HTML/CSSでのズレを撲滅!効果的な対策方法10選

初心者向けHTMLずれ対策の詳細解説HTML
この記事は約38分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

●HTMLでのズレや崩れの原因

HTMLやCSSを使ってWebサイトを制作していると、時としてブラウザ間での表示のズレやレイアウト崩れに頭を悩ませることがありますよね。

一体なぜこのようなズレや崩れが起こるのでしょうか。

実はその背景には、何点か重要な要因が潜んでいるのです。

○ブラウザ間の表示の差異

Webサイトを様々なブラウザで確認すると、時として同じHTMLとCSSでも微妙に表示が異なることに気づくでしょう。

これは、ブラウザごとにレンダリングエンジンが異なり、CSSの解釈に若干の差異があるためです。

例えば、WebKitベースのGoogle ChromeとBlinkベースのMicrosoft Edgeでは、時としてレイアウトに違いが出ることがあります。

こうした差異を完全になくすことは難しいですが、なるべく各ブラウザで同じ表示になるようにコーディングする工夫が求められます。

○フォントの違い

Webサイトのデザインにおいて、フォントは非常に重要な要素です。

しかし、使用するフォントがユーザーのデバイスにインストールされていない場合、意図しないフォントで表示されてしまうことがあります。

これによりレイアウトが大きく崩れてしまう可能性があるのです。

こうしたフォントの差異を防ぐためには、Webフォントを使用したり、代替フォントを指定したりするなどの対策が必要不可欠です。

○CSSの解釈の違い

先ほどブラウザ間でレンダリングエンジンが異なることに触れましたが、これはCSSの解釈の違いにも大きく関係します。

例えば、ボックスモデルの解釈やパディングの設定など、ブラウザごとに若干の差異があります。

こうした違いを吸収するためには、CSSリセットを適用したり、ブラウザごとの対策を行ったりする必要があるのです。

●CSSリセットで初期化する

HTMLやCSSでのズレや崩れを防ぐ上で、CSSリセットは欠かせないテクニックです。

ブラウザごとのデフォルトスタイルの差異を吸収し、統一された基準でスタイリングを始められるようにするのが目的ですね。

でも、CSSリセットって聞いたことはあるけど、具体的にどんなコードを書けばいいの?と思っているWebデザイナーの方も多いのではないでしょうか。

○サンプルコード1:Eric Meyer’s Reset CSS

CSSリセットの代表的な例として、Eric Meyer’s Reset CSSがあります。

このリセットCSSでは、以下のようなコードでブラウザのデフォルトスタイルをリセットします。

html, body, div, span, applet, object, iframe,
h1, h2, h3, h4, h5, h6, p, blockquote, pre,
a, abbr, acronym, address, big, cite, code,
del, dfn, em, img, ins, kbd, q, s, samp,
small, strike, strong, sub, sup, tt, var,
b, u, i, center,
dl, dt, dd, ol, ul, li,
fieldset, form, label, legend,
table, caption, tbody, tfoot, thead, tr, th, td {
    margin: 0;
    padding: 0;
    border: 0;
    font-size: 100%;
    font: inherit;
    vertical-align: baseline;
}

このリセットCSSを適用することで、ブラウザ間のマージンやパディングの差異がリセットされ、統一されたベースでスタイリングを始められます。

ただし、フォントサイズや行間なども初期化されてしまうので、適用後は改めて設定し直す必要があるでしょう。

○サンプルコード2:Normalize.css

一方、Normalize.cssは、ブラウザ間の差異を吸収しつつも、有用なデフォルトスタイルは残すという方針のリセットCSSです。

Normalize.cssの一部を抜粋したコードを見てみましょう。

/**
 * 1. Change the default font family in all browsers (opinionated).
 * 2. Correct the line height in all browsers.
 * 3. Prevent adjustments of font size after orientation changes in IE and iOS.
 */

html {
  font-family: sans-serif; /* 1 */
  line-height: 1.15; /* 2 */
  -ms-text-size-adjust: 100%; /* 3 */
  -webkit-text-size-adjust: 100%; /* 3 */
}

/**
 * Remove the margin in all browsers (opinionated).
 */

body {
  margin: 0;
}

Normalize.cssは、ブラウザ間の差異を吸収しつつも、有用なデフォルトスタイルは残すというバランスのとれたアプローチが特徴です。

フォントファミリーやline-heightのようなプロパティにも配慮されているので、適用後の調整が少なくて済むというメリットがあります。

○リセットCSSを適用するタイミング

さて、こうしたリセットCSSですが、どのタイミングで適用するのが良いのでしょうか。

基本的には、他のスタイルシートよりも先に読み込ませるのがベストプラクティスです。

例えば、以下のようにHTMLのheadタグ内で最初に読み込ませるのが一般的でしょう。

<head>
  <link rel="stylesheet" href="reset.css">
  <link rel="stylesheet" href="style.css">
</head>

