JavaScript辞書をマスターする7つの方法

JavaScript辞書のサンプルコードと説明JS
この記事は約7分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScript辞書を使いこなす方法が身につくでしょう。

JavaScriptを学んでいる初心者の方にも分かりやすく、実用的なサンプルコードを用意しています。

7つの方法を順番に学んでいくことで、JavaScript辞書の基本から応用までを理解できるようになります。

●JavaScript辞書とは

JavaScript辞書は、キーと値がペアで格納されるデータ構造です。

JavaScriptでは、オブジェクトを辞書として使用できます。辞書はデータの管理や検索に役立ちます。

●JavaScript辞書の作成方法

○サンプルコード1:JavaScript辞書の基本

このコードでは、JavaScriptで辞書を作成する基本的な方法を紹介しています。

この例では、キーと値のペアを持つオブジェクトを作成し、辞書として使用しています。

const myDictionary = {
  'apple': 'りんご',
  'banana': 'バナナ',
  'grape': 'ぶどう'
};
console.log(myDictionary);

●JavaScript辞書の使い方

○サンプルコード2:キーと値の取得

このコードでは、辞書からキーと値を取得する方法を紹介しています。

この例では、キーを指定して値を取得し、また、for…inループを使用してすべてのキーと値を表示しています。

const myDictionary = {
  'apple': 'りんご',
  'banana': 'バナナ',
  'grape': 'ぶどう'
};

// キーから値を取得
console.log(myDictionary['apple']); // りんご

// すべてのキーと値を表示
for (let key in myDictionary) {
  console.log(`${key}: ${myDictionary[key]}`);
}

○サンプルコード3:キーと値の追加と削除

このコードでは、辞書にキーと値を追加し、また削除する方法を紹介しています。

この例では、新しいキーと値を追加し、指定したキーを持つ要素を削除しています。

const myDictionary = {
  'apple': 'りんご',
  'banana': 'バナナ',
  'grape': 'ぶどう'
};

// キーと値を追加
myDictionary['orange'] = 'オレンジ';
console.log(myDictionary);

// キーと値を削除
delete myDictionary['banana'];
console.log(myDictionary);

○サンプルコード4:辞書の結合

このコードでは、二つの辞書を結合する方法を紹介しています。

この例では、Object.assign()関数を使って二つの辞書を結合し、新しい辞書を作成しています。

const dictionary1 = {
  'apple': 'りんご',
  'banana': 'バナナ',
  'grape': 'ぶどう'
};

const dictionary2 = {
  'orange': 'オレンジ',
  'peach': 'もも',
  'strawberry': 'いちご'
};

// 辞書を結合
const combinedDictionary = Object.assign({}, dictionary1, dictionary2);
console.log(combinedDictionary);

●JavaScript辞書の応用例

○サンプルコード5:オブジェクトのプロパティとしての辞書

このコードでは、オブジェクトのプロパティとして辞書を使用する方法を紹介しています。

この例では、オブジェクトのプロパティに辞書を割り当て、プロパティを操作しています。

const person = {
  name: '山田太郎',
  age: 25,
  favoriteFruits: {
    'apple': 'りんご',
    'banana': 'バナナ',
    'grape': 'ぶどう'
  }
};

console.log(person.favoriteFruits['apple']); // りんご

○サンプルコード6:辞書を使ったデータ検索

このコードでは、辞書を使ってデータを検索する方法を紹介しています。

この例では、キーを元に辞書から値を検索し、結果を表示しています。

const myDictionary = {
  'apple': 'りんご',
  'banana': 'バナナ',
  'grape': 'ぶどう'
};

const searchKey = 'apple';

if (myDictionary.hasOwnProperty(searchKey)) {
  console.log(`${searchKey}: ${myDictionary[searchKey]}`);
} else {
  console.log(`${searchKey}は見つかりませんでした。`);
}

○サンプルコード7:辞書のソート

このコードでは、辞書をソートする方法を紹介しています。

この例では、キーと値のペアを配列に変換し、キーを基準にしてソートしています。

const myDictionary = {
  'apple': 'りんご',
  'banana': 'バナナ',
  'grape': 'ぶどう'
};

const sortedDictionary = Object.entries(myDictionary).sort((a, b) => a[0].localeCompare(b[0]));

console.log(sortedDictionary);

●注意点と対処法

JavaScriptの辞書では、いくつかの注意点があります。

キーが文字列でない場合、自動的に文字列に変換されるため、意図しない結果になることがあります。

また、辞書は参照型であるため、ディープコピーを行わないと、元の辞書に影響が出ることがあります。

これらの問題を回避する方法を紹介します。

キーが文字列でない場合の対処法

Mapオブジェクトを使用することで、文字列以外のキーを利用できます。

辞書のディープコピー

JSON.parse(JSON.stringify())lodashライブラリの_.cloneDeep()を使ってディープコピーを実行できます。

●カスタマイズ方法

JavaScriptの辞書をカスタマイズする方法はたくさんあります。

例えば、オブジェクトのメソッドを追加して、辞書の操作を簡単に行えるようにすることができます。

const myDictionary = {
  data: {
    'apple': 'りんご',
    'banana': 'バナナ',
    'grape': 'ぶどう'
  },
  add(key, value) {
    this.data[key] = value;
  },
  remove(key) {
    delete this.data[key];
  },
  find(key) {
    return this.data[key];
  }
};

myDictionary.add('orange', 'オレンジ');
myDictionary.remove('banana');
console.log(myDictionary.find('apple')); // りんご

まとめ

この記事では、JavaScriptの辞書の基本から応用までを学びました。

辞書の作成や操作、注意点、カスタマイズ方法など、さまざまな知識を身につけることができました。

これで、JavaScriptの辞書をうまく使いこなせるようになったことでしょう。

今後のプログラミングに活かしてください。