UIButtonに枠線を加える5つのステップ

ステップバイステップでUIButtonに枠線を追加する方法を解説した図Objctive-C
この記事は約25分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

UIButtonとは、iOSアプリケーションにおけるユーザーインターフェースの重要な要素の一つで、ユーザーがタップすることでアクションを起こせるUIコンポーネントです。

Objective-Cを使用してiOSアプリを開発する際に、UIButtonの見た目はアプリの第一印象を左右するため、外観のカスタマイズはとても重要です。

枠線の追加は、ボタンを際立たせる基本的な方法の一つであり、この記事では、UIButtonに枠線を追加する具体的なステップを紹介します。

●Objective-Cとは何か

Objective-Cは、C言語をベースにSmalltalkのオブジェクト指向機能を取り入れたプログラミング言語であり、主にAppleのMac OS XとiOSのアプリケーション開発に使用されています。

C言語の構文を拡張し、オブジェクト指向プログラミングのパワーを加えることで、開発者がより効率的にコードを書けるように設計されています。

Objective-Cは、その動的な性質と柔軟性により、長年にわたってiOSアプリ開発の主流となってきました。

○Objective-Cの歴史と特徴

Objective-Cは1980年代初頭にBrad CoxとTom Loveによって開発されました。

C言語の直接的なスーパーセットとして設計され、C言語のすべての機能に加えて、クラス、継承、動的型付け、動的バインディングなどのオブジェクト指向の特徴を持っています。

Appleは、NextStepというプラットフォームでObjective-Cを採用し、その後のMac OS XやiOSにも引き継がれてきました。

記述力が高く、実行時に多くの決定を行うことができるため、大規模なアプリケーション開発においても柔軟性と生産性を提供します。

しかし、Swiftという新しいプログラミング言語の登場により、現在では徐々に移行が進んでいますが、既存の多くのアプリケーションやライブラリがObjective-Cで書かれており、その知識は今でも価値があります。

●UIButtonの基礎知識

UIButtonはiOSアプリケーションの開発において、ユーザーがタッチ操作を通じてアクションを起こすための基本的なインターフェース要素です。

ボタンは、アプリケーションのユーザーインターフェースに必要不可欠であり、情報の入力、コマンドの実行、ナビゲーションなど様々な場面で使用されます。

UIButtonはUIViewを継承したクラスであり、テキストやイメージを表示することができ、さらにユーザーのタッチに応じた応答をカスタマイズすることも可能です。

UIButtonは独自のイベント処理を備えており、タッチダウン、タッチアップインサイド、タッチアップアウトサイドなど、さまざまな状態での挙動を定義することができます。

これにより、開発者はボタンが押された時の動作を細かくコントロールできるようになります。

例えば、ボタンが押されたときに特定の関数を呼び出したり、ボタンの見た目を変更したりすることが一般的です。

UIButtonにはいくつかのタイプがあり、デフォルトタイプ(UIButtonTypeSystem)はシステムのデフォルトのスタイルと挙動を提供します。

他にもカスタムタイプ(UIButtonTypeCustom)を使用して、開発者はより制御されたカスタマイズを実施することができます。

UIButtonをカスタマイズする際には、通常、下記のプロパティが調整されます。

  1. setTitle(_:for:)→ボタンの状態に応じて異なるタイトルを設定します。
  2. setImage(_:for:)→状態に応じて異なるイメージを設定します。
  3. setBackgroundImage(_:for:)→ボタンの背景に使用する画像を設定します。
  4. isEnabled→ボタンが有効かどうかを制御します。
  5. isHighlighted→ボタンがハイライト表示されるかどうかを決定します。
  6. isSelected→ボタンが選択されている状態を制御します。

