【簡単】PHPログイン機能の初心者でも理解できる7ステップ

PHPログイン機能の詳細ガイドPHP
この記事は約12分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPのログイン機能について学びたいと思っているあなたへ。

この記事を読むことで、PHPでログイン機能を作成する方法を理解し、自分のウェブサイトに実装することができるようになります。

初心者でも理解できるように、詳細な使い方、対処法、注意点、カスタマイズ方法を一つ一つ丁寧に解説していきます。

また、具体的なサンプルコードとその説明も提供しますので、理論だけでなく実践的な知識も身につけることができます。

●ログイン機能とは

ログイン機能とは、ユーザーが自分のアカウントにアクセスするための機能です。

ユーザー名とパスワードを入力することで、そのユーザーがシステムに登録されていることを確認し、そのユーザー専用の情報や機能にアクセスできるようにします。

これにより、各ユーザーが自分だけの情報を安全に管理することが可能になります。

●PHPでのログイン機能の作り方

それでは、具体的にPHPでログイン機能を作成する方法を見ていきましょう。

○サンプルコード1:ログインフォームの作成

まずは、ユーザーがログイン情報を入力するためのフォームを作成します。

HTMLとPHPを組み合わせて、次のようなコードを書くことができます。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <title>ログインフォーム</title>
</head>
<body>
    <form action="login.php" method="post">
        <label for="username">ユーザー名:</label>
        <input type="text" id="username" name="username">
        <label for="password">パスワード:</label>
        <input type="password" id="password" name="password">
        <input type="submit" value="ログイン">
    </form>
</body>
</html>

このコードでは、ユーザー名とパスワードを入力するためのテキストボックスと、それらの情報を送信するための送信ボタンを作成しています。

送信ボタンをクリックすると、入力された情報は”login.php”というPHPスクリプトに送られます。

○サンプルコード2:データベース接続

次に、PHPでデータベースに接続する方法を見ていきましょう。

ここでは、PDO(PHP Data Objects)を使用してMySQLデータベースに接続します。

<?php
$host = 'localhost';
$db   = 'myDatabase';
$user = 'myUser';
$pass = 'myPassword';
$charset = 'utf8mb4';

$dsn = "mysql:host=$host;dbname=$db;charset=$charset";
$opt = [
    PDO::ATTR_ERRMODE            => PDO::ERRMODE_EXCEPTION,
    PDO::ATTR_DEFAULT_FETCH_MODE => PDO::FETCH_ASSOC,
    PDO::ATTR_EMULATE_PREPARES   => false,
];
$pdo = new PDO($dsn, $user, $pass, $opt);
?>

このコードでは、まずデータベースのホスト名、データベース名、ユーザー名、パスワード、文字セットを設定しています。

次に、これらの情報を使用してPDOオブジェクトを作成し、データベースに接続します。

○サンプルコード3:ユーザー認証

データベースに接続したら、次はユーザーの認証を行います。

下記のコードは、ユーザーが入力したユーザー名とパスワードがデータベースに存在するかを確認する一例です。

<?php
if (isset($_POST['username'], $_POST['password'])) {
    $username = $_POST['username'];
    $password = $_POST['password'];

    $stmt = $pdo->prepare('SELECT * FROM users WHERE username = ?');
    $stmt->execute([$username]);

    $user = $stmt->fetch();

    if ($user && password_verify($password, $user['password'])) {
        $_SESSION['username'] = $user['username'];
        echo 'ログイン成功';
    } else {
        echo 'ログイン失敗';
    }
}
?>

このコードでは、まずユーザーが入力したユーザー名とパスワードがPOSTデータとして送られてきたかを確認します。

送られてきた場合、そのユーザー名とパスワードを変数に格納します。

次に、データベースからユーザー名が一致するユーザーの情報を取得します。

取得したユーザーの情報と入力されたパスワードが一致するかを確認し、一致した場合はログイン成功と表示します。

●ログイン機能の応用例

基本的なログイン機能を作成した後は、さらにその機能を拡張することが可能です。

ここでは、パスワードリセット機能と二段階認証という、よく見られるログイン機能の応用例を紹介します。

○サンプルコード4:パスワードリセット機能

ユーザーがパスワードを忘れた場合に備えて、パスワードリセット機能を提供することは重要です。

下記のコードは、パスワードリセット機能を実装する一例です。

<?php
if (isset($_POST['email'])) {
    $email = $_POST['email'];

    $stmt = $pdo->prepare('SELECT * FROM users WHERE email = ?');
    $stmt->execute([$email]);

    $user = $stmt->fetch();

    if ($user) {
        $newPassword = random_bytes(8);
        $hashedPassword = password_hash($newPassword, PASSWORD_DEFAULT);

        $stmt = $pdo->prepare('UPDATE users SET password = ? WHERE email = ?');
        $stmt->execute([$hashedPassword, $email]);

        echo '新しいパスワードをメールで送信しました。';
        // 実際にはここでメール送信の処理を行う
    } else {
        echo '該当するメールアドレスが見つかりませんでした。';
    }
}
?>

