PHPで劇的に効率アップ!array_map関数の使い方5選

PHP array_map関数の解説と使い方を学ぶ画像PHP
この記事は約11分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

プログラミングの世界は広大で、その中にはさまざまなツールや関数が存在します。

特にPHPを学んでいるあなたは、データの操作や加工が重要なタスクとなるでしょう。

その際、array_map関数はとても有用なツールとなるでしょう。

この記事を読めば、PHPのarray_map関数の基本的な使い方から応用例までを学ぶことができるようになります。

●PHPのarray_map関数とは

array_map関数はPHPで提供されている組み込み関数の一つで、配列の全ての要素に対して指定した関数を適用します。

これにより、配列の全要素に対して同じ処理を行いたいときに、一度に処理を実行することができます。

これは、コードの読みやすさや保守性、さらにはパフォーマンス向上にも繋がります。

●array_mapの使い方

次に、array_map関数の基本的な使い方について見ていきましょう。

○基本的な使い方

array_map関数の基本的な使い方は次の通りです。

array_map(関数, 配列);

ここで、関数には配列の各要素に適用したい関数を指定します。

配列には、関数を適用したい配列を指定します。

それでは、この基本的な使い方を元にしたサンプルコードを見てみましょう。

○サンプルコード1:配列の全要素に関数を適用する

このコードではarray_map関数を使って配列の全要素に関数を適用するコードを紹介しています。

この例では配列の全要素を二乗しています。

<?php
// 配列を定義
$array = [1, 2, 3, 4, 5];

// 各要素を二乗する関数
function square($n) {
    return $n ** 2;
}

// array_mapを使用して配列の全要素を二乗する
$result = array_map('square', $array);

// 結果を出力
print_r($result);  // Array ( [0] => 1 [1] => 4 [2] => 9 [3] => 16 [4] => 25 )
?>

このコードでは、関数squareを定義し、その関数をarray_map関数に渡しています。

square関数は引数として受け取った数値を二乗する処理を行います。

そして、array_map関数はこの関数を配列の各要素に適用し、その結果を新しい配列として返します。

この結果、元の配列の各要素が二乗された新しい配列が作成されます。

●array_map関数の応用例

基本的な使い方を理解したところで、array_map関数の応用例を紹介します。

この関数は非常に強力で、多様なシチュエーションで活用することが可能です。

○応用例1:配列の要素を一度に変換する

array_map関数は配列の全要素に対して一度に変換を行うことが可能です。

例えば、文字列の配列を一度に数値の配列に変換するような処理を一行で書くことができます。

○サンプルコード2:文字列の配列を一度に数値に変換する

このコードでは、array_map関数を使って文字列の配列を一度に数値に変換する例を示しています。

この例では、”intval”関数を使用して文字列を数値に変換しています。

<?php
// 文字列の配列を定義
$array = ["1", "2", "3", "4", "5"];

// array_mapを使用して配列の全要素を数値に変換する
$result = array_map('intval', $array);

// 結果を出力
print_r($result);  // Array ( [0] => 1 [1] => 2 [2] => 3 [3] => 4 [4] => 5 )
?>

このコードでは、関数intvalをarray_map関数に渡しています。intval関数は引数として受け取った文字列を数値に変換する処理を行います。

そして、array_map関数はこの関数を配列の各要素に適用し、その結果を新しい配列として返します。

この結果、元の文字列の配列が数値の配列に変換されました。

○応用例2:複数の配列に対して関数を適用する

array_map関数は、一つ以上の配列に対して関数を適用することも可能です。

その際、関数は各配列の同じインデックスにある要素に対して適用されます。

例として、二つの配列の各要素を足し合わせる処理を見てみましょう。

○サンプルコード3:二つの配列の要素を合計する

このコードでは、array_map関数を使って二つの配列の要素を一度に合計するコードを紹介しています。

この例では、二つの配列の各要素を足し合わせて新たな配列を生成しています。

<?php
// 配列を定義
$array1 = [1, 2, 3, 4, 5];
$array2 = [6, 7, 8, 9, 10];

// array_mapを使用して二つの配列の要素を合計する
$result = array_map(function($a, $b) { return $a + $b; }, $array1, $array2);

// 結果を出力
print_r($result);  // Array ( [0] => 7 [1] => 9 [2] => 11 [3] => 13 [4] => 15 )
?>

このコードでは、無名関数(匿名関数)をarray_map関数に渡しています。

この無名関数は二つの引数を取り、それらを足し合わせた値を返します。

そして、array_map関数はこの関数を二つの配列の各要素に適用し、その結果を新しい配列として返します。

この結果、二つの配列の各要素が足し合わされた新しい配列が作成されました。

●array_map関数の注意点と対策

PHPのarray_map関数は、非常に便利である一方で、いくつかの注意点があります。

ここでは、それらの注意点とその対策について詳しく説明します。

○注意点1:関数の引数の数と配列の数

array_map関数を複数の配列に適用する際は、関数の引数の数と配列の数が一致している必要があります。

そうでない場合、エラーが発生します。

○サンプルコード4:引数の数と配列の数が一致しない場合

このコードでは、array_map関数を使って二つの引数を取る関数を一つの配列に適用する例を示しています。

この例では、関数の引数の数と配列の数が一致していないためエラーが発生します。

<?php
// 配列を定義
$array1 = [1, 2, 3, 4, 5];

