【サクッと解決】PHPで作る!初心者でもできるユーザー登録システム10ステップ

PHPで作るユーザー登録システムのイメージ PHP
この記事は約9分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、PHPを使ってユーザー登録システムを作ることができるようになります。

初心者でも理解できるように、基本的な概念から詳細なコードの説明まで、一歩一歩丁寧に解説していきます。

●PHPとは

PHPは、Webサイトのバックエンドを担当するプログラミング言語の一つです。

データベースと連携して動的なWebページを生成することが可能で、ユーザー登録システムのような機能を実装するのに適しています。

●ユーザー登録システムの概要

ユーザー登録システムは、Webサイトのユーザーが自分の情報を登録し、その情報を使ってログインできるシステムのことを指します。

ユーザー名やパスワードなどの情報をデータベースに保存し、その情報を使ってユーザーの認証を行います。

●必要なツールと環境

PHPを使ったユーザー登録システムを作るためには、次のツールや環境が必要です。

  1. PHP:サーバーサイドのプログラミング言語で、今回はユーザー登録システムの主要な部分を作成します。
  2. MySQL:データベース管理システムで、ユーザー情報を保存するために使用します。
  3. Webサーバー:PHPとMySQLを実行するための環境が必要です。ApacheやNginxなどがあります。
  4. テキストエディタ:コードを書くためのツールです。Sublime TextやVS Codeなどがあります。

●データベースの作成

○MySQLとは

MySQLは、世界中で広く使用されているリレーショナルデータベース管理システムです。

PHPとの連携が容易で、ユーザー登録システムで必要となるデータの保存や取り出しを行うことができます。

○データベースの設定

まず、MySQLを使ってデータベースを作成します。

下記のコードは、データベースとユーザーテーブルを作成する例です。

CREATE DATABASE user_system;
USE user_system;

CREATE TABLE users (
    id INT AUTO_INCREMENT PRIMARY KEY,
    username VARCHAR(50) NOT NULL,
    password VARCHAR(255) NOT NULL,
    email VARCHAR(255) NOT NULL
);

このコードは、user_systemという名前のデータベースを作成し、その中にusersというテーブルを作成します。

usersテーブルには、idusernamepasswordemailの4つのカラムがあります。

●ユーザー登録フォームの作成

○HTMLとは

HTMLは、Webページの構造を定義するマークアップ言語です。

ユーザー登録フォームを作成するためには、HTMLを使用します。

○フォームの設定

下記のコードは、ユーザー登録フォームを作成するHTMLの例です。

<form action="register.php" method="post">
    <label for="username">ユーザー名:</label>
    <input type="text" id="username" name="username" required>
    <label for="password">パスワード:</label>
    <input type="password" id="password" name="password" required>
    <label for="email">メールアドレス:</label>
    <input type="email" id="email" name="email" required>
    <input type="submit" value="登録">
</form>

このコードは、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力するためのフォームを作成します。

各入力フィールドはrequired属性を持っているため、これらのフィールドが空のままではフォームを送信することはできません。

●PHPでのデータ処理

○_POSTとは

_POSTは、PHPでフォームから送信されたデータを取得するためのスーパーグローバル変数です。

ユーザーがフォームを送信すると、そのデータは_POST変数に格納され、PHPスクリプトで利用できるようになります。

○データの挿入

下記のコードは、ユーザーがフォームを送信したときに、そのデータをデータベースに挿入するPHPの例です。

<?php
if ($_SERVER["REQUEST_METHOD"] == "POST") {
    $username = $_POST["username"];
    $password = password_hash($_POST["password"], PASSWORD_DEFAULT);
    $email = $_POST["email"];

    $pdo = new PDO("mysql:host=localhost;dbname=user_system", "root", "");
    $sql = "INSERT INTO users (username, password, email) VALUES (?, ?, ?)";
    $stmt = $pdo->prepare($sql);
    $stmt->execute([$username, $password, $email]);
}
?>

