PHPでテキストファイルを読み込む!初心者でもできる5つのステップ

PHPを使ったテキストファイル読み込みのステップPHP
この記事は約5分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

新たな世界を開く鍵、それがプログラミング言語「PHP」です。

特に、テキストファイルの読み込みは、情報を取り扱う上で必要不可欠なスキルとなります。

この記事を読めば、あなたもPHPを使ってテキストファイルを読むことができるようになります。

●PHPでのテキストファイルの読み込みとは

PHPは、ウェブサイトのバックエンド処理によく使われるプログラミング言語です。

テキストファイルの読み込みは、その多機能性の一環で、ウェブサイトでユーザーのデータを管理したり、情報を取り扱ったりする際に活用されます。

たとえば、訪問者のログをテキストファイルに保存して、後から分析するような場合です。

●基本的なテキストファイルの読み込み方法

PHPでテキストファイルを読み込む基本的な方法は2つあります。

一つは「file_get_contents」関数を使う方法、もう一つは「fopen」関数と「fgets」関数を使う方法です。

○サンプルコード1:file_get_contents関数を用いた読み込み

「file_get_contents」関数を使ったテキストファイルの読み込み方法を紹介します。

この例では、「sample.txt」を読み込み、その内容を表示しています。

<?php
// ファイル名を指定
$filename = 'sample.txt';

// ファイルの内容を読み込む
$content = file_get_contents($filename);

// 内容を表示する
echo $content;
?>

○サンプルコード2:fopenとfgetsを用いた読み込み

次に「fopen」関数と「fgets」関数を使った読み込み方法を見てみましょう。

この例では、「sample.txt」を一行ずつ読み込み、それぞれの行を表示しています。

<?php
// ファイル名を指定
$filename = 'sample.txt';

// ファイルを開く
$handle = fopen($filename, "r");

// ファイルを一行ずつ読み込む
if ($handle) {
    while (($line = fgets($handle)) !== false) {
        // 行を表示する
        echo $line;
    }

    // ファイルを閉じる
    fclose($handle);
} else {
    // エラーメッセージを表示する
    echo "ファイルを開けませんでした";
} 
?>

●PHPでのテキストファイル読み込みの応用例

以上が基本的なテキストファイルの読み込み方法ですが、PHPの魅力はその応用性にあります。

テキストファイルからデータを取り出してHTMLに表示する方法と、テキストファイルからデータを取り出して配列に格納する方法を紹介します。

○サンプルコード3:テキストファイルからデータを取り出しHTMLに表示する

このコードでは、テキストファイルからデータを取り出し、HTMLに表示するコードを紹介しています。

この例では、テキストファイル「sample.txt」からデータを取り出し、HTMLの段落として表示しています。

<?php
// ファイル名を指定
$filename = 'sample.txt';

// ファイルの内容を読み込む
$content = file_get_contents($filename);

// 内容をHTMLの段落として表示する
echo '<p>' . $content . '</p>';
?>

○サンプルコード4:テキストファイルからデータを取り出し配列に格納する

次に、テキストファイルからデータを取り出し、配列に格納するコードを見てみましょう。

この例では、テキストファイル「sample.txt」の各行を配列の要素として格納しています。

<?php
// ファイル名を指定
$filename = 'sample.txt';

// ファイルの各行を配列に格納する
$lines = file($filename, FILE_IGNORE_NEW_LINES);

// 配列の内容を表示する
print_r($lines);
?>

●テキストファイル読み込み時の注意点と対処法

テキストファイルを読み込む際には、いくつかの注意点があります。

その一つが、ファイルのパーミッションです。

適切なパーミッションが設定されていないと、ファイルを開けなかったり、読み込めなかったりすることがあります。

また、大きなファイルを一度に読み込むと、メモリを過剰に消費することがあります。

これらの問題に対処するためには、まず、適切なパーミッションを設定することが重要です。

また、大きなファイルを読み込む際には、「fopen」と「fgets」を使って、一行ずつ読み込むと良いでしょう。

●テキストファイル読み込みのカスタマイズ方法

PHPのテキストファイル読み込みは、さまざまなカスタマイズが可能です。

たとえば、特定の行だけを読み込むといったことも可能です。

○サンプルコード5:特定の行だけを読み込む

このコードでは、特定の行だけを読み込むコードを紹介しています。

この例では、テキストファイル「sample.txt」の3行目だけを読み込み、表示しています。

<?php
// ファイル名を指定
$filename = 'sample.txt';

// ファイルの内容を配列として読み込む
$lines = file($filename, FILE_IGNORE_NEW_LINES);

// 3行目を表示する(配列は0から始まるため、2を指定)
echo $lines[2];
?>

まとめ

以上、PHPでのテキストファイルの読み込み方法について解説しました。

基本的な読み込みから応用的な読み込み、そして注意点と対処法まで、しっかりと押さえておけば、PHPを使ってテキストファイルを活用する道が広がります。

これからも、プログラミングの学習を楽しんでください。