こうすることで、リセットCSSが最初に適用され、その上に独自のスタイルが上書きされていくという流れになります。

リセットCSSを後から読み込ませてしまうと、せっかくリセットしたスタイルが上書きされてしまい、意味がなくなってしまいますからね。

CSSリセットは、ブラウザ間の差異を吸収し、統一されたベースでスタイリングを始められるようにするための強力なテクニックです。

Eric Meyer’s Reset CSSやNormalize.cssなどを適切に適用することで、HTML/CSSでのズレや崩れを防ぐ第一歩を踏み出せるでしょう。

ただし、リセットCSSはあくまでも基礎であり、ここからさらに細かなズレを調整していく必要があります。

次は、そうしたズレの調整に役立つテクニックを見ていきましょう。

●vertical-alignでの位置調整

CSSリセットを適用しても、時として要素の縦方向の位置がずれてしまうことがありますよね。

特に、画像やアイコンと文字を並べる際に、ズレが生じがちです。そんな時に役立つのが、vertical-alignプロパティです。

このプロパティを使いこなせば、縦方向のズレを簡単に解消できるんです。

○vertical-alignの基本

vertical-alignプロパティは、要素の縦方向の配置を指定するためのプロパティです。

例えば、下のような値を指定できます。

  • baseline(デフォルト) -> 要素の基準線(ベースライン)に揃えて配置
  • top -> 要素の上端を、行の最も高い要素に揃えて配置
  • middle -> 要素の中央を、行の中央に揃えて配置
  • bottom -> 要素の下端を、行の最も低い要素に揃えて配置

これらの値を適切に使い分けることで、縦方向のズレを調整できるわけです。

特に、画像やアイコンと文字を並べる際には、middleやtopを指定することが多いですね。

○サンプルコード3:vertical-alignでアイコンと文字の高さを揃える

それでは、実際にvertical-alignを使ってアイコンと文字の高さを揃えるサンプルコードを見てみましょう。

<div class="item">
  <img src="icon.png" alt="アイコン" class="icon">
  <span class="text">テキストテキストテキスト</span>
</div>
.item {
  display: inline-block;
}

.icon {
  vertical-align: middle;
}

.text {
  vertical-align: middle;
}

このように、アイコンと文字の両方にvertical-align: middleを指定することで、それらの高さを揃えることができます。

display: inline-blockを指定しているのは、vertical-alignを適用するために必要だからですね。

○vertical-alignが効かないケース

ただし、vertical-alignが思ったように効かないケースもあるんです。

例えば、下のようなケースです。

  • 要素がインラインレベルではない(display: inline-blockなどが指定されていない)
  • 要素の中に、インラインレベル以外の要素が含まれている
  • 要素の高さが明示的に指定されている

こうしたケースでは、vertical-alignを適用しても期待通りに動作しないことがあります。

特に、要素の高さを明示的に指定している場合は注意が必要ですね。

高さを指定すると、vertical-alignが効かなくなってしまうんです。

このように、vertical-alignを使えば、アイコンと文字の高さを簡単に揃えることができます。

ただし、適用条件があることを理解しておく必要がありますね。

vertical-alignが効かない場合は、要素のdisplayプロパティや高さ指定を見直してみましょう。

そうすることで、縦方向のズレを解消できるはずです。

●vertical-alignでの位置調整

vertical-alignを適切に使いこなせば、画像やアイコンと文字の縦方向の位置を揃えることができます。

でも、コーディングの経験が浅いうちは、このプロパティの使い方に戸惑うこともありますよね。

ブラウザによって表示が少し変わってしまったり、思ったように配置できなかったりと、悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで、ここではvertical-alignの基本的な使い方と、実践的なテクニックをご紹介します。

○vertical-alignの基本

まず、vertical-alignプロパティの基本的な動作を理解することが大切です。

このプロパティは、インラインレベルの要素や、table-cellのような要素の縦方向の配置を指定するために使用します。

指定できる主な値をまとめておきます。

baseline(デフォルト) -> 要素の基準線(ベースライン)に揃えて配置
top -> 要素の上端を、行の最も高い要素に揃えて配置
middle -> 要素の中央を、行の中央に揃えて配置
bottom -> 要素の下端を、行の最も低い要素に揃えて配置

これらの値を適切に使い分けることで、縦方向のズレを調整できます。

特に、middleやtopを指定することで、アイコンと文字の高さを揃えるケースが多いですね。

○サンプルコード3:vertical-alignでアイコンと文字の高さを揃える

それでは、実際にvertical-alignを使ってアイコンと文字の高さを揃えるサンプルコードを見てみましょう。

<div class="item">
  <img src="icon.png" alt="アイコン" class="icon">
  <span class="text">テキストテキストテキスト</span>
</div>
.item {
  display: inline-block;
}

.icon {
  vertical-align: middle;
}

.text {
  vertical-align: middle;
}

このように、アイコンと文字の両方にvertical-align: middleを指定することで、それらの高さを揃えることができます。

ポイントは、親要素のdisplay: inline-blockですね。

inline-blockを指定することで、vertical-alignが適用可能になるのです。

○vertical-alignが効かないケース

ただし、vertical-alignが思ったように効かないケースもあります。

例えば、下のような場合です。

  • 要素がインラインレベルではない(display: inline-blockなどが指定されていない)
  • 要素の中に、インラインレベル以外の要素が含まれている
  • 要素の高さが明示的に指定されている

特に、要素の高さを明示的に指定している場合は注意が必要です。

高さを指定すると、vertical-alignが効かなくなってしまうことがあります。

こうした場合は、要素のdisplayプロパティや高さ指定を見直すことで、縦方向のズレを解消できるでしょう。

vertical-alignは、一見シンプルなプロパティですが、適切に使いこなすにはコツが必要です。

基本的な動作を理解し、適用条件を満たすように要素を調整することが大切ですね。

そうすることで、アイコンと文字の高さを揃えるなど、縦方向のズレを解消できるはずです。

ブラウザ間の差異に悩まされている方も、ぜひvertical-alignを活用してみてください。

●line-heightを活用する

vertical-alignでアイコンと文字の高さを揃えることができましたが、今度は行間のズレが気になってきませんか?

