PHP初心者必見!外部ファイルの読み込み方法10選

PHPで外部ファイルを読み込む方法を解説するイメージ PHP
この記事は約7分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPの世界へようこそ!

この記事を読むことで、PHPで外部ファイルを読み込む方法を10通り学ぶことができます。

初心者の方でも理解できるように、各方法を詳しく解説し、実際のサンプルコードとともに紹介します。

さらに、それぞれの方法の応用例もご紹介します。それでは、一緒にPHPの世界を探索していきましょう。

●PHPとは

PHPは、Webサイトの開発に広く使用されているプログラミング言語の一つです。

HTMLと組み合わせて使用することで、動的なWebページを作成することが可能です。

PHPの特徴としては、サーバーサイドで動作すること、データベースとの連携が容易であること、HTMLに直接埋め込むことができることなどが挙げられます。

●外部ファイルの読み込みとは

外部ファイルの読み込みとは、一つのPHPファイルから別のPHPファイルを読み込むことを指します。

これにより、コードの再利用性を高め、保守性を向上させることができます。

例えば、ヘッダーやフッター、ナビゲーションメニューなど、複数のページで共通して使用する部分を外部ファイルとして作成し、それを各ページから読み込むことで、コードの重複を避けることができます。

●PHPでの外部ファイルの読み込み方法

PHPで外部ファイルを読み込む方法は主に4つあります。

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

○includeを使った方法

includeは、指定したファイルを読み込むための関数です。

読み込むファイルが存在しない場合でも、エラーを出さずに処理を続行します。

includeを使って外部ファイルを読み込むサンプルコードを紹介します。

<?php
include 'external_file.php';
?>

このコードでは、’external_file.php’という名前の外部ファイルを読み込んでいます。

この例では、同じディレクトリにある’external_file.php’を読み込んでいます。

○requireを使った方法

requireも、指定したファイルを読み込むための関数です。

しかし、includeとは異なり、読み込むファイルが存在しない場合、エラーを出して処理を停止します。

requireを使って外部ファイルを読み込むサンプルコードを紹介します。

<?php
require 'external_file.php';
?>

このコードでは、’external_file.php’という名前の外部ファイルを読み込んでいます。

この例では、同じディレクトリにある’external_file.php’を読み込んでいます。

ファイルが存在しない場合、エラーが発生し、以降のコードは実行されません。

○include_onceを使った方法

include_onceは、指定したファイルを一度だけ読み込むための関数です。

同じファイルを複数回読み込むとエラーが発生する場合や、同じファイルが複数の場所で読み込まれると問題が発生する場合に使用します。

include_onceを使って外部ファイルを読み込むサンプルコードを紹介します。

<?php
include_once 'external_file.php';
?>

このコードでは、’external_file.php’という名前の外部ファイルを一度だけ読み込んでいます。

この例では、同じディレクトリにある’external_file.php’を読み込んでいます。

同じファイルが再度読み込まれることはありません。

○require_onceを使った方法

require_onceも、指定したファイルを一度だけ読み込むための関数です。

しかし、include_onceとは異なり、読み込むファイルが存在しない場合、エラーを出して処理を停止します。

require_onceを使って外部ファイルを読み込むサンプルコードを紹介します。

<?php
require_once 'external_file.php';
?>

このコードでは、’external_file.php’という名前の外部ファイルを一度だけ読み込んでいます。

この例では、同じディレクトリにある’external_file.php’を読み込んでいます。

同じファイルが再度読み込まれることはありません。

ファイルが存在しない場合、エラーが発生し、以降のコードは実行されません。

●サンプルコードとその解説

それぞれの方法について、具体的なサンプルコードとその解説を行います。

サンプルコードは、外部ファイルにある関数を読み込んで、その関数を呼び出すというシンプルなものです。

外部ファイル名は’functions.php’とします。

○includeを使ったサンプルコード

このコードでは、’functions.php’という名前の外部ファイルを読み込み、その中に定義されている’hello’という関数を呼び出しています。

‘functions.php’が同じディレクトリに存在し、その中に’hello’関数が定義されている必要があります。

<?php
include 'functions.php';
hello();
?>

○requireを使ったサンプルコード

このコードも、’functions.php’という名前の外部ファイルを読み込み、その中に定義されている’hello’という関数を呼び出しています。

ただし、’functions.php’が存在しない場合、エラーが発生し、以降のコードは実行されません。

<?php
require 'functions.php';
hello();
?>

○include_onceを使ったサンプルコード

このコードでは、’functions.php’という名前の外部ファイルを一度だけ読み込み、その中に定義されている’hello’という関数を呼び出しています。

同じファイルが再度読み込まれることはありません。

<?php
include_once 'functions.php';
hello();
?>

○require_onceを使ったサンプルコード

このコードも、’functions.php’という名前の外部ファイルを一度だけ読み込み、その中に定義されている’hello’という関数を呼び出しています。

ただし、’functions.php’が存在しない場合、エラーが発生し、以降のコードは実行されません。

<?php
require_once 'functions.php';
hello();
?>

●注意点と対処法

外部ファイルを読み込む際には、いくつかの注意点があります。

まず、読み込むファイルが存在しない場合、includeは警告を出すだけで処理を続行しますが、requireはエラーを出して処理を停止します。

そのため、読み込むファイルが必須の場合はrequireを、そうでない場合はincludeを使用します。

また、同じファイルを複数回読み込むと、関数やクラスの定義が重複してエラーが発生することがあります。

これを避けるためには、include_onceやrequire_onceを使用します。

●応用例とそのサンプルコード

外部ファイルの読み込みは、コードの再利用性を高めるための重要なテクニックです。

例えば、データベースへの接続設定を外部ファイルに記述し、それを各ページから読み込むことで、接続設定の変更が必要な場合に一箇所だけ修正すれば良くなります。

そのような応用例のサンプルコードを紹介します。

// db_config.php
<?php
$host = 'localhost';
$db   = 'test_db';
$user = 'test_user';
$pass = 'test_pass';
$charset = 'utf8mb4';
// main.php
<?php
require 'db_config.php';
// データベースへの接続処理
// ...
?>

この例では、データベースへの接続設定を’db_config.php’という外部ファイルに記述し、’main.php’からその設定を読み込んでいます。

接続設定を変更する必要がある場合は、’db_config.php’だけを修正すれば良いため、保守性が向上します。

まとめ

以上、PHPで外部ファイルを読み込む方法について詳しく解説しました。

include, require, include_once, require_onceの4つの方法と、それぞれの使い方、注意点を理解することで、PHPのコードの再利用性と保守性を高めることができます。

これらの知識を活用して、より効率的なPHPプログラミングを行ってください。