Objective-Cでallocをマスター!初心者向けの15選サンプルコード解説

Objective-Cのallocメソッドを解説するイラストとサンプルコードObjctive-C
この記事は約21分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Objective-Cのプログラミング言語は、iOSやmacOSのアプリケーション開発の基盤となる言語であり、多くの開発者に利用されています。

特に、この言語を学ぶ初心者にとって「alloc」メソッドの理解は欠かせないスキルの一つとなっています。

この記事を通して、allocメソッドの基本からその応用、そして注意点やカスタマイズ方法に至るまでの知識を、具体的なサンプルコードを交えて詳細に解説します。

あなたのObjective-Cにおける理解の助けとなるよう心がけて執筆しました。

Objective-Cとは何か、その歴史や特徴を簡単に触れた後、allocメソッドの役割と重要性について詳しく見ていきます。

●Objective-Cとallocの基礎知識

Objective-Cは、1980年代初頭にBrad CoxとTom Loveによって開発されました。

この言語は、C言語のシンタックスを基盤に、Smalltalkのようなオブジェクト指向の特性を取り入れています。

その結果、Objective-Cは非常に強力で柔軟な言語となり、AppleのiOSやmacOSの主要な開発言語として多大なる貢献をしてきました。

Objective-Cの中で特に重要なのが、メモリ管理の概念です。

そして、その中心に位置するのが「alloc」メソッドです。

○allocメソッドの役割

allocメソッドは、Objective-Cにおけるオブジェクトのメモリ確保を行うためのものです。

具体的には、オブジェクトを生成する際に必要なメモリ領域を動的に割り当てる役割を持っています。

このメソッドを適切に使用することで、プログラムのメモリ使用量を効果的にコントロールすることができ、アプリケーションのパフォーマンスや安定性を向上させることが期待できます。

しかし、allocメソッドの使用には注意が必要です。

適切にメモリを解放しないと、メモリリークという問題が発生する可能性があります。

●allocの使い方

Objective-Cにおいて、オブジェクトを生成するときにはallocメソッドが不可欠です

ここでは、allocメソッドの基本的な使用方法から、より発展的な使い方まで、具体的なサンプルコードを交えて詳細に解説します。

○サンプルコード1:基本的なallocの使用方法

Objective-Cで新しいオブジェクトを生成する際の基本的な方法は、allocメソッドを用いることです。

ここでは、NSStringクラスのインスタンスを生成する際の基本的なサンプルコードを紹介します。

NSString *newString = [NSString alloc];

このコードでは、NSStringクラスのallocメソッドを使って新しいインスタンスを生成しています。

ただし、この時点ではnewStringは初期化されていないので、使用する前に初期化メソッドを呼び出す必要があります。

○サンプルコード2:allocとinitを組み合わせた初期化

allocメソッドの後には、通常initメソッドやそれに関連する初期化メソッドを呼び出します。

ここでは、allocとinitメソッドを組み合わせてNSStringクラスのインスタンスを生成・初期化するサンプルコードを紹介します。

NSString *initializedString = [[NSString alloc] init];

このコードでは、NSStringクラスのallocメソッドを使って新しいインスタンスを生成した後、initメソッドを呼び出してインスタンスを初期化しています。

この例では、initializedStringは空の文字列として初期化されています。

また、次のようにNSStringクラスのinitWithString:メソッドを使用して、特定の文字列で初期化することも可能です。

NSString *helloString = [[NSString alloc] initWithString:@"Hello, Objective-C!"];

この例では、”Hello, Objective-C!”という文字列でinitializedStringインスタンスを初期化しています。

○サンプルコード3:カスタムイニシャライザとalloc

Objective-Cでのオブジェクト生成には、一般的にallocinitを組み合わせて使用します。

しかし、標準の初期化メソッドinitだけでなく、カスタムイニシャライザを組み合わせて利用することもできます。

こちらが、カスタムイニシャライザを持つクラスとその使用例です。

// MyClass.h
@interface MyClass : NSObject

@property (nonatomic, strong) NSString *name;
@property (nonatomic, assign) int age;