特に、日本語のWebサイトを制作していると、行間が詰まりすぎていたり、逆に開きすぎていたりして、読みづらさを感じることがありますよね。

そんな時に役立つのが、line-heightプロパティです。

でも、具体的にどのような場面で、どのように使えばいいのでしょうか?

○line-heightの役割

line-heightプロパティは、文字の高さに対する行の高さを指定するためのプロパティです。

言い換えれば、行間の調整に使用するわけですね。

例えば、次のような指定ができます。

line-height: 1.5; (文字の高さの1.5倍の行の高さに設定)
line-height: 200%; (文字の高さの2倍の行の高さに設定)
line-height: 24px; (行の高さを24pxに固定)

こうした指定により、行間を広げたり狭めたりできるのです。

特に、日本語のテキストでは、line-height: 1.8;程度に設定することが多いですね。

これにより、適度な行間が確保され、読みやすさが向上します。

○サンプルコード4:line-heightで行間を調整

それでは、実際にline-heightを使って行間を調整するサンプルコードを見てみましょう。

<p class="text">
  これはサンプルテキストです。これはサンプルテキストです。
  これはサンプルテキストです。これはサンプルテキストです。
  これはサンプルテキストです。これはサンプルテキストです。
</p>
.text {
  font-size: 16px;
  line-height: 1.8;
}

このように、line-height: 1.8;を指定することで、16pxの文字に対して、行の高さが28.8px(16px × 1.8)になります。

その結果、適度な行間が確保され、読みやすいテキストになるわけです。

font-sizeとline-heightの関係を理解することが、行間調整のポイントですね。

○line-height: 1emのメリット

ところで、line-heightの指定には、emという単位を使うことがあります。

例えば、次のような指定です。

.text {
  font-size: 16px;
  line-height: 1.5em;
}

この場合、行の高さは24px(16px × 1.5)になります。

つまり、emを使うことで、font-sizeに対する相対的な行間を指定できるわけです。

これがline-height: 1emのメリットですね。

font-sizeが変わっても、常に一定の行間を保つことができるのです。

ただし、emを使う場合は注意点もあります。

親要素でfont-sizeを指定していると、その影響を受けてしまうんです。

そのため、font-sizeを変更する場合は、line-heightも合わせて調整する必要があります。

line-heightは、行間調整に欠かせないプロパティですね。

適切な値を指定することで、テキストの読みやすさを大幅に向上できます。

特に、日本語のWebサイトでは、line-height: 1.8;程度に設定することが多いでしょう。

emを使えば、font-sizeに対する相対的な行間も指定できます。

emを使えば、font-sizeに対する相対的な行間も指定できます。ただし、親要素のfont-sizeの影響を受けることにも注意が必要ですね。目的に応じて、適切なline-heightの指定方法を選択しましょう。

目的に応じて、適切なline-heightの指定方法を選択しましょう。

●レスポンシブデザインでの注意点

さて、ここまではPCサイトを想定したHTML/CSSでのズレや崩れの防ぎ方を見てきましたが、今やスマートフォンやタブレットなど、様々なデバイスからWebサイトが閲覧される時代です。

そうしたマルチデバイス時代に欠かせないのが、レスポンシブデザインですよね。

でも、レスポンシブデザインを実装する際には、いくつか注意すべき点があります。

特に、フォントサイズの調整やブレイクポイントの選定は、見落としがちなポイントではないでしょうか。

○メディアクエリの設定

レスポンシブデザインを実現するには、メディアクエリを使ってCSSを切り替える必要があります。

メディアクエリとは、デバイスの画面幅などの条件に応じて、異なるCSSを適用するための仕組みですね。

例えば、このようなメディアクエリを記述することで、画面幅に応じたCSSの切り替えが可能です。

@media screen and (max-width: 767px) {
  /* 画面幅が767px以下の場合に適用されるCSS */
}

@media screen and (min-width: 768px) {
  /* 画面幅が768px以上の場合に適用されるCSS */
}

こうしたメディアクエリを適切に設定することで、デバイスごとに最適化されたレイアウトを実現できるわけです。

ただし、メディアクエリの設定だけでは、すべてのレスポンシブデザインの課題が解決するわけではありません。

フォントサイズの調整など、他の要素との兼ね合いにも注意が必要ですね。

○サンプルコード5:レスポンシブでのフォントサイズ指定

レスポンシブデザインを実装する際、フォントサイズの調整は非常に重要です。

デバイスの画面幅に応じて、適切なフォントサイズを指定しないと、テキストが読みづらくなってしまいますからね。

では、具体的にどのようにフォントサイズを調整すればいいのでしょうか?

