイルアップロード時のエラー処理と対処法

ファイルアップロードの際に発生するエラーを効果的に処理することは、ユーザー体験を向上させる上で非常に重要です。

多くのエラーは、ファイルのサイズが大きすぎる、ファイル形式がサポートされていない、またはサーバーの設定ミスによって生じることがあります。

こうしたエラーに対応するための方法を具体的な例を交えて解説します。

まず、HTMLフォームでのファイル選択時や送信時にクライアント側で発生するエラーを捕捉し、ユーザーに適切なフィードバックを提供することが基本です。

JavaScriptを用いて、ファイルサイズや形式をチェックすることができます。

document.getElementById('fileupload').onchange = function(event) {
    var file = event.target.files[0];
    if (file.size > 2 * 1024 * 1024) { // 2MB以上のファイルを拒否
        alert('ファイルサイズは2MB以下にしてください。');
        this.value = ''; // ファイル選択をリセット
    } else if (!file.type.match('image.*')) { // 画像ファイル以外を拒否
        alert('画像ファイルのみアップロード可能です。');
        this.value = ''; // ファイル選択をリセット
    }
};

このコードは、ファイルが選択された際にそのサイズとタイプを検証し、条件に合致しない場合はユーザーに警告を出してファイル選択をリセットします。

○エラーコードの理解と対応策

サーバーにファイルが送信された後のエラー処理も重要です。

PHPなどのサーバーサイド言語を使ってアップロードされたファイルを処理する際には、多くの場合、様々なエラーコードに遭遇します。

これらのエラーコードを理解し、適切に対応することが不可欠です。

if ($_FILES['fileupload']['error'] == UPLOAD_ERR_OK) {
    // エラーがなく、ファイルアップロードが正常に完了した場合の処理
    move_uploaded_file($_FILES['fileupload']['tmp_name'], '/path/to/directory/'.$_FILES['fileupload']['name']);
} else {
    // アップロード時にエラーが発生した場合のエラーハンドリング
    switch ($_FILES['fileupload']['error']) {
        case UPLOAD_ERR_INI_SIZE:
        case UPLOAD_ERR_FORM_SIZE:
            echo "Error: ファイルサイズが大きすぎます。";
            break;
        case UPLOAD_ERR_PARTIAL:
            echo "Error: ファイルが部分的にしかアップロードされませんでした。";
            break;
        case UPLOAD_ERR_NO_FILE:
            echo "Error: ファイルがアップロードされませんでした。";
            break;
        // 他にもいくつかのエラーケースが考えられます
        default:
            echo "Error: 不明なエラーが発生しました。";
            break;
    }
}

このPHPスクリプトは、アップロードされたファイルにエラーがないかをチェックし、エラーがあればその種類に応じたメッセージを表示します。

○サーバー側のエラー対応

サーバー側で発生するエラーを適切に処理することは、システムの信頼性を保つために極めて重要です。

ここでは、サーバー側で発生可能な一般的なエラーとその対応策を、PHPのサンプルコードを交えて説明します。

サーバー側でのエラー処理では、主にアップロードされたファイルの検証とエラーハンドリングに焦点を当てます。

ファイルが正しくアップロードされたか、そして予期せぬエラーが発生していないかを確認する必要があります。

// ファイルアップロードの処理スクリプト
if ($_FILES['uploadedfile']['error'] === UPLOAD_ERR_OK) {
    // ファイルが正常にアップロードされた場合
    $uploadPath = '/var/www/uploads/' . basename($_FILES['uploadedfile']['name']);
    if (move_uploaded_file($_FILES['uploadedfile']['tmp_name'], $uploadPath)) {
        echo "ファイルは正常にアップロードされました。";
    } else {
        // ファイル移動に失敗した場合
        echo "アップロードされたファイルを保存する際にエラーが発生しました。";
    }
} else {
    // アップロードプロセス自体にエラーが発生した場合
    switch ($_FILES['uploadedfile']['error']) {
        case UPLOAD_ERR_INI_SIZE:
        case UPLOAD_ERR_FORM_SIZE:
            echo "エラー: ファイルサイズが設定より大きいです。";
            break;
        case UPLOAD_ERR_PARTIAL:
            echo "エラー: ファイルが一部しかアップロードされませんでした。";
            break;
        case UPLOAD_ERR_NO_FILE:
            echo "エラー: ファイルがアップロードされませんでした。";
            break;
        case UPLOAD_ERR_NO_TMP_DIR:
            echo "エラー: 一時保存フォルダが存在しません。";
            break;
        case UPLOAD_ERR_CANT_WRITE:
            echo "エラー: ディスクへの書き込みに失敗しました。";
            break;
        case UPLOAD_ERR_EXTENSION:
            echo "エラー: PHPの拡張モジュールがファイルアップロードを停止しました。";
            break;
        default:
            echo "エラー: 不明なエラーが発生しました。";
            break;
    }
}

