JavaScriptメモリ解放完全ガイド!わかりやすい説明&10のサンプルコード

JavaScriptメモリ解放の仕組みJS
この記事は約12分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptでのメモリ解放ができるようになります。

メモリ解放の基本から応用まで、初心者にもわかりやすく解説しています。

10個のサンプルコードを通じて、実践的な知識を身につけましょう。

●JavaScriptのメモリ管理とは

JavaScriptでは、オブジェクトや変数が使用されなくなった場合、自動的にメモリが解放される仕組みがあります。

これにより、プログラムの実行中にメモリが無駄になることを防いでいます。

しかし、この自動的なメモリ解放がうまく機能しない場合、メモリリークという問題が発生することがあります。

●ガベージコレクションとは

ガベージコレクション(GC)は、JavaScriptのメモリ管理の一部であり、プログラムが不要になったメモリを自動的に解放する仕組みです。

GCは、オブジェクトが他のオブジェクトから参照されなくなったときに、メモリ解放の対象とします。

○ガベージコレクションの仕組み

JavaScriptエンジンは、定期的にガベージコレクションを実行します。

この際、参照されていないオブジェクトを検出し、それらのメモリを解放します。

ただし、ガベージコレクションは一定の間隔で実行されるため、解放が遅れる場合があります。

●メモリリークとは

メモリリークは、プログラムが不要になったメモリを解放しない状態を指します。

これにより、メモリ使用量が増え続け、パフォーマンスが低下することがあります。

○メモリリークの原因

メモリリークの原因には、次のようなものがあります。

  1. グローバル変数への参照が残っている
  2. イベントリスナーが解除されていない
  3. クロージャが不要な参照を保持している

○メモリリークの対処法

メモリリークを防ぐためには、次のような対処法があります。

  1. 不要になった参照をnullに設定する
  2. イベントリスナーを解除する
  3. クロージャを適切に使用する

●メモリ解放の基本的な使い方

JavaScriptでメモリ解放を行う基本的な方法は、オブジェクトの参照をnullに設定することです。

これにより、ガベージコレクションの対象となり、メモリが解放されます。

○サンプルコード1:メモリ解放の基本

JavaScriptでメモリ解放を行う基本的な方法は、オブジェクトの参照をnullに設定することです。

これにより、ガベージコレクションの対象となり、メモリが解放されます。

// オブジェクトを作成
const obj = {
  key: 'value'
};

// オブジェクトを使用
console.log(obj.key);

// オブジェクトの参照を解除し、メモリ解放を促す
obj = null;

このサンプルコードでは、オブジェクトobjを作成し、使用した後、objの参照をnullに設定しています。

これにより、オブジェクトがガベージコレクションの対象となり、メモリが解放されます。

○サンプルコード2:オブジェクトの解放

オブジェクト内のプロパティも参照を解除することで、メモリ解放を行います。

// オブジェクトを作成
const person = {
  name: '山田太郎',
  age: 30
};

// オブジェクトのプロパティを使用
console.log(person.name);

// オブジェクトのプロパティの参照を解除し、メモリ解放を促す
person.name = null;
person.age = null;

// オブジェクト自体の参照を解除
person = null;

このサンプルコードでは、オブジェクトpersonのプロパティnameageの参照をnullに設定し、メモリ解放を促しています。

その後、person自体の参照も解除しています。

●応用例とサンプルコード

以降のサンプルコードでは、様々な状況でのメモリ解放方法を表しています。

○サンプルコード3:イベントリスナーの解放

イベントリスナーを適切に解放しないと、メモリリークが発生する可能性があります。

removeEventListenerを使用してイベントリスナーを解放する方法を示します。

// HTML要素を取得
const button = document.getElementById('button');

// クリックイベントのハンドラ
function handleClick() {
  console.log('ボタンがクリックされました');
}

// クリックイベントリスナーを追加
button.addEventListener('click', handleClick);

