JavaScriptでファイルの拡張子とサイズをチェックする方法10選

JavaScriptでファイルの拡張子をチェックするJS
この記事は約26分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

●JavaScriptでファイル拡張子をチェックする意義

Webアプリケーションを開発する際、ファイルのアップロードや処理は欠かせない機能の1つです。

その中でも、ファイルの拡張子をチェックすることは非常に重要な意味を持っています。

○セキュリティ向上のために

では、なぜファイルの拡張子をチェックする必要があるのでしょうか。

その理由の1つが、セキュリティの向上です。

悪意のあるユーザーが、実行可能なファイルや不正なスクリプトをアップロードしてしまうと、サーバー上で予期せぬ動作が発生し、システムに重大な脅威をもたらす可能性があります。

たとえば、PHPファイルをアップロードされると、サーバー上で任意のコードが実行されてしまうかもしれません。

このようなリスクを軽減するために、ファイルの拡張子をチェックし、許可されたファイル形式以外のアップロードを制限することが重要なのです。

JavaScriptを使えば、クライアントサイドで拡張子を判定し、不正なファイルが送信される前に未然に防ぐことができます。

○ファイル形式に応じた処理の実現

拡張子チェックのもう1つの意義は、ファイル形式に応じた適切な処理を実現することです。

ユーザーがアップロードしたファイルを、サーバー側で適切に取り扱うためには、そのファイルの種類を正しく判別する必要があります。

たとえば、画像ファイルであれば画像処理を行い、CSVファイルであればデータベースにインポートするなど、ファイル形式ごとに異なる処理を行うことが求められます。

ファイルの拡張子は、そのファイルの種類を表す手がかりの1つです。

拡張子をチェックすることで、アップロードされたファイルが期待する形式であるかを確認し、適切な処理を振り分けることができるのです。

●拡張子チェックの基本的な方法

JavaScriptでファイルの拡張子をチェックするにはいくつかの方法があります。

ここでは、その基本的なアプローチを3つ紹介します。

○サンプルコード1:ファイル名から拡張子を抽出

まずは、ファイル名から拡張子を取り出す方法です。

ファイル名の最後のドット(.)以降の部分が拡張子となります。

split()メソッドを使って、ファイル名を「.」で分割し、配列の最後の要素を取得することで拡張子を抽出できます。

function getFileExtension(filename) {
  return filename.split('.').pop();
}

// 使用例
const fileName = 'example.jpg';
const extension = getFileExtension(fileName);
console.log(extension); // 'jpg'

getFileExtension関数は、引数としてファイル名を受け取り、拡張子を返します。

split()メソッドでファイル名を「.」で分割し、pop()メソッドで配列の最後の要素(拡張子)を取得しています。

この方法は、シンプルで直感的ですが、ファイル名に複数のドットが含まれる場合には注意が必要です。

たとえば、「example.tar.gz」のようなファイル名の場合、最後の「.gz」だけを拡張子として認識します。

○サンプルコード2:拡張子を小文字に変換してチェック

次に、大文字小文字を区別せずに拡張子をチェックする方法を見てみましょう。

ファイル名から取得した拡張子を、toLowerCase()メソッドを使って小文字に変換してから、許可された拡張子のリストと比較します。

function isAllowedExtension(filename, allowedExtensions) {
  const extension = filename.split('.').pop().toLowerCase();
  return allowedExtensions.includes(extension);
}

// 使用例
const fileName = 'document.PDF';
const allowedExtensions = ['pdf', 'doc', 'docx'];
const isAllowed = isAllowedExtension(fileName, allowedExtensions);
console.log(isAllowed); // true

isAllowedExtension関数は、ファイル名と許可された拡張子の配列を引数に取ります。

ファイル名から拡張子を取得し、toLowerCase()で小文字に変換した上で、includes()メソッドを使って許可された拡張子のリストに含まれているかどうかを判定します。