このサンプルコードでは、ファイルが正常にアップロードされたかを確認後、問題がなければ指定のディレクトリにファイルを移動します。

エラーが発生した場合には、エラータイプに応じて異なるエラーメッセージをユーザーに表示します。

これにより、ユーザーは何が問題であったのかを明確に理解し、適切な対応が可能になります。

サーバー側のログシステムにもエラー情報を記録し、システム管理者が後で詳細を確認できるようにすることが推奨されます。

●ファイルアップロードのセキュリティ対策

ウェブアプリケーションにおいて、ファイルアップロードのセキュリティは極めて重要です。

不正なファイルのアップロードを防ぐことで、サーバーや他のユーザーへの攻撃を未然に防ぎます。

具体的な対策方法を見ていきましょう。

○不正なファイルのアップロード防止策

まずは、不正なファイルのアップロードに関する防止策を見ていきましょう。

□ファイルタイプの検証

アップロードされるファイルのタイプを厳格に制限することが重要です。

サーバーサイドでのファイルタイプの確認を行い、予期しないファイルタイプがアップロードされた場合は拒否します。

これには、ファイルのMIMEタイプをチェックする方法があります。

   // PHPによるファイルタイプの検証例
   $fileType = mime_content_type($_FILES['uploaded_file']['tmp_name']);
   if (!in_array($fileType, ['image/jpeg', 'image/png', 'application/pdf'])) {
       die('不正なファイルタイプです。');
   }

□ファイルサイズの制限

大きなファイルサイズは、サーバーに負荷をかける可能性があるため、アップロード可能なファイルサイズにも制限を設けるべきです。

これは、HTMLのフォームタグ内やサーバーサイドで設定できます。

   <!-- HTMLでのファイルサイズ制限の設定例 -->
   <input type="hidden" name="MAX_FILE_SIZE" value="30000" />
   <input type="file" name="file_upload" />
   // PHPでのファイルサイズの検証例
   if ($_FILES['file_upload']['size'] > 30000) {
       die('ファイルサイズが大きすぎます。');
   }

□ファイル内容の検査

アップロードされたファイルの内容自体も検査することが推奨されます。

特に実行可能なスクリプトファイルや、悪意のあるコードが埋め込まれている可能性があるファイルは特に注意が必要です。

   // PHPによるスクリプト内容の検査例
   $fileContent = file_get_contents($_FILES['uploaded_file']['tmp_name']);
   if (preg_match('/<?php/i', $fileContent)) {
       die('アップロードされたファイルにPHPコードが含まれています。');
   }

○サーバー側での安全なファイル処理方法

ファイルを安全に扱うためのサーバーサイドの対策は、セキュリティの保持に不可欠です。

アップロードされたファイルを適切に処理し、セキュリティリスクを最小限に抑える方法を紹介します。

□一時ファイルの取り扱い

アップロードされたファイルは一時的な場所に保存されます。

この一時ファイルを安全な場所に移動させるプロセスが重要です。

// アップロードされたファイルを安全なディレクトリに移動する
$uploadedFile = $_FILES['uploaded_file']['tmp_name'];
$safeDir = '/var/www/uploads/';
$newPath = $safeDir . basename($_FILES['uploaded_file']['name']);
if (!move_uploaded_file($uploadedFile, $newPath)) {
    die('ファイルの保存に失敗しました。');
}