html {
  font-size: 16px;
}

@media screen and (max-width: 767px) {
  html {
    font-size: 14px;
  }
}

このように、htmlセレクタでデフォルトのフォントサイズを指定し、メディアクエリで画面幅に応じて上書きするのが一般的です。

ここでは、画面幅が767px以下の場合は、フォントサイズを14pxに縮小しています。

こうすることで、スマートフォンなどの小さな画面でも読みやすいテキストを表示できるわけです。

ただし、フォントサイズの調整は、単にpx単位で指定するだけでは不十分な場合もあります。

デバイスの解像度によっては、pxで指定したフォントサイズでは小さすぎたり、大きすぎたりすることがあるんです。そんな時は、rem単位を使うのがおすすめです。

remは、htmlセレクタで指定したフォントサイズを基準に、相対的なサイズを指定できる単位ですね。

○ブレイクポイントの選定

レスポンシブデザインを実装する上で、もう一つ重要なのがブレイクポイントの選定です。

ブレイクポイントとは、レイアウトを切り替える画面幅の境界点のことですね。

例えば、「画面幅が768px以上の場合はPC用のレイアウト、767px以下の場合はスマートフォン用のレイアウト」といった具合に、ブレイクポイントを設定するわけです。

ただし、ブレイクポイントの選定には注意が必要です。

デバイスの種類が増えるに従って、画面幅のバリエーションも増えていますからね。

そのため、「スマートフォン用」「タブレット用」「PC用」といった単純な区分では、最適なレイアウトを実現できない場合もあります。

デバイスの特性や、サイトのコンテンツに合わせて、柔軟にブレイクポイントを設定することが大切ですね。

レスポンシブデザインは、マルチデバイス時代のWebサイト制作に欠かせない技術です。

メディアクエリを使ったCSSの切り替えや、フォントサイズの調整、ブレイクポイントの選定など、様々な要素に気を配る必要があります。

特に、フォントサイズの調整は、rem単位を使うことで、より柔軟に対応できるでしょう。

ブレイクポイントの選定も、デバイスの特性やコンテンツに合わせて、慎重に行う必要がありますね。

こうした点に注意しながら、レスポンシブデザインを実装することで、どのデバイスでも最適な表示を実現できるはずです。

●Flexboxでのレイアウト

レスポンシブデザインを実現する上で、欠かせないテクニックがFlexboxです。

Flexboxは、CSSのレイアウトモードの一つで、要素の配置や整列を柔軟に行えるのが特徴ですね。

特に、縦並びや横並びのレイアウトを実現するのに威力を発揮します。

でも、Flexboxの使い方には少しコツがあるんです。

基本的な概念を理解していないと、思わぬレイアウト崩れを引き起こしてしまうことも。

○Flexboxの基本

Flexboxを使うには、まず親要素にdisplay: flexを指定します。

これにより、子要素がFlexboxのアイテムとして扱われるようになるんです。

そして、親要素に対して次のようなプロパティを指定することで、子要素のレイアウトを制御できます。

  • flex-direction -> 子要素の並ぶ方向を指定(row, column, row-reverse, column-reverse)
  • justify-content -> 子要素の水平方向の配置を指定(flex-start, flex-end, center, space-between, space-around)
  • align-items -> 子要素の垂直方向の配置を指定(flex-start, flex-end, center, baseline, stretch)

これらのプロパティを組み合わせることで、様々なレイアウトを実現できるわけです。

例えば、flex-direction: columnを指定すれば、子要素を縦並びにできますし、justify-content: centerを指定すれば、子要素を中央揃えにできます。

○サンプルコード6:Flexboxで要素を縦並びにする

それでは、実際にFlexboxを使って要素を縦並びにするサンプルコードを見てみましょう。

<div class="container">
  <div class="item">Item 1</div>
  <div class="item">Item 2</div>
  <div class="item">Item 3</div>
</div>
.container {
  display: flex;
  flex-direction: column;
}

.item {
  padding: 10px;
  background-color: #eee;
  margin-bottom: 10px;
}

このように、親要素のcontainerにdisplay: flexとflex-direction: columnを指定するだけで、子要素のitemが縦並びになります。

レスポンシブデザインでは、画面幅に応じて要素を縦並びにしたり横並びにしたりする必要がありますが、Flexboxを使えばそれが簡単に実現できるんです。

○Flexboxでの注意点

ただし、Flexboxを使う際には注意点もあります。

例えば、次のようなケースです。

  • 子要素に設定したmarginが予期せぬ動作をすることがある
  • absoluteやfixedを指定した子要素の位置がずれることがある
  • 子要素の幅や高さを%で指定した場合、思わぬレイアウト崩れが起きることがある