この方法なら、ユーザーが「.PDF」や「.Pdf」といった大文字を含むファイルを選択しても、正しく拡張子を判定することができます。

○サンプルコード3:複数の拡張子に対応

最後に、複数の拡張子を持つファイルに対応する方法です。

たとえば、「.tar.gz」や「.jpg.tmp」のようなファイル名を想定します。

このような場合、ファイル名の最後の拡張子だけでなく、複数の拡張子を考慮する必要があります。

function getFileExtensions(filename) {
  const parts = filename.split('.');
  const extensions = parts.slice(1);
  return extensions;
}

function isAllowedExtension(filename, allowedExtensions) {
  const extensions = getFileExtensions(filename);
  return extensions.every(ext => allowedExtensions.includes(ext.toLowerCase()));
}

// 使用例
const fileName = 'archive.tar.gz';
const allowedExtensions = ['tar', 'gz'];
const isAllowed = isAllowedExtension(fileName, allowedExtensions);
console.log(isAllowed); // true

getFileExtensions関数は、ファイル名を「.」で分割し、最初の要素(ファイル名本体)を除いた拡張子の配列を返します。

isAllowedExtension関数では、getFileExtensions関数で取得した拡張子の配列を使用します。

every()メソッドを使って、すべての拡張子が許可されたリストに含まれているかどうかを確認します。

every()メソッドは、配列のすべての要素が条件を満たす場合にtrueを返します。

これで、複数の拡張子を持つファイルに対しても、適切に拡張子をチェックできるようになりました。

●MIMEタイプを使った拡張子判定

ファイルの拡張子をチェックする別の方法として、MIMEタイプを使う方法があります。

MIMEタイプとは、インターネット上でファイルの種類を識別するための標準規格です。

Webブラウザは、サーバーからファイルを受け取る際に、MIMEタイプを参照してファイルの種類を判断し、適切な処理を行います。

たとえば、「image/jpeg」はJPEG画像ファイルを、「application/pdf」はPDFファイルを表します。

JavaScriptでは、ファイルのMIMEタイプを取得することで、拡張子を判定することができます。

では、実際にMIMEタイプを使った拡張子判定の方法を見ていきましょう。

○サンプルコード4:ファイルオブジェクトから判定

HTML5のFile APIを使うと、ファイル選択ダイアログで選択されたファイルの情報を取得できます。

そのファイル情報から、MIMEタイプを取得して拡張子を判定してみましょう。

<input type="file" id="fileInput">
const fileInput = document.getElementById('fileInput');

fileInput.addEventListener('change', function(event) {
  const file = event.target.files[0];
  const mimeType = file.type;

  if (mimeType === 'image/jpeg' || mimeType === 'image/png') {
    console.log('選択されたファイルは画像ファイルです。');
  } else {
    console.log('選択されたファイルは画像ファイルではありません。');
  }
});

上記のコードでは、ファイル選択ダイアログで選択されたファイルのMIMEタイプを取得し、それが「image/jpeg」または「image/png」である場合に、画像ファイルであると判定しています。

実行結果は、選択されたファイルによって異なります。

たとえば、JPEGファイルを選択した場合は、コンソールに「選択されたファイルは画像ファイルです。」と表示されます。

一方、テキストファイルを選択した場合は、「選択されたファイルは画像ファイルではありません。」と表示されます。

このように、ファイルオブジェクトのtypeプロパティを使って、MIMEタイプを取得し、拡張子を判定することができます。

○サンプルコード5:File APIを使った判定

File APIを使えば、ファイルの内容を読み込んで、MIMEタイプを判定することもできます。

次のコードは、ファイルを読み込み、そのMIMEタイプを取得する例です。

<input type="file" id="fileInput">
const fileInput = document.getElementById('fileInput');

fileInput.addEventListener('change', function(event) {
  const file = event.target.files[0];
  const reader = new FileReader();

  reader.onload = function() {
    const mimeType = this.result.split(',')[0].split(':')[1].split(';')[0];
    console.log('ファイルのMIMEタイプ:', mimeType);
  };

  reader.readAsDataURL(file);
});

このコードでは、FileReaderオブジェクトを使ってファイルを読み込み、onloadイベントでファイルの内容を取得しています。

取得したデータは、Data URL形式で表現されており、その中からMIMEタイプを抽出しています。

Data URLは、「data:[MIMEタイプ];base64,[base64エンコードされたデータ]」のような形式で表現されます。

そのため、split()メソッドを使って、MIMEタイプの部分を取り出しています。

実行結果は、選択されたファイルのMIMEタイプがコンソールに表示されます。

たとえば、PNGファイルを選択した場合は、「ファイルのMIMEタイプ: image/png」と表示されます。

このように、File APIを使ってファイルを読み込み、MIMEタイプを取得することで、拡張子を判定することができます。

ただし、ファイルの内容を読み込むため、ファイルサイズが大きい場合には注意が必要です。

●正規表現を使った高度な拡張子チェック

これまで、JavaScriptでファイルの拡張子をチェックする基本的な方法やMIMEタイプを使った判定方法を見てきました。

でも、より複雑なパターンの拡張子をチェックしたい場合はどうすればいいのでしょうか?

