PHPキャッシュの作り方と活用法5選

PHPキャッシュの作り方と活用法についての解説記事 PHP

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPキャッシュについて、その作り方や利用方法、注意点、カスタマイズ方法について詳しく知りたいと思っている方へ。

この記事を読めば、PHPキャッシュを活用するための具体的な知識と技術を身につけることができます。

サンプルコードを交えながら、初心者でも理解しやすいように解説します。

●PHPキャッシュとは

PHPキャッシュとは、一度読み込んだデータや計算結果を一時的に保存しておくことで、同じデータや計算結果が必要になったときに高速に取得できるようにする仕組みのことです。

これにより、ウェブサイトのレスポンス時間を大幅に短縮することが可能になります。

●PHPキャッシュの作り方

PHPキャッシュの作り方は非常に簡単です。

キャッシュの作成方法を示すサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード1:キャッシュの作成

このコードでは、キャッシュの作成方法を示しています。

この例では、$dataに格納されたデータをfile_put_contents関数を使ってキャッシュファイルとして保存しています。

<?php
$data = 'ここにキャッシュしたいデータ';
file_put_contents('cache.txt', $data);
?>

●PHPキャッシュの利用方法

キャッシュの作成方法を学んだところで、次にキャッシュの利用方法について見てみましょう。

キャッシュの利用方法には主に、読み込みと更新の2つの操作があります。

○サンプルコード2:キャッシュの読み込み

このコードでは、キャッシュの読み込み方法を示しています。

file_get_contents関数を使って、キャッシュファイルからデータを取得しています。

<?php
$data = file_get_contents('cache.txt');
echo $data;
?>

○サンプルコード3:キャッシュの更新

このコードでは、キャッシュの更新方法を示しています。

新たなデータを$dataに格納し、再度file_put_contents関数を使ってキャッシュファイルを上書き保存しています。

<?php
$data = '新たなデータ';
file_put_contents('cache.txt', $data);
?>

●PHPキャッシュの注意点と対処法

PHPキャッシュを利用する際にはいくつかの注意点が存在します。

一つ目は、キャッシュデータが古くなるという問題。これは定期的にキャッシュデータを更新することで解消できます。

二つ目は、キャッシュデータが大量になるとパフォーマンスが低下する可能性があるという問題。

これについては、必要なキャッシュデータのみを保存し、不要なものは削除するといった管理方法が求められます。

●PHPキャッシュのカスタマイズ方法

キャッシュの活用方法は多岐にわたります。

特に、キャッシュの有効期限設定は、データの新鮮さを保つために重要なカスタマイズの一つです。

○サンプルコード4:キャッシュの有効期限設定

このコードでは、キャッシュの有効期限設定の方法を示しています。

キャッシュファイルの更新時間を確認し、それが一定の時間を超えている場合にはキャッシュを更新します。

<?php
$cache_file = 'cache.txt';
$expire = 60 * 60; // 1時間

if (file_exists($cache_file) && (filemtime($cache_file) + $expire) > time()) {
    $data = file_get_contents($cache_file);
} else {
    $data = '新たなデータ';
    file_put_contents($cache_file, $data);
}
echo $data;
?>

●PHPキャッシュの応用例

PHPキャッシュはデータベースの結果を保存するのにも利用できます。

これにより、データベースへの不要なアクセスを減らし、パフォーマンスを向上させることができます。

○サンプルコード5:データベースの結果をキャッシュする

このコードでは、データベースから取得したデータをキャッシュに保存する手順を示しています。

PDOを使用してデータベースからデータを取得し、その結果をfile_put_contents関数を用いてキャッシュファイルに保存しています。

<?php
$dsn = 'mysql:dbname=testdb;host=localhost';
$user = 'dbuser';
$password = 'dbpass';

try {
    $dbh = new PDO($dsn, $user, $password);
    $sql = 'SELECT * FROM testtable';
    $stmt = $dbh->query($sql);

    $data = [];
    while ($row = $stmt->fetch(PDO::FETCH_ASSOC)) {
        $data[] = $row;
    }

    file_put_contents('db_cache.txt', serialize($data));
} catch (PDOException $e) {
    echo 'データベース接続失敗: ' . $e->getMessage();
}
?>

まとめ

この記事では、PHPキャッシュの基本的な概念から、キャッシュの作成、利用、更新方法、そして応用例に至るまで、幅広く解説しました。

キャッシュを上手に活用することで、ウェブサイトのパフォーマンスを大幅に向上させることが可能となります。

是非、この知識を活用して、より高速なウェブサイトを実現してみてください。