PHPで開花する!yieldの使い方とその魅力、7つの実例で学ぼう!

PHPでyieldを使ったプログラミングを学ぶコンピュータ画面PHP
この記事は約15分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPを学び進めると、様々なキーワードや関数、構文が登場します。

そんな中でも「yield」はその特異な性質から一見理解しにくい概念であるかもしれません。

しかし、このyieldを理解し、使いこなすことでPHPのプログラミングがさらに楽しく、パワフルになります。

この記事を読むことで、yieldの概念、使い方、そしてその魅力を具体的なコード例を交えて理解することができるようになります。

そして、あなたのPHPコーディングスキルは新たなレベルへと引き上げられるでしょう。

●PHPとは

PHPは、1994年にリーダス・リードルフによって開発された、サーバーサイドのスクリプト言語です。

主にWebアプリケーション開発に使われ、HTMLと組み合わせて動的なWebページを作成します。

また、データベースとの連携も容易であり、特にMySQLとの組み合わせが多く見られます。

○PHPの特徴

PHPは、開発が容易で、学習コストが低いことが特徴です。

独自のサーバーを立ち上げることなく、HTMLに埋め込んで使用することができ、シンタックスも直感的で理解しやすいです。

また、多くのホスティングサービスがPHPをサポートしているため、作成したWebアプリケーションの公開も簡単です。

●yieldとは

yieldは、PHPにおけるジェネレーターのためのキーワードです。

ジェネレーターは、イテレーションを行う特別な関数で、大規模なデータを効率的に扱ったり、特殊な繰り返しパターンを作成したりするのに役立ちます。

○ジェネレーターの基本

ジェネレーター関数は、通常の関数とは異なり、return文ではなくyield文を使用します。

yield文を実行すると、ジェネレーターはその時点の値を返し(つまり”yield”し)、その状態を一時的に保存します。

次にジェネレーターが呼び出されると、保存した状態から再開し、次のyieldまでの処理を行います。

●yieldの使い方

それでは、具体的にどのようにyieldを使うのか見ていきましょう。

基本的な使い方から応用例まで、7つのコード例を挙げます。

○サンプルコード1:基本的なジェネレータの作成

まずはじめに、ジェネレータを作成する最もシンプルな例を紹介します。

このコードでは、1から3までの数字をyieldするジェネレータを作成しています。

function count_to_three() {
    yield 1;
    yield 2;
    yield 3;
}

このジェネレータを使用すると、次のようにforeachでイテレーションすることができます。

foreach (count_to_three() as $number) {
    echo $number, "\n";
}

このコードを実行すると、結果は次のようになります。

1
2
3

上記の結果を得ることができます。

1から3までの数値が順に出力されていることが確認できます。

この例からもわかるように、ジェネレータはforeachで扱うことができ、その都度、yieldで指定した値が取り出されます。

○サンプルコード2:配列の各要素を生成する

次に、配列の各要素を順に生成するジェネレータを作成してみましょう。

このコードでは、配列の各要素を順にyieldしています。

function yield_array($array) {
    foreach ($array as $item) {
        yield $item;
    }
}

このジェネレータを使うと、配列の要素を順番に取り出すことができます。

$array = ['apple', 'banana', 'cherry'];
foreach (yield_array($array) as $fruit) {
    echo $fruit, "\n";
}

このコードを実行すると、次のような結果になります。

apple
banana
cherry

この結果からわかるように、ジェネレータは配列の各要素を順に取り出すための便利なツールとなります。

また、大量のデータを扱う場合にも、全てのデータを一度にメモリに展開するのではなく、必要になった時点で一つずつ取り出すことができるため、メモリ効率を良くすることが可能です。

○サンプルコード3:無限シーケンスの生成

さらに進んだ使い方として、yieldを使って無限シーケンスを生成する例を表します。

このコードは、フィボナッチ数列を無限に生成するジェネレータです。

function fibonacci() {
    $a = 0;
    $b = 1;
    while (true) {
        yield $a;
        list($a, $b) = array($b, $a + $b);
    }
}

無限シーケンスを生成するジェネレータの利点は、要求されたときにのみ次の値を計算するため、計算コストを節約できることにあります。

たとえば、上記のフィボナッチジェネレータを使用して、フィボナッチ数列の最初の10項を出力することができます。

$i = 0;
foreach (fibonacci() as $number) {
    echo $number, "\n";
    if ($i++ >= 9) break;
}