□ディレクトリトラバーサル攻撃の防止

ユーザーが提供したファイル名をそのまま使用することは避け、サーバー側でファイル名を生成するか、または適切にサニタイズする必要があります。

  // ファイル名のサニタイズ
  $fileName = basename($_FILES['uploaded_file']['name']);
  $safeFileName = preg_replace('/[^a-zA-Z0-9_-]/', '_', $fileName);
  $newPath = $safeDir . $safeFileName;

  if (!move_uploaded_file($uploadedFile, $newPath)) {
      die('ファイルの保存に失敗しました。');
  }

●カスタマイズ例と応用

ファイルアップロード機能をカスタマイズして、ユーザー体験を向上させる方法について解説します。

具体的なシナリオとして、アップロードされた画像の即時プレビュー、アップロードの進行状況の可視化、そしてアップロード後の自動処理の実装例を紹介します。

○サンプルコード5:アップロードした画像を即時プレビュー

アップロードした画像を即座にプレビューすることで、ユーザーはアップロードするファイルを確認しやすくなります。

この機能はJavaScriptとHTMLを組み合わせて実装することができます。

<input type="file" id="imageUpload" accept="image/*" onchange="previewImage();">
<img id="preview" src="" alt="Image preview" style="display:none;">

<script>
function previewImage() {
    var file = document.getElementById('imageUpload').files[0];
    var reader = new FileReader();
    reader.onload = function(e) {
        var imgElement = document.getElementById('preview');
        imgElement.src = e.target.result;
        imgElement.style.display = 'block';
    };
    reader.readAsDataURL(file);
}
</script>

このコードでは、ファイルインプットから画像を選択すると、FileReaderオブジェクトを使用してその画像の内容を読み取り、<img>タグのsrc属性に設定しています。

これにより、画像がウェブページ上に即座に表示されます。

○サンプルコード6:アップロード進行状況のバーを表示

大きなファイルをアップロードする際には、進行状況をユーザーに表すことが重要です。

下記の例では、HTMLとJavaScriptを使用して進行状況バーを実装しています。

<form id="uploadForm" enctype="multipart/form-data">
    <input type="file" id="file" name="file">
    <input type="button" value="Upload" onclick="uploadFile()">
    <progress id="progressBar" value="0" max="100" style="width:300px;"></progress>
    <h3 id="status"></h3>
</form>

<script>
function uploadFile() {
    var file = document.getElementById('file').files[0];
    var formData = new FormData();
    formData.append('file', file);

    var xhr = new XMLHttpRequest();
    xhr.open('POST', 'upload.php', true);

    xhr.upload.onprogress = function(e) {
        if (e.lengthComputable) {
            var percentComplete = (e.loaded / e.total) * 100;
            document.getElementById('progressBar').value = percentComplete;
            document.getElementById('status').innerHTML = Math.round(percentComplete) + '% uploaded';
        }
    };

    xhr.onload = function() {
        if (this.status == 200) {
            document.getElementById('status').innerHTML = 'Upload complete!';
        }
    };

    xhr.send(formData);
}
</script>

このスクリプトでは、XMLHttpRequestを使用してファイルを非同期にアップロードし、アップロードの進行状況を<progress>タグで表示しています。

これにより、ユーザーはアップロードの進捗をリアルタイムで確認できます。

○サンプルコード7:ファイルアップロード後の自動処理

ファイルアップロード後に自動的に処理を行う例として、アップロードされた画像ファイルに対して自動的にサイズ調整を行うシナリオを紹介します。

この処理はサーバー側で実行され、PHPを使用しています。

if ($_FILES['file']['error'] == UPLOAD_ERR_OK) {
    $uploadedFile = $_FILES['file']['tmp_name'];
    $sourceProperties = getimagesize($uploadedFile);
    $resizeFileName = time();
    $uploadPath = "./uploads/";
    $fileExt = pathinfo($_FILES['file']['name'], PATHINFO_EXTENSION);
    $uploadImageType = $sourceProperties[2];
    $sourceImageWidth = $sourceProperties[0];
    $sourceImageHeight = $sourceProperties[1];
    switch ($uploadImageType) {
        case IMAGETYPE_JPEG:
            $resourceType = imagecreatefromjpeg($uploadedFile); 
            $imageLayer = resizeImage($resourceType, $sourceImageWidth, $sourceImageHeight);
            imagejpeg($imageLayer, $uploadPath . "thump_" . $resizeFileName . '.' . $fileExt);
            break;

