HTMLにおける自動改行を完全ガイド!5ステップで簡単マスター

HTML自動改行のイメージ図HTML
この記事は約6分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、HTMLでの自動改行を簡単に使いこなすことができるようになります。

まずはじめに、自動改行とは何か、その基本的な使い方を学びましょう。

●HTMLでの自動改行とは?

HTMLでの自動改行は、文章やテキストが一定の幅を超えた場合に、自動で改行されるように設定することです。

これにより、ウェブページ上での文章の見やすさが向上し、読者にとっても分かりやすくなります。

●自動改行の基本的な使い方

HTMLで自動改行を設定するには、CSSを使用して行います。

下記に、基本的な使い方を示すサンプルコードを示します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
  p {
    width: 300px;
    word-wrap: break-word;
  }
</style>
</head>
<body>

<p>ここに自動改行される文章を入力してください。文章が指定した幅を超えると自動的に改行されます。</p>

</body>
</html>

このサンプルコードでは、<p>タグ内の文章が300pxの幅を超えると、自動的に改行されるように設定しています。

word-wrap: break-word;が自動改行の設定を行うCSSプロパティです。

●自動改行の対処法

自動改行がうまく機能しない場合、いくつかの原因が考えられます。

下記に、自動改行が機能しない場合の対処法を示すサンプルコードを示します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
  p {
    width: 300px;
    word-wrap: break-word;
    overflow-wrap: break-word;
    white-space: pre-wrap;
  }
</style>
</head>
<body>

<p>ここに自動改行される文章を入力してください。文章が指定した幅を超えると自動的に改行されます。</p>

</body>
</html>

このサンプルコードでは、overflow-wrap: break-word;white-space: pre-wrap;を追加して、自動改行が機能しない場合でも改行されるようにしています。

これらのプロパティを追加することで、さまざまなブラウザでの互換性を向上させることができます。

●自動改行の注意点

自動改行を設定する際には、いくつかの注意点があります。

下記に、自動改行を設定する際の注意点を示すサンプルコードを示します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
  p {
    width: 300px;
    word-wrap: break-word;
    overflow-wrap: break-word;
    white-space: pre-wrap;
    hyphens: auto;
  }
</style>
</head>
<body>

<p>ここに自動改行される文章を入力してください。文章が指定した幅を超えると自動的に改行されます。</p>

</body>
</html>

このサンプルコードでは、hyphens: auto;を追加して、単語の途中で改行される場合にハイフンを自動的に挿入するようにします。

これにより、単語が分割される際に読者にとって分かりやすくなります。

ただし、hyphensプロパティは、一部のブラウザではサポートされていないため、互換性の問題が発生する可能性があります。

そのため、使用する際には注意が必要です。

●自動改行のカスタマイズ方法

自動改行の設定をカスタマイズすることで、より柔軟に文章のレイアウトを調整することができます。

下記に、自動改行のカスタマイズ方法を示すサンプルコードを示します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
  p {
    width: 300px;
    word-wrap: break-word;
    overflow-wrap: break-word;
    white-space: pre-wrap;
    hyphens: auto;
    text-align: justify;
  }
</style>
</head>
<body>

<p>ここに自動改行される文章を入力してください。文章が指定した幅を超えると自動的に改行されます。</p>

</body>
</html>

このサンプルコードでは、text-align: justify;を追加して、文章が両端揃えになるようにしています。

これにより、文章のレイアウトがより美しく見えることがあります。

ただし、両端揃えにすると、一部の言語では読みにくくなる場合があるため、使用する際には注意が必要です。

●応用例とサンプルコード

自動改行を活用することで、さまざまな応用が考えられます。

下記に、応用例とそのサンプルコードを示します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<style>
  table {
    width: 100%;
    border-collapse: collapse;
  }
  th, td {
    width: 30%;
    padding: 8px;
    text-align: left;
    border: 1px solid #ddd;
    word-wrap: break-word;
  }
</style>
</head>
<body>

<table>
  <tr>
    <th>見出し1</th>
    <th>見出し2</th>
    <th>見出し3</th>
  </tr>
  <tr>
    <td>ここに自動改行される文章を入力してください。文章が指定した幅を超えると自動的に改行されます。</td>
    <td>ここに自動改行される文章を入力してください。文章が指定した幅を超えると自動的に改行されます。</td>
    <td>ここに自動改行される文章を入力してください。文章が指定した幅を超えると自動的に改行されます。</td>
  </tr>
</table>

</body>
</html>

このサンプルコードでは、テーブル内のセルで自動改行を設定しています。

word-wrap: break-word;thおよびtdに適用することで、テーブル内の文章も指定した幅を超えると自動的に改行されます。

まとめ

以上で、HTMLでの自動改行の基本的な使い方や応用例について説明しました。

自動改行は、文章が見やすくなるだけでなく、デザインやレイアウトの調整にも役立ちます。

上記のサンプルコードを参考に、自分のサイトやアプリケーションに自動改行を適用してみてください。