PHPで日本円を取り扱う!初心者でも簡単に理解できる5つのステップ

PHPで日本円を取り扱う初心者向けガイドのサムネイルPHP
この記事は約3分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読むと、PHPで日本円をどのように取り扱うか、その基本的な使い方から注意点、カスタマイズの方法までが理解できます。

●PHPとは

PHPは、Webサイトのバックエンド開発に広く使用されるサーバーサイドのスクリプト言語です。

HTMLと組み合わせて使用され、データベース操作やユーザー入力の処理などを行うことができます。

●PHPでの日本円の取り扱い方

PHPで日本円を取り扱うには、通常の数値として扱います。

しかし、日本の通貨として表示する際には、特定のフォーマットに注意が必要です。

○サンプルコード1:日本円の表示

例えば、10000円を表示するコードを紹介します。

この例では、$yen変数に金額を設定して表示しています。

<?php
$yen = 10000;
echo $yen . "円";
?>

○サンプルコード2:日本円の計算

日本円の計算も他の数値と同じように計算することができます。

この例では、5000円と3000円を足した結果を表示しています。

<?php
$yen1 = 5000;
$yen2 = 3000;
$total = $yen1 + $yen2;
echo $total . "円";
?>

●注意点と対処法

日本円を表示する際の注意点として、金額が1,000円以上になると3桁ごとにカンマ(,)を挿入するという慣習があります。

このような表示をするためには、PHPのnumber_format関数を使用します。

○サンプルコード3:number_format関数を用いた日本円の表示

10000円を「10,000円」と表示するコードを紹介します。

この例では、number_format関数を使って10000を「10,000」に変換して表示しています。

<?php
$yen = 10000;
echo number_format($yen) . "円";
?>

●カスタマイズ方法

日本円を他の通貨に変換する方法も紹介します。

この例では、日本円を米ドルに変換するコードを紹介します。ただし、このコードでは固定の為替レートを使用しています。

現実の状況に合わせて適切なレートを設定する必要があります。

○サンプルコード4:異なる通貨への変換

<?php
$yen = 10000;
$rate = 0.0091;  // 為替レート
$dollar = $yen * $rate;
echo number_format($dollar, 2) . "ドル";
?>

まとめ

この記事では、PHPで日本円をどのように取り扱うか、その基本的な使い方から注意点、カスタマイズの方法までを解説しました。

これらの知識を基に、PHPで日本円を適切に扱うことができます。