JavaScriptでボタンを非活性にする方法5選

JavaScriptでボタンを非活性にする方法を学ぼうJS
この記事は約9分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptでボタンを非活性にする方法がマスターできるでしょう。

初心者向けに、使い方や注意点、カスタマイズ方法まで詳しく解説しています。

さらに、各方法に対応するサンプルコードもご紹介。あなたもすぐに実践できるようになります。

●JavaScriptでボタンを非活性にする方法

JavaScriptを使ってボタンを非活性にする方法はいくつかあります。

ここでは、5つの方法を紹介します。

○方法1:getElementByIdを使った方法

HTML要素のIDを指定して、その要素を操作する方法です。

○方法2:querySelectorを使った方法

CSSセレクタを使って、要素を操作する方法です。

○方法3:イベントリスナーを使った方法

ボタンに対してイベントリスナーを設定し、イベント発生時に非活性にする方法です。

○方法4:jQueryを使った方法

jQueryライブラリを使って、簡単にボタンを非活性にする方法です。

○方法5:Vue.jsを使った方法

Vue.jsフレームワークを使って、データバインディングでボタンを非活性にする方法です。

●各方法のサンプルコード

それぞれの方法に対応するサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード1:getElementByIdを使った方法

このコードでは、getElementByIdを使ってボタンを非活性にするコードを紹介しています。

この例では、ボタンのIDを指定して、そのボタンをクリック不可にしています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <script>
    function disableButton() {
      document.getElementById("myButton").disabled = true;
    }
  </script>
</head>
<body>
  <button id="myButton" onclick="disableButton()">クリック</button>
</body>
</html>

○サンプルコード2:querySelectorを使った方法

このコードでは、querySelectorを使ってボタンを非活性にするコードを紹介しています。

この例では、ボタンのIDをCSSセレクタとして指定し、ボタンをクリック不可にしています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <script>
    function disableButton() {
      document.querySelector("#myButton").disabled = true;
    }
  </script>
</head>
<body>
  <button id="myButton" onclick="disableButton()">クリック</button>
</body>
</html>

○サンプルコード3:イベントリスナーを使った方法

このコードでは、イベントリスナーを使ってボタンを非活性にする方法を紹介しています。

この例では、ボタンに対してイベントリスナーを設定し、クリック時にボタンを非活性にしています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <script>
    window.addEventListener('DOMContentLoaded', function () {
      const button = document.getElementById('myButton');
      button.addEventListener('click', function () {
        button.disabled = true;
      });
    });
  </script>
</head>
<body>
  <button id="myButton">クリック</button>
</body>
</html>

○サンプルコード4:jQueryを使った方法

このコードでは、jQueryを使ってボタンを非活性にする方法を紹介しています。

この例では、ボタンがクリックされた時に、そのボタンを非活性にしています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <script src="https://code.jquery.com/jquery-3.6.0.min.js"></script>
  <script>
    $(function () {
      $('#myButton').on('click', function () {
        $(this).prop('disabled', true);
      });
    });
  </script>
</head>
<body>
  <button id="myButton">クリック</button>
</body>
</html>

○サンプルコード5:Vue.jsを使った方法

このコードでは、Vue.jsを使ってボタンを非活性にする方法を紹介しています。

この例では、データバインディングを利用してボタンを非活性にしています。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/vue@2.6.14/dist/vue.js"></script>
</head>
<body>
  <div id="app">
    <button v-bind:disabled="isDisabled" v-on:click="disableButton">クリック</button>
  </div>
  <script>
    new Vue({
      el: '#app',
      data: {
        isDisabled: false
      },
      methods: {
        disableButton: function () {
          this.isDisabled = true;
        }
      }
    });
  </script>
</body>
</html>

●注意点と対処法

  1. ブラウザの違いによる動作の差異に注意してください。
    対策として、各ブラウザでの動作確認を行いましょう。
  2. ボタンが非活性になっても、キーボード操作やスクリプトによる操作が可能な場合があります。
    そのような場合は、イベント処理内で条件分岐を行いましょう。

●カスタマイズ方法

ボタンの非活性化に関連するカスタマイズ方法として、次のようなものがあります。

  1. 一定時間後にボタンを自動的に活性化する
  2. 非活性状態のボタンに対して、ツールチップやポップアップメッセージを表示する

それぞれのカスタマイズ方法について、サンプルコードと説明をご紹介します。

  1. 一定時間後にボタンを自動的に活性化する

    このコードでは、setTimeout関数を使って、一定時間後にボタンを自動的に活性化する方法を紹介しています。
    この例では、ボタンをクリックした後、3秒後にボタンが再び活性化されるようにしています。
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <script>
    function disableButton() {
      const button = document.getElementById("myButton");
      button.disabled = true;

      setTimeout(function () {
        button.disabled = false;
      }, 3000);
    }
  </script>
</head>
<body>
  <button id="myButton" onclick="disableButton()">クリック</button>
</body>
</html>
  1. 非活性状態のボタンに対して、ツールチップやポップアップメッセージを表示する

    このコードでは、非活性状態のボタンにマウスオーバーした際に、ツールチップを表示する方法を紹介しています。
    この例では、ボタンが非活性状態であることをユーザーに知らせるために、ツールチップを表示しています。
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <style>
    .tooltip {
      position: relative;
      display: inline-block;
    }

    .tooltip .tooltiptext {
      visibility: hidden;
      width: 120px;
      background-color: #555;
      color: #fff;
      text-align: center;
      border-radius: 6px;
      padding: 5px;
      position: absolute;
      z-index: 1;
      bottom: 125%;
      left: 50%;
      margin-left: -60px;
      opacity: 0;
      transition: opacity 0.3s;
    }

    .tooltip:hover .tooltiptext {
      visibility: visible;
      opacity: 1;
    }
  </style>
  <script>
    function disableButton() {
      document.getElementById("myButton").disabled = true;
    }
  </script>
</head>
<body>
  <div class="tooltip" onclick="disableButton()">
    <button id="myButton">クリック</button>
    <span class="tooltiptext">ボタンが非活性です</span>
  </div>
</body>
</html>

まとめ

この記事では、JavaScriptを使ってボタンを非活性にする方法を5つ紹介しました。

各方法に対して詳細な説明とサンプルコードを提供しました。

また、カスタマイズ方法についても触れ、一定時間後にボタンを自動的に活性化する方法や、非活性状態のボタンにツールチップを表示する方法を紹介しました。

これらの方法を利用することで、さまざまなシーンでボタンの非活性化を実現できます。

プロジェクトに応じて適切な方法を選び、効果的に活用してください。

また、注意点や対処法にも留意し、ブラウザ間の動作の違いやキーボード操作に対応するよう心掛けましょう。

ボタンの非活性化は、ユーザーインターフェースの設計や制御において重要な役割を果たします。

今回紹介した方法を参考にして、ユーザーエクスペリエンスを向上させるアプリケーションを開発していきましょう。