PHPで文字列末尾を削除する3つの方法!初心者向けハンズオンガイド

PHPで文字列末尾を削除するサンプルコードのスクリーンショット PHP
この記事は約3分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読むと、PHPで文字列の末尾を削除する方法が3つ理解でき、さらに実践的な応用例を学べます。

具体的なサンプルコードを通じて、PHP初心者でも簡単に理解・実装が可能です。

●PHPで文字列の末尾を削除する基本的な考え方

PHPでは文字列の末尾を削除するためには、主に3つの方法があります。

それぞれの方法には一長一短がありますので、目的や状況に応じて最適なものを選択します。

●PHPで文字列の末尾を削除する方法

○サンプルコード1:substr関数を使う方法

最初の方法として、substr関数を使用します。

この関数は文字列から一部を切り出すことができます。

$str = "Hello, World!";
$str = substr($str, 0, -1);
echo $str; // "Hello, World"

この例ではsubstr関数を使って文字列の最後の1文字を削除しています。

○サンプルコード2:rtrim関数を使う方法

次に、rtrim関数を用いる方法です。

この関数は文字列の末尾から指定した文字を削除します。

$str = "Hello, World!";
$str = rtrim($str, "!");
echo $str; // "Hello, World"

この例ではrtrim関数を使って文字列の末尾の”!”を削除しています。

○サンプルコード3:正規表現とpreg_replace関数を使う方法

最後に、正規表現とpreg_replace関数を使用する方法です。

これは特定のパターンに一致する文字列を削除するのに適しています。

$str = "Hello, World!";
$str = preg_replace("/!$/", "", $str);
echo $str; // "Hello, World"

この例ではpreg_replace関数と正規表現を使って文字列の末尾の”!”を削除しています。

●各方法の注意点と対処法

それぞれの方法には注意点があります。

例えば、substr関数は文字列の長さを考慮しなければならない点、rtrim関数は削除したい文字を指定する必要がある点などです。

●応用例とサンプルコード

○サンプルコード4:ファイル名から拡張子を削除する

次に、これらの方法をどのように応用できるかを見ていきます。

$filename = "image.jpg";
$filename = substr($filename, 0, strrpos($filename, "."));
echo $filename; // "image"

この例ではsubstr関数とstrrpos関数を使ってファイル名から拡張子を削除しています。

○サンプルコード5:URLから最後のスラッシュを削除する

最後に、URLから最後のスラッシュを削除する例を見てみましょう。

$url = "https://example.com/";
$url = rtrim($url, "/");
echo $url; // "https://example.com"

この例ではrtrim関数を使ってURLの最後のスラッシュを削除しています。

まとめ

以上がPHPで文字列の末尾を削除する3つの方法とその応用例です。

それぞれの方法が適するシーンがありますので、状況に応じて最適なものを選択してください。