そんな時は、正規表現を使うのが効果的です。

正規表現を使えば、柔軟で強力なパターンマッチングが可能になります。

拡張子のチェックにも活用できるんです。

正規表現を使えば、特定の拡張子だけを許可したり、大文字小文字を区別しないチェックを行ったりできるようになります。

それでは、正規表現を使ったファイルの拡張子チェックの方法を詳しく見ていきましょう。

○サンプルコード6:正規表現で拡張子を検証

正規表現を使って、特定の拡張子のみを許可するチェックを行ってみましょう。

ここでは、「.jpg」「.jpeg」「.png」「.gif」の4つの拡張子だけを許可する例を表します。

function isAllowedExtension(filename) {
  const allowedExtensions = /\.(jpg|jpeg|png|gif)$/i;
  return allowedExtensions.test(filename);
}

// 使用例
console.log(isAllowedExtension('image.jpg')); // true
console.log(isAllowedExtension('document.pdf')); // false
console.log(isAllowedExtension('picture.PNG')); // true

isAllowedExtension関数では、正規表現/.(jpg|jpeg|png|gif)$/iを使って拡張子のパターンを定義しています。

この正規表現は、文字列の末尾が「.jpg」「.jpeg」「.png」「.gif」のいずれかであるかをチェックします。

iフラグを使っているので、大文字小文字は区別されません。

test()メソッドを使って、ファイル名が正規表現のパターンにマッチするかどうかを判定しています。

マッチする場合はtrue、マッチしない場合はfalseを返します。

実行結果を見ると、「image.jpg」と「picture.PNG」はtrueを返し、許可された拡張子であると判定されています。

一方、「document.pdf」はfalseを返し、許可されていない拡張子であると判定されています。

このように、正規表現を使えば、特定の拡張子のみを許可するチェックを簡潔に記述できます。

正規表現のパターンを変更することで、許可する拡張子を柔軟に設定できるのが利点です。

○サンプルコード7:大文字小文字を区別しないチェック

正規表現を使えば、大文字小文字を区別しない拡張子チェックも簡単に実現できます。

先ほどの例では、iフラグを使って大文字小文字を区別しない検索を行いましたが、ここではさらに正規表現のパターンを工夫してみましょう。

function isAllowedExtension(filename) {
  const allowedExtensions = /\.(jpe?g|png|gif)$/i;
  return allowedExtensions.test(filename);
}

// 使用例
console.log(isAllowedExtension('image.jpg')); // true
console.log(isAllowedExtension('picture.jpeg')); // true
console.log(isAllowedExtension('photo.JPG')); // true
console.log(isAllowedExtension('drawing.svg')); // false

この例では、正規表現のパターンを/.(jpe?g|png|gif)$/iに変更しています。

「jpe?g」という部分に注目してください。?は直前の文字が0個または1個であることを表します。

つまり、「jpg」と「jpeg」の両方にマッチするパターンになっています。

実行結果を見ると、「image.jpg」「picture.jpeg」「photo.JPG」のすべてがtrueを返しています。

拡張子の大文字小文字に関係なく、「.jpg」と「.jpeg」が許可されていることがわかります。

一方、「drawing.svg」はfalseを返し、許可されていない拡張子であると判定されています。

●jQueryを使った拡張子チェック

JavaScriptのライブラリであるjQueryを使えば、ファイルの拡張子チェックをより簡単に行うことができます。

jQueryは、ファイルアップロードの処理を手軽に実装できる便利な機能を提供しているんです。

では、jQueryを使ってファイルの拡張子をチェックする方法を見ていきましょう。

jQueryのファイルアップロード拡張機能を活用することで、わずか数行のコードでファイルの拡張子チェックが実現できるようになります。

○サンプルコード8:jQueryのファイルアップロード拡張

jQueryのファイルアップロード拡張機能を使って、ファイルの拡張子チェックを行ってみましょう。

ここでは、「.jpg」「.jpeg」「.png」「.gif」の4つの拡張子のみを許可する例を紹介します。

<input type="file" id="fileInput">
$(document).ready(function() {
  $('#fileInput').change(function() {
    var allowedExtensions = ['jpg', 'jpeg', 'png', 'gif'];
    var fileExtension = $(this).val().split('.').pop().toLowerCase();