これらのプロパティを適切に設定することで、ボタンの挙動や見た目をアプリケーションの要件に合わせてカスタマイズすることができます。

また、レイアウトやスタイリングを細かく調整するためには、Auto Layoutやスタイルシートの知識が役立ちます。

○UIButtonとは

UIButtonは、Objective-CやSwiftで書かれたiOS用のアプリケーションで広く利用されるUIコンポーネントです。

ユーザーが操作を行う際の入口となる役割を果たし、画面上でのユーザーの行動をトリガーとするイベントを発生させるために使用されます。

○UIButtonの重要性

UIButtonは、アプリケーションにおいてユーザーとのインタラクションを促進する要素として重要です。

ボタンはアプリの使いやすさに直結し、そのデザインと機能性はユーザー体験に大きく影響します。

UIButtonを適切に利用することで、ユーザーにとって視覚的にも機能的にも満足のいく結果を生み出すことができるのです。

●UIButtonに枠線を追加する5つの方法

UIButtonに枠線を追加する方法を理解するためには、まずUIButtonと枠線の関係についての基礎知識が必要です。

UIButtonはiOSアプリケーションのユーザーインターフェースの基本的な要素の一つであり、ユーザーのアクションを受け取るために広く使用されます。

枠線をUIButtonに追加することは、ボタンを視覚的に際立たせ、アプリケーションの使いやすさを向上させる効果があります。

次に、枠線を追加する5つの具体的な方法に焦点を当てて説明します。

○サンプルコード1:基本的な枠線の追加

UIButtonに基本的な枠線を追加するための最も簡単な方法は、ボタンのレイヤーに直接境界線の属性を設定することです。

下記のObjective-Cのサンプルコードは、UIButtonに対して1ピクセルの黒い枠線を追加する方法を表しています。

// UIButtonのインスタンスを作成します。
UIButton *button = [UIButton buttonWithType:UIButtonTypeSystem];

// ボタンのタイトルを設定します。
[button setTitle:@"枠線のあるボタン" forState:UIControlStateNormal];

// ボタンの枠線の色を黒に設定します。
button.layer.borderColor = [UIColor blackColor].CGColor;

// ボタンの枠線の幅を1ピクセルに設定します。
button.layer.borderWidth = 1.0;

// ボタンの枠線の角を丸くする設定(オプション)
button.layer.cornerRadius = 5.0;

// ボタンをビューに追加します。
[self.view addSubview:button];

このコードではUIButtonlayerプロパティを利用して枠線を設定しています。

borderColorで枠線の色を指定し、borderWidthで枠線の幅を指定しています。

cornerRadiusの設定はボタンの角を丸くするためのもので、これは枠線に関連して視覚的なスタイルを提供します。

この例ではボタンに黒い枠線が追加され、角が若干丸くなっていることが確認できます。

このサンプルコードを実行すると、テキスト「枠線のあるボタン」と書かれたUIButtonが画面に表示され、その周りには1ピクセルの黒い枠線が見えるようになります。

もしボタンがビューに追加された後で枠線のスタイルを変更したい場合は、同じプロパティを新しい値で更新するだけで変更が可能です。

○サンプルコード2:枠線のカスタマイズ(色とスタイル)

枠線の色やスタイルをカスタマイズするには、さらに詳細な設定を行う必要があります。

例えば、ボタンの枠線の色を赤に変更し、点線のスタイルを適用したい場合は、次のようなコードを書きます。

// UIButtonのインスタンスを作成します。
UIButton *customButton = [UIButton buttonWithType:UIButtonTypeSystem];

// ボタンのタイトルを設定します。
[customButton setTitle:@"カスタム枠線のボタン" forState:UIControlStateNormal];

// ボタンの枠線の色を赤に設定します。
customButton.layer.borderColor = [UIColor redColor].CGColor;

// ボタンの枠線の幅を2ピクセルに設定します。
customButton.layer.borderWidth = 2.0;

// ボタンの枠線を点線スタイルにするための設定
customButton.layer.lineDashPattern = @[@4, @2]; // 4ピクセルの実線と2ピクセルの間隔

// ボタンの角を丸くする設定(オプション)
customButton.layer.cornerRadius = 8.0;

// ボタンをビューに追加します。
[self.view addSubview:customButton];

このコードではlineDashPatternプロパティを使用して点線のスタイルを定義しています。

配列@[@4, @2]は4ピクセルの実線と2ピクセルの間隔を意味し、赤い色のカスタム点線枠線を作成しています。

cornerRadiusを8ピクセルに設定することで、より丸みを帯びたボタンの外観を得ることができます。

●UIButtonに枠線を追加する5つの方法

ユーザーインターフェースの設計では、UIButtonは多用されるコントロールの一つです。

ボタンに視覚的な魅力を追加する方法の一つが、枠線の追加と調整です。

ここでは、Objective-Cを用いてUIButtonの枠線の幅と角度を調整する方法から、ユーザーのアクションに基づいたアニメーションまでのサンプルコードを解説します。