このコードを実行すると、フィボナッチ数列の最初の10項が次のように出力されます。

0
1
1
2
3
5
8
13
21
34

このように、ジェネレータを使うことで簡単に無限シーケンスを扱うことができます。

また、大規模な計算を要求される可能性のある場合でも、必要な分だけ計算を行うため、リソースを節約できます。

●yieldの応用例

PHPのyieldを使った実用的な応用例をいくつか見ていきましょう。

○サンプルコード4:大規模データの読み込み

ファイルの内容を行ごとに読み込むためのジェネレータを作成します。

この例では、大きなファイルを読み込む際に役立つコードを表しています。

一度にすべてのデータをメモリに格納するのではなく、必要なときにだけデータを読み込むため、メモリ効率が向上します。

function getLines($file) {
    $fp = fopen($file, 'r');
    while (!feof($fp)) {
        yield fgets($fp);
    }
    fclose($fp);
}

このジェネレータを使用して、大きなファイルの内容を順番に読み込むことができます。

foreach (getLines("large_file.txt") as $line) {
    echo $line;
}

このコードを実行すると、”large_file.txt”という名前の大きなファイルの内容を行ごとに出力します。

ファイルが非常に大きい場合でも、このコードは一度に1行だけをメモリに保持するため、メモリ効率が非常に良いです。

○サンプルコード5:コルーチンの作成

PHPのジェネレータを使用してコルーチンを作成することも可能です。

この例では、送信と受信が可能なジェネレータを作成しています。

ここではコルーチンと呼ばれるプログラミングのテクニックを表しています。

function logger($fileName) {
    $fileHandle = fopen($fileName, 'a');
    while (true) {
        $line = yield;
        fwrite($fileHandle, $line . "\n");
    }
}

このジェネレータは受け取ったデータをファイルに書き込みます。

$logger = logger(__DIR__.'/log');
$logger->send('First log line');
$logger->send('Second log line');

このコードを実行すると、ジェネレータに送信された文字列が”log”という名前のファイルに書き込まれます。

このようにジェネレータを使用すると、シンプルなコルーチンを作成することができます。

○サンプルコード6:並行処理の実装

ジェネレータは並行処理を行うためのツールとしても使用することができます。

この例では、複数のジェネレータを同時に進めるコードを表しています。

function gen1() {
    yield 1;
    yield 2;
    yield 3;
}

function gen2() {
    yield 'a';
    yield 'b';
    yield 'c';
}

$merge = function() {
    yield from gen1();
    yield from gen2();
};

foreach ($merge() as $value) {
    echo $value, "\n";
}

このコードを実行すると、次のように出力されます。

1
2
3
a
b
c

このように、yield fromを使用すると複数のジェネレータを組み合わせることができます。

このような形で並行処理を実現することが可能です。

○サンプルコード7:ステートフルなジェネレータの作成

ジェネレータはステートフルなものを作成するのにも便利です。

この例では、呼び出されるたびに次のフィボナッチ数を生成するジェネレータを表しています。

function fibonacci() {
    $prev = 0;
    $current = 1;
    while (true) {
        yield $current;
        $temp = $current;
        $current = $prev + $current;
        $prev = $temp;
    }
}

$fib = fibonacci();
echo $fib->current(), "\n";
$fib->next();
echo $fib->current(), "\n";
$fib->next();
echo $fib->current(), "\n";

このコードを実行すると、次のように出力されます。

1
1
2

このように、ジェネレータを使って状態を持つイテレータを簡単に作成することができます。

●yieldの注意点と対処法

PHPのyieldを使うときには、いくつかの注意点とそれに対する対処法を理解しておくと、より効果的に使用することができます。

○注意点1:ジェネレータはイテレータを一度しか使用できない

ジェネレータはイテレータの一種ですが、通常のイテレータと異なり、一度走査した後には再度走査することができません。

これは、ジェネレータが内部状態を保持し、その状態が進行するとともに変化するためです。

function numbers() {
    yield 1;
    yield 2;
    yield 3;
}

$gen = numbers();
foreach ($gen as $num) {
    echo $num, "\n"; 
}

foreach ($gen as $num) {
    echo $num, "\n"; 
}

このコードを実行すると、1, 2, 3と出力された後、何も出力されないことを確認できます。

○対処法1:必要に応じてジェネレータを再生成する

上記の制約を解決するためには、必要に応じてジェネレータを再生成することです。

function numbers() {
    yield 1;
    yield 2;
    yield 3;
}

$gen1 = numbers();
foreach ($gen1 as $num) {
    echo $num, "\n"; 
}

$gen2 = numbers();
foreach ($gen2 as $num) {
    echo $num, "\n"; 
}

このように、新たなジェネレータを生成すれば、再度ジェネレータを走査することが可能になります。

○注意点2:ジェネレータは参照をyieldできない

ジェネレータは値をyieldできますが、参照をyieldすることはできません。

参照をyieldしようとすると、エラーが発生します。

function &reference() {
    $value = 3;
    yield $value;
}

foreach (reference() as &$num) {
    $num++;
}

echo $num;

