初心者必見!Objective-Cで時間計測の10の方法 – JPSM

初心者必見!Objective-Cで時間計測の10の方法

初心者が学ぶObjective-Cの時間計測方法のイラストObjctive-C

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、プログラミング初心者でもObjective-Cを使って時間を計測する方法が身につきます。

ここでは、Objective-Cの基本から時間計測の具体的な方法まで、初心者にも理解しやすい形で徹底的に解説していきます。

Objective-Cをこれから学ぶ方、時間計測の具体的な方法を知りたい方にとって、この記事は実践的な学習資料となるでしょう。

●Objective-Cとは

Objective-Cは、C言語にオブジェクト指向の機能を加えたプログラミング言語です。

AppleのmacOSやiOSのアプリ開発に広く用いられており、その歴史と実績は深く信頼されています。

特に、Appleのフレームワークとの親和性が高いため、Apple製品向けのアプリケーションを開発する際には欠かせない存在です。

Objective-Cの特徴は、その強力なオブジェクト指向性にあります。

クラスの継承やプロトコル、カテゴリなど、柔軟かつ強力な機能を備えているため、複雑なアプリケーションの開発も効率的に行うことができます。

また、Objective-CはC言語の上位互換であるため、C言語のライブラリや関数もそのまま利用可能です。

これにより、既存のC言語ベースのコードとの組み合わせもスムーズに行えるのです。

さらに、Objective-Cは動的な言語の特性を持ち合わせています。

これは実行時にメソッドの呼び出しを決定できるなど、柔軟なプログラミングが可能であることを意味しています。

これにより、プログラムの再利用性が高まり、開発の効率化に大きく寄与します。

○Objective-Cの基本

Objective-Cの基本を理解するためには、まずクラスとインスタンスの概念を把握することが重要です。

クラスはオブジェクトの設計図のようなもので、インスタンスはその設計図をもとに作成された実体です。

Objective-Cでは、クラスを定義し、そのクラスのインスタンスを生成して利用します。

また、Objective-Cではメッセージ送信という独特の概念があります。

これは、オブジェクトに対して特定の動作を要求するためのメカニズムです。

メッセージ送信により、オブジェクトは定義されたメソッドを実行し、プログラムは動的に動作を変更することが可能になります。

●時間計測の基本

プログラミングにおける時間計測は、アプリケーションやシステムのパフォーマンスを評価し、最適化する上で非常に重要です。

時間計測を行うことで、プログラムのどの部分が時間を要しているのか、どこがボトルネックになっているのかを特定できます。

この情報は、効率的なコードの書き方を学ぶ上で欠かせない知識となります。

時間計測の基本的な方法は、プログラムの特定の部分の開始時刻と終了時刻を記録し、その差を計算することです。

この単純なアプローチにより、プログラムのパフォーマンス分析を行うことができます。

また、時間計測はプログラムのデバッグ時にも有効です。

プログラムの実行に異常に時間がかかる場合、その原因を特定し、適切な最適化を行うことが可能となります。

Objective-Cにおける時間計測では、主にNSDateクラスやmach_absolute_time関数などが利用されます。

これらを使用することで、ミリ秒単位、あるいはそれ以上の精度で時間計測を行うことが可能です。

○時間計測の重要性

時間計測は、アプリケーションのパフォーマンスを改善するために不可欠です。

特に、ユーザー体験に直接影響するアプリケーションの応答時間や処理速度を評価する際には、正確な時間計測が求められます。

また、大規模なデータ処理を行うアプリケーションの場合、少しのパフォーマンスの向上が全体の効率に大きく寄与することがあります。

さらに、時間計測はコードの最適化だけでなく、リソースの管理やバッテリー消費の削減にも役立ちます。

特にモバイルデバイスでは、効率的なリソース利用が重要であり、時間計測によって得られる情報は、これらの側面でも非常に価値があります。

●Objective-Cでの時間計測の方法

Objective-Cでの時間計測は、アプリケーションのパフォーマンスを測定し、最適化を図る上で不可欠です。

Objective-Cには、時間計測を容易にするいくつかのツールや関数が用意されています。

これらを活用することで、コードの実行にかかる時間を正確に計測し、パフォーマンスのボトルネックを特定することが可能となります。

Objective-Cで時間計測を行う一般的な方法は、NSDateクラスを使用する方法と、より高精度な時間計測のためにmach_absolute_timeを使用する方法があります。