- (instancetype)initWithName:(NSString *)name andAge:(int)age;

@end

// MyClass.m
#import "MyClass.h"

@implementation MyClass

- (instancetype)initWithName:(NSString *)name andAge:(int)age {
    self = [super init];
    if (self) {
        _name = name;
        _age = age;
    }
    return self;
}

@end

// 使用例
MyClass *obj = [[MyClass alloc] initWithName:@"Taro" andAge:20];

このコードではMyClassというクラスを作成しています。

このクラスはnameageという2つのプロパティを持っており、それらを初期化するためのカスタムイニシャライザinitWithName:andAge:を定義しています。

この例では、Taroという名前と20という年齢を持つMyClassのオブジェクトを生成しています。

このようなカスタムイニシャライザを使用すると、オブジェクト生成時に特定の値で初期化することができ、コードの可読性や再利用性を向上させることができます。

○サンプルコード4:allocを使用しての配列操作

Objective-Cの配列操作にもallocを利用することができます。

特に、可変の配列NSMutableArrayの場合、allocinitを使用してインスタンスを生成することが一般的です。

ここでは、NSMutableArrayの生成と操作のサンプルコードを紹介します。

NSMutableArray *array = [[NSMutableArray alloc] init];
[array addObject:@"Apple"];
[array addObject:@"Banana"];
[array addObject:@"Cherry"];
[array removeObjectAtIndex:1];

このコードでは、まずNSMutableArrayのインスタンスを生成しています。

その後、addObject:メソッドを使用して3つの文字列を追加しています。

最後にremoveObjectAtIndex:メソッドを使用して、インデックス1のオブジェクト(この場合Banana)を削除しています。

NSMutableArrayは配列の内容を動的に変更できるため、allocと組み合わせて使用することで、柔軟に配列操作を行うことができます。

○サンプルコード5:allocでの複雑なデータ構造の作成

allocは単純なオブジェクトだけでなく、複雑なデータ構造を持つオブジェクトの生成にも使用できます。

ここでは、辞書型のデータ構造を持つNSMutableDictionaryの生成と操作のサンプルコードを紹介します。

NSMutableDictionary *dictionary = [[NSMutableDictionary alloc] init];
[dictionary setObject:@"Tokyo" forKey:@"Japan"];
[dictionary setObject:@"London" forKey:@"UK"];
[dictionary setObject:@"Paris" forKey:@"France"];
[dictionary removeObjectForKey:@"UK"];

このコードでは、まずNSMutableDictionaryのインスタンスを生成しています。

その後、setObject:forKey:メソッドを使用して3つのキーと値のペアを追加しています。

最後にremoveObjectForKey:メソッドを使用して、キーUKのペアを削除しています。

NSMutableDictionaryを使用すると、キーと値のペアを動的に管理できるため、データベースや設定ファイルの操作など、さまざまな場面で役立ちます。

●allocの応用例

Objective-Cにおいて、allocメソッドは非常に基本的でありながら、その背後に隠された深い力を持っています。

初心者の方がallocを学ぶ際、基本的な使い方だけを覚えるのではなく、さまざまな応用例を知ることで、より実践的なシーンでの使用方法や、その強力な機能を最大限に活用するための手法を理解することが重要です。

