JavaScript replaceAllの方法10選!初心者でも簡単に使いこなせるようになる

初心者でもわかるJavaScript replaceAllの使い方JS
この記事は約8分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScript replaceAllの使い方を簡単に学べるようになります。

JavaScriptのreplaceAllは、文字列内のすべての特定の文字やパターンを別の文字やパターンに置換するための便利なメソッドです。

しかし、初心者には少し難しいかもしれません。

そこで、この記事では、JavaScriptのreplaceAllについて、初心者でもわかりやすい説明とサンプルコードを用意しています。

基本的な使い方から応用例まで、JavaScript replaceAllを簡単に学べる記事です。

使い方、対処法、注意点、カスタマイズなど、JavaScript replaceAllの魅力を詳しく解説していきます。

●JavaScript replaceAllとは

JavaScriptのreplaceAllメソッドは、文字列内のすべての特定の文字やパターンを別の文字やパターンに置換するためのメソッドです。

String.prototype.replaceAll()という形で呼び出され、次のような構文で使用します。

str.replaceAll(searchValue, replaceValue);

ここで、strは対象となる文字列、searchValueは置換される文字やパターン、replaceValueは置換する文字やパターンです。

○基本的な使い方

次に、JavaScript replaceAllの基本的な使い方を見ていきましょう。

const str = "JavaScriptは楽しいです。JavaScriptを学ぶのは楽しいです。";
const result = str.replaceAll("楽しい", "面白い");
console.log(result); // "JavaScriptは面白いです。JavaScriptを学ぶのは面白いです。"

この例では、”楽しい”という文字列を”面白い”に置換しています。

●JavaScript replaceAllの使い方10選

それでは、JavaScript replaceAllの使い方を10種類紹介していきます。

○サンプルコード1:すべての空白を削除する

このコードでは、すべての空白を削除するコードを紹介しています。

この例では、正規表現を使って空白を指定し、replaceAllで削除しています。

const str = "すべて の 空白 を 削除 し たい";
const result = str.replaceAll(/\s+/g, "");
console.log(result); // "すべての空白を削除したい"

○サンプルコード2:大文字を小文字に変換する

このコードでは、大文字を小文字に変換する処理を紹介しています。

この例では、正規表現で大文字を指定し、replaceAllの中で小文字に変換しています。

const str = "JavaScriptを学ぶのは楽しいです。";
const result = str.replaceAll(/[A-Z]/g, (match) => match.toLowerCase());
console.log(result); // "javascriptを学ぶのは楽しいです。"

○サンプルコード3:指定した文字を別の文字に置換する

このコードでは、指定した文字を別の文字に置換する処理を紹介しています。

この例では、”楽しい”という文字列を”面白い”に置換しています。

const str = "JavaScriptは楽しいです。JavaScriptを学ぶのは楽しいです。";
const result = str.replaceAll("楽しい", "面白い");
console.log(result); // "JavaScriptは面白いです。JavaScriptを学ぶのは面白いです。"

○サンプルコード4:複数の文字列をまとめて置換する

このコードでは、複数の文字列をまとめて置換する処理を紹介しています。

この例では、”楽しい”と”学ぶ”の2つの文字列をそれぞれ”面白い”と”習得する”に置換しています。

const str = "JavaScriptは楽しいです。JavaScriptを学ぶのは楽しいです。";
const replaceMap = { "楽しい": "面白い", "学ぶ": "習得する" };
const result = str.replaceAll(/楽しい|学ぶ/g, (match) => replaceMap[match]);
console.log(result); // "JavaScriptは面白いです。JavaScriptを習得するのは面白いです。"

○サンプルコード5:正規表現を使った高度な置換

このコードでは、正規表現を使って高度な置換を行う処理を紹介しています。

この例では、半角数字を全角数字に変換しています。

const str = "今日は2023年5月7日です。";
const result = str.replaceAll(/\d/g, (match) => String.fromCharCode(match.charCodeAt(0) + 0xFEE0));
console.log(result); // "今日は2023年5月7日です。"

○サンプルコード6:置換後の文字列を反転させる

このコードでは、置換後の文字列を反転させる処理を紹介しています。

この例では、”楽しい”という文字列を”面白い”に置換した後、文字列全体を反転させています。

const str = "JavaScriptは楽しいです。";
const replacedStr = str.replaceAll("楽しい", "面白い");
const result = replacedStr.split('').reverse().join('');
console.log(result); // "。いればんめはtpircSvaJ"

○サンプルコード7:特定の条件下で置換を行う

このコードでは、特定の条件下で置換を行う処理を紹介しています。

この例では、文字列中の数字が偶数である場合、”偶数”という文字列に置換しています。

const str = "123456789";
const result = str.replaceAll(/\d/g, (match) => (parseInt(match) % 2 === 0 ? "偶数" : match));
console.log(result); // "1偶数3偶数5偶数7偶数9"

○サンプルコード8:URL中の特定パラメータを置換する

このコードでは、URL中の特定パラメータを置換する処理を紹介しています。

この例では、URLの”page”パラメータの値を”2″に置換しています。

const url = "https://example.com/list?page=1&sort=asc";
const result = url.replaceAll(/(?<=page=)\d+/g, "2");
console.log(result); // "https://example.com/list?page=2&sort=asc"

○サンプルコード9:HTMLタグを削除・置換する

このコードでは、HTMLタグを削除・置換する処理を紹介しています。

この例では、HTMLタグを空文字列に置換し、タグを削除しています。

const html = "<p>JavaScriptは楽しいです。</p>";
const result = html.replaceAll(/<[^>]+>/g, "");
console.log(result); // "JavaScriptは楽しいです。"

○サンプルコード10:プレースホルダを使ったテンプレート文字列の置換

このコードでは、プレースホルダを使ったテンプレート文字列の置換を紹介しています。

この例では、テンプレート文字列中の”{name}”と”{age}”プレースホルダを指定した値に置換しています。

const template = "私の名前は{name}で、年齢は{age}歳です。";
const data = { name: "山田太郎", age: 25 };
const result = template.replaceAll(/{(\w+)}/g, (match, p1) => data[p1]);
console.log(result); // "私の名前は山田太郎で、年齢は25歳です。"

●注意点と対処法

JavaScriptのreplaceAll関数は、すべてのブラウザでサポートされているわけではありません。

そのため、古いブラウザをサポートする必要がある場合は、代替方法を検討してください。

例えば、replace関数と正規表現のgフラグを組み合わせて使用することができます。

●カスタマイズ方法

replaceAll関数を使ったコードは、状況に応じてカスタマイズすることができます。

例えば、置換する文字列や正規表現パターンを変更したり、置換後の文字列を加工する方法を変更することができます。

また、置換処理を関数化して汎用的に利用できるようにすることもできます。

まとめ

本記事では、JavaScriptのreplaceAll関数を使った文字列の置換方法について、様々なサンプルコードを通して解説しました。

replaceAll関数は、文字列操作において非常に便利な機能です。

ただし、ブラウザのサポート状況に注意しながら、適切な方法でカスタマイズし、実装に役立ててください。