これらのステップを踏むことで、アプリに洗練された外観と感触を与えることができます。

○サンプルコード3:枠線の幅と角度を調整する

UIButtonの枠線の幅と角度を調整するには、CALayerを使用してボタンの外観を細かくコントロールします。

下記のサンプルコードは、UIButtonに枠線の幅を指定し、角度を調整する方法を表しています。

// UIButtonのインスタンスを作成
UIButton *button = [UIButton buttonWithType:UIButtonTypeCustom];
button.frame = CGRectMake(100, 100, 200, 50);
[button setTitle:@"ボタン" forState:UIControlStateNormal];

// ボタンの枠線の幅を設定
button.layer.borderWidth = 2.0; // 2ポイントの幅で枠線を追加

// 枠線の色を青に設定
button.layer.borderColor = [UIColor blueColor].CGColor;

// 枠線の角度を調整
button.transform = CGAffineTransformMakeRotation(M_PI / 4); // 45度回転

// ボタンを親ビューに追加
[親のビュー addSubView:button];

このコードでは、UIButtonに2ポイントの青い枠線を追加し、45度の角度で回転させることで、斜めの枠線を作成しています。

実行すると、指定した位置に枠線が斜めに表示されたボタンが現れます。

○サンプルコード4:状態変化に応じた枠線の動的変更

状態変化に応じてボタンの枠線を動的に変更するには、特定の状態でボタンの外観を更新するコードを書きます。

例えば、ユーザーがボタンを押下した際に枠線の色を変えることができます。

// ボタンを押した時のアクションを追加
[button addTarget:self action:@selector(buttonPressed:) forControlEvents:UIControlEventTouchDown];

// ボタンを押した時のメソッド
- (void)buttonPressed:(UIButton *)sender {
    sender.layer.borderColor = [UIColor redColor].CGColor; // 枠線の色を赤に変更
}

// ボタンから指を離した時のアクションを追加
[button addTarget:self action:@selector(buttonReleased:) forControlEvents:UIControlEventTouchUpInside | UIControlEventTouchUpOutside];

// ボタンから指を離した時のメソッド
- (void)buttonReleased:(UIButton *)sender {
    sender.layer.borderColor = [UIColor blueColor].CGColor; // 枠線の色を青に戻す
}

この例では、ボタンを押下すると赤色に枠線が変更され、指を離すと元の青色に戻ります。

これにより、ボタンの状態に連動したインタラクティブなUIを実現できます。

○サンプルコード5:ユーザーのアクションに応じた枠線のアニメーション

ユーザーのアクションに反応してUIButtonの枠線にアニメーションを加えるには、UIViewのアニメーション機能を利用します。

下記のコードは、ユーザーがボタンを押下すると枠線が拡大し、指を離すと縮小するアニメーションを追加します。

// ボタンを押した時のアニメーションを追加
[button addTarget:self action:@selector(animateBorder:) forControlEvents:UIControlEventTouchDown];

// ボタンの枠線をアニメーションするメソッド
- (void)animateBorder:(UIButton *)sender {
    [UIView animateWithDuration:0.3 animations:^{
        sender.layer.borderWidth = 4.0; // 枠線の幅を変更するアニメーション
    }];
}

// ボタンから指を離した時のアニメーションを追加
[button addTarget:self action:@selector(resetBorder:) forControlEvents:UIControlEventTouchUpInside | UIControlEventTouchUpOutside];

// ボタンの枠線のアニメーションをリセットするメソッド
- (void)resetBorder:(UIButton *)sender {
    [UIView animateWithDuration:0.3 animations:^{
        sender.layer.borderWidth = 2.0; // 枠線の幅を元に戻すアニメーション
    }];
}