特に、子要素の幅や高さを%で指定する場合は注意が必要ですね。

Flexboxでは、子要素の幅や高さは親要素のサイズを基準に計算されるため、%指定だと思わぬ結果になることがあるんです。

そんな時は、子要素にflex-basisプロパティを使って明示的にサイズを指定すると良いでしょう。

Flexboxは、レスポンシブデザインに欠かせないテクニックです。

要素の縦並びや横並びを簡単に実現できるのが魅力ですね。

ただし、子要素のマージンや位置指定、サイズ指定には注意が必要です。

特に、子要素のサイズを%で指定する場合は、flex-basisプロパティを使って明示的に指定するのがおすすめ。

こうした注意点を踏まえつつ、Flexboxを活用することで、柔軟でレスポンシブなレイアウトを実現できるはずです。

●よくあるエラーと対処法

HTML/CSSを使ってWebサイトを制作していると、思わぬエラーに遭遇することがありますよね。

特に、コーディングの経験が浅いうちは、「なぜこのようなエラーが起きるのか」「どうすれば解決できるのか」と頭を悩ませることも多いでしょう。

でも、エラーに遭遇した時こそ、成長のチャンスなんです。

エラーの原因を突き止め、適切な対処法を学ぶことで、より深いレベルでのコーディングスキルを身につけられるはずです。

○CSSが反映されない

よくあるエラーの一つが、「CSSが反映されない」というケース。

スタイルシートを用意したのに、なぜかWebページのデザインが変わらない…そんな経験をしたことはありませんか?

実は、このエラーには様々な原因が考えられるんです。

まず考えられるのが、CSSファイルの読み込みに失敗しているケース。

HTMLファイルのlinkタグでCSSファイルを正しく指定できているか、ファイルパスに間違いがないかを確認しましょう。

また、CSSファイル自体に構文エラーがある場合も、スタイルが反映されません。

CSSの構文をチェックするオンラインツールなどを活用して、エラーを見つけ出すことが大切です。

時には、意図したセレクタと異なる要素にスタイルが適用されていることも。

特に、詳細度(specificity)の概念を理解していないと、思わぬ箇所にスタイルが当たってしまうことがあります。

セレクタの詳細度を意識し、適切な順序でスタイルを記述するよう心がけましょう。

○画像が表示されない

Webサイトに画像を載せようとしたのに、画像が表示されない…これもよくあるエラーの一つですね。

画像が表示されない原因としては、次のようなケースが考えられます。

  • 画像ファイルの読み込みに失敗している(ファイルパスが間違っている、ファイル名が違うなど)
  • 画像ファイルが破損している、または対応していない形式である
  • imgタグの記述が間違っている(widthやheightの指定ミスなど)

画像が表示されない場合は、まずはファイルパスを再確認。

相対パスで指定している場合は、HTMLファイルからの相対位置が正しいか、十分に気をつける必要があります。

また、画像ファイル自体に問題がないかもチェックしましょう。

ファイルが破損していたり、ブラウザが対応していない形式だったりすると、画像は表示されません。

imgタグの記述ミスも、意外と見落としがちなポイント。

width属性やheight属性の値を間違えていると、画像が意図しないサイズで表示されたり、表示されなかったりするので注意が必要です。

○モバイルでの表示崩れ

スマートフォンの普及に伴い、モバイルフレンドリーなWebサイト制作がますます重要になっています。

しかし、PCでは問題なく表示されるサイトでも、モバイルでは表示が崩れてしまうことがあるんです。

その原因としては、次のような点が考えられます。

  • viewport(ビューポート)の設定が適切でない
  • レスポンシブデザインへの対応が不十分
  • モバイル特有の操作性(タップ、スワイプなど)への配慮が足りない

モバイルでの表示崩れを防ぐためには、まずはviewportを正しく設定することが大切。

metaタグでviewportを指定し、デバイスの画面幅に合わせたレイアウトを実現しましょう。

また、メディアクエリを活用し、画面サイズに応じてCSSを切り替えるレスポンシブデザインも欠かせません。

さらに、モバイルならではの操作性にも配慮が必要です。

タップ領域を十分に確保し、ボタンなどの操作性を高めることが大切ですね。

スワイプ操作に対応したUIを実装するのも、モバイルフレンドリーなサイト制作には欠かせないポイントです。

●ブラウザ対応の確認

HTML/CSSを使ってWebサイトを制作する上で、欠かせないのがブラウザ対応の確認です。

世の中には様々なブラウザがあり、それぞれにレンダリングエンジンの違いがあるため、同じHTMLとCSSでも、ブラウザによって表示が異なることがあるんですよね。

特に、Internet ExplorerとEdgeのような、同じMicrosoftのブラウザでもバージョンによって挙動が変わるので、注意が必要です。

○サンプルコード7:ブラウザ対応のメディアクエリ

ブラウザ対応を確認する際に役立つのが、メディアクエリを使った条件分岐です。

このようなメディアクエリを使うことで、特定のブラウザに対して個別のCSSを適用できます。

/* Internet Explorer 10以上用のCSS */
@media all and (-ms-high-contrast: none), (-ms-high-contrast: active) {
  /* ここにIE10以上用のCSSを記述 */
}

/* Microsoft Edge用のCSS */
@supports (-ms-ime-align: auto) {
  /* ここにEdge用のCSSを記述 */
}

