PHPでコメントアウトを理解するための5ステップ!

PHPのコメントアウトの説明とサンプルコードPHP
この記事は約5分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、PHPでのコメントアウトの具体的な使い方が身につきます。

もし、あなたが初心者で、コードの一部を無視したい、あるいはコードにメモを残したいと思ったことがあるなら、この記事はまさにあなたのためのものです。

それでは、始めていきましょう。

●PHPのコメントアウトとは

コメントアウトとは、プログラムが実行される際に、特定の行や範囲を無視させるための方法です。

PHPでは、コメントアウトを利用することで、一時的にコードの一部を無効にしたり、自分自身や他の開発者に対してコードの説明を書き残すことができます。

○コメントアウトの基本

PHPでのコメントアウトは主に2種類あります。

1つは一行だけをコメントアウトするための方法、もう1つは複数行をコメントアウトするための方法です。

一行だけをコメントアウトする際は、「//」または「#」を行の先頭に置きます。

複数行をコメントアウトする際は、「/」でコメントを開始し、「/」でコメントを終了します。

●PHPのコメントアウトの使い方

ここからは具体的なサンプルコードを用いて、PHPのコメントアウトの使い方を詳しく見ていきましょう。

○サンプルコード1:1行コメントアウト

このコードでは、「//」を使って1行だけをコメントアウトしています。

この例では、「echo “Hello, World!”;」の行がコメントアウトされ、実行されません。

<?php
// echo "Hello, World!";
echo "Hello, PHP!";
?>

○サンプルコード2:複数行のコメントアウト

このコードでは、「/」と「/」を使って複数行をコメントアウトしています。

この例では、「echo “Hello, World!”;」と「echo “Hello, PHP!”;」の2行がコメントアウトされ、実行されません。

<?php
/*
echo "Hello, World!";
echo "Hello, PHP!";
*/
echo "Hello, Comment!";
?>

●PHPのコメントアウトの応用例

次に、PHPのコメントアウトがどのように応用されるかを見ていきましょう。

○サンプルコード3:コード内の説明にコメントアウトを利用

このコードは、コメントアウトを使ってコード内に説明を書き込んでいます。

開発者が後からコードを見直したときや、他の開発者がコードを理解するための手助けとなります。

この例では、「$num1」と「$num2」の変数にそれぞれ値を代入し、その後でこれらの値の合計を表示する処理を行っています。

<?php
$num1 = 10; // 一つ目の数値
$num2 = 20; // 二つ目の数値

// $num1と$num2の合計を表示
echo $num1 + $num2;
?>

○サンプルコード4:デバッグ時のコメントアウト

このコードは、デバッグ時にコメントアウトを活用しています。

デバッグとは、コードに存在するエラーや不具合を見つけて修正する作業のことです。

この例では、「$num1 + $num2;」の部分をコメントアウトし、それが原因でエラーが起きているかどうかを確認しています。

<?php
$num1 = 10;
$num2 = 20;

// デバッグのために一時的にコメントアウト
// echo $num1 + $num2;
?>

●注意点と対処法

PHPでコメントアウトを使用する際にはいくつか注意点があります。

○コメントアウトの閉じ忘れ

複数行のコメントアウトを使用する際には、「/」で開始し、「/」で終了しなければなりません。

しかし、「/」を忘れると、意図しない部分までコメントアウトされてしまいます。

このようなミスを防ぐためには、まず「/」と「*/」を書いてからその間にコメントアウトしたいコードを書くと良いでしょう。

○コメントアウトの使用場所

また、PHPコード内ではなく、HTMLタグの間にPHPのコメントアウトを書くと、そのコメントはHTMLとしてブラウザに表示されてしまいます。

これを避けるためには、HTMLタグの間にはHTMLのコメントアウト、「<!– –>」を使用しましょう。

●コメントアウトのカスタマイズ方法

PHPのコメントアウトをさらに便利に使う方法として、IDEのショートカットを活用する方法があります。

○IDEのショートカットを利用したコメントアウト

多くの統合開発環境(IDE)は、キーボードショートカットを使って瞬時に行や範囲をコメントアウトする機能を提供しています。

一般的には、選択した行や範囲に対して特定のキーの組み合わせを押すことで、自動的にコメントアウトが挿入されます。

具体的なショートカットキーは使用しているIDEにより異なるため、自身が使用しているIDEのドキュメンテーションを参照することをお勧めします。

まとめ

以上、PHPのコメントアウトの基本的な使い方から応用例、注意点、そしてショートカットキーを使ったコメントアウトの方法までを解説しました。

コメントアウトはコードを一時的に無効化したり、コードの説明を書き加えたりする際に非常に便利な機能です。

しかし、その使い方を誤ると意図しない動作を引き起こす可能性もあるため、正しく理解し使いこなすことが重要です。

これらの知識を活用し、より効率的なコーディングを進めていきましょう。