このコードでは、まずユーザーが入力したメールアドレスがPOSTデータとして送られてきたかを確認します。

送られてきた場合、そのメールアドレスを変数に格納します。

次に、データベースからメールアドレスが一致するユーザーの情報を取得します。

取得したユーザーが存在する場合、新しいパスワードを生成し、それをハッシュ化してデータベースに保存します。

最後に、新しいパスワードをユーザーのメールアドレスに送信します。

○サンプルコード5:二段階認証

二段階認証は、ユーザーのアカウントをさらに安全に保護するための方法です。

下記のコードは、二段階認証を実装する一例です。

<?php
if (isset($_POST['username'], $_POST['password'], $_POST['token'])) {
    $username = $_POST['username'];
    $password = $_POST['password'];
    $token = $_POST['token'];

    $stmt = $pdo->prepare('SELECT * FROM users WHERE username = ?');
    $stmt->execute([$username]);

    $user = $stmt->fetch();

    if ($user && password_verify($password, $user['password']) && $token == $_SESSION['token']) {
        $_SESSION['username']= $user['username'];
        echo 'ログイン成功';
    } else {
        echo 'ログイン失敗';
    }
}
?>

このコードでは、ユーザーが入力したユーザー名、パスワード、そして二段階認証のためのトークンがPOSTデータとして送られてきたかを確認します。送られてきた場合、それらを変数に格納します。

次に、データベースからユーザー名が一致するユーザーの情報を取得します。

取得したユーザーの情報と入力されたパスワード、トークンが一致するかを確認し、一致した場合はログイン成功と表示します。

以上が、ログイン機能の応用例です。

しかし、これらの機能を実装する際には、いくつかの注意点があります。

●注意点と対処法

ログイン機能を実装する際には、セキュリティを最優先に考える必要があります。

パスワードは必ずハッシュ化して保存し、ユーザーから送られてくる情報は必ずサニタイズするなど、基本的なセキュリティ対策を怠らないようにしましょう。

また、ユーザーの体験を向上させるためにも、エラーメッセージは具体的で親切なものにし、ログイン失敗時には適切なガイダンスを提供することが重要です。

●カスタマイズ方法

ログイン機能は、ウェブサイトの要件に応じて様々な方法でカスタマイズすることが可能です。

例えば、デザインをカスタマイズしたり、セキュリティを強化するための追加機能を実装したりすることができます。

○サンプルコード6:デザインのカスタマイズ

ログインフォームのデザインは、CSSを使用して自由にカスタマイズすることができます。

下記のコードは、ログインフォームにスタイルを適用する一例です。

<style>
    form {
        width: 300px;
        margin: 0 auto;
        padding: 20px;
        border: 1px solid #ccc;
        border-radius: 10px;
    }
    label {
        display: block;
        margin-bottom: 5px;
    }
    input[type="text"], input[type="password"] {
        width: 100%;
        padding: 10px;
        margin-bottom: 10px;
    }
    input[type="submit"] {
        padding: 10px 20px;
        background-color: #007BFF;
        color: white;
       border: none;
        border-radius: 5px;
        cursor: pointer;
    }
    input[type="submit"]:hover {
        background-color: #0056b3;
    }
</style>

このコードでは、フォーム全体の幅、マージン、パディング、ボーダーを設定しています。

また、ラベル、テキストボックス、送信ボタンに対してもそれぞれスタイルを適用しています。

○サンプルコード7:セキュリティの強化

ログイン機能のセキュリティを強化するためには、さまざまな方法があります。

例えば、パスワードの強度をチェックする機能を追加したり、ログイン試行回数を制限したりすることができます。

下記のコードは、ログイン試行回数を制限する一例です。

<?php
session_start();

if (!isset($_SESSION['login_attempts'])) {
    $_SESSION['login_attempts'] = 0;
}

if ($_SESSION['login_attempts'] >= 3) {
    echo 'ログイン試行回数が上限に達しました。しばらく時間を置いてから再度お試しください。';
    exit;
}

if (isset($_POST['username'], $_POST['password'])) {
    $username = $_POST['username'];
    $password = $_POST['password'];

    $stmt = $pdo->prepare('SELECT * FROM users WHERE username = ?');
    $stmt->execute([$username]);

    $user = $stmt->fetch();

    if ($user && password_verify($password, $user['password'])) {
        $_SESSION['username'] = $user['username'];
        echo 'ログイン成功';
    } else {
        $_SESSION['login_attempts']++;
        echo 'ログイン失敗';
    }
}
?>

このコードでは、セッションを使用してログイン試行回数を記録しています。

ログイン試行回数が3回以上になった場合、ログインを一時的に制限します。

まとめ

以上が、PHPでログイン機能を作成するための詳細なガイドです。初心者でも理解できるように、基本的な作り方から応用例、注意点、カスタマイズ方法までを一つ一つ丁寧に解説しました。

この記事を参考に、ぜひ自分のウェブサイトにログイン機能を実装してみてください。