このようなメディアクエリを活用することで、ブラウザごとの表示の差異を吸収できるわけです。

ただし、メディアクエリで対応できるのは一部のブラウザに限られます。

できるだけ多くのブラウザで同じ表示になるようにするには、他の手段も組み合わせる必要があります。

○主要ブラウザでのチェック

Webサイトのブラウザ対応を確認するには、主要なブラウザでの表示チェックが欠かせません。

PCではGoogle ChromeとMozilla Firefox、Microsoft EdgeとInternet Explorer、Macではこれらに加えてSafariのチェックが必要ですね。

モバイル端末ではiOSのSafariとGoogle Chrome、AndroidのGoogle Chromeがメインになります。

これらのブラウザで実際にサイトを表示し、レイアウトや機能に問題がないかを確認するのが基本です。

デベロッパーツールを使えば、様々なデバイスでの表示を疑似的に確認することもできます。

ただし、デベロッパーツールはあくまでも疑似環境なので、実機での確認も怠らないようにしましょう。

特に、Internet ExplorerやMicrosoft Edgeの古いバージョンでは、CSS3の一部のプロパティに対応していなかったり、独自の挙動をしたりすることがあるので要注意。

flexboxやgrid、object-fitなどのプロパティを使う場合は、これらのブラウザでの表示を入念にチェックする必要がありますね。

○仮想環境の活用

さて、ブラウザ対応の確認には、実際にそのブラウザをインストールして確認するのが一般的ですが、古いバージョンのブラウザをインストールするのは手間がかかりますよね。

そんな時に役立つのが、仮想環境の活用です。

例えば、Microsoftが提供している「Virtual machines」を使えば、様々なバージョンのInternet Explorerがインストールされた仮想マシンを簡単に構築できます。

また、BrowserStackやLambdaTestのようなクロスブラウザテストサービスを利用するのも良い選択肢です。

このサービスでは、クラウド上で様々なブラウザやデバイスを使ってWebサイトをテストできるので、手元の環境を汚すことなくブラウザ対応の確認ができるんです。

ただし、仮想環境はあくまでもテスト用の環境です。

実際のユーザーが使う環境とは異なるため、仮想環境での確認だけでは不十分な場合もあります。

可能であれば、実機での確認も併せて行うようにしましょう。

Webサイトのブラウザ対応は、サイトの信頼性を左右する重要な要素です。

メディアクエリを活用したブラウザ別の対応や、主要ブラウザでの表示チェック、仮想環境の活用など、様々な手段を組み合わせることで、より広いブラウザ対応を実現できるはずです。

面倒な作業に思えるかもしれませんが、ユーザーに良質な体験を提供するためには欠かせないプロセスだと思います。

しっかりとブラウザ対応の確認を行い、どのブラウザでも問題なく表示されるWebサイトを目指していきましょう。

●余白の調整テクニック

Webサイトのデザインにおいて、余白は非常に重要な要素です。

適切な余白を設けることで、コンテンツの読みやすさや見栄えを大幅に向上できるんですよね。

でも、余白の調整って意外と難しいんです。

特に、要素の右側に余分な余白ができてしまったり、狭すぎる余白で窮屈な印象になったりと、悩ましいポイントが多いのではないでしょうか。

○サンプルコード8:右の余白を削除

例えば、横幅いっぱいに背景色を敷きたいのに、右側に余分な余白ができてしまうことがありますよね。

実は、この余白はHTML要素の初期設定によるものなんです。

bodyタグには、デフォルトでマージンが設定されているため、そのマージン分の余白が発生してしまうわけです。

これを解消するには、このようなCSSを指定します。

body {
  margin: 0;
}

これだけで、右側の余分な余白が削除され、背景色が画面端まで表示されるようになります。

とてもシンプルな方法ですが、意外と知られていないテクニックかもしれません。

Webサイト制作では、こうした基本的な部分の調整も大切だと思います。

○marginとpaddingの使い分け

さて、余白の調整といえば、marginとpaddingの2つのプロパティが重要になります。

どちらも要素の余白を設定するためのプロパティですが、その性質は少し異なるんです。

marginは要素の外側の余白を設定するためのプロパティで、要素と要素の間隔を調整するのに使います。

一方、paddingは要素の内側の余白を設定するもので、要素の内容と境界線の間の間隔を調整するのに使うんですね。

この違いを理解することが、適切な余白設定のポイントになります。

要素間の間隔を調整したい場合はmarginを、要素内の余白を調整したい場合はpaddingを使い分けるようにしましょう。

ただし、marginとpaddingを同時に指定すると、意図しない余白が発生することがあるので注意が必要です。

特に、上下方向のmarginは、相殺されるケースがあるんですよね。

そのため、余白の設定は、できるだけシンプルに、必要最小限に留めることが大切だと思います。

○コンテンツの幅指定

余白の調整で忘れてはいけないのが、コンテンツの幅指定です。

Webサイトの可読性を高めるには、テキストの1行の長さを適切に保つ必要があります。

日本語の場合、1行あたり30〜40文字程度が読みやすいとされていますね。

これを実現するには、このようなCSSを指定します。

.content {
  max-width: 800px;
  margin: 0 auto;
}

ここでは、コンテンツを囲むdivタグ(クラス名はcontent)に対して、最大幅を800pxに指定しています。

そして、左右のmarginにautoを指定することで、コンテンツを中央揃えにしています。

こうすることで、画面幅が広い環境でも、適度な幅でテキストが表示されるようになるんです。

コンテンツ幅の指定は、全体的なレイアウトにも影響するので、デザインに合わせて調整する必要がありますが、テキストの可読性を意識した設定を心がけたいですね。

余白の調整は、Webサイトの見栄えを大きく左右する重要な要素です。

右側の余分な余白を削除したり、marginとpaddingを適切に使い分けたり、コンテンツ幅を指定したりと、様々なテクニックを駆使することで、より洗練されたデザインを実現できるはずです。