        case IMAGETYPE_GIF:
            $resourceType = imagecreatefromgif($uploadedFile); 
            $imageLayer = resizeImage($resourceType, $sourceImageWidth, $sourceImageHeight);
            imagegif($imageLayer, $uploadPath . "thump_" . $resizeFileName . '.' . $fileExt);
            break;

        case IMAGETYPE_PNG:
            $resourceType = imagecreatefrompng($uploadedFile); 
            $imageLayer = resizeImage($resourceType, $sourceImageWidth, $sourceImageHeight);
            imagepng($imageLayer, $uploadPath . "thump_" . $resizeFileName . '.' . $fileExt);
            break;
    }

    move_uploaded_file($uploadedFile, $uploadPath . $resizeFileName. ".". $fileExt);
    echo "Image Resize Successfully.";
}

function resizeImage($resourceType, $image_width, $image_height) {
    $resizeWidth = 100;
    $resizeHeight = 100;
    $imageLayer = imagecreatetruecolor($resizeWidth, $resizeHeight);
    imagecopyresampled($imageLayer, $resourceType, 0, 0, 0, 0, $resizeWidth, $resizeHeight, $image_width, $image_height);
    return $imageLayer;
}

このPHPスクリプトは、アップロードされた画像のタイプに応じて適切な画像処理関数を呼び出し、新しいサイズで画像を保存します。

これにより、サーバー上に最適化された画像ファイルが保存され、ディスクスペースを節約し、ロード時間を短縮できます。

●プログラミングの豆知識

プログラミングに関する面白い事実の中で、特にWeb開発においては、サーバーとクライアント間のデータ交換やHTTPとHTTPSの違いなど、基本的な知識が重要です。

これらの知識はセキュリティや効率的なデータ処理を理解する上で中心的な役割を果たします。

○サーバーとのデータ交換についての深掘り

Webアプリケーションでは、クライアント(通常はWebブラウザ)とサーバー間のデータ交換が核となるプロセスです。

このデータ交換はHTTPプロトコルを介して行われ、サーバーからはクライアントへ必要なデータがレスポンスとして送信されます。

具体的には、HTTPメソッドのGETやPOSTを使用してデータを送受信します。

GETメソッドはURLを通じてデータを送信するのに対し、POSTメソッドはデータをリクエストボディに含めて送信するため、大量のデータや秘密情報を扱う場合に適しています。

たとえば、下記のPHPスクリプトは、POSTリクエストを受け取り、サーバー上で何らかの処理を行った後に結果をクライアントに返す一連の流れを表しています。

<?php
if ($_SERVER['REQUEST_METHOD'] == 'POST') {
    $data = $_POST['data'];
    echo "受け取ったデータ: " . $data;
}
?>

このスクリプトは、POSTメソッドを利用して安全にデータを受け取り、それを元にサーバー側で処理を行い、結果をクライアントに返しています。

○HTTPとHTTPSの違いとセキュリティ

HTTP(Hypertext Transfer Protocol)とHTTPS(HTTP Secure)の主な違いは、データ伝送時のセキュリティ強化にあります。

HTTPSはSSLまたはTLSプロトコルを使用して通信を暗号化することで、データの盗聴や改ざんを防ぎます。

この暗号化により、中間者攻撃を効果的に防ぐことができ、ユーザーは送受信しているデータが安全であると確信できます。

また、HTTPSはサーバーの身元を認証する証明書を利用します。

これにより、ユーザーは自分が接続しているサーバーが信頼できるものであると確認できます。

特に個人情報や決済情報を扱うWebサイトでは、HTTPSを使用することが一般的であり、推奨されています。

まとめ

この記事では、HTMLを利用したファイルアップロード機能の基本から応用までを幅広く解説しました。

プログラミング初心者から中級者までが理解できるよう、具体的なサンプルコードを用いながら、フォームの作成方法、セキュリティ対策、エラーハンドリングの技術について詳細に説明しました。

これにより、読者はファイルアップロード機能を自分のWebアプリケーションに安全かつ効果的に組み込むことができるようになります。