// 必要がなくなったらイベントリスナーを解放
button.removeEventListener('click', handleClick);

このサンプルコードでは、button要素にクリックイベントリスナーを追加し、必要がなくなったらイベントリスナーを解放しています。

removeEventListenerを使用する際は、同じ関数オブジェクトを渡すことが重要です。

○サンプルコード4:タイマーの解放

setTimeoutsetIntervalを使用したタイマーも適切に解放しなければメモリリークが発生することがあります。

clearTimeoutclearIntervalを使って解放する方法を示します。

// setTimeoutの例
const timeoutId = setTimeout(() => {
  console.log('タイムアウトが発生しました');
}, 1000);

// タイマーを解放
clearTimeout(timeoutId);

// setIntervalの例
const intervalId = setInterval(() => {
  console.log('インターバルが発生しました');
}, 1000);

// タイマーを解放
clearInterval(intervalId);

このサンプルコードでは、setTimeoutsetIntervalで作成されたタイマーをそれぞれclearTimeoutclearIntervalを使用して解放しています。

○サンプルコード5:大量のデータ処理時のメモリ解放

大量のデータを扱う際に、適切にメモリを解放しないとメモリリークが発生することがあります。

処理が完了したデータや不要になったデータを適切に解放する方法を示します。

function processData(data) {
  // データを処理
  console.log('データが処理されました:', data);
}

function handleLargeData(largeData) {
  for (let i = 0; i < largeData.length; i++) {
    processData(largeData[i]);

    // 不要になったデータを解放
    largeData[i] = null;
  }
}

// 大量のデータを生成(例として、10000の要素を持つ配列)
const largeData = new Array(10000).fill('大量のデータ');

// データ処理
handleLargeData(largeData);

このサンプルコードでは、handleLargeData関数内で、largeDataの要素を一つずつ処理し、その後nullを代入することでメモリを解放しています。

○サンプルコード6:Web Workerでのメモリ解放

Web Workerを使用して非同期処理を行う際にも、メモリ解放が重要です。

次のコードでは、Web Workerを適切に終了させることでメモリを解放しています。

// main.js
const worker = new Worker('worker.js');

worker.onmessage = function (event) {
  console.log('メインスレッドが受信:', event.data);
  
  // メモリ解放のためにWeb Workerを終了させる
  worker.terminate();
};

worker.postMessage('メインスレッドから送信');

// worker.js
self.onmessage = function (event) {
  console.log('ワーカースレッドが受信:', event.data);
  self.postMessage('ワーカースレッドから送信');
};

このサンプルコードでは、メインスレッドとWeb Workerがメッセージをやり取りした後、worker.terminate()を呼び出すことでWeb Workerを終了させてメモリを解放しています。

○サンプルコード7:プロトタイプチェーンの解放

プロトタイプチェーンは、オブジェクト指向プログラミングにおける継承の仕組みです。

しかし、不要になったプロトタイプチェーンを適切に解放しないと、メモリリークが発生することがあります。

次のコードでは、プロトタイプチェーンを適切に解放する方法を示しています。

function Parent() {
  this.parentProperty = '親クラスのプロパティ';
}

function Child() {
  this.childProperty = '子クラスのプロパティ';
}

// プロトタイプチェーンを作成
Child.prototype = new Parent();

const child = new Child();
console.log(child.parentProperty); // '親クラスのプロパティ'

// プロトタイプチェーンの解放
Child.prototype = null;

このサンプルコードでは、ChildクラスがParentクラスを継承するために、Child.prototypeParentのインスタンスを代入しています。

その後、不要になったプロトタイプチェーンを解放するために、Child.prototypenullを代入しています。

○サンプルコード8:クロージャの解放

クロージャは、関数が自身の外部スコープの変数を参照することができる機能ですが、適切に解放しないとメモリリークが発生することがあります。

次のコードでは、クロージャを適切に解放する方法を示しています。

function createClosure() {
  const largeArray = new Array(10000).fill('大量のデータ');
  return function () {
    console.log(largeArray.length);
  };
}

const closure = createClosure();
closure(); // 10000

// クロージャの解放
closure = null;