    if ($.inArray(fileExtension, allowedExtensions) === -1) {
      alert('許可されていない拡張子です。');
      $(this).val('');
    }
  });
});

まず、HTMLにファイル選択のための<input type="file">要素を用意します。

jQueryのコードでは、$(document).ready()を使ってページの読み込みが完了したタイミングで処理を開始します。

$('#fileInput').change()でファイル選択時のイベントを監視し、ファイルが選択された時に拡張子のチェックを行います。

allowedExtensions配列には、許可する拡張子のリストを定義します。

$(this).val().split('.').pop().toLowerCase()で、選択されたファイルの拡張子を取得し、小文字に変換します。

$.inArray()を使って、取得した拡張子がallowedExtensions配列に含まれているかどうかを確認します。

含まれていない場合(-1が返される場合)は、許可されていない拡張子であるとみなし、アラートを表示して選択をクリアします。

実行結果は、選択したファイルの拡張子によって異なります。

許可された拡張子のファイルを選択した場合は何も起こりませんが、許可されていない拡張子のファイルを選択すると、アラートが表示され、選択がクリアされます。

○サンプルコード9:jQueryで複数の拡張子を指定

jQueryを使えば、複数の拡張子を指定してファイルの拡張子チェックを行うこともできます。

ここでは、「.pdf」「.doc」「.docx」の3つの拡張子を許可する例を表します。

<input type="file" id="fileInput" accept=".pdf,.doc,.docx">
$(document).ready(function() {
  $('#fileInput').change(function() {
    var allowedExtensions = ['pdf', 'doc', 'docx'];
    var fileExtension = $(this).val().split('.').pop().toLowerCase();

    if ($.inArray(fileExtension, allowedExtensions) === -1) {
      alert('許可されていない拡張子です。');
      $(this).val('');
    }
  });
});

HTMLの<input>要素にaccept属性を追加し、許可する拡張子のリストを指定します。

ここでは、「.pdf」「.doc」「.docx」の3つの拡張子を指定しています。

jQueryのコードは、サンプルコード8とほぼ同じですが、allowedExtensions配列に許可する拡張子のリストを定義しています。

実行結果は、選択したファイルの拡張子によって異なります。

「.pdf」「.doc」「.docx」のいずれかの拡張子のファイルを選択した場合は問題ありませんが、それ以外の拡張子のファイルを選択すると、アラートが表示され、選択がクリアされます。

●ファイルサイズのチェック方法

ファイルの拡張子をチェックすることは重要ですが、それだけでは十分とは言えません。

ファイルサイズのチェックも欠かせない機能の1つです。

大きすぎるファイルがアップロードされると、サーバーの負荷が高くなったり、ストレージの容量を圧迫したりする可能性があります。

また、ユーザーにとっても、大容量のファイルのアップロードは時間がかかり、使い勝手が悪くなってしまうでしょう。

そこで、ファイルサイズのチェックを行うことで、これらの問題を未然に防ぐことができるんです。

JavaScriptを使えば、ファイルサイズを簡単にチェックできます。

○サンプルコード10:ファイルサイズを判定

それでは、JavaScriptを使ってファイルサイズをチェックする方法を見てみましょう。

ここでは、2MB以下のファイルのみを許可する例を表します。

<input type="file" id="fileInput">
const fileInput = document.getElementById('fileInput');

fileInput.addEventListener('change', function(event) {
  const file = event.target.files[0];
  const maxSize = 2 * 1024 * 1024; // 2MB

  if (file.size > maxSize) {
    alert('ファイルサイズが2MBを超えています。');
    fileInput.value = '';
  }
});