ここでは、allocの応用的な使い方をいくつかのサンプルコードを通して解説します。

具体的なコードを元に、どのようにallocが動作し、どのような効果や結果が期待されるのかを明確にします。

○サンプルコード6:allocを用いたマルチスレッド処理

Objective-Cでのマルチスレッド処理は、効率的なプログラムの実行を可能にするための手法の1つです。

allocを使用することで、各スレッドで必要なオブジェクトを効率よく生成することができます。

#import <Foundation/Foundation.h>

@interface ThreadSafeObject : NSObject
@end

@implementation ThreadSafeObject
- (void)doSomething {
    NSLog(@"Thread-safe method executed.");
}
@end

int main() {
    @autoreleasepool {
        dispatch_queue_t queue = dispatch_get_global_queue(DISPATCH_QUEUE_PRIORITY_DEFAULT, 0);
        for (int i = 0; i < 10; i++) {
            dispatch_async(queue, ^{
                ThreadSafeObject *object = [[ThreadSafeObject alloc] init];
                [object doSomething];
            });
        }
    }
    sleep(2); // 一時的に2秒間スリープして、全てのスレッドが終了するのを待つ
    return 0;
}

このコードでは、GCD (Grand Central Dispatch) を使用してマルチスレッドで10回メソッドを実行しています。

allocを使用することで、各スレッドに独立したインスタンスを生成し、スレッドセーフに動作させています。

この例での実行結果として、”Thread-safe method executed.” というメッセージが10回ログに出力されます。

これにより、マルチスレッド環境下でもallocを使って安全にオブジェクトを生成し、各スレッドで独立に動作させることができることが確認できます。

○サンプルコード7:allocとメモリ管理

Objective-Cのメモリ管理は、特にallocを使用する際に非常に重要なテーマとなります。

allocを使用してオブジェクトを生成した場合、そのオブジェクトは必ず解放する必要があります。

#import <Foundation/Foundation.h>

@interface SampleClass : NSObject
@end

@implementation SampleClass
- (void)dealloc {
    NSLog(@"SampleClass instance is being deallocated.");
}
@end

int main() {
    @autoreleasepool {
        SampleClass *sample = [[SampleClass alloc] init];
    } // autoreleasepoolの終了時にsampleオブジェクトは解放される
    sleep(1); // 一時的に1秒間スリープして、deallocが呼ばれるのを確認する
    return 0;
}

このコードでは、SampleClassのインスタンスを生成しています。

このインスタンスはautoreleasepoolのスコープを抜ける際に、deallocメソッドが呼ばれ、オブジェクトが解放されることを確認します。

この例の実行結果として、”SampleClass instance is being deallocated.” というメッセージがログに出力されます。

これにより、allocを使用して生成されたオブジェクトは適切なタイミングで解放されることが確認できます。

ただし、解放忘れが起こるとメモリリークの原因となるため、適切なメモリ管理を行うことが不可欠です。

○サンプルコード8:allocとデリゲートパターン

Objective-Cにおけるallocメソッドは、オブジェクトのメモリ割り当てを行いますが、単にオブジェクトを生成するだけでなく、デリゲートパターンと組み合わせることで、柔軟なプログラム構造を作ることができます。

デリゲートパターンは、特定の処理やイベントに対する振る舞いを他のオブジェクトに委譲するデザインパターンです。

例えば、ボタンが押された際の処理を、ボタンオブジェクト自体ではなく、デリゲートとして指定されたオブジェクトに委譲することが考えられます。

このコードでは、MyDelegate プロトコルを持ったオブジェクトを作成し、MyClass オブジェクトのデリゲートとしてセットして、デリゲートメソッドを呼び出すことを表しています。

// MyDelegateプロトコルの定義
@protocol MyDelegate <NSObject>
- (void)didSomething;
@end

// MyClassクラスの定義
@interface MyClass : NSObject
@property (nonatomic, weak) id<MyDelegate> delegate;
- (void)executeSomething;
@end

@implementation MyClass
- (void)executeSomething {
    // 何らかの処理
    [self.delegate didSomething];
}
@end

// Main
MyClass *myInstance = [[MyClass alloc] init];
MyDelegateObject *delegateObject = [[MyDelegateObject alloc] init];
myInstance.delegate = delegateObject;
[myInstance executeSomething];

この例では、MyClassexecuteSomethingメソッドを実行すると、MyDelegateプロトコルのdidSomethingメソッドが呼び出される仕組みになっています。

