C言語のunionを完全理解するための9つのステップ

C言語のunionの詳細な解説とサンプルコードC言語
この記事は約14分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

C言語は多くのプログラマーが最初に学ぶ、パワフルなプログラミング言語です。

その中にある「union」という特性を理解することは、効率的なプログラミングスキルを磨くために重要なステップとなります。

しかし、「union」は初心者にとって難解なコンセプトの一つでもあります。

そのため、この記事では、C言語のunionを理解し、活用するための9つのステップを詳しく解説します。

サンプルコードと応用例も満載。この記事を読むことで、あなたもunionの使い方をマスターできるでしょう。

●C言語とは

C言語は、1970年代初頭にベル研究所で開発されたプログラミング言語であり、UNIXオペレーティングシステムの開発に広く使われました。

その性能と柔軟性から、オペレーティングシステム、組み込みシステム、そして大規模なアプリケーションの開発に至るまで、幅広い分野で使用されています。

●unionとは

unionは、C言語におけるデータ型の一つであり、複数の異なるデータ型を同一のメモリ領域に保存するためのデータ構造です。

これにより、メモリの効率的な使用が可能となります。

○unionの基本的な構造

unionは次のような基本的な構造を持っています。

union ユニオン名 {
    データ型1 メンバ名1;
    データ型2 メンバ名2;
    .
    .
    データ型n メンバ名n;
};

このコードでは、unionの基本的な構造を表しています。

この例では、ユニオン名という名前のunionを定義し、データ型1からデータ型nまでのメンバを持つことを表しています。

同一のメモリ領域に複数のメンバを持つため、union内の全てのメンバが同時には存在できません。

つまり、新しいメンバに値を代入すると、前のメンバの値は上書きされます。

●unionの使い方

unionの使い方は、基本的にstructと似ていますが、異なるデータ型の変数を同じメモリ領域に格納する点が異なります。

これにより、メモリの使用効率を高めることが可能になります。

○サンプルコード1:基本的なunionの使い方

次に、unionの基本的な使い方を表すサンプルコードを見てみましょう。

#include <stdio.h>

union Data {
    int i;
    float f;
    char str[20];
};

int main( ) {
    union Data data;        

    data.i = 10;
    printf( "data.i : %d\n", data.i);

    data.f = 220.5;
    printf( "data.f : %.2f\n", data.f);

    strcpy(data.str, "C Programming");
    printf( "data.str : %s\n", data.str);

    return 0;
}

このコードでは、unionを使って整数、浮動小数点数、文字列を同じメモリ領域に保存しています。

この例では、それぞれのデータ型に値を代入し、その後すぐに出力しています。

ですので、出力結果は代入した値になります。

しかし、全ての値を代入した後で出力すると、最後に代入された値だけが出力され、他の値は上書きされてしまいます。

これは、unionが同一のメモリ領域を共有するためです。

○サンプルコード2:unionとstructの違い

unionとstructの違いを理解するためのサンプルコードを見てみましょう。

#include <stdio.h>

union UnionData {
    int i;
    float f;
};

struct StructData {
    int i;
    float f;
};

int main() {
    union UnionData udata;
    struct StructData sdata;

    printf("Size of UnionData: %lu\n", sizeof(udata));
    printf("Size of StructData: %lu\n", sizeof(sdata));

    return 0;
}

このコードでは、unionとstructのサイズの違いを表しています。

この例では、unionとstructの両方に整数と浮動小数点数を持たせ、それぞれのサイズを出力しています。

出力結果を見ると、unionのサイズは大きいデータ型のサイズになり、structのサイズは全てのデータ型のサイズの合計になります。

これは、unionがメモリを共有するのに対し、structが各メンバーごとに異なるメモリ領域を持つためです。

○サンプルコード3:unionの応用例

次に、unionの応用例を示すサンプルコードを見てみましょう。

#include <stdio.h>

union Data {
    int i;
    char ch[2];
};

int main( ) {
    union Data data;

    data.ch[0] = 'H';
    data.ch[1] = 'i';

    printf("data.i : %d\n", data.i);