ここでは、これらの方法を用いた時間計測の具体的な手順とサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード1:基本的なタイマーの設定

Objective-Cで最も基本的な時間計測の方法は、NSDateクラスを使用することです。

NSDateクラスを使うと、現在の日時を取得し、その後で再び日時を取得して、二つの日時の差を計算することで、処理にかかった時間を測定できます。

NSDate *startTime = [NSDate date];
// ここに時間を計測したい処理を書きます
NSDate *endTime = [NSDate date];
NSTimeInterval executionTime = [endTime timeIntervalSinceDate:startTime];
NSLog(@"実行時間: %f 秒", executionTime);

このコードでは、NSDateクラスを使って処理開始時と終了時の時刻を取得しています。

そして、timeIntervalSinceDate:メソッドを使って二つの時刻の差を秒単位で計算し、コンソールに実行時間を出力しています。

この方法は、簡単な時間計測に適しており、プログラムのどの部分が時間を要しているかを大まかに把握するのに役立ちます。

○サンプルコード2:ループ内の処理時間の計測

ループ内の処理時間を計測することは、アルゴリズムの効率性を評価する上で重要です。

Objective-Cでは、mach_absolute_timeを使用することで、より高精度な時間計測を行うことができます。

mach_absolute_timeは、システムの起動時からの経過時間をナノ秒単位で返します。

#include <mach/mach_time.h>

uint64_t start = mach_absolute_time();
// ここに時間を計測したいループ処理を書きます
uint64_t end = mach_absolute_time();
uint64_t elapsed = end - start;
mach_timebase_info_data_t info;
mach_timebase_info(&info);
double elapsedNano = (double)elapsed * info.numer / info.denom;
NSLog(@"ループ処理の実行時間: %f ナノ秒", elapsedNano);

この例では、ループ処理の開始前と終了後にmach_absolute_timeを呼び出し、経過時間を計測しています。

計測された時間はナノ秒単位で、非常に高い精度での時間計測が可能です。

これにより、アルゴリズムの微細なパフォーマンス差も検出することができます。

○サンプルコード3:関数の実行時間の計測

関数の実行時間を計測することは、その関数の効率性を評価し、必要に応じて最適化を行うために重要です。

Objective-Cでは、関数の実行前後で時間を記録し、その差分を計算することで実行時間を測定します。

NSDate *startFunctionTime = [NSDate date];
// 関数の実行
[self someFunction];
NSDate *endFunctionTime = [NSDate date];
NSTimeInterval functionExecutionTime = [endFunctionTime timeIntervalSinceDate:startFunctionTime];
NSLog(@"関数実行時間: %f 秒", functionExecutionTime);

このコードでは、someFunction関数の実行前後で現在時刻をNSDateオブジェクトに記録しています。

関数の実行が終わった後、開始時刻と終了時刻の差をtimeIntervalSinceDate:メソッドで計算し、その結果を秒単位でコンソールに出力しています。

この方法を使えば、特定の関数がプログラム全体のパフォーマンスにどの程度影響しているかを把握することができます。

○サンプルコード4:ユーザーインタラクションの時間計測

ユーザーインタラクションの時間計測は、アプリケーションのユーザビリティを評価する上で重要です。

例えば、ユーザーがボタンを押してから何らかの応答があるまでの時間を計測することで、アプリケーションの応答速度を評価できます。

NSDate *interactionStartTime = [NSDate date];
// ユーザーインタラクションの処理
// 例: ボタンタップ処理など
NSDate *interactionEndTime = [NSDate date];
NSTimeInterval interactionTime = [interactionEndTime timeIntervalSinceDate:interactionStartTime];
NSLog(@"ユーザーインタラクションの応答時間: %f 秒", interactionTime);