実行すると、ボタンの枠線はユーザーがボタンを押すと目立つように拡大し、指を離すと再び元のサイズに戻ります。

アニメーションの時間やスタイルは、アプリのデザインに合わせて調整可能です。

●UIButtonの枠線応用例

モバイルアプリケーションにおいて、UIButtonはユーザーとの対話を担う重要な要素です。

ボタンに枠線を加えることで、視覚的魅力を高め、操作性を向上させることができます。

このセクションでは、UIButtonに枠線を応用する様々な方法を解説し、それぞれに対するサンプルコードとその説明を交えながら、iOSアプリ開発におけるUIButtonのカスタマイズのテクニックを提供します。

○サンプルコード1:シンプルな枠線付きボタンの作成

シンプルな枠線付きのUIButtonを作成するには、次のステップを行います。

まず、UIButtonオブジェクトを作成し、それに対してCALayerを用いて枠線を追加します。

ここでは、枠線の色、スタイル、幅を設定することができます。

UIButton *button = [UIButton buttonWithType:UIButtonTypeSystem];
[button setFrame:CGRectMake(50, 100, 200, 40)];
[button setTitle:@"ボタン" forState:UIControlStateNormal];

// 枠線の色を設定
button.layer.borderColor = [UIColor blueColor].CGColor;
// 枠線の幅を設定
button.layer.borderWidth = 1.0;

[self.view addSubview:button];

このコードではUIButtonを生成し、そのframeを定義しています。

そして、layerのborderColorとborderWidthプロパティを使って、青色の1ポイント幅の枠線をUIButtonに追加しています。

これを実行すると、画面に青色の枠線が付いたシンプルなボタンが表示されます。

○サンプルコード2:枠線の色を変えるボタン

ユーザーがボタンに触れたときに枠線の色を変える例を考えます。

この動作はユーザーに対して視覚的フィードバックを提供し、アプリの対話性を向上させる効果があります。

[button addTarget:self action:@selector(buttonTouched:) forControlEvents:UIControlEventTouchDown];

- (void)buttonTouched:(UIButton *)sender {
    sender.layer.borderColor = [UIColor redColor].CGColor;
}

このサンプルでは、ボタンにアクションを追加し、そのアクションであるbuttonTouched:メソッドにて、引数として受け取ったUIButtonの枠線の色を赤色に変更しています。

ボタンをタッチすると、枠線が青色から赤色に変わります。

○サンプルコード3:ボタンの押下時に枠線のスタイルを変更する

UIButtonの押下時に枠線のスタイルを変えることで、さらに対話性を高めることができます。

例えば、ボタンが押されたことを示すために枠線を点滅させたり、太くしたりすることが考えられます。

[button addTarget:self action:@selector(buttonPressed:) forControlEvents:UIControlEventTouchDown];
[button addTarget:self action:@selector(buttonReleased:) forControlEvents:UIControlEventTouchUpInside];

- (void)buttonPressed:(UIButton *)sender {
    sender.layer.borderWidth = 2.0; // 枠線を太くする
}

- (void)buttonReleased:(UIButton *)sender {
    sender.layer.borderWidth = 1.0; // 枠線を元に戻す
}

ここでは、ボタンが押された時と離された時に呼ばれるメソッドを別々に定義しています。

押された時はborderWidthを2.0にして枠線を太くし、離された時は1.0にして元の太さに戻すことで、ボタンの状態変化をユーザーに伝えます。

○サンプルコード4:複数の枠線を持つボタンの作成

時には一つのボタンに複数の枠線を持たせるデザインが求められることもあります。

このようなデザインは、CALayerのサブクラスを使って実装することができます。

CALayer *borderLayer = [CALayer layer];
borderLayer.frame = CGRectMake(0, 0, button.frame.size.width, button.frame.size.height);
borderLayer.borderColor = [UIColor greenColor].CGColor;
borderLayer.borderWidth = 3.0;
borderLayer.cornerRadius = 5.0;
[button.layer addSublayer:borderLayer];

