HTMLバージョン確認!初心者が簡単にできる5ステップ

HTMLバージョン確認のステップイメージHTML
この記事は約5分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、HTMLバージョンの確認が簡単にできるようになります。

HTMLバージョン確認の重要性

HTMLはウェブページを構築するための言語ですが、そのバージョンは常に進化しています。

バージョンによっては、使えるタグや属性が異なり、ウェブページの表示や機能が変わってくることがあります。

そこで、HTMLバージョンを確認することが重要です。

メソッド1:ドキュメントタイプ宣言から確認

HTMLファイルの先頭にある「<!DOCTYPE>」タグを見ることで、HTMLバージョンを確認することができます。

例えば、HTML5の場合は、「<!DOCTYPE html>」となります。

メソッド2:ウェブブラウザの開発者ツールを利用

ウェブブラウザに標準で搭載されている開発者ツールを利用して、HTMLバージョンを確認することができます。

Google ChromeやFirefoxなどの主要なブラウザで利用可能です。

開発者ツールを開いて、Elements(またはHTML)タブをクリックし、先頭の「<!DOCTYPE>」タグを確認してください。

メソッド3:オンラインツールを利用

HTMLバージョンを確認するためのオンラインツールもあります。

例えば、「W3C Markup Validation Service」や「HTML Validator」などが挙げられます。

これらのツールにURLやHTMLコードを入力して解析を行うことで、HTMLバージョンを簡単に確認できます。

メソッド4:HTMLエディターの機能を利用

一部のHTMLエディターには、HTMLバージョンを自動的に判別する機能が備わっています。

例えば、Adobe DreamweaverやMicrosoft Visual Studio Codeなどが該当します。

これらのエディターでHTMLファイルを開くと、バージョン情報が表示されることがあります。

メソッド5:バージョン情報を表示するHTMLコード

HTMLコードを使って、ウェブページ上にHTMLバージョン情報を表示させることもできます。

下記のサンプルコードを参考にして、自分のウェブページに適用してみてください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>HTMLバージョン確認</title>
</head>
<body>
    <script>
        document.write("<p>HTMLバージョン: " + document.doctype.name + "</p>");
    </script>
</body>
</html>

注意点と対処法

バージョン間の違い

HTMLバージョンによって利用できるタグや属性が異なるため、バージョンを確認して適切なコードを記述することが重要です。

また、古いバージョンのHTMLで書かれたウェブページを更新する際には、新しいバージョンへの移行を検討することが望ましいです。

その際、廃止されたタグや属性を置き換える必要があります。

ブラウザごとの対応状況

HTMLバージョンによっては、ブラウザごとに表示や動作が異なることがあります。

主要なブラウザでの動作確認を行い、問題があれば対処することが重要です。

必要に応じて、CSSやJavaScriptを用いてブラウザごとの対応を行ってください。

カスタマイズと応用例

HTMLバージョン情報を表示するだけでなく、デザインや表示方法をカスタマイズすることもできます。

下記のサンプルコードを参考に、ウェブページに合わせてカスタマイズしてみてください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>HTMLバージョン確認カスタマイズ</title>
    <style>
        .html-version {
            font-size: 18px;
            font-weight: bold;
            color: #333;
        }
    </style>
</head>
<body>
    <div class="html-version">
        <script>
            document.write("HTMLバージョン: " + document.doctype.name);
        </script>
    </div>
</body>
</html>

まとめ

HTMLバージョンを確認することは、ウェブページの品質向上や問題の解決に役立ちます。

この記事では、初心者向けにHTMLバージョンの確認方法を5つのステップで解説しました。

また、注意点や対処法、カスタマイズの方法についても紹介しました。

これらを参考にして、HTMLバージョンの確認がスムーズにできるようになりましょう。