8ビット整数を使いこなすJavaScriptの方法5選

JavaScriptの8ビット整数を使いこなす方法JS
この記事は約6分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptで8ビット整数を使いこなすことができるようになります。

初心者でも理解しやすいように、サンプルコードを交えて徹底的に解説していきます。

●8ビット整数とは

8ビット整数とは、整数値を8ビット(1バイト)で表現するデータ型のことです。

JavaScriptではInt8ArrayというTypedArrayオブジェクトを使って8ビット整数を扱うことができます。

○Int8Arrayの基本

Int8Arrayは、8ビット符号付き整数の配列を表すオブジェクトです。

Int8Arrayは固定長であり、生成時にサイズを指定して作成されます。

●8ビット整数の使い方

ここでは、8ビット整数の使い方について、サンプルコードを交えて説明します。

○サンプルコード1:Int8Arrayの生成と値の代入

まずはInt8Arrayの生成と値の代入方法を見てみましょう。

// Int8Arrayを生成
const array = new Int8Array(5);

// 値を代入
array[0] = 10;
array[1] = -20;
array[2] = 30;
array[3] = -40;
array[4] = 50;

console.log(array); // Int8Array(5) [10, -20, 30, -40, 50]

○サンプルコード2:8ビット整数の加算

このコードでは、8ビット整数同士の加算を行っています。

この例では、2つのInt8Arrayに値を代入し、要素ごとに加算して新しいInt8Arrayに結果を格納しています。

const array1 = new Int8Array([10, 20, 30]);
const array2 = new Int8Array([1, 2, 3]);
const result = new Int8Array(array1.length);

for (let i = 0; i < array1.length; i++) {
  result[i] = array1[i] + array2[i];
}

console.log(result); // Int8Array(3) [11, 22, 33]

○サンプルコード3:8ビット整数の減算

このコードでは、8ビット整数同士の減算を行っています。

この例では、2つのInt8Arrayに値を代入し、要素ごとに減算して新しいInt8Arrayに結果を格納しています。

const array1 = new Int8Array([50, 40, 30]);
const array2 = new Int8Array([1, 2, 3]);
const result = new Int8Array(array1.length);

for (let i = 0; i < array1.length; i++) {
  result[i] = array1[i] - array2[i];
}

console.log(result); // Int8Array(3) [49, 38, 27]

○サンプルコード4:8ビット整数のビット演算

このコードでは、8ビット整数にビット演算を適用する方法を紹介しています。

この例では、2つのInt8Arrayに値を代入し、要素ごとにビットAND演算を行って新しいInt8Arrayに結果を格納しています。

const array1 = new Int8Array([15, 31, 63]);
const array2 = new Int8Array([7, 15, 31]);
const result = new Int8Array(array1.length);

for (let i = 0; i < array1.length; i++) {
  result[i] = array1[i] & array2[i];
}

console.log(result); // Int8Array(3) [7, 15, 31]

○サンプルコード5:8ビット整数と通常の数値の相互変換

このコードでは、8ビット整数と通常の数値を相互に変換する方法を紹介しています。

この例では、Int8Arrayを通常の数値に変換し、その後再びInt8Arrayに戻しています。

// 8ビット整数を通常の数値に変換
const int8Array = new Int8Array([10, -20, 30]);
const normalNumbers = Array.from(int8Array);

console.log(normalNumbers); // [10, -20, 30]

// 通常の数値を8ビット整数に変換
const newInt8Array = new Int8Array(normalNumbers);

console.log(newInt8Array); // Int8Array(3) [10, -20, 30]

●注意点と対処法

  1. オーバーフローに注意:8ビット整数は-128〜127の範囲の値しか表現できません。
    これを超えた値を代入しようとすると、オーバーフローが発生し、予期せぬ結果が生じる可能性があります。
    値の範囲を常に確認し、必要に応じて範囲内に収まるように調整してください。
  2. 符号付き整数に注意:JavaScriptの8ビット整数は符号付き整数です。
    これにより、正の値と負の値を扱うことができますが、符号なし整数として扱いたい場合は、ビット演算を使用して変換する必要があります。

●カスタマイズ方法

  1. Int16ArrayやInt32Arrayを使用:8ビット整数以外にも、16ビットや32ビットの整数を扱いたい場合は、Int16ArrayやInt32Arrayを使用することができます。
    これらは、それぞれ16ビット整数と32ビット整数を格納するためのTypedArrayです。
  2. ビット演算を活用:8ビット整数を使用して高速なビット演算を行いたい場合は、ビット演算子(AND、OR、XOR、NOT、シフトなど)を活用してください。
    これにより、効率的な処理が可能になります。

まとめ

この記事では、JavaScriptで8ビット整数を扱う方法を紹介しました。

サンプルコードを参考に、生成、加算、減算、ビット演算、相互変換などの操作を行うことができるようになります。

また、注意点や対処法、カスタマイズ方法も確認して、効果的な8ビット整数の活用を行いましょう。