// array_mapを使用して二つの引数を取る関数を一つの配列に適用する
$result = array_map(function($a, $b) { return $a + $b; }, $array1);

// 結果を出力
print_r($result);
?>

このコードを実行すると、エラーが発生します。

これは、関数が二つの引数を必要としているのに対し、array_map関数には一つの配列しか渡していないからです。

この問題を解決するためには、関数の引数の数とarray_map関数に渡す配列の数を一致させる必要があります。

○注意点2:関数が返す値

array_map関数は、指定された関数の返り値を新たな配列の要素として格納します。

そのため、関数が何も返さない(void)場合、新たな配列の要素は全てNULLになります。

そのため、関数が値を返すように設計することが重要です。

○サンプルコード5:関数が何も返さない場合

このコードでは、array_map関数を使って関数が何も返さない場合の挙動を表しています。

この例では、関数が何も返さないため、新たな配列の要素は全てNULLになります。

<?php
// 配列を定義
$array = [1, 2, 3, 4, 5];

// array_mapを使用して関数が何も返さない場合の挙動を確認
$result = array_map(function($value) { $value * 2; }, $array);

// 結果を出力
print_r($result);  // Array ( [0] => NULL [1] => NULL [2] => NULL [3] => NULL [4] => NULL )
?>

このコードを実行すると、全ての要素がNULLの配列が出力されます。

これは、関数が値を返していないためです。

この問題を解決するためには、関数内で値を明示的に返す(return文を使用する)ことが必要です。

●array_map関数をカスタマイズする方法

PHPのarray_map関数は汎用性が高く、特定の操作を行いたいときに自由にカスタマイズすることができます。

この節では、そのカスタマイズ方法について説明します。

○カスタマイズ1:匿名関数を使用する

array_map関数の第一引数には、適用する関数を指定します。

ここには、あらかじめ定義した関数の名前を指定することもできますが、匿名関数(無名関数)を使用することで、より柔軟に操作を行うことができます。

匿名関数を使用したarray_map関数の使用例を示すサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード6:匿名関数を使用したarray_map関数

このコードでは、array_map関数に匿名関数を使用して、配列の各要素を二乗する操作を行う例を表しています。

<?php
// 配列を定義
$array = [1, 2, 3, 4, 5];

// array_map関数に匿名関数を使用して、配列の各要素を二乗する
$result = array_map(function($value) { return $value ** 2; }, $array);

// 結果を出力
print_r($result);  // Array ( [0] => 1 [1] => 4 [2] => 9 [3] => 16 [4] => 25 )
?>

このコードを実行すると、各要素が二乗された新しい配列が出力されます。匿名関数を使用することで、array_map関数の振る舞いを自由にカスタマイズすることが可能になります。

○カスタマイズ2:クロージャを利用する

PHPでは、匿名関数の中で外部の変数を使用するためにクロージャ(閉包)という概念を利用することができます。

クロージャを利用すると、array_map関数の振る舞いをさらに細かく制御することができます。

クロージャを利用したarray_map関数の使用例を示すサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード7:クロージャを利用したarray_map関数

このコードでは、array_map関数にクロージャを使用して、配列の各要素に外部から取り込んだ変数を加える操作を行う例を示しています。

<?php
// 配列と加える数値を定義
$array = [1, 2, 3, 4, 5];
$addNumber = 10;

// array_map関数にクロージャを使用して、配列の各要素に$addNumberを加える
$result = array_map(function($value) use ($addNumber) { return $value + $addNumber; }, $array);

// 結果を出力
print_r($result);  // Array ( [0] => 11 [1] => 12 [2] => 13 [3] => 14 [4] => 15 )
?>

このコードを実行すると、各要素に外部から取り込んだ変数$addNumberが加えられた新しい配列が出力されます。

クロージャを使用することで、array_map関数に外部の情報を取り込むことが可能になり、その結果、関数の振る舞いをさらに細かく制御することができます。

まとめ

今回の記事では、PHPでのデータ処理を効率化するための強力なツール、array_map関数について詳しく解説しました。

array_map関数の基本的な使い方から、より進んだ使い方(例えば、匿名関数やクロージャの利用)までを学びました。

また、array_map関数の特性や注意点、それに対する対策についても考察しました。

この関数をうまく利用すれば、配列の各要素に対する処理をシンプルかつ効率的に記述することができます。

サンプルコードを通して、基本的な使用方法だけでなく、独自の関数を適用する方法や、配列の各要素を変換・操作する具体的なコードの書き方を理解することができたはずです。

また、実際の問題に遭遇した際には、サンプルコードを参照することで、解決の糸口を見つけることができるでしょう。

PHPでのプログラミングを行う際には、array_map関数を有効に活用し、コードの効率性を追求しましょう。

これが、PHPにおける効率的なプログラミングの一歩となります。

本記事が、PHPのarray_map関数を理解し、日々のプログラミングに活用するための一助となれば幸いです。