この例では、ユーザーインタラクションの開始と終了時に時刻を記録し、その差を計算しています。

この計測により、ユーザーがアプリケーションの応答を待つ時間を正確に把握し、ユーザーエクスペリエンスの向上に役立てることができます。

○サンプルコード5:複数のタスクの時間計測

複数のタスクの時間計測は、特に非同期処理を行うアプリケーションにおいて重要です。

複数の非同期処理の実行時間を計測することで、それぞれのタスクが全体のパフォーマンスにどのような影響を与えているかを分析できます。

NSDate *taskStartTime = [NSDate date];
dispatch_group_t group = dispatch_group_create();

dispatch_group_enter(group);
[self performTask1WithCompletion:^{
    dispatch_group_leave(group);
}];

dispatch_group_enter(group);
[self performTask2WithCompletion:^{
    dispatch_group_leave(group);
}];

dispatch_group_notify(group, dispatch_get_main_queue(), ^{
    NSDate *taskEndTime = [NSDate date];
    NSTimeInterval totalExecutionTime = [taskEndTime timeIntervalSinceDate:taskStartTime];
    NSLog(@"複数タスクの合計実行時間: %f 秒", totalExecutionTime);
});

このコードでは、dispatch_group_tを使用して複数の非同期タスクをグループ化し、全てのタスクの完了を待ってから合計実行時間を計算しています。

この方法により、非同期処理がアプリケーションのパフォーマンスに及ぼす影響を詳細に分析することが可能となります。

●Objective-Cの時間計測の応用例

Objective-Cにおける時間計測の技術は、基本的な使用法を超えて様々な応用シナリオに適用できます。

これらの応用例は、アプリケーションのパフォーマンスを最適化するための貴重な洞察を提供し、開発者がより効率的なコードを書くのを助けます。

ここでは、いくつかの具体的な応用例を挙げ、それぞれのサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード6:パフォーマンス最適化のための時間計測

Objective-Cでのパフォーマンス最適化は、特に計算集約型のアプリケーションや大量のデータを扱う場合に重要です。

下記のサンプルコードは、アプリケーションの特定部分のパフォーマンスを計測し、最適化のベースラインを設定する方法を表しています。

NSDate *optimizationStartTime = [NSDate date];
// 最適化を測定したいコードブロック
[self performHeavyComputation];
NSDate *optimizationEndTime = [NSDate date];
NSTimeInterval optimizationTime = [optimizationEndTime timeIntervalSinceDate:optimizationStartTime];
NSLog(@"最適化前の処理時間: %f 秒", optimizationTime);

このコードは、重い計算処理やデータ処理の前後で時間を記録し、処理にかかった時間を計測しています。

これにより、最適化前後のパフォーマンス改善を具体的に評価することが可能になります。

○サンプルコード7:イベント駆動型プログラミングの時間計測

イベント駆動型プログラミングでは、イベントの処理速度がアプリケーションの応答性に大きな影響を与えます。

下記のサンプルコードは、イベントハンドラ内での処理時間を計測する方法を表しています。

NSDate *eventStartTime = [NSDate date];
// イベントハンドラの処理
[self handleSomeEvent];
NSDate *eventEndTime = [NSDate date];
NSTimeInterval eventHandlingTime = [eventEndTime timeIntervalSinceDate:eventStartTime];
NSLog(@"イベント処理時間: %f 秒", eventHandlingTime);

このコードは、イベントの処理開始時と終了時に時間を記録し、その間の処理時間を計測しています。

イベント駆動型のアプリケーションでは、このような時間計測により、イベント処理の効率化を図ることができます。

○サンプルコード8:非同期処理の時間計測

非同期処理は、現代のアプリケーション開発において一般的な要素です。

Objective-Cにおける非同期処理の時間計測は、パフォーマンスの最適化において非常に重要です。

下記のサンプルコードでは、非同期処理の開始から終了までの時間を計測する方法を表しています。

NSDate *asyncStartTime = [NSDate date];
dispatch_async(dispatch_get_global_queue(DISPATCH_QUEUE_PRIORITY_DEFAULT, 0), ^{
    // ここに非同期で実行したい処理を記述します
    [self performAsyncTask];

    dispatch_async(dispatch_get_main_queue(), ^{
        NSDate *asyncEndTime = [NSDate date];
        NSTimeInterval asyncExecutionTime = [asyncEndTime timeIntervalSinceDate:asyncStartTime];
        NSLog(@"非同期処理の実行時間: %f 秒", asyncExecutionTime);
    });
});

