PHPでempty関数をマスター!使い方と応用例10選

PHPのempty関数を理解して使いこなすための徹底解説PHP
この記事は約8分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPプログラミングを始めたばかりの方は、様々な関数や使い方に悩むことがあるでしょう。

この記事を読めば、PHPのempty関数を使いこなすことができるようになります。

empty関数の基本的な使い方から、実用的な応用例まで、初心者にもわかりやすいサンプルコードを交えて解説していきます。

●PHPのempty関数とは

PHPのempty関数は、変数が空かどうかをチェックするために使われる関数です。

変数が次の条件のいずれかに該当する場合、empty関数はtrueを返し、それ以外の場合はfalseを返します。

  • 変数が未定義(NULL)である
  • 変数が空文字列(“”)である
  • 変数が0(ゼロ)である
  • 変数が空配列(array())である
  • 変数が空のオブジェクトである(プロパティがない場合)

○empty関数の基本

empty関数は次のように使用します。

if (empty($変数)) {
    // 変数が空の場合の処理
} else {
    // 変数が空でない場合の処理
}

●empty関数の使い方

それでは、具体的なサンプルコードを使ってempty関数の使い方を見ていきましょう。

○サンプルコード1:変数が空かどうかをチェックする

このコードでは、empty関数を使って変数が空かどうかをチェックしています。

この例では変数$aに空文字列を代入し、empty関数でチェックしています。

$a = "";
if (empty($a)) {
    echo "変数aは空です";
} else {
    echo "変数aは空ではありません";
}

○サンプルコード2:配列要素が空かどうかをチェックする

このコードでは、empty関数を使って配列の要素が空かどうかをチェックしています。

この例では配列$arrayの要素’key’に空文字列を代入し、empty関数でチェックしています。

$array = array('key' => '');
if (empty($array['key'])) {
    echo "配列の要素'key'は空です";
} else {
    echo "配列の要素'key'は空ではありません";
}

○サンプルコード3:オブジェクトプロパティが空かどうかをチェックする

このコードでは、empty関数を使ってオブジェクトのプロパティが空かどうかをチェックしています。

この例ではクラスMyClassのインスタンスを作成し、プロパティnameに空文字列を代入し、empty関数でチェックしています。

class MyClass {
    public $name;
}

$obj = new MyClass();
$obj->name = "";

if (empty($obj->name)) {
    echo "オブジェクトのプロパティnameは空です";
} else {
    echo "オブジェクトのプロパティnameは空ではありません";
}

●empty関数の応用例

empty関数はさまざまなシーンで応用できます。

実際の応用例をサンプルコードとともに紹介します。

○サンプルコード4:フォーム入力値のバリデーション

このコードでは、フォームから送信されたデータが空かどうかをempty関数でチェックし、バリデーションを行っています。

$user_name = $_POST['user_name'];

if (empty($user_name)) {
    echo "ユーザー名は必須です";
} else {
    echo "ユーザー名:{$user_name}";
}

○サンプルコード5:条件付きで配列から要素を取り出す

このコードでは、配列から条件を満たす要素のみを取り出しています。

empty関数を使って空でない要素のみを新しい配列に格納しています。

$array = array('apple', '', 'banana', '', 'orange');
$result = array();

foreach ($array as $value) {
    if (!empty($value)) {
        $result[] = $value;
    }
}

print_r($result);

○サンプルコード6:データベースから取得した値のチェック

このコードでは、データベースから取得した値が空かどうかをempty関数でチェックしています。

データが存在しない場合にエラーメッセージを表示しています。

// データベースからデータを取得する処理(省略)
$data = $row['data'];

if (empty($data)) {
    echo "データが存在しません";
} else {
    echo "データ:{$data}";
}

○サンプルコード7:APIから取得したデータの空チェック

このコードでは、APIから取得したデータが空かどうかをempty関数でチェックしています。

データが存在しない場合にエラーメッセージを表示しています。

// APIからデータを取得する処理(省略)
$response_data = $response['data'];

if (empty($response_data)) {
    echo "APIから取得したデータが存在しません";
} else {
    echo "APIから取得したデータ:{$response_data}";
}

○サンプルコード8:複数の変数がすべて空かどうかをチェックする

このコードでは、複数の変数がすべて空かどうかをempty関数を使ってチェックしています。

すべての変数が空であればメッセージを表示します。

$var1 = '';
$var2 = '';
$var3 = '';

if (empty($var1) && empty($var2) && empty($var3)) {
    echo "すべての変数が空です";
} else {
    echo "空でない変数があります";
}

○サンプルコード9:空でない場合の処理を行う

このコードでは、変数が空でない場合に処理を実行します。

empty関数を使って変数が空でないかチェックし、空でなければメッセージを表示します。

$message = "こんにちは";

if (!empty($message)) {
    echo "メッセージ:{$message}";
} else {
    echo "メッセージが空です";
}

○サンプルコード10:empty関数を活用した簡易的な検索機能

このコードでは、empty関数を活用して簡易的な検索機能を実装しています。

検索キーワードが空でない場合に、データの中からキーワードにマッチするデータを表示します。

$data_list = array('apple', 'banana', 'orange', 'grape', 'lemon');
$search_keyword = 'a';

if (!empty($search_keyword)) {
    foreach ($data_list as $data) {
        if (strpos($data, $search_keyword) !== false) {
            echo "検索結果:{$data}<br>";
        }
    }
} else {
    echo "検索キーワードが空です";
}

●注意点と対処法

empty関数は非常に便利ですが、使用する際にはいくつか注意点があります。

注意点とその対処法を紹介します。

  1. empty関数は、変数が0(ゼロ)の場合もtrueを返します。
    数値0が有効な値として扱いたい場合は、empty関数の代わりにissetis_null関数を組み合わせて使用することをお勧めします。
$number = 0;

if (isset($number) && !is_null($number)) {
    echo "数値は0ですが、空ではありません";
} else {
    echo "数値が空です";
}
  1. empty関数は、変数が未定義の場合でもエラーを発生させません。
    しかし、変数が未定義の場合にエラーを検出したい場合は、isset関数を使ってチェックすることができます。
if (isset($undefined_variable) && !empty($undefined_variable)) {
    echo "変数は空ではありません";
} else {
    echo "変数が空です";
}

●カスタマイズ方法

empty関数はそのままでも非常に便利ですが、カスタマイズすることでさらに使いやすくなります。

例えば、empty関数をカスタマイズして複数の変数が空でないことをチェックする関数を作成することができます。

function not_empty_multiple($vars) {
    foreach ($vars as $var) {
        if (empty($var)) {
            return false;
        }
    }
    return true;
}

$var1 = "hello";
$var2 = "world";

if (not_empty_multiple(array($var1, $var2))) {
    echo "すべての変数が空ではありません";
} else {
    echo "空の変数があります";
}

このように、empty関数をカスタマイズすることで、より柔軟なコードが書けるようになります。

まとめ

この記事では、PHPのempty関数の使い方と応用例について紹介しました。

また、注意点と対処法、カスタマイズ方法も説明しました。

empty関数を上手く活用して、より効率的なコードを書くことができるようになりましょう。