動的変数名でJavaScriptがもっと便利!初心者でも分かる7つの方法

JavaScriptで動的変数名を使う方法を解説するイメージJS
この記事は約7分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptで動的変数名を使いこなす方法が分かるようになります。

初心者向けに分かりやすく説明し、実用的なサンプルコードも紹介しています。

これにより、コードの柔軟性が向上し、プログラミングがもっと便利になります。

●動的変数名とは

動的変数名とは、プログラム実行中に変数名が変わることが可能な変数のことです。

JavaScriptでは、オブジェクトのプロパティ名や関数名、イベントリスナーなどを動的に生成することができます。

これにより、コードの柔軟性が向上し、プログラミングがより便利になります。

●動的変数名の基本的な使い方

○サンプルコード1:オブジェクトのプロパティ名を動的に設定する

const obj = {};
const propName = "name";
obj[propName] = "John Doe";
console.log(obj); // { name: 'John Doe' }

このサンプルコードでは、オブジェクトobjのプロパティ名nameを動的に設定しています。

まず、空のオブジェクトobjを定義し、次にプロパティ名を表す変数propNameに文字列"name"を代入しています。

その後、obj[propName]を使って、オブジェクトのプロパティ名を動的に設定し、値に"John Doe"を代入しています。

最後にconsole.log(obj)でオブジェクトを表示すると、{ name: 'John Doe' }のようにプロパティ名が動的に設定されていることがわかります。

○サンプルコード2:変数名を動的に生成する

for (let i = 1; i <= 3; i++) {
  window["variable" + i] = i * 10;
}

console.log(variable1); // 10
console.log(variable2); // 20
console.log(variable3); // 30

このサンプルコードでは、forループを使って変数名を動的に生成しています。

ループ内でwindow["variable" + i]を使い、variable1variable2variable3といった変数名を動的に生成し、それぞれにi * 10の値を代入しています。

ループが終了した後、console.log(variable1)などで動的に生成された変数の値を表示しています。

●動的変数名の応用例

○サンプルコード3:関数名を動的に生成する

function createFunction(name, func) {
  window[name] = func;
}

createFunction("hello", function () {
  console.log("こんにちは");
});

hello(); // こんにちは

このサンプルコードでは、createFunction関数を使って関数名を動的に生成しています。

createFunction関数は、引数nameで指定された関数名をwindowオブジェクトに登録し、引数funcで指定された関数を関数本体として定義します。

この例では、createFunction関数を使ってhello関数を定義し、その後hello()で関数を呼び出しています。

○サンプルコード4:イベントリスナーを動的に生成する

const button = document.createElement("button");
button.innerText = "クリックしてください";
document.body.appendChild(button);

const events = ["click", "mouseover", "mouseout"];

for (const event of events) {
  button.addEventListener(event, function () {
    console.log(`${event} イベントが発生しました`);
  });
}

このサンプルコードでは、button要素に対して複数のイベントリスナーを動的に生成しています。

まず、button要素を作成し、テキストを設定して画面に表示します。

次に、events配列にイベント名を格納し、forループを使ってイベントリスナーを動的に生成しています。

イベントリスナーは、イベント名とともにコンソールにログを出力する機能を持ちます。

○サンプルコード5:オブジェクトのメソッド名を動的に生成する

const obj = {
  createMethod(name, func) {
    this[name] = func;
  },
};

obj.createMethod("sayHello", function () {
  console.log("こんにちは");
});

obj.sayHello(); // こんにちは

このサンプルコードでは、オブジェクトのメソッド名を動的に生成しています。

createMethod関数を使って、引数nameで指定されたメソッド名をオブジェクトに登録し、引数funcで指定された関数をメソッド本体として定義しています。

この例では、obj.createMethod関数を使ってsayHelloメソッドを定義し、その後obj.sayHello()でメソッドを呼び出しています。

○サンプルコード6:データ構造の管理を簡単にする

const data = {
  users: {},
  addUser(id, name) {
    this.users[id] = { name };
  },
  getUser(id) {
    return this.users[id];
  },
};

data.addUser(1, "Alice");
data.addUser(2, "Bob");

console.log(data.getUser(1)); // { name: 'Alice' }
console.log(data.getUser(2)); // { name: 'Bob' }

このサンプルコードでは、オブジェクトを使ってデータ構造を管理し、データの追加や取得を簡単に行えるようにしています。

addUserメソッドを使ってユーザーを追加し、getUserメソッドを使ってユーザー情報を取得できます。

○サンプルコード7:クラス名やID名を動的に設定する

const div = document.createElement("div");
const className = "container";
const idName = "main";

div.className = className;
div.id = idName;

document.body.appendChild(div);

このサンプルコードでは、div要素のクラス名とID名を動的に設定しています。

まず、div要素を作成し、変数classNameidNameにそれぞれクラス名とID名を格納しています。

次に、div要素にクラス名とID名を設定し、最後にdiv要素を画面に表示します。

●注意点と対処法

動的にプロパティやメソッド名を設定する際には、予期せぬ名前の衝突や書き換えが発生しないように注意が必要です。

そのため、次の対策を行うことが望ましいです。

  1. 名前空間を使用する

    オブジェクトやモジュールを使用して、名前空間を分けることで名前の衝突を防ぐことができます。

  2. プライベートプロパティを使用する

    クロージャやシンボル、WeakMapなどを用いて、プライベートプロパティを実現し、外部からのアクセスを制限することができます。

まとめ

JavaScriptでは、プロパティ名やメソッド名、イベントリスナー、クラス名やID名などを動的に設定することができます。

これにより、柔軟なプログラムの実装が可能となります。

ただし、名前の衝突や書き換えを防ぐために、名前空間の使用やプライベートプロパティの活用などの対策が必要です。