このコードでは、dispatch_asyncを使って非同期処理を開始し、メインキューに戻る際に終了時刻を記録しています。

この方法により、非同期処理がどれだけの時間を要しているかを正確に測定できます。

○サンプルコード9:データベース操作の時間計測

データベース操作は、アプリケーションのパフォーマンスに大きく影響を与えることがあります。

下記のサンプルコードでは、Objective-Cでのデータベース操作の実行時間を計測する方法を表しています。

NSDate *dbStartTime = [NSDate date];
// データベース操作
[self performDatabaseOperation];
NSDate *dbEndTime = [NSDate date];
NSTimeInterval dbExecutionTime = [dbEndTime timeIntervalSinceDate:dbStartTime];
NSLog(@"データベース操作の実行時間: %f 秒", dbExecutionTime);

このコードでは、データベース操作の開始時刻と終了時刻を記録し、その差分を計算しています。

これにより、データベース操作の効率を評価し、必要に応じて最適化を行うことができます。

○サンプルコード10:ネットワークリクエストの時間計測

ネットワークリクエストのレスポンス時間は、ユーザーエクスペリエンスに直接影響を与えます。

下記のサンプルコードは、Objective-Cでのネットワークリクエストの実行時間を計測する方法を表しています。

NSDate *networkRequestStartTime = [NSDate date];
// ネットワークリクエスト
[self performNetworkRequestWithCompletion:^(NSData *data, NSError *error) {
    NSDate *networkRequestEndTime = [NSDate date];
    NSTimeInterval networkRequestTime = [networkRequestEndTime timeIntervalSinceDate:networkRequestStartTime];
    NSLog(@"ネットワークリクエストの実行時間: %f 秒", networkRequestTime);
}];