HTMLにファイル選択のための<input type="file">要素を用意します。

JavaScriptのコードでは、fileInput変数にファイル選択の入力要素を取得します。

addEventListener()を使って、ファイルが選択された時のイベントを監視します。

選択されたファイルは、event.target.files[0]で取得できます。

maxSize変数には、許可する最大サイズを定義します。

ここでは、2MB(2 * 1024 * 1024バイト)を設定しています。

file.sizeプロパティを使って、選択されたファイルのサイズを取得し、maxSizeと比較します。

ファイルサイズがmaxSizeを超えている場合は、アラートを表示し、fileInput.valueを空にしてファイルの選択をクリアします。

実行結果は、選択したファイルのサイズによって異なります。

2MB以下のファイルを選択した場合は何も起こりませんが、2MBを超えるファイルを選択すると、アラートが表示され、選択がクリアされます。

●よくあるエラーと対処法

JavaScriptでファイルの拡張子をチェックする際、いくつかの典型的なエラーに遭遇することがあります。

これらのエラーを理解し、適切に対処することで、より堅牢で信頼性の高いファイル処理を実現できるでしょう。

ここでは、よくあるエラーとその対処法について、具体的に見ていきましょう。

エラーに直面した時に慌てずに対処できるよう、しっかりと理解しておくことが大切ですね。

○拡張子が大文字小文字で一致しない問題

ファイルの拡張子をチェックする際、大文字と小文字の違いが原因でエラーが発生することがあります。

たとえば、「.jpg」と「.JPG」は同じ拡張子を表しますが、単純に文字列比較を行うと一致しないと判定されてしまいます。

この問題を解決するには、拡張子を小文字に変換してから比較を行う方法があります。

const fileExtension = fileName.split('.').pop().toLowerCase();
if (fileExtension !== 'jpg') {
  console.log('JPG形式のファイルではありません。');
}

上記のコードでは、fileNameからドット(.)以降の部分を取得し、toLowerCase()メソッドを使って小文字に変換しています。

そして、変換後の拡張子と'jpg'を比較することで、大文字小文字を区別しないチェックを実現しています。

実行結果として、'jpg''JPG''Jpg'などの拡張子はすべて'jpg'と判定され、エラーが発生しなくなります。

○ファイルサイズ超過によるエラー

ファイルサイズのチェックを行う際、許容サイズを超えるファイルがアップロードされるとエラーが発生します。

このエラーを適切に処理しないと、ユーザーに分かりにくいエラーメッセージが表示されたり、アプリケーションが予期せぬ動作をしたりする可能性があります。

ファイルサイズ超過のエラーを処理するには、適切なエラーメッセージを表示し、ユーザーに再度ファイルを選択してもらうようにします。

const maxSize = 2 * 1024 * 1024; // 2MB
if (file.size > maxSize) {
  alert('ファイルサイズが2MBを超えています。別のファイルを選択してください。');
  fileInput.value = '';
}

上記のコードでは、maxSize変数に許容サイズを定義し、選択されたファイルのサイズfile.sizeと比較しています。

サイズ超過の場合は、アラートでエラーメッセージを表示し、fileInput.valueを空にすることでファイルの選択をクリアしています。

実行結果として、2MBを超えるファイルが選択された場合、エラーメッセージが表示され、ユーザーは別のファイルを選択するように促されます。

○非対応のファイル形式がアップロードされた場合

アプリケーションが対応していないファイル形式がアップロードされた場合、エラーが発生する可能性があります。

このようなエラーを適切に処理することで、ユーザーに分かりやすいメッセージを提供し、スムーズなファイル処理を実現できます。

非対応のファイル形式がアップロードされた場合は、適切なエラーメッセージを表示し、許可されているファイル形式を明示的に示すとよいでしょう。

const allowedExtensions = ['jpg', 'png', 'gif'];
const fileExtension = fileName.split('.').pop().toLowerCase();
if (!allowedExtensions.includes(fileExtension)) {
  alert('対応していないファイル形式です。jpg、png、gif形式のファイルを選択してください。');
  fileInput.value = '';
}

