CSSナビゲーションの作り方と問題点、対処法と応用例【最新版】 | 初心者向けCSSナビゲーション入門 – JPSM

CSSナビゲーションの作り方と問題点、対処法と応用例 | 初心者向けCSSナビゲーション入門

CSSナビゲーションの作り方や問題点、対処法、応用例について初心者向けに徹底解説します。CSS

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Webページを作成する上で、ナビゲーションバーは非常に重要な要素の一つです。

ユーザーがサイト内を簡単に移動できるようにするために、ナビゲーションバーは設置する必要があります。

CSSを使ってナビゲーションバーを作成する方法を、初心者向けに解説します。

●CSSナビゲーションの作り方

まずは、基本的なCSSナビゲーションの作り方を解説します。

次のサンプルコードを参考にしてください。

<nav>
  <ul>
    <li><a href="#">Home</a></li>
    <li><a href="#">About Us</a></li>
    <li><a href="#">Services</a></li>
    <li><a href="#">Contact</a></li>
  </ul>
</nav>

/* CSS */
nav {
  background-color: #333;
  display: flex;
  justify-content: space-between;
  align-items: center;
}

nav ul {
  list-style: none;
  display: flex;
}

nav li {
  margin-right: 1rem;
}

nav a {
  color: white;
  text-decoration: none;
}

上記のサンプルコードでは、nav要素には背景色、flexboxを使用したレイアウト、ul要素にはリストを非表示に、li要素には余白を追加し、a要素にはテキストカラーと下線を非表示に設定しました。

これにより、シンプルなナビゲーションバーを作成することができます。

●CSSナビゲーションの応用例

次に、CSSナビゲーションの応用例を紹介します。

次のサンプルコードを参考にしてください。

<nav>
  <div class="logo">Logo</div>
  <ul>
    <li><a href="#">Home</a></li>
    <li><a href="#">Products</a>
      <ul>
        <li><a href="#">Product 1</a></li>
        <li><a href="#">Product 2</a></li>
        <li><a href="#">Product 3</a></li>
      </ul>
    </li>
    <li><a href="#">About Us</a></li>
    <li><a href="#">Contact</a></li>
  </ul>
</nav>

/* CSS */
nav {
  background-color: #333;
  display: flex;
  justify-content: space-between;
  align-items: center;
  padding: 1rem;
}

.logo {
  color: white;
  font-size: 2rem;
  font-weight: bold;
}

nav ul {
  list-style: none;
  display: flex;
}

nav li {
  margin-right: 1rem;
  position: relative;
}

nav a {
  color: white;
  text-decoration: none;
  padding: 0.5rem;
  display: block;
}

nav ul ul {
  position: absolute;
  top: 100%;
  left: 0;
  background-color: #333;
  min-width: 200px;
  display: none;
}

nav ul li:hover > ul {
  display: block;
}

上記のサンプルコードでは、ナビゲーションバーの左側にロゴを表示し、リストの階層を追加して、ドロップダウンメニューを作成しています。

リストの階層を追加することで、ナビゲーションバーのメニューをより複雑なものにすることができます。

ドロップダウンメニューの表示は、親要素に:hoverを設定し、子要素にdisplay: blockを設定することで実現しています。

また、子要素の位置はposition: absoluteを設定することで、親要素からの位置を指定しています。

●CSSナビゲーションの問題点と対処法

CSSナビゲーションには、いくつかの問題点があります。

ここでは、代表的な問題点とその対処法について解説します。

○レスポンシブデザインに対応しない

CSSナビゲーションは、デスクトップ向けに作られており、モバイル端末などの小さい画面には対応していません。

解決策としては、メニューボタンをクリックするとドロップダウンメニューが表示されるようにすることが挙げられます。

<nav>
  <div class="logo">Logo</div>
  <input type="checkbox" id="menu">
  <label for="menu">&#9776;</label>
  <ul>
    <li><a href="#">Home</a></li>
    <li><a href="#">Products</a>
      <ul>
        <li><a href="#">Product 1</a></li>
        <li><a href="#">Product 2</a></li>
        <li><a href="#">Product 3</a></li>
      </ul>
    </li>
    <li><a href="#">About Us</a></li>
    <li><a href="#">Contact</a></li>
  </ul>
</nav>