    return 0

;
}

このコードでは、文字列を整数として扱う方法を表しています。

この例では、’H’と’i’をそれぞれ文字としてunionに格納し、その後、同じunionの整数として出力しています。

このとき、出力される整数は’H’と’i’のASCII値に基づく数値になります。

これはunionが異なるデータ型の値を同一のメモリ領域で共有することを利用した応用例です。

●unionの応用例

unionは、メモリの効率的な利用だけでなく、型間の変換、エンディアンの変換、パディングの制御など、さまざまな応用例があります。

それでは、いくつかの応用例とそれらを実現するためのサンプルコードを表します。

○サンプルコード4:異なるデータ型を共有するunion

下記のサンプルコードは、1つの値を異なるデータ型で表現するためにunionを使った例です。

#include <stdio.h>

union Data {
    int i;
    float f;
};

int main( ) {
    union Data data;

    data.f = 3.14;
    printf("As float: %.2f\n", data.f);
    printf("As int: %d\n", data.i);

    return 0;
}

このコードでは、3.14という値をfloatとしてunionに格納しています。

その後、同じunionのfloatとして、そしてintとして出力しています。

floatとして出力したときは、格納した値そのものが出力されますが、intとして出力したときは、3.14のビット表現を整数として解釈した値が出力されます。

このコードを実行すると、次のような結果が得られます。

As float: 3.14
As int: 1078523331

○サンプルコード5:ビットフィールドとunionを組み合わせた例

unionをビットフィールドと組み合わせることで、特定のビットの操作や解釈を容易に行うことができます。

下記のサンプルコードでは、1バイトのデータをビットフィールドとして操作する例を表しています。

#include <stdio.h>

union Data {
    unsigned char byte;
    struct {
        unsigned char b0:1;
        unsigned char b1:1;
        unsigned char b2:1;
        unsigned char b3:1;
        unsigned char b4:1;
        unsigned char b5:1;
        unsigned char b6:1;
        unsigned char b7:1;
    } bits;
};

int main( ) {
    union Data data;

    data.byte = 0b10101010;
    printf("As byte: %d\n", data.byte);
    printf("As bits: %d%d%d%d%d%d%d%d\n", data.bits.b7, data.bits.b6, data.bits.b5, data.bits.b4, data.bits.b3, data.bits.b2, data.bits.b1, data.bits.b0);

    return 0;
}

このコードでは、ビットパターン10101010をunsigned charとしてunionに格納しています。

その後、同じunionのunsigned charとして、そして各ビットとして出力しています。

unsigned charとして出力したときは、格納した値そのものが出力されますが、各ビットとして出力したときは、各ビットの値がそれぞれ出力されます。

このコードを実行すると、次のような結果が得られます。

As byte: 170
As bits: 10101010

○サンプルコード6:unionを使ったエンディアン変換

unionはエンディアン変換にも使われます。

下記のサンプルコードでは、4バイトの整数のエンディアンを変換する例を表しています。

#include <stdio.h>

union Data {
    int i;
    unsigned char c[4];
};

int main( ) {
    union Data data;

    data.i = 0x12345678;
    printf("Big endian: %02x%02x%02x%02x\n", data.c[0], data.c[1], data.c[2], data.c[3]);

    return 0;
}

このコードでは、0x12345678という整数をintとしてunionに格納しています。

その後、同じunionの各バイトを逆順に出力しています。

この出力結果は、0x12345678をビッグエンディアンで表現したものになります。

このコードを実行すると、次のような結果が得られます。

Big endian: 12345678

以上のように、unionはメモリの効率的な利用だけでなく、型間の変換、エンディアンの変換、パディングの制御など、さまざまな応用が可能です。

●unionの注意点と対処法

C言語のunionは多くの場面で役立つ強力なツールですが、正しく使わなければ思わぬ問題を引き起こす可能性があります。

そのような問題を避けるためには、次の注意点と対処法を理解することが重要です。

○注意点1:異なる型間でのデータ共有

最初の注意点は、unionで異なる型間でデータを共有する際の問題です。

unionを使用すると、異なる型のデータを一つのメモリ領域に格納できますが、異なる型間で無闇にデータを共有すると、意図しない結果を得ることがあります。

たとえば、次のコードでは、int型のデータを格納した後に、float型としてそのデータを表示しようとしています。

#include <stdio.h>

union Data {
    int i;
    float f;
};