このサンプルコードでは、createClosure関数内で定義されたlargeArrayを参照するクロージャが作成されています。

その後、不要になったクロージャを解放するために、closure変数にnullを代入しています。

○サンプルコード9:キャッシュの解放

キャッシュは、計算結果やデータを一時的に保持するために使用される技術ですが、適切に解放しないとメモリリークが発生することがあります。

次のコードでは、キャッシュを適切に解放する方法を示しています。

const cache = {};

function getDataFromCache(key) {
  if (cache[key]) {
    console.log('キャッシュからデータを取得');
    return cache[key];
  }
  // キャッシュにない場合、データを取得してキャッシュに保存
  const data = fetchData(key);
  cache[key] = data;
  console.log('新しいデータをキャッシュに保存');
  return data;
}

function fetchData(key) {
  // データ取得の処理(例:API呼び出しやDBアクセス)
  return '取得したデータ';
}

// キャッシュの使用例
const data1 = getDataFromCache('key1');
const data2 = getDataFromCache('key1'); // キャッシュからデータ取得

// キャッシュの解放
delete cache['key1'];

このサンプルコードでは、cacheオブジェクトをキャッシュとして使用しています。

getDataFromCache関数では、キャッシュにデータが存在すればそれを返し、存在しなければ新しいデータを取得してキャッシュに保存します。

その後、不要になったキャッシュを解放するために、delete演算子を使用しています。

○サンプルコード10:カスタムメモリ解放関数

JavaScriptでは、メモリ解放のためのカスタム関数を作成することもできます。

次のコードでは、オブジェクトのプロパティを解放するカスタム関数を示しています。

function CustomObject() {
  this.largeArray = new Array(10000).fill('大量のデータ');
}

CustomObject.prototype.release = function () {
  this.largeArray = null;
};

const customObject = new CustomObject();

// カスタムメモリ解放関数を使用してメモリ解放
customObject.release();

このサンプルコードでは、CustomObjectクラスのインスタンスがlargeArrayプロパティを持っています。

releaseメソッドは、カスタムメモリ解放関数として定義され、largeArrayプロパティを解放しています。

●注意点と対処法

JavaScriptのメモリ管理では、次の注意点と対処法を理解しておくことが重要です。

適切なタイミングで解放処理を行う

メモリリークを防ぐためには、不要になったオブジェクトやデータを適切なタイミングで解放することが重要です。

例えば、イベントリスナーやタイマーを解放したり、キャッシュを適切に管理したりすることが効果的です。

グローバル変数の使用を避ける

グローバル変数は、アプリケーション全体で参照されるため、メモリリークの原因になりやすいです。

必要な場合を除いて、グローバル変数の使用を避けるようにしましょう。

クロージャの使い方に注意する

クロージャは、関数内で定義された変数を関数外で参照できるようにする機能ですが、適切に解放しないとメモリリークを引き起こす可能性があります。

クロージャを使用する際は、解放処理を適切に行うように注意しましょう。

適切なデータ構造を選択する

メモリ効率を向上させるために、データ構造の選択が重要です。

例えば、大量のデータを扱う際は、効率的なデータ構造を選択することで、メモリ使用量を削減できます。

プロファイリングツールを活用する

ブラウザの開発者ツールには、メモリ使用状況を確認できるプロファイリングツールがあります。

これらのツールを活用して、アプリケーションのメモリリークを発見し、対処法を適用することが効果的です。

まとめ

JavaScriptのメモリ管理は、アプリケーションのパフォーマンスや安定性に大きく影響します。

本記事で紹介したメモリ解放の方法や注意点を理解し、実践することで、メモリリークを防ぎ、効率的なアプリケーションを開発できるようになります。