JavaScript 500エラー徹底解説!使い方・対処法10選

JavaScript 500エラー徹底解説JS
この記事は約6分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScript 500エラーの原因と対処法が分かり、問題を解決できるようになります。

JavaScript初心者から上級者まで、500エラーに関する知識を深めたい方に向けて、使い方や対処法、注意点を徹底解説します。

さらに、実用的なサンプルコードも掲載しているので、実践的な学習ができます。

●JavaScript 500エラーとは

JavaScript 500エラーは、ウェブページを表示する際に発生するエラーで、サーバーサイドで何らかの問題が起こったことを示します。

これは、クライアントサイド(ブラウザ側)ではなく、サーバーサイド(ウェブサーバー側)で問題が発生しているため、開発者は対処が必要です。

○500エラーの原因

JavaScript 500エラーの原因は様々ですが、次のようなケースが考えられます。

  1. サーバーサイドのプログラムに誤りがある
  2. サーバーの設定が誤っている
  3. サーバーが過負荷状態である

●JavaScript 500エラーの対処法10選

○サンプルコード1:エラーハンドリング

このコードでは、try...catchを使ってエラーハンドリングを行う方法を紹介しています。

この例では、例外が発生した場合にcatchブロックでエラー情報を取得し、コンソールに出力しています。

try {
  // エラーが発生する可能性のあるコード
} catch (error) {
  console.error("エラーが発生しました: ", error);
}

○サンプルコード2:デバッグツールの使用

ブラウザの開発者ツールを使って、JavaScriptのエラーを確認・解決する方法です。

Google Chromeの場合、次の手順で開発者ツールを開きます。

  1. [Ctrl] + [Shift] + [I] キーを押す
  2. “Console” タブをクリック

○サンプルコード3:キャッシュの削除

キャッシュの削除は、実際にはJavaScriptのコードではなく、ブラウザの操作で行います。ブラウザのキャッシュが原因で500エラーが発生することがあります。

キャッシュを削除して、問題が解決するか確認しましょう。

【Google Chrome】

  1. [Ctrl] + [Shift] + [Delete] キーを押す
  2. “データを消去する” ボタンをクリック

○サンプルコード4:外部リソースの確認

このコードでは、外部リソースの読み込みが正しく行われているか確認する方法を紹介しています。

この例では、HTML内で読み込んでいる外部スクリプトのURLが正しいかどうかを確認しています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <!-- 外部リソースのURLを確認 -->
  <script src="正しいURLを指定"></script>
</head>
<body>
</body>
</html>

○サンプルコード5:ブラウザの互換性

このコードでは、ブラウザの互換性を確認するためにnavigator.userAgentを使ってユーザーエージェントを取得する方法を紹介しています。

この例では、ユーザーエージェント情報をコンソールに出力しています。

console.log("ユーザーエージェント: ", navigator.userAgent);

○サンプルコード6:ファイルパスの確認

このコードでは、ファイルパスが正しいかどうかを確認する方法を紹介しています。

この例では、HTML内で読み込んでいる画像ファイルのパスが正しいかどうかを確認しています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<body>
  <!-- 画像ファイルパスを確認 -->
  <img src="正しいファイルパスを指定" alt="画像">
</body>
</html>

○サンプルコード7:コードのリファクタリング

このコードでは、コードを整理・改善するリファクタリングの例を紹介しています。

この例では、関数を分割し、各関数が1つの目的を持つようにしています。

// リファクタリング前
function fetchDataAndRender() {
  // データ取得処理
  // データ加工処理
  // データ表示処理
}

// リファクタリング後
function fetchData() {
  // データ取得処理
}

function processData(data) {
  // データ加工処理
}

function renderData(processedData) {
  // データ表示処理
}

○サンプルコード8:非同期処理の確認

このコードでは、非同期処理を実行しているか確認する方法を紹介しています。

この例では、asyncawaitを使って非同期処理を行っています。

async function fetchData() {
  // 非同期でデータを取得
  const response = await fetch('データ取得URL');
  const data = await response.json();
  return data;
}

○サンプルコード9:適切なエラーメッセージの表示

このコードでは、エラーメッセージを適切に表示する方法を紹介しています。

この例では、エラーが発生した場合にアラートダイアログでエラーメッセージを表示しています。

try {
  // エラーが発生する可能性のある処理
} catch (error) {
  alert("エラーが発生しました: " + error.message);
}

○サンプルコード10:サーバーサイドエラーの確認

このコードでは、サーバーサイドのエラーを確認する方法を紹介しています。

この例では、レスポンスのステータスコードをチェックして、500エラーが発生しているかどうかを判断しています。

async function checkServerError() {
  const response = await fetch('データ取得URL');
  
  if (response.status === 500) {
    console.error("サーバーサイドでエラーが発生しました");
  } else {
    const data = await response.json();
    console.log("データ取得成功", data);
  }
}

●注意点

  • JavaScript 500エラーは、主にサーバーサイドの問題が原因であるため、クライアントサイドで行う対策だけでは解決できないケースがあります。
    サーバーサイドのエラーが疑われる場合、サーバー管理者や開発者に連絡して対処してもらうことが重要です。
  • 500エラーの原因は複数の要因が絡んでいることがあります。
    一度に複数の対策を試すのではなく、一つずつ対策を実行し、効果を確認していくことが望ましいです。
  • 修正する前にコードをバックアップしておくことで、問題が悪化した場合に元に戻すことができます。
    また、バージョン管理システム(Gitなど)を利用することで、変更履歴を把握しやすくなります。

まとめ

JavaScript 500エラーは、サーバーサイドに問題があることが多いため、対処法も様々です。

この記事では、エラーハンドリングやデバッグツールの使用、キャッシュの削除、外部リソースの確認、ブラウザの互換性、ファイルパスの確認、コードのリファクタリング、非同期処理の確認、適切なエラーメッセージの表示、サーバーサイドエラーの確認など、様々な対処法を紹介しました。

原因を特定し、適切な対策を実施することで、500エラーを解決することができます。