PHPで文字列を数値に変換する!基本から応用まで5段階紹介

PHPで文字列を数値に変換するコードのスクリーンショットPHP
この記事は約4分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPで文字列を数値に変換するスキルは、プログラミングの世界で非常に重要です。

これは、データの型が異なると予期しない結果を生む可能性があるからです。

この記事では、PHPで文字列を数値に変換する方法について詳しく説明します。

●PHPとは何か:初心者向けの簡単な説明

PHPは、Webサイトのバックエンドロジックを構築するためのサーバーサイドスクリプト言語です。

PHPはHTMLとシームレスに統合でき、データベースとのやり取り、フォームのデータ処理、動的コンテンツの生成など、Web開発に必要な多くの機能を提供します。

●文字列と数値:PHPでの扱い方

○PHPの文字列とは

PHPの文字列は、文字の連続したシーケンスです。文字列は二重引用符(” “)または単一引用符(‘ ‘)で囲むことで定義します。

例えば、”Hello, World!”や’12345’などが文字列です。

○PHPの数値とは

PHPの数値は、整数または浮動小数点数です。

整数は正または負の数を表し、浮動小数点数は小数点を含む数を表します。

例えば、123、-123、123.45などが数値です。

●PHPで文字列を数値に変換する方法

○基本的な変換方法:intvalとfloatval関数

PHPには、文字列を数値に変換するための関数がいくつかあります。

その中でも最も基本的なのがintvalとfloatval関数です。intval関数は文字列を整数に、floatval関数は文字列を浮動小数点数に変換します。

○サンプルコード1:intval関数を使用した文字列から整数への変換

下記のコードは、intval関数を使って文字列を整数に変換する例です。

この例では、文字列’12345’を整数12345に変換しています。

$str = '12345';
$num = intval($str);
echo $num; // 出力: 12345

○サンプルコード2:floatval関数を使用した文字列から浮動小数点数への変換

下記cのコードは、floatval関数を使って文字列を浮動小数点数に変換する例です。

この例では、文字列’123.45’を浮動小数点数123.45に変換しています。

$str = '123.45';
$num = floatval($str);
echo $num; // 出力: 123.45

●PHPで文字列を数値に変換する際の注意点

○数値に変換できない文字列の扱い

数値に変換できない文字列をintvalやfloatval関数に渡すと、PHPはその文字列を0として扱います。

これは、PHPが数値に変換できない文字列をエラーとして扱わず、代わりに0を返すという特性によるものです。

○サンプルコード3:数値に変換できない文字列の扱い例

下記のコードは、数値に変換できない文字列をintval関数に渡す例です。

この例では、文字列’Hello, World!’を整数に変換しようとしていますが、結果は0になります。

$str = 'Hello, World!';
$num = intval($str);
echo $num; // 出力: 0

●PHPで文字列を数値に変換する応用例

○サンプルコード4:ユーザー入力の検証

ユーザーからの入力を検証する際に、文字列を数値に変換することがあります。

下記のコードは、ユーザーからの入力が数値であることを確認する例です。

$user_input = '12345';
$num = intval($user_input);

if ($num == 0 && $user_input != '0') {
    echo "Invalid input!";
} else {
    echo "Valid input!";
}

○サンプルコード5:数値演算の実行

文字列を数値に変換することで、数値演算を実行することができます。

下記のコードは、文字列を数値に変換し、それらの数値を加算する例です。

$str1 = '123';
$str2 = '456';
$num1 = intval($str1);
$num2 = intval($str2);
$sum = $num1 + $num2;
echo $sum; // 出力: 579

まとめ

PHPで文字列を数値に変換するスキルは、データの型を正しく扱うために重要です。

この記事を通じて、PHPで文字列を数値に変換する基本的な方法とその応用例を理解し、あなたのPHPプログラミングスキルをさらに向上させることができることを願っています。