初心者必見!JavaScript圧縮の完全ガイド10選

JavaScript圧縮の初心者向け解説 JS
この記事は約5分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptの圧縮方法がすぐに理解できるようになります。

JavaScript圧縮の作り方、使い方、対処法、注意点、カスタマイズ方法を初心者向けに詳しく解説していきます。

また、応用例とサンプルコードもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

●JavaScript圧縮とは

○圧縮の目的

JavaScript圧縮とは、JavaScriptファイルのサイズを小さくすることで、ウェブページの読み込み速度を向上させる目的で行われます。

特に大規模なウェブサイトやアプリケーションでよく使用されます。

圧縮されたJavaScriptファイルは、通常のJavaScriptファイルに比べて容量が小さくなり、転送時間が短縮されるため、パフォーマンスが向上します。

●JavaScript圧縮の作り方

○オンラインツールを使った方法

JavaScript圧縮には、オンラインツールを使う方法があります。

下記のオンラインツールが便利です。

JSCompress(https://jscompress.com/

これらのツールは、簡単に使えるため、初心者におすすめです。

使い方は、JavaScriptファイルをアップロードまたはコードをペーストして、圧縮ボタンを押すだけです。

○npmを使った方法

npmを使ってJavaScriptを圧縮する方法もあります。

まず、npmがインストールされていることを確認し、下記のコマンドを実行してuglify-jsパッケージをインストールします。

npm install -g uglify-js

その後、下記のコマンドを実行してJavaScriptファイルを圧縮できます。

uglifyjs input.js -o output.min.js -c -m

ここで、input.jsは圧縮したいJavaScriptファイル名、output.min.jsは圧縮後のファイル名です。

●JavaScript圧縮の使い方

○サンプルコード1:オンラインツールを使う

オンラインツールUglifyJSを使って、下記のようなサンプルコードを圧縮してみましょう。

function hello(name) {
  console.log("Hello, " + name + "!");
}

hello("John Doe");

UglifyJSを使って圧縮すると、下記のようになります。

function hello(n){console.log("Hello, "+n+"!")}hello("John Doe");

○サンプルコード2:npmを使う

npmとuglify-jsを使って、同じサンプルコードを圧縮してみましょう。

コマンドラインで下記のコマンドを実行します。

uglifyjs input.js -o output.min.js -c -m

圧縮後のoutput.min.jsファイルは、オンラインツールで圧縮した結果と同様になります。

●JavaScript圧縮の対処法

○エラーが発生した場合

JavaScript圧縮中にエラーが発生した場合、まずはエラーメッセージを確認しましょう。

エラーメッセージには、問題の原因や解決方法が示されていることが多いです。

また、フォーラムやQAサイトで同様のエラーに遭遇した人の解決策を探すこともおすすめです。

●JavaScript圧縮の注意点

○可読性の低下

JavaScriptを圧縮すると、コードの可読性が低下します。

そのため、開発中やデバッグ時には圧縮されていないコードを使い、リリース時に圧縮したコードを使用することが一般的です。

○デバッグの困難さ

圧縮されたJavaScriptファイルは、デバッグが困難になります。

そのため、デバッグが必要な場合は、圧縮前のコードを使用しましょう。

●JavaScript圧縮のカスタマイズ

○サンプルコード3:カスタム圧縮設定

uglify-jsでは、圧縮設定をカスタマイズできます。

例えば、下記のコマンドは、console.logを削除した状態で圧縮を行います。

uglifyjs input.js -o output.min.js -c 'drop_console=true' -m

●応用例とサンプルコード

○サンプルコード4:複数のJavaScriptファイルを圧縮

uglify-jsを使って、複数のJavaScriptファイルをまとめて圧縮することができます。

下記のコマンドを実行すると、file1.jsfile2.jsが圧縮され、output.min.jsに結果が出力されます。

uglifyjs file1.js file2.js -o output.min.js -c -m

○サンプルコード5:圧縮と同時にファイルの結合

uglify-jsを使って、複数のJavaScriptファイルを圧縮しながら同時に結合することもできます。

下記のコマンドを実行すると、file1.jsfile2.jsが圧縮され、結合された結果がoutput.min.jsに出力されます。

uglifyjs file1.js file2.js -o output.min.js -c -m

このように、uglify-jsを使ってJavaScriptファイルを圧縮する方法をマスターすれば、ウェブページのパフォーマンスを向上させることができます。

まとめ

この記事では、JavaScript圧縮の作り方、使い方、対処法、注意点、カスタマイズ方法について詳しく解説しました。

また、いくつかのサンプルコードを通じて、実際の圧縮方法を学びました。

これで、あなたもJavaScript圧縮のエキスパートになれるでしょう。

JavaScript圧縮をうまく活用すれば、ウェブページの読み込み速度を向上させることができ、ユーザーエクスペリエンスの向上につながります。

ぜひ、今回学んだ知識を活用して、高速なウェブサイトを作成してください。