このコードでは、ネットワークリクエストの送信時とレスポンス受信後の時刻を記録し、その間の時間を計測しています。

ネットワークリクエストの実行時間を知ることで、アプリケーションの応答性を向上させるための改善策を検討することができます。

●注意点と対処法

Objective-Cを使用して時間計測を行う際には、いくつかの注意点があります。

これらを理解し、適切な対処法を採ることが重要です。

まず、Objective-Cでは時間計測の精度がプラットフォームに依存するため、異なるデバイスやOSバージョンでの実行結果が微妙に異なることがあります。

これを対処するためには、複数の環境でのテストを行い、一貫した性能を確認することが重要です。

また、Objective-Cでの時間計測は、プログラムの他の部分との相互作用によって結果が左右される可能性があります。

たとえば、重い処理を同時に実行している場合、時間計測の精度が低下する可能性があります。

このような問題を回避するためには、計測を行う際には他の処理を極力減らす、または分離することが推奨されます。

時間計測のコード自体がパフォーマンスに影響を与える場合もあります。

計測コードが重い場合、それ自体が計測結果に影響を与える可能性があるため、軽量な計測コードを使用することが望ましいです。

具体的には、複雑なロジックや大量のメモリアクセスを避け、シンプルで効率的なコードを心掛けることが重要です。

最後に、Objective-Cの特性を理解し、それに適した時間計測方法を選択することが必要です。

例えば、Objective-CではC言語ベースの時間関数だけでなく、CocoaフレームワークのNSDateクラスなども利用可能です。

状況に応じて最適なツールや方法を選ぶことが、正確な時間計測の鍵となります。

○正確な時間計測のためのヒント

Objective-Cでの時間計測をより正確に行うためには、いくつかのヒントが役立ちます。

一つ目のヒントは、高精度のタイマーを使用することです。

Objective-Cでは、mach_absolute_time()やCACurrentMediaTime()などの高精度のタイマー関数が提供されています。

これらの関数は、ミリ秒以下の精度で時間を計測することが可能です。

二つ目のヒントは、計測する区間を明確にすることです。

時間計測を行う際には、どのプロセスや関数の実行時間を計測するのかを明確に定義し、その区間だけを厳密に計測することが大切です。

これにより、不要な時間が計測結果に含まれることを防ぎます。

三つ目のヒントは、複数回の計測を行い平均値を取ることです。

一度の計測だけでなく、同じ処理を複数回実行してその平均時間を計測することで、より正確な結果を得ることができます。

この方法は、環境による変動や偶発的な遅延を平滑化する効果があります。

○一般的な間違いとその回避方法

Objective-Cでの時間計測においてよくある間違いの一つに、非同期処理の計測があります。

非同期処理は、その性質上、処理が完了するまでの時間を正確に計測することが困難です。

この問題を回避するためには、非同期処理が完了した時点で時間を記録するコールバック関数を使用するなどの工夫が必要です。

別の一般的な間違いは、デバッグコードが時間計測に影響を与えることです。

デバッグのためのログ出力や断点などが計測コードの周辺にあると、計測結果に影響を与える可能性があります。

これを回避するためには、時間計測を行う際にはデバッグコードを無効化する、または取り除くことが推奨されます。

●Objective-C時間計測のカスタマイズ方法

Objective-Cでの時間計測は、アプリケーションのパフォーマンス分析やユーザー体験の向上に不可欠です。

しかし、標準の時間計測方法だけでは、特定のニーズやシナリオに対応するのが難しい場合があります。

ここでは、Objective-Cにおける時間計測のカスタマイズ方法について、その実装方法と応用例を詳細に解説します。

Objective-Cにおける時間計測のカスタマイズは、主にCocoaのフレームワークを利用します。

特に、NSDateNSTimer、およびmach_absolute_time()などの関数が重要な役割を果たします。

これらのツールを用いて、より高度な時間計測や、特定の条件下での計測を実現することが可能です。

例えば、アニメーションやユーザーインタラクションの応答時間を計測する場合、標準的なタイマー機能だけでは不十分かもしれません。

こうしたシナリオでは、カスタムタイマーの作成や、より精密な時間計測手法の実装が求められるでしょう。

○カスタムタイマーの作成

カスタムタイマーを作成することで、特定のイベントやアクションに合わせた精密な時間計測が可能になります。

例えば、ユーザーが特定の操作を行った瞬間から計測を開始し、別の操作を行った瞬間に計測を終了するようなタイマーです。

Objective-Cでカスタムタイマーを作成するには、NSTimerクラスを用いて、特定の間隔で発火するタイマーを設定し、そのタイマーが起動するたびに現在時刻を記録する方法が一般的です。

これにより、イベントの開始と終了の時間差を計測することができます。

ここでは、カスタムタイマーの基本的な作成方法を表すサンプルコードを紹介します。

#import <Foundation/Foundation.h>

@interface CustomTimer : NSObject
@property (strong, nonatomic) NSDate *startTime;
@property (strong, nonatomic) NSTimer *timer;
@end

@implementation CustomTimer

- (void)startTimer {
    self.startTime = [NSDate date];
    self.timer = [NSTimer scheduledTimerWithTimeInterval:1.0
                                                  target:self
                                                selector:@selector(timerFired:)
                                                userInfo:nil
                                                 repeats:YES];
}

- (void)timerFired:(NSTimer *)timer {
    NSDate *currentTime = [NSDate date];
    NSTimeInterval elapsedTime = [currentTime timeIntervalSinceDate:self.startTime];
    NSLog(@"経過時間: %f 秒", elapsedTime);
}

- (void)stopTimer {
    [self.timer invalidate];
    self.timer = nil;
    NSTimeInterval totalElapsedTime = [[NSDate date] timeIntervalSinceDate:self.startTime];
    NSLog(@"合計経過時間: %f 秒", totalElapsedTime);
}