int main() {
    union Data data;

    data.i = 10;
    printf("As float: %f\n", data.f);

    return 0;
}

このコードでは、”10″という整数をunionに格納しています。

その後、同じunionのfloatとして出力しようとしています。

ただし、”10″のビット表現を浮動小数点数として解釈した値が出力されるため、”10.0″とは異なる値が表示されます。

このように、異なる型間でデータを共有すると、予期せぬ結果を得ることがあります。

対処法としては、異なる型間でデータを共有する際には、その型の特性とビット表現を理解していることが重要です。

また、データを共有する際には、その結果がどのようになるかを必ず確認するようにしましょう。

○注意点2:unionのサイズ

unionのサイズは、そのメンバの中で最大のものとなります。

しかし、これはunionの全てのメンバが同時にそのサイズを占有しているわけではありません。

実際には、どのメンバが最後に書き込まれたかによって、その時点でのunionの内容が決まります。

たとえば、次のコードでは、最初にint型のデータを格納し、その後でshort型のデータを格納しています。

#include <stdio.h>

union Data {
    int i;
    short s;
};

int main() {
    union Data data;

    data.i = 30000;
    printf("As int: %d\n", data.i);
    data.s = 10;
    printf("As int: %d\n", data.i);

    return 0;
}

このコードでは、”30000″という整数をunionに格納した後、同じunionのshort型に”10″を格納しています。

しかし、この操作により、元のint型のデータは上書きされ、unionの内容はshort型の”10″になります。

対処法としては、unionのメンバを適切に管理し、上書きを避けるようにしましょう。

また、unionのメンバのサイズと特性を理解して、適切なデータ型を選択することも重要です。

以上の2つの注意点を理解し、対処法を適切に活用することで、C言語のunionをより効果的に活用することができます。

●unionのカスタマイズ方法

これまでに学んだ基本的なunionの使い方をさらに拡張し、プログラムの効率化や複雑な問題解決に活用できるカスタマイズ方法を見ていきましょう。

○サンプルコード7:構造体とunionの組み合わせ

最初に、構造体(struct)とunionを組み合わせたカスタマイズ方法を見ていきます。

下記のコードは、構造体内にunionを含む例を表しています。

#include <stdio.h>

typedef union {
    float weight;
    int size;
} Property;

typedef struct {
    char name[20];
    Property property;
} Item;

int main() {
    Item apple;
    apple.property.weight = 120.5;

    printf("appleの重量: %f\n", apple.property.weight);

    return 0;
}

このコードでは、unionを用いて重量とサイズを一つの変数で管理しています。

また、構造体を使用することで、アイテム名とそのプロパティをまとめて管理しています。

この例では、リンゴの重量を設定し、出力しています。

このようなunionとstructの組み合わせを用いることで、プログラム内のデータ管理をより柔軟に行うことが可能となります。

○サンプルコード8:関数ポインタとunionの組み合わせ

次に、関数ポインタとunionを組み合わせることで、さまざまなデータ型の関数を一つのunionで管理する方法を見てみましょう。

#include <stdio.h>

union func_union {
    void (*print_char)(char c);
    void (*print_int)(int i);
};

void print_char_func(char c) {
    printf("%c\n", c);
}

void print_int_func(int i) {
    printf("%d\n", i);
}

int main() {
    union func_union func;

    func.print_char = print_char_func;
    func.print_char('A');

    func.print_int = print_int_func;
    func.print_int(100);

    return 0;
}

このコードでは、関数ポインタを使用してchar型とint型の出力関数を同一のunionで管理しています。

このように関数ポインタとunionを組み合わせることで、多様な関数を一つのunionで管理することが可能となります。

これらのカスタマイズ方法を利用することで、C言語のunionをより深く理解し、より多様な問題解決に活用できるようになります。

まとめ

この記事では、C言語のunionを理解し、活用するためのステップを詳しく解説しました。

基本的な使い方から、注意点、そしてカスタマイズ方法まで、これを読めばunionの使い方をマスターできるはずです。

サンプルコードを試しながら理解を深めていくことで、プログラミングスキルがさらに上達します。

これからもC言語の学習を続け、その力を存分に発揮してください。