ただし、余白の設定は、サイト全体のバランスを見ながら行う必要があります。

部分的な調整だけでは、かえって違和感のあるデザインになってしまうこともありますからね。

常に全体感を意識しつつ、適度な余白を確保することが大切だと思います。

●tableタグの表示制御

HTML/CSSを使ったWebサイト制作において、tableタグは欠かせない要素の一つです。

表形式のデータを表示するのに最適ですからね。

でも、tableタグを使っていると、思わぬレイアウト崩れに遭遇することがあるんです。

特に、tableの幅が内容に合わせて勝手に広がってしまったり、thead(ヘッダー)とtbody(ボディ)の同期がずれてしまったりと、悩ましい問題が多いのではないでしょうか。

○サンプルコード9:tableのレイアウト崩れを防ぐ

tableのレイアウト崩れを防ぐには、幅や高さを明示的に指定することが大切です。

このようなCSSを指定することで、tableの幅を固定し、内容が溢れた場合はスクロールバーを表示するようにできます。

table {
  width: 100%;
  table-layout: fixed;
}

th, td {
  overflow: hidden;
  text-overflow: ellipsis;
  white-space: nowrap;
}

ここでは、tableの幅を100%に指定し、table-layout: fixedを指定することで、各セルの幅を均等に配分しています。

そして、th(見出し)とtd(データ)に対して、overflow: hiddenとtext-overflow: ellipsisを指定することで、セルの内容が溢れた場合に「…」で省略表示するようにしています。

こうすることで、tableの幅が内容に合わせて勝手に広がることを防ぎ、スッキリとしたレイアウトを実現できるんです。

tableの表示は、こうした細かな制御が重要ですね。

○table-layoutプロパティの活用

tableのレイアウトを制御する上で、とても便利なのがtable-layoutプロパティです。

このプロパティを使うと、各セルの幅の計算方法を指定できるんですよ。

table-layout: autoが初期値で、この場合は各セルの内容に応じて幅が自動的に計算されます。

つまり、内容が長いセルは幅が広がり、短いセルは幅が狭くなるわけです。

これが、tableの幅が内容に合わせて勝手に広がる原因になっているんですね。

一方、table-layout: fixedを指定すると、各セルの幅は均等に配分されます。

つまり、内容の長さに関係なく、すべてのセルが同じ幅になるんです。

これにより、tableの幅が固定され、レイアウト崩れを防ぐことができるわけです。

ただし、table-layout: fixedを指定する場合は、必ずtableの幅を明示的に指定する必要があります。

幅を指定しないと、tableがとても狭く表示されてしまうので注意が必要ですね。

○theadとtbodyの同期スクロール

tableを縦にスクロールする場合、theadとtbodyの同期がずれてしまうことがありますよね。

theadを固定したまま、tbodyだけをスクロールしたいのに、うまくいかない…そんな経験をしたことはありませんか?

実は、これを実現するには、theadとtbodyを別々のtableタグに分離する必要があるんです。

このようなHTMLとCSSを指定することで、theadを固定しつつ、tbodyだけをスクロールできるようになります。

<div class="table-wrapper">
  <table class="table-header">
    <thead>
      <tr>
        <th>見出し1</th>
        <th>見出し2</th>
        <th>見出し3</th>
      </tr>
    </thead>
  </table>
  <div class="table-body">
    <table>
      <tbody>
        <tr>
          <td>データ1</td>
          <td>データ2</td>
          <td>データ3</td>
        </tr>
        <!-- 他の行は省略 -->
      </tbody>
    </table>
  </div>
</div>
.table-wrapper {
  position: relative;
}

.table-header {
  position: sticky;
  top: 0;
  z-index: 1;
}

.table-body {
  overflow-y: scroll;
  max-height: 200px;
}

ここでは、theadとtbodyを別々のtableタグに分離し、それぞれを.table-headerと.table-bodyというクラスで囲んでいます。

そして、.table-headerにposition: stickyを指定することで、スクロールしてもtheadが固定されるようにしています。

一方、.table-bodyにはoverflow-y: scrollを指定し、max-heightで高さを制限することで、tbodyだけがスクロールするようにしているわけです。

このように、tableタグを巧みに使い分けることで、より高度なレイアウト制御が可能になります。

ただし、HTML構造が少し複雑になるので、コードの管理には注意が必要ですね。

シンプルなtableであれば、table-layoutプロパティで十分な場合も多いでしょう。

●テストとデバッグ

さて、ここまでHTML/CSSでのズレや崩れを防ぐ様々なテクニックを見てきましたが、実際にコーディングする際には、どうしてもミスが発生してしまうことがありますよね。