@end

int main(int argc, const char * argv[]) {
    @autoreleasepool {
        CustomTimer *myTimer = [[CustomTimer alloc] init];
        [myTimer startTimer];
        // タイマーを数秒間実行します(実際のアプリケーションではユーザーのアクションによって制御します)
        [[NSRunLoop currentRunLoop] runUntilDate:[NSDate dateWithTimeIntervalSinceNow:5]];
        [myTimer stopTimer];
    }
    return 0;
}

このコードでは、CustomTimerクラスを定義し、タイマーを開始するstartTimerメソッドと、タイマーを停止するstopTimerメソッドを実装しています。

NSTimerを用いて1秒ごとにtimerFired:メソッドが呼び出され、開始時刻からの経過時間が計測されます。

この例では、タイマーを5秒間実行してから停止させていますが、実際のアプリケーションではユーザーの操作や特定のイベントに応じてタイマーを制御することになります。

このコードの実行結果として、コンソールには1秒ごとの経過時間と、タイマー停止時の合計経過時間が表示されます。

これにより、特定のイベントの開始から終了までの時間を正確に計測することができます。

カスタムタイマーの作成により、アプリケーション内での特定のイベントや処理の実行時間を詳細に追跡できるようになります。

これは、パフォーマンスの最適化やユーザー体験の改善において重要な情報となります。

○より詳細な時間計測の実装

Objective-Cでのより詳細な時間計測を行うためには、mach_absolute_time()関数を利用する方法があります。

この関数は、マシンの起動時からの経過時間をナノ秒単位で提供し、非常に高精度な時間計測が可能です。

この機能を用いると、マイクロ秒単位、あるいはそれ以下の精度で時間計測を行うことができるため、高度なパフォーマンス分析や時間に敏感なアプリケーションで有用です。

ここでは、mach_absolute_time()を用いた時間計測のサンプルコードを紹介します。

#import <Foundation/Foundation.h>
#import <mach/mach_time.h>

int main(int argc, const char * argv[]) {
    @autoreleasepool {
        // 計測開始
        uint64_t start = mach_absolute_time();

        // 何らかの処理
        // 例: ループで何かの処理を行う
        for (int i = 0; i < 1000000; i++) {
            // 重い処理の模擬
        }

        // 計測終了
        uint64_t end = mach_absolute_time();

        // 経過時間の計算
        mach_timebase_info_data_t info;
        if (mach_timebase_info(&info) == KERN_SUCCESS) {
            uint64_t elapsedNano = (end - start) * info.numer / info.denom;
            NSLog(@"処理時間: %llu ナノ秒", elapsedNano);
        }
    }
    return 0;
}

このコードでは、mach_absolute_time()関数を使用して、特定の処理の開始時と終了時の時間を取得します。

そして、mach_timebase_info()関数を使用して取得した時間変換情報を用いて、ナノ秒単位の経過時間を計算しています。

この例では、ループ内での処理時間を計測していますが、実際のアプリケーションでは、データベースの問い合わせ、ネットワークリクエスト、複雑なアルゴリズムの実行など、さまざまな処理に対してこの方法を適用することができます。

このコードの実行結果として、指定した処理の実行にかかった時間がナノ秒単位でコンソールに表示されます。

mach_absolute_time()を使用することで、Objective-Cにおける時間計測の精度を極めて高くすることが可能になり、アプリケーションのパフォーマンス分析や最適化に大きく貢献します。

まとめ

この記事では、Objective-Cを使用した時間計測の多様な方法について詳細に解説しました。

プログラミング初心者から上級者まで、さまざまなレベルの開発者がObjective-Cで効果的に時間計測を行うための知識とスキルを身につけることができます。

Objective-Cでの時間計測は、アプリケーションのパフォーマンス最適化、ユーザー体験の向上、そして問題解決のための重要なステップです。

この記事で紹介した方法とテクニックを活用することで、初心者から上級者までのエンジニアがObjective-Cの時間計測をマスターし、より高品質なアプリケーション開発を実現することができます。

プログラミングでは、時間は常に重要な要素であり、それを正確に計測し理解することが、効率的かつ効果的な開発への鍵となるのです。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。