JavaScriptソースを隠す!驚くべき5つの方法と実践サンプルコード

JavaScriptソースを隠す方法を実践的なサンプルコード付きで解説 JS
この記事は約5分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptソースコードを隠すことができるようになります。

JavaScriptソースコードを隠すことで、セキュリティを向上させることができます。

また、盗用や不正アクセスのリスクを軽減することが可能です。

●JavaScriptソースコードを隠す理由

JavaScriptソースコードを隠す理由は主に次の通りです。

  1. セキュリティの向上
  2. コードの盗用防止
  3. 不正アクセスの防止

これらの理由から、JavaScriptソースコードを隠す方法が求められています。

●JavaScriptソースコードを隠す方法

下記に5つのJavaScriptソースコードを隠す方法を解説します。

○方法1:外部ファイル化

JavaScriptコードをHTMLファイルから分離し、外部ファイルとして読み込むことで、直接コードが見えなくなります。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>外部ファイル化サンプル</title>
  <script src="external.js"></script>
</head>
<body>
</body>
</html>

○方法2:難読化

JavaScriptコードを難読化(オブファスケーション)することで、第三者による解析を困難にします。

// 通常のコード
function helloWorld() {
  console.log("Hello, World!");
}

// 難読化されたコード
var _0x4b5c=["\x48\x65\x6C\x6C\x6F\x2C\x20\x57\x6F\x72\x6C\x64\x21"];function helloWorld(){console[_0x4b5c[0]]();}

このように難読化されたコードは、人間が理解するのが困難であり、盗用や不正アクセスのリスクを軽減できます。

○方法3:リンク先の変更

JavaScriptファイルへの直接リンクを変更し、アクセスを困難にします。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>リンク先変更サンプル</title>
  <script src="scripts/hidden/external.js"></script>
</head>
<body>
</body>
</html>

○方法4:iframe利用

iframeを利用して、JavaScriptコードを別ページに分離し、ソースを見ることが困難になります。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>iframe利用サンプル</title>
</head>
<body>
  <iframe src="hidden_javascript.html" style="display:none;"></iframe>
</body>
</html>

○方法5:WebWorker利用

WebWorkerを利用して、JavaScriptコードをバックグラウンドで実行し、ソースコードの表示を避けます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>WebWorker利用サンプル</title>
  <script>
    if (typeof(Worker) !== "undefined") {
      var worker = new Worker("hidden_worker.js");
    } else {
      console.log("WebWorkerがサポートされていません。");
    }
  </script>
</head>
<body>
</body>
</html>

●JavaScriptソースコードを隠す注意点

JavaScriptソースコードを隠す際の注意点は下記の通りです。

  1. 完全に隠すことはできない

    どの方法を用いても、経験豊富な開発者が解析できる可能性があります。

  2. パフォーマンスへの影響

    難読化やWebWorkerの利用は、パフォーマンスに影響を与えることがあります。

まとめ

この記事では、JavaScriptソースコードを隠すための5つの方法を解説しました。

これらの方法を利用することで、セキュリティを向上させることができ、盗用や不正アクセスのリスクを軽減することができます。

ただし、どの方法も完全にソースコードを隠すことはできませんし、パフォーマンスへの影響も考慮する必要があります。

それでも、適切な方法を選ぶことで、ある程度のセキュリティ対策が可能です。

JavaScriptソースコードを隠す方法として、下記の5つを紹介しました。

  1. 外部ファイル化
  2. 難読化
  3. リンク先の変更
  4. iframe利用
  5. WebWorker利用

これらの方法を実践し、JavaScriptソースコードを隠すことにより、あなたのウェブサイトのセキュリティを向上させましょう。