この例では、まず新しいCALayerを作成し、UIButtonの大きさと同じframeを設定しています。

その後、この新しいlayerに対して緑色の枠線と角の丸みを設定し、UIButtonのlayerに追加しています。

これにより、UIButtonには元の青色の枠線と重なって緑色の枠線が表示されることになります。

●UIButton枠線の注意点と対処法

UIButtonをデザインする際、枠線を追加することはUIを際立たせる一般的な方法です。

しかし、このプロセスにはいくつかの注意点があります。

例えば、枠線が予期せず表示されない、または予定した通りの位置に表示されないなどの問題が発生することがあります。

これは主にUIButtonのlayerプロパティを操作することによって枠線を追加するため発生します。

layerプロパティはCALayerクラスのインスタンスであり、これを使用してボタンの外観をカスタマイズしますが、正しい順序でプロパティを設定しないと、期待した結果にならないことがあります。

UIButtonのlayerプロパティに枠線を適用する際の一般的なアプローチは、ボタンの境界を明確にし、際立たせることですが、配置、サイズ調整、またはボタンの状態変更時に枠線が消えたり変わったりする可能性があります。

さらに、ボタンに設定された枠線は、ボタンのサイズが変更されたときに自動的に調整されないため、動的なレイアウトには適していない可能性があります。

これらの問題に対処するには、UIButtonをカスタマイズする際にいくつかの重要なポイントを心に留めておく必要があります。

1つ目は、ボタンの枠線をコードで設定する前に、ボタンのサイズが最終的な値に設定されていることを確認することです。

2つ目は、状態変更やレイアウト変更の際には枠線の再設定が必要になることがありますので、これらのイベントを適切にハンドリングすることが重要です。

○枠線が表示されない問題とその解決方法

枠線がUIButtonに表示されない場合、最も一般的な原因はUIButtonのレイヤーが正しく構成されていないことです。

この問題を解決するために、まずUIButtonのlayerプロパティを確認してください。

枠線を追加するには、borderWidthborderColorプロパティを設定する必要があります。

しかし、borderColorはCGColorを受け取るため、UIColorを適切に変換する必要があります。

ここでは、UIButtonに基本的な枠線を追加するサンプルコードを紹介します。

このコードでは、UIButtonのlayerプロパティを使って、borderWidthとborderColorを設定するコードを表しています。

この例ではUIButtonのインスタンスに対して、枠線の幅と色を設定しています。

UIButton *button = [UIButton buttonWithType:UIButtonTypeSystem];
// ボタンのサイズと位置を設定
button.frame = CGRectMake(50, 100, 200, 40);
// 枠線の色を青色に設定
button.layer.borderColor = [UIColor blueColor].CGColor;
// 枠線の幅を1.0に設定
button.layer.borderWidth = 1.0;

このコードを実行すると、指定した位置に青色の枠線を持つUIButtonが画面に表示されます。

ボタンのframeは、ボタンの位置とサイズをCGRectMake関数を使用してCGRect形式で定義しています。

色の設定にはUIColorではなくCGColorを使用するため、UIColorのblueColorプロパティをCGColorに変換してborderColorプロパティに設定しています。

○パフォーマンスに関する注意点

ボタンのデザインをカスタマイズする際は、パフォーマンスへの影響も考慮する必要があります。

特に、枠線を動的に変更する機能を持たせる場合、再描画が頻纍してパフォーマンスに影響を与えることがあります。

再描画はCPUとメモリリソースを使用するため、ユーザーインターフェースの応答性が低下する可能性があります。

パフォーマンスの問題を避けるためには、枠線の設定変更をできるだけ少なくし、可能な場合は事前に固定サイズのボタンを使用することが望ましいです。

また、複雑な形状や影を伴う枠線を追加する場合は、特に注意が必要です。

これらはレンダリングプロセスを複雑にし、さらに多くのリソースを消費するためです。

●カスタマイズ方法:あなたのアプリに合わせたUIButton

iOSアプリの開発において、UIButtonはユーザーがアクションを起こすための基本的なUIコンポーネントです。

デフォルトのデザインだけでなく、アプリのブランドやスタイルに合わせてカスタマイズすることで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

UIButtonの見た目をカスタマイズするための最も一般的な方法の一つが、枠線の追加です。

ここでは、特定のニーズに合わせてUIButtonに枠線を追加するための手法を紹介します。

○カスタマイズ例1:グラデーション枠線のボタン

グラデーションは視覚的に魅力的で、ユーザーの注目を引きやすいデザイン要素の一つです。

UIButtonにグラデーションの枠線を追加するには、下記のステップでカスタムビューを作成し、そのビューをボタンの背景として使用します。

#import <QuartzCore/QuartzCore.h>

@interface GradientBorderButton : UIButton
@end

@implementation GradientBorderButton

- (void)drawRect:(CGRect)rect {
    [super drawRect:rect];