上記のコードでは、allowedExtensions配列に許可するファイル形式を定義しています。

選択されたファイルの拡張子を取得し、includes()メソッドを使ってallowedExtensions配列に含まれているかどうかを確認します。

含まれていない場合は、エラーメッセージを表示し、許可されているファイル形式を明示的に示しています。

実行結果として、jpg、png、gif以外のファイル形式が選択された場合、エラーメッセージが表示され、ユーザーは対応しているファイル形式を選択するように促されます。

●拡張子チェックの応用例

ここまで、JavaScriptを使ったファイルの拡張子チェックの様々な方法を見てきました。

でも、実際の開発では、もっと具体的な要件に合わせて拡張子チェックを行う必要があるかもしれません。

そこで、拡張子チェックの応用例をいくつか紹介しましょう。

実際のプロジェクトでどのように活用できるのか、イメージを膨らませながら見ていきましょう。

○画像ファイルのみを許可

Webアプリケーションでユーザーからの画像アップロードを受け付ける場合、画像ファイル以外のアップロードを制限したいことがあります。

そんな時は、拡張子チェックを使って画像ファイルのみを許可することができます。

function isImageFile(fileName) {
  const allowedExtensions = ['jpg', 'jpeg', 'png', 'gif'];
  const fileExtension = fileName.split('.').pop().toLowerCase();
  return allowedExtensions.includes(fileExtension);
}

// 使用例
console.log(isImageFile('example.jpg')); // true
console.log(isImageFile('document.pdf')); // false

上記のコードでは、isImageFile関数を定義しています。

この関数は、allowedExtensions配列で許可する画像ファイルの拡張子を定義し、fileNameから拡張子を取得して、allowedExtensionsに含まれているかどうかを判定します。

実行結果を見ると、'example.jpg'は画像ファイルと判定されてtrueを返し、'document.pdf'は画像ファイルではないと判定されてfalseを返しています。

○Excelファイルのバリデーション

業務アプリケーションでは、Excelファイルの入力を受け付けることがよくあります。

その際、拡張子チェックを使ってExcelファイルであることを確認し、バリデーションを行うことができます。

function isExcelFile(fileName) {
  const allowedExtensions = ['xls', 'xlsx'];
  const fileExtension = fileName.split('.').pop().toLowerCase();
  return allowedExtensions.includes(fileExtension);
}

// 使用例
console.log(isExcelFile('data.xls')); // true
console.log(isExcelFile('report.docx')); // false

上記のコードでは、isExcelFile関数を定義しています。

この関数は、allowedExtensions配列でExcelファイルの拡張子('xls''xlsx')を定義し、fileNameから拡張子を取得して、allowedExtensionsに含まれているかどうかを判定します。

実行結果を見ると、'data.xls'はExcelファイルと判定されてtrueを返し、'report.docx'はExcelファイルではないと判定されてfalseを返しています。

○zipファイルの展開前チェック

アプリケーションでzipファイルのアップロードを受け付ける場合、セキュリティ上の理由から、アップロードされたファイルが本当にzipファイルであることを確認したいことがあります。

拡張子チェックを使えば、zipファイルであることを展開前にチェックできます。

function isZipFile(fileName) {
  const allowedExtensions = ['zip'];
  const fileExtension = fileName.split('.').pop().toLowerCase();
  return allowedExtensions.includes(fileExtension);
}

// 使用例
console.log(isZipFile('archive.zip')); // true
console.log(isZipFile('image.jpg')); // false

上記のコードでは、isZipFile関数を定義しています。

この関数は、allowedExtensions配列でzipファイルの拡張子('zip')を定義し、fileNameから拡張子を取得して、allowedExtensionsに含まれているかどうかを判定します。

実行結果を見ると、'archive.zip'はzipファイルと判定されてtrueを返し、'image.jpg'はzipファイルではないと判定されてfalseを返しています。

まとめ

JavaScriptを使ったファイルの拡張子チェックは、セキュリティの向上とファイル形式に応じた適切な処理の実現に欠かせない機能です。

ファイル名から拡張子を抽出する基本的な方法から、MIMEタイプや正規表現を使った高度なチェック、jQueryを活用した効率的な実装まで、様々なアプローチを解説しました。

本記事で解説した知識を活かして、セキュアで使いやすいファイルアップロード機能を実装し、ユーザーに安心して利用してもらえるWebアプリケーションを開発しましょう。