このコードは、ユーザーがフォームを送信したとき(つまり、_SERVER[“REQUEST_METHOD”]が”POST”であるとき)に実行されます。

ユーザー名、パスワード、メールアドレスは_POST変数から取得され、パスワードはpassword_hash関数を使用してハッシュ化されます。

その後、PDOを使用してデータベースに接続し、INSERT INTOクエリを実行してデータをデータベースに挿入します。

●セッション管理

○_SESSIONとは

_SESSIONは、PHPでセッションデータを取得するためのスーパーグローバル変数です。

ユーザーがログインすると、そのユーザーの情報は_SESSION変数に格納され、ユーザーがログアウトするまでの間、その情報は保持されます。

下記のコードは、ユーザーがログインしたときに、そのユーザーの情報を_SESSION変数に格納するPHPの例です。

<?php
session_start();

if ($_SERVER["REQUEST_METHOD"] == "POST") {
    $username = $_POST["username"];
    $password = $_POST["password"];

    $pdo = new PDO("mysql:host=localhost;dbname=user_system", "root", "");
    $sql = "SELECT * FROM users WHERE username = ?";
    $stmt = $pdo->prepare($sql);
    $stmt->execute([$username]);
    $user = $stmt->fetch();

    if ($user && password_verify($password, $user["password"])) {
        $_SESSION["username"] = $user["username"];
        echo "ログイン成功!";
    } else {
        echo "ユーザー名またはパスワードが間違っています。";
    }
}
?>

このコードは、ユーザーがログインフォームを送信したときに実行されます。

ユーザー名とパスワードは_POST変数から取得され、そのユーザー名を使ってデータベースからユーザー情報を取得します。

パスワードが一致する場合、ユーザー名は_SESSION変数に格納され、ログイン成功のメッセージが表示されます。

パスワードが一致しない場合、エラーメッセージが表示されます。

●エラーハンドリング

○エラーの種類

プログラミングでは、さまざまなエラーが発生する可能性があります。

例えば、データベースへの接続エラー、SQLクエリのエラー、フォームデータのバリデーションエラーなどがあります。

○対処法

エラーが発生したときには、適切なエラーメッセージを表示してユーザーに通知することが重要です。

また、可能な限りエラーの原因を特定し、それを修正することが求められます。

下記のコードは、PDOでデータベース操作を行う際にエラーハンドリングを行う例です。

<?php
try {
    $pdo = new PDO("mysql:host=localhost;dbname=user_system", "root", "");
    // エラーモードを例外モードに設定
    $pdo->setAttribute(PDO::ATTR_ERRMODE, PDO::ERRMODE_EXCEPTION);
} catch (PDOException $e) {
    echo "データベース接続に失敗しました: " . $e->getMessage();
}
?>

このコードでは、PDOのインスタンスを作成する際にエラーモードを例外モード(ERRMODE_EXCEPTION)に設定しています。

これにより、データベース操作でエラーが発生した場合にはPDOExceptionがスローされ、catchブロックでその例外を捕捉してエラーメッセージを表示します。

●カスタマイズの方法

ユーザー登録システムは、基本的な機能を持っているだけでなく、さまざまなカスタマイズが可能です。

いくつかカスタマイズの方法を紹介します。

○デザインの変更

ユーザー登録フォームのデザインは、HTMLとCSSを使って自由に変更することができます。

例えば、下記のCSSは、フォームとボタンのスタイルを変更する例です。

form {
    width: 300px;
    margin: 0 auto;
    padding: 20px;
    border: 1px solid #ccc;
    border-radius: 10px;
}

input[type="submit"] {
    background-color: #007BFF;
    color: white;
    padding: 10px 20px;
    border: none;
    border-radius: 5px;
    cursor: pointer;
}

このCSSは、フォームの幅を300pxに設定し、中央に配置するようにしています。

また、送信ボタンは青色の背景色と白色のテキスト色を持ち、カーソルを合わせるとポインタが手の形に変わるように設定しています。

○機能の追加

ユーザー登録システムには、さまざまな機能を追加することができます。

例えば、ユーザーがパスワードを忘れた場合にパスワードをリセットする機能、ユーザーが自分の情報を更新できる機能、ユーザーが自分のアカウントを削除できる機能などを追加することができます。

これらの機能を追加することで、ユーザー登録システムはより使いやすく、機能的なものになります。

まとめ

以上、PHPを使ったユーザー登録システムの作成方法について解説しました。

初心者でも理解できるように、基本的な概念から詳細なコードの説明まで、一歩一歩丁寧に解説してきました。

この記事を参考に、自分だけのユーザー登録システムを作ってみてください。