    // 枠線のグラデーションを作成
    CAGradientLayer *gradientLayer = [CAGradientLayer layer];
    gradientLayer.frame = self.bounds;
    gradientLayer.colors = @[(__bridge id)[UIColor redColor].CGColor, 
                             (__bridge id)[UIColor blueColor].CGColor];

    // マスクレイヤーを作成し、枠線を追加
    CAShapeLayer *maskLayer = [CAShapeLayer layer];
    maskLayer.path = [UIBezierPath bezierPathWithRoundedRect:self.bounds cornerRadius:self.layer.cornerRadius].CGPath;
    maskLayer.lineWidth = 2.0;
    maskLayer.strokeColor = [UIColor blackColor].CGColor;
    maskLayer.fillColor = [UIColor clearColor].CGColor;

    // マスクとしてマスクレイヤーを設定し、枠線内のみにグラデーションを適用
    gradientLayer.mask = maskLayer;

    [self.layer addSublayer:gradientLayer];
}

@end

このコードでは、GradientBorderButton というUIButtonのサブクラスを作成し、drawRect: メソッドをオーバーライドしてグラデーションの枠線を描画しています。

CAGradientLayerを使用して赤から青へのグラデーションを定義し、CAShapeLayerを使ってこのグラデーションを枠線として使用しています。

枠線の幅はlineWidthプロパティで2.0ポイントに設定されており、strokeColorで枠線の色を黒に指定しています。

このカスタマイズを行ったUIButtonは、ビューに追加された際に鮮やかなグラデーション枠線が表示され、ユーザーの目を引くデザインとなります。

○カスタマイズ例2:アニメーションを伴う枠線のボタン

アニメーションを伴う枠線はユーザーがボタンにインタラクションする際のフィードバックとして機能します。

例えば、ボタンがタップされたときに枠線が点滅するようなアニメーションを追加することが可能です。

下記のサンプルコードはその一例を表しています。

@interface AnimatedBorderButton : UIButton
@end

@implementation AnimatedBorderButton

- (void)animateBorder {
    // 枠線のアニメーションを追加
    CABasicAnimation *borderAnimation = [CABasicAnimation animationWithKeyPath:@"borderColor"];
    borderAnimation.fromValue = (id)[UIColor clearColor].CGColor;
    borderAnimation.toValue = (id)[UIColor greenColor].CGColor;
    borderAnimation.duration = 0.5;
    borderAnimation.repeatCount = 2;
    borderAnimation.autoreverses = YES; // アニメーションを元に戻す

    [self.layer addAnimation:borderAnimation forKey:@"BorderColor"];
}

@end

この例ではAnimatedBorderButtonクラスがUIButtonのサブクラスとして定義されており、animateBorderメソッド内で枠線の色を変化させるアニメーションが追加されています。

CABasicAnimationを使用し、borderColorのプロパティをアニメーション化しています。

アニメーションの期間は0.5秒で、2回繰り返し、自動で逆再生することで、タップされた際に枠線が点滅します。

このボタンを使用すると、ユーザーがタップすると緑色の枠線が点滅することで、インタラクティブな視覚的フィードバックを提供することができます。

まとめ

UIButtonに枠線を加える方法は、iOSアプリ開発において、ボタンの視認性とデザイン性を高める上で重要なカスタマイズの一つです。

この記事では、Objective-Cを使用して、UIButtonの外見をカスタマイズするための5つの具体的なステップを解説しました。

それぞれのステップには、基本的な枠線の追加から、枠線の色やスタイルのカスタマイズ、さらにはユーザーのアクションに応じて枠線がアニメーションする方法まで含まれています。

ユーザーにとって魅力的で、使いやすいアプリをデザインするための参考になれば幸いです。

これからUIButtonのカスタマイズを行う際には、提供したコードサンプルと解説を活用し、アプリの品質をさらに向上させることができるようになることを期待しています。