HTML Articleを活用!初心者も簡単にマスターする9つのステップ

HTML Articleタグの使い方を学ぶ初心者HTML
この記事は約6分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めばHTML Articleを活用できるようになります。

HTML Articleタグを使ってWebページを効果的に構造化し、初心者でも簡単にマスターできる方法を徹底解説します。

●HTML Articleタグとは

HTML Articleタグは、Webページ上の独立したコンテンツを表現するためのタグです。

ブログ記事やニュース記事など、他のページから参照される可能性がある独立したコンテンツを表現するのに適しています。

○HTML Articleタグの基本構造

HTML Articleタグは、下記のように記述します。

<article>
  <!-- 独立したコンテンツ -->
</article>

○HTML Articleタグの使い方

例えば、ブログ記事のような独立したコンテンツを表現する場合、下記のように記述します。

<article>
  <h1>記事タイトル</h1>
  <p>記事の本文…</p>
</article>

●注意点

  1. Articleタグは独立したコンテンツを表現するために使用されるべきであり、サイドバーやフッターなどの繰り返し使われる部分には使用しないでください。
  2. 複数のArticleタグを使用する場合は、それぞれのコンテンツが独立していることを確認してください。

●対処法

問題が発生した場合、下記の対処法を試してください。

問題が発生した場合、下記の対処法を試してください。

  1. 閉じタグが正しく記述されているか確認してください。
  2. 入れ子構造が正しいかどうかを確認してください。
  3. コンテンツが独立しているかどうかを再確認してください。

●カスタマイズ

HTML Articleタグは、CSSを使用して独自のデザインを適用することができます。

例えば、下記のようにCSSを記述してArticleタグ内の見出しや段落にスタイルを適用できます。

article h1 {
  font-size: 24px;
  font-weight: bold;
}

article p {
  font-size: 16px;
  line-height: 1.5;
}

●サンプルコード

下記は、HTML Articleタグを使用したサンプルコードです。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <title>HTML Articleタグのサンプルコード</title>
  <style>
    article {
      background-color: #f0f0f0;
      padding: 16px;
      margin-bottom: 16px;
    }
    article h1 {
      font-size: 24px;
      font-weight: bold;
      margin-bottom: 8px;
    }
    article p {
      font-size: 16px;
      line-height: 1.5;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <article>
    <h1>記事タイトル1</h1>
    <p>記事の本文1…</p>
  </article>
  <article>
    <h1>記事タイトル2</h1>
    <p>記事の本文2…</p>
  </article>
</body>
</html>

●応用例とサンプルコード

HTML Articleタグは、記事一覧ページなどで複数の独立したコンテンツを表示する際に便利です。

下記のサンプルコードでは、Articleタグを使用して記事一覧ページを作成しています。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <title>HTML Articleタグの応用例</title>
  <style>
    article {
      background-color: #f0f0f0;
      padding: 16px;
      margin-bottom: 16px;
    }
    article h1 {
      font-size: 24px;
      font-weight: bold;
      margin-bottom: 8px;
    }
    article p {
      font-size: 16px;
      line-height: 1.5;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <h1>記事一覧</h1>
  <article>
    <h1>記事タイトル1</h1>
    <p>記事の本文1…</p>
  </article>
  <article>
    <h1>記事タイトル2</h1>
    <p>記事の本文2…</p>
  </article>
  <article>
    <h1>記事タイトル3</h1>
    <p>記事の本文3…</p>
  </article>
</body>
</html>

このサンプルコードでは、3つのArticleタグを使用して記事一覧を表現しています。

それぞれの記事は独立したコンテンツであるため、Articleタグを使用することが適切です。

まとめ

この記事では、HTML Articleタグの使い方、対処法、注意点、カスタマイズ方法を初心者目線で徹底解説しました。

さらに、サンプルコードと応用例を交えて具体的な使い方を紹介しました。

これで、あなたもHTML Articleタグを活用して効果的なWebページを作成できるようになります。