このような処理が行われた場合、MyDelegateObject内のdidSomethingメソッドが実行されます。

○サンプルコード9:allocを活用した高速化テクニック

Objective-Cのオブジェクト作成時にallocを使う場面は多いですが、大量のオブジェクトを生成する際には、適切な方法でallocを使用することで、高速化を図ることが可能です。

このコードでは、ループを使って大量のオブジェクトを一度に生成しています。

NSMutableArray *objectsArray = [[NSMutableArray alloc] initWithCapacity:1000];

for (int i = 0; i < 1000; i++) {
    MyClass *object = [[MyClass alloc] init];
    [objectsArray addObject:object];
}

この例では、1000個のMyClassオブジェクトを生成して、objectsArrayに追加しています。

initWithCapacity:メソッドを使用することで、あらかじめ必要な容量を確保することができ、オブジェクトの追加時の動的なメモリ確保のオーバーヘッドを軽減することができます。

このようにallocと他のメソッドを組み合わせることで、プログラムの実行速度を向上させることが期待できます。

○サンプルコード10:大規模なプロジェクトでのallocの最適な使用法

大規模なプロジェクトにおいてもallocの使用は避けられません。

しかし、大量のオブジェクトを扱う場面では、メモリ使用量やパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

下記のコードは、大規模なプロジェクトでallocを効果的に使用する一例を表しています。

// オブジェクトプールの作成
NSMutableArray *objectPool = [[NSMutableArray alloc] initWithCapacity:5000];

// 必要なオブジェクトの取得
MyClass *object;
if (objectPool.count > 0) {
    object = [objectPool lastObject];
    [objectPool removeLastObject];
} else {
    object = [[MyClass alloc] init];
}

// 使用後のオブジェクトの再利用
[objectPool addObject:object];

この例では、オブジェクトプールという仕組みを導入しています。

オブジェクトプールは、使用済みのオブジェクトを再利用するためのプールです。

オブジェクトの生成や破棄にはコストがかかるため、オブジェクトプールを利用してオブジェクトを再利用することで、そのコストを軽減することができます。

●注意点と対処法

Objective-Cのallocメソッドは非常に強力なツールですが、その分、注意しなければならないポイントも多いです。

特にメモリリークはObjective-Cを用いた開発でよく遭遇する問題の一つで、その原因としてallocの不適切な使用が挙げられることが多いです。

○allocのメモリリークについて

メモリリークとは、プログラムがメモリを確保し続け、適切に解放しないことで起こる問題です。

これが継続的に起こると、アプリケーションのパフォーマンス低下やクラッシュを引き起こす可能性があります。

Objective-Cにおけるallocメソッドは、オブジェクトをヒープメモリ上に確保しますが、このオブジェクトが不要になった後も解放されない場合、メモリリークが発生する可能性があります。

○サンプルコード11:allocの正しい解放方法

このコードでは、allocを使ってオブジェクトを確保し、その後適切に解放しています。

この例では、MyClassというクラスのインスタンスを作成し、使用後にはreleaseメソッドを用いて解放しています。

MyClass *myObject = [[MyClass alloc] init];
// myObjectを利用する処理
[myObject release];

上記のコードを実行することで、myObjectが指すメモリ領域は適切に解放されます。

○サンプルコード12:メモリリークの検出と対処

メモリリークの検出は、特に大規模なアプリケーションでは非常に重要です。

このコードでは、Instrumentsというツールを用いて、メモリリークを検出し、それに対処する方法を表しています。

まず、XcodeからInstrumentsを起動し、’Leaks’を選択します。

アプリケーションを実行すると、リークしたオブジェクトやその原因が表示されます。

検出されたメモリリークを修正するためには、allocで確保したオブジェクトが適切にreleaseされているかを確認します。

また、retainカウントが0になったオブジェクトを参照している箇所がないか、徹底的にチェックすることが求められます。

例として、次のコードはメモリリークを引き起こす可能性があります。

MyClass *leakingObject = [[MyClass alloc] init];