このコードを実行すると、エラーが発生します。

○対処法2:ジェネレータ内で値を変更する

この制約を回避するためには、ジェネレータ内部で値を変更することが一つの方法です。

この方法では、ジェネレータが新しい値を生成するたびにその値を更新できます。

function numbers() {
    for ($i = 0; $i < 3; $i++) {
        yield $i;
    }


}

$gen = numbers();
foreach ($gen as $num) {
    echo $num, "\n"; 
    $gen->send($num + 1);
}

foreach ($gen as $num) {
    echo $num, "\n"; 
}

このコードを実行すると、値が更新されていることが確認できます。

以上のように、PHPのyieldを使う際の注意点とそれらを解決するための対処法を理解することで、より実践的なコードを書くことができます。

●yieldのカスタマイズ方法

PHPのyieldを使ったコーディングでは、さまざまなカスタマイズが可能です。

ここでは、ジェネレータを使用した値の送受信や、キー付きのyield、例外処理のカスタマイズについて解説します。

○値の送受信

PHPのジェネレータでは、yieldを通じて外部から値を受け取り、また外部に値を送り出すことが可能です。

これにより、ジェネレータの内部状態を外部から制御したり、逆にジェネレータから外部へ状態を通知することが可能になります。

function numbers() {
    $num = 0;
    while (true) {
        $increment = yield $num;
        if (is_null($increment)) {
            $increment = 1;
        }
        $num += $increment;
    }
}

$gen = numbers();
echo $gen->current(), "\n"; 
$gen->send(2);
echo $gen->current(), "\n"; 
$gen->send(3);
echo $gen->current(), "\n";

このコードでは、ジェネレータから値を受け取ると同時に、外部から値を送り込むことでジェネレータの内部状態を操作しています。

その結果、1, 3, 6という連続した数値が出力されます。

○キー付きyield

PHPのジェネレータでは、yield文によって生成される値にキーを付けることができます。

これは配列のキーと同様に、生成された値を識別するために使用されます。

function keyValue() {
    yield "apple" => "red";
    yield "banana" => "yellow";
    yield "grape" => "purple";
}

foreach (keyValue() as $fruit => $color) {
    echo $fruit, " is ", $color, "\n"; 
}

このコードでは、キー付きのyieldを用いて、各フルーツの色を出力します。

実行結果は、”apple is red”, “banana is yellow”, “grape is purple”となります。

○例外処理

ジェネレータ内部でエラーが発生した場合でも、外部からは通常のイテレーションと同じように処理を続行することが可能です。

そのため、適切な例外処理を行うことで、より堅牢なジェネレータを作成することができます。

function checkNum() {
    for ($i = 0; $i < 5; $i++) {
        if ($i > 2) {
            throw new Exception("Number is too high");
        }
        yield

 $i;
    }
}

$gen = checkNum();
foreach ($gen as $num) {
    try {
        echo $num, "\n";
    } catch (Exception $e) {
        echo "Caught exception: ", $e->getMessage(), "\n";
        break;
    }
}

このコードでは、例外が発生した際に、それを捕捉し適切なエラーメッセージを出力して処理を終了しています。

この場合、0, 1, 2が出力された後で、”Caught exception: Number is too high”と表示されます。

これらのカスタマイズ方法を活用することで、PHPのyieldを使ったプログラミングが、より効率的で強力なツールとなるでしょう。

まとめ

この記事では、PHPのyieldの使い方やその魅力を理解するためのさまざまな情報を提供しました。

PHPのyieldは非常に強力なツールで、その使用方法やカスタマイズ方法を理解することで、より高度なプログラミングが可能になります。

具体的には、PHPのジェネレータを使用した値の送受信方法、キー付きのyield、例外処理のカスタマイズ方法について詳しく説明しました。

それぞれのテーマに対して、具体的なサンプルコードを示し、その動作と意味を詳しく解説しました。

これらの知識を活用することで、PHPのyieldを用いたコーディングがより一層容易になり、プログラムの効率と堅牢性を向上させることができます。

これらのテクニックを日々のコーディングに活用してみてください。

PHPのyieldはその特性上、非同期プログラミングや大規模なデータ処理、メモリ効率の良いコードを書くのに役立ちます。

これらの概念を理解し、日々のプログラミングに活用することで、あなたのPHPコーディングスキルは新たなレベルに達するでしょう。

本記事がPHPでのyieldの使用法を理解し、さらなるスキルアップに役立つことを願っています。