/* CSS */
nav {
  background-color: #333;
  display: flex;
  justify-content: space-between;
  align-items: center;
  padding: 1rem;
}

.logo {
  color: white;
  font-size: 2rem;
  font-weight: bold;
}

nav ul {
  list-style: none;
  display: none;
}

nav li {
  margin-right: 1rem;
  position: relative;
}

nav a {
  color: white;
  text-decoration: none;
  padding: 0.5rem;
  display: block;
}

nav ul ul {
  position: absolute;
  top: 0;
  left: 100%;
  background-color: #333;
  min-width: 200px;
  display: none;
}

nav ul li:hover > ul {
  display: block;
}

input[type="checkbox"] {
  display: none;
}

label[for="menu"] {
  color: white;
  font-size: 2rem;
  cursor: pointer;
  display: block;
  position: relative;
  z-index: 1;
}

label[for="menu"]::before {
  content: "";
  position: absolute;
  top: 0;
  left: 0;
  width: 100%;
  height: 100%;
  background-color: rgba(0, 0, 0, 0.5);
  z-index: -1;
  display: none;
}

input[type="checkbox"]:checked + label[for="menu"]::before {
  display: block;
}

input[type="checkbox"]:checked + label[for="menu"] + ul {
  display: flex;
  flex-direction: column;
  position: absolute;
  top: 100%;
  left: 0;
  width: 100%;
  background-color: #333;
}

上記のサンプルコードでは、メニューボタンをクリックするとドロップダウンメニューが表示されるようにしています。

メニューボタンは、input要素とlabel要素を使って実装しています。

また、ドロップダウンメニューの表示は、input要素の:checked状態に応じてCSSを適用することで実現しています。

○セキュリティの問題

CSSナビゲーションは、HTMLのリストを使って作られているため、ユーザーが不正な値を入力することにより、セキュリティの問題が発生する可能性があります。

解決策としては、サニタイズ処理を行うことが挙げられます。

次のサンプルコードを参考に、サニタイズ処理を実装します。

<nav>
  <ul>
    <li><a href="#">Home</a></li>
    <li><a href="#">About Us</a></li>
    <li><a href="#">Services</a></li>
    <li><a href="#">Contact</a></li>
  </ul>
</nav>

/* JavaScript */
const links = document.querySelectorAll("nav a");
links.forEach((link) => {
  link.addEventListener("click", (event) => {
    event.preventDefault();
    const url = link.getAttribute("href");
    const sanitizedUrl = sanitizeUrl(url);
    window.location.href = sanitizedUrl;
  });
});

function sanitizeUrl(url) {
  return url.replace(/[^a-zA-Z0-9]/g, "");
}

上記のサンプルコードでは、JavaScriptを使ってサニタイズ処理を実装しています。

a要素のクリックイベントをキャッチして、URLを取得してサニタイズ処理を行った後、window.location.hrefに設定することで、安全なURLにリダイレクトします。

まとめ

本記事では、CSSを使ったナビゲーションバーの作り方や応用例、問題点と対処法について解説しました。

初心者でもわかりやすいように、サンプルコードを用いて具体的な方法を紹介しました。

ナビゲーションバーは、Webページを作成する上で非常に重要な要素の一つです。

CSSを使ってナビゲーションバーを作成することで、サイトの利便性を高めることができます。

また、問題点に対しては、適切な対処法を用いることでセキュリティやレスポンシブデザインの問題を解決することができます。

初心者でもわかりやすいように、詳細に解説しました。

ぜひ、実際に手を動かして、CSSナビゲーションバーを作成してみてください。