このオブジェクトはreleaseされていないため、メモリが解放されず、リークが発生する可能性が高いです。

メモリリークを防ぐための基本的な方針としては、allocやretainでメモリを確保した場合、そのオブジェクトが不要になった際には必ずreleaseまたはautoreleaseを呼び出して、メモリを解放するようにしましょう。

●カスタマイズ方法

Objective-Cのallocメソッドは非常に便利なツールで、その使い方を知ることでさまざまなカスタマイズや拡張が可能になります。

ここでは、allocメソッドをカスタマイズする方法や、サブクラス化、ランタイムの連携について詳しく解説していきます。

○サンプルコード13:allocの拡張方法

このコードでは、allocメソッドを拡張して独自の処理を追加する方法を表しています。

この例では、オブジェクトの作成時に特定の情報をログに出力する機能を追加しています。

#import <Foundation/Foundation.h>

@interface MyClass : NSObject
@end

@implementation MyClass

+ (id)alloc {
    NSLog(@"MyClassのallocメソッドが呼ばれました。");
    return [super alloc];
}

@end

int main() {
    MyClass *myInstance = [[MyClass alloc] init];
    return 0;
}

上記のコードを実行すると、「MyClassのallocメソッドが呼ばれました。」というメッセージがログに出力されます。

これにより、オブジェクトがどのタイミングで生成されているのかを確認することができます。

○サンプルコード14:サブクラス化とalloc

このコードでは、allocメソッドを持つ親クラスをサブクラス化して、継承先でallocメソッドをオーバーライドする方法を表しています。

この例では、サブクラスでallocメソッドをオーバーライドして、独自の初期化処理を追加しています。

#import <Foundation/Foundation.h>

@interface ParentClass : NSObject
@end

@implementation ParentClass
@end

@interface ChildClass : ParentClass
@end

@implementation ChildClass

+ (id)alloc {
    NSLog(@"ChildClassのallocメソッドが呼ばれました。");
    return [super alloc];
}

@end

int main() {
    ChildClass *childInstance = [[ChildClass alloc] init];
    return 0;
}

上記のコードを実行すると、「ChildClassのallocメソッドが呼ばれました。」というメッセージがログに出力されます。

サブクラスでallocメソッドをオーバーライドすることで、独自の初期化処理などを追加することが可能です。

○サンプルコード15:allocとランタイムの連携

このコードでは、Objective-Cのランタイム機能とallocメソッドを連携させる方法を表しています。

この例では、ランタイムを利用して、オブジェクトのプロパティを動的に追加する処理を行っています。

#import <Foundation/Foundation.h>
#import <objc/runtime.h>

@interface MyClass : NSObject
@end

@implementation MyClass
@end

int main() {
    MyClass *myInstance = [[MyClass alloc] init];

    // ランタイムを使用してプロパティを動的に追加
    objc_setAssociatedObject(myInstance, "dynamicProperty", @"Dynamic Value", OBJC_ASSOCIATION_RETAIN_NONATOMIC);

    NSString *value = objc_getAssociatedObject(myInstance, "dynamicProperty");
    NSLog(@"動的に追加されたプロパティの値: %@", value);

    return 0;
}

上記のコードを実行すると、「動的に追加されたプロパティの値: Dynamic Value」というメッセージがログに出力されます。

ランタイムを利用することで、既存のクラスに後からプロパティやメソッドを追加することができます。

まとめ

Objective-Cのallocメソッドは、オブジェクトのメモリ確保に必要不可欠なメソッドであり、その基本的な使い方から応用的なカスタマイズ方法まで、多岐にわたる機能を持っています。

今回の解説を通して、allocの基本的な動作原理から、カスタマイズやランタイムとの連携方法までを学べたかと思います。

これらの知識を活用することで、より高度なプログラミングが可能となります。

Objective-Cを学び、深く理解する上で、allocメソッドの理解は非常に重要です。

今後のプログラミングにおいて、この知識が大いに役立つことでしょう。