特に、CSSの記述ミスは見落としやすく、思わぬレイアウト崩れの原因になることも。

そんな時に役立つのが、テストとデバッグの手法です。

コードの問題点を早期に発見し、適切に修正することで、より質の高いWebサイトを制作できるはずです。

○サンプルコード10:CSSの構文チェック

CSSのテストで最も基本的なのが、構文チェックです。

CSSの記述ミスは、ブラウザによって無視されるため、見た目上は問題なくても、意図しない動作を引き起こすことがあるんですよね。

そんな時は、CSSの構文をチェックするツールが役立ちます。

例えば、W3CのCSS Validation Serviceを使えば、このようにCSSの構文チェックができます。

/* 構文エラーのあるCSS */
.example {
  font-size: 16px
  color: #333;
}

このCSSをCSS Validation Serviceで検証すると、セミコロンが欠けているというエラーが報告されます。

このように、構文チェックツールを使えば、目では見落としがちなミスも簡単に発見できるんです。

CSSの構文チェックは、コーディングの基本中の基本。ミスを見逃さないためにも、定期的に構文チェックを行う習慣をつけることが大切ですね。

○デベロッパーツールの活用

ブラウザのデベロッパーツールは、Webサイトのテストとデバッグに欠かせない存在です。

HTMLの構造やCSSのスタイルをリアルタイムで確認できるので、レイアウト崩れの原因特定に役立つんですよね。

例えば、Google Chromeのデベロッパーツールを使えば、このようにHTMLとCSSを検証できます。

  1. Chromeで検証したいWebページを開く
  2. 右クリックメニューから「検証」を選択(またはCommand+Option+I)
  3. デベロッパーツールが開き、HTMLとCSSが表示される
  4. 要素をホバーすると、該当部分がハイライト表示される
  5. 要素をクリックすると、適用されているCSSが表示される
  6. CSSを編集すると、リアルタイムで表示が更新される

このように、デベロッパーツールを使えば、HTMLとCSSの関係を視覚的に把握できます。

レイアウト崩れが発生している要素を特定し、適用されているCSSを確認することで、問題の原因を突き止められるわけです。

さらに、デベロッパーツールではCSSを編集してリアルタイムで表示を更新できるので、試行錯誤しながら最適なスタイルを見つけることができます。

レイアウト調整の強力な味方になってくれますよ。

○クロスブラウザテスト

Webサイトは、様々なブラウザで閲覧されるため、クロスブラウザテストは欠かせません。

特に、Internet ExplorerやMicrosoft Edgeの古いバージョンでは、CSSの一部がサポートされていなかったり、独自の挙動をしたりするので、注意が必要です。

クロスブラウザテストの基本は、実際にそのブラウザで表示を確認すること。

できるだけ多くのブラウザとバージョンでチェックするのが理想ですが、現実的には難しいですよね。

そんな時は、BrowserStackやLambdaTestのようなクロスブラウザテストツールを活用するのがおすすめです。

これらのツールでは、クラウド上の様々なブラウザ環境でWebサイトをテストできます。

実機を用意する必要がないので、手軽にクロスブラウザテストが行えるんです。

レイアウト崩れが疑われる場合は、積極的にこうしたツールを活用していきたいですね。

ただし、クロスブラウザテストは、あくまでも最終的な確認手段。

基本的には、CSSのベストプラクティスに沿ってコーディングし、デベロッパーツールでしっかりとテストすることが大切です。

その上で、主要なブラウザでの表示チェックを行えば、より堅牢なWebサイトを制作できるはずです。

テストとデバッグは、Webサイト制作に欠かせないプロセスです。

CSSの構文チェックを習慣づけ、デベロッパーツールを活用した検証を行うことで、コードの品質を高めていきましょう。

さらに、クロスブラウザテストで様々な環境での表示を確認することで、より多くのユーザーに最適なWebサイトを提供できるはずです。

まとめ

HTML/CSSでのズレや崩れは、Webデザイナーやフロントエンドエンジニアにとって、日々の悩みの種ですよね。

でも、本記事で紹介したテクニックを身につければ、そうした問題にも臆することなく立ち向かえるはずです。

CSSリセットやvertical-align、line-heightなどの基本的なプロパティを理解し、適切に使いこなすことが大切。

レスポンシブデザインやFlexboxなど、モダンなレイアウト手法にも精通しておきたいですね。

tableのレイアウト崩れや余白の調整など、細かな部分までしっかりと対応できるようになりましょう。

そして、コーディングの過程では、CSSの構文チェックやデベロッパーツールを活用したテストとデバッグを習慣づけること。

ブラウザ間の差異にも目を配り、クロスブラウザテストを行うことで、より堅牢なWebサイトを制作できるはず。

HTML/CSSは奥が深く、一朝一夕にマスターできるものではありません。

でも、基礎をしっかりと身につけ、日々の業務の中で実践と学習を重ねていけば、きっとズレや崩れに悩まされることも少なくなるでしょう。

本記事が、あなたのWebサイト制作の一助となれば幸いです。

ズレや崩れに負けず、より美しく、より使いやすいWebサイト制作を目指して、これからも頑張っていきましょう!