【C言語入門】sscanf関数の詳細ガイドと7つの実用的な使い方

C言語のsscanf関数の詳細ガイドと実用的な使い方 C言語

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

プログラミング言語Cは、そのパワフルな機能性とポータビリティの高さから、様々なアプリケーション開発において広く利用されています。

C言語の強力な関数の一つに、sscanf関数があります。

この記事では、C言語初心者でも理解できるように、sscanf関数の詳細なガイドと実用的な使い方について解説します。

●sscanf関数とは

sscanf関数は、C言語の標準ライブラリに含まれる関数の一つで、文字列からデータを読み込む役割を持ちます。

関数名の”sscanf”は、「文字列(String)からフォーマットされたスキャン(Scan)」を行う、という意味です。

つまり、sscanf関数を使うと、特定のフォーマットに従ったデータを文字列から取り出すことができます。

●sscanf関数の基本的な使い方

sscanf関数の使い方は次の通りです。

ここでは2つのサンプルコードで、文字列と数値の読み込み方を解説します。

○サンプルコード1:基本的な文字列の読み込み

このコードでは、sscanf関数を使って文字列から文字列を読み込む例を表しています。

この例では、元の文字列から一部分を切り出しています。

#include <stdio.h>

int main() {
    char str[100] = "Hello, World!";
    char buffer[50];

    sscanf(str, "%s", buffer);
    printf("%s\n", buffer);

    return 0;
}

このコードを実行すると、出力結果は”Hello,”となります。

これは、sscanf関数がスペースや改行、タブなどをデフォルトの区切り文字と認識し、それに基づいて文字列を読み込むからです。

○サンプルコード2:数値の読み込み

次に、sscanf関数を使って文字列から数値を読み込む例を紹介します。

この例では、文字列から整数を抽出しています。

#include <stdio.h>

int main() {
    char str[100] = "12345";
    int num;

    sscanf(str, "%d", &num);
    printf("%d\n", num);

    return 0;
}

このコードを実行すると、出力結果は12345となります。

ここでは”%d”というフォーマット指定子を使用して整数を読み込んでいます。

●sscanf関数の応用例

さらに、sscanf関数はその柔軟性から、様々な応用が可能です。

ここでは、複数の数値を一度に読み込む例や、フォーマット指定子を用いた読み込み、エラーハンドリング、ユーザー入力のパース、日付と時刻の読み込みなど、5つの応用例を紹介します。

○サンプルコード3:複数の数値を一度に読み込む

このコードでは、複数の数値を一度に読み込む方法を表します。

この例では、カンマ区切りの数値をそれぞれ個別に取得しています。

#include <stdio.h>

int main() {
    char str[100] = "123,456,789";
    int num1, num2, num3;

    sscanf(str, "%d,%d,%d", &num1, &num2, &num3);
    printf("%d %d %d\n", num1, num2, num3);

    return 0;
}

このコードを実行すると、出力結果は”123 456 789″となります。

ここでは”%d,%d,%d”というフォーマット指定子を用いて3つの整数を読み込んでいます。

○サンプルコード4:フォーマット指定子を用いた読み込み

このコードでは、フォーマット指定子を用いた読み込み方を紹介します。

この例では、文字列から整数と浮動小数点数を一度に取得しています。

#include <stdio.h>

int main() {
    char str[100] = "123 456.789";
    int num;
    float dec;

    sscanf(str, "%d %f", &num, &dec);
    printf("%d %.3f\n", num, dec);

    return 0;
}

このコードを実行すると、出力結果は”123 456.789″となります。

ここでは”%d %f”というフォーマット指定子を用いて整数と浮動小数点数を読み込んでいます。

○サンプルコード5:エラーハンドリング

このコードでは、sscanf関数のエラーハンドリングの方法を紹介します。

この例では、入力文字列が数値であることを確認しています。

#include <stdio.h>

int main() {
    char str[100] = "123abc";
    int num;
    int ret;

    ret = sscanf(str, "%d", &num);

    if (ret == 1) {
        printf("%d\n", num);
    } else {
        printf("Invalid input\n");
    }

    return 0;
}

このコードを実行すると、出力結果は”Invalid input”となります。

ここでは、sscanf関数が正常に数値を読み込めたかどうかをチェックしています。

もしsscanf関数が正常に読み込みを行えば1を返すので、それを元にエラーハンドリングを行っています。

○サンプルコード6:ユーザー入力のパース

このコードでは、ユーザーからの入力を解析する方法を紹介します。

この例では、ユーザーからのコマンドライン引数を解析しています。

#include <stdio.h>

int main(int argc, char *argv[]) {
    int num1, num2;

    if (argc == 3) {
        sscanf(argv[1], "%d", &num1);
        sscanf(argv[2], "%d", &num2);
        printf("%d %d\n", num1, num2);
    } else {
        printf("Please enter two numbers.\n");
    }

    return 0;
}

このコードを実行すると、出力結果はユーザーが入力した2つの数値になります。

もしユーザーが2つの数値を入力しなければ、”Please enter two numbers.”というメッセージが表示されます。

○サンプルコード7:日付と時刻の読み込み

このコードでは、日付と時刻の読み込み方を紹介します。

この例では、文字列から日付と時刻を取得しています。

#include <stdio.h>

int main() {
    char str[100] = "2023/07/29 12:34:56";
    int year, month, day, hour, min, sec;

    sscanf(str, "%d/%d/%d %d:%d:%d", &year, &month, &day, &hour, &min, &sec);
    printf("%d年%d月%d日 %d時%d分%d秒\n", year, month, day, hour, min, sec);

    return 0;
}

このコードを実行すると、出力結果は”2023年7月29日 12時34分56秒”となります。

ここでは、”%d/%d/%d %d:%d:%d”というフォーマット指定子を用いて日付と時刻を読み込んでいます。

●sscanf関数を使う上での注意点

sscanf関数を使う上での注意点としては、次の2点が挙げられます。

  1. 変数の型とフォーマット指定子の型が一致していないと、不正な動作やクラッシュの原因になることがあります。
    例えば、”%d”というフォーマット指定子を使用してfloat型の変数を読み込もうとすると問題が発生します。
  2. 入力文字列が予期したフォーマットに従っていない場合、想定外の結果を得る可能性があります。
    このため、エラーハンドリングを適切に行うことが重要です。

●sscanf関数のカスタマイズ方法

sscanf関数のカスタマイズ方法として、フォーマット指定子に幅指定子を追加することがあります。

これにより、読み込む文字列の長さを制限することができます。

例えば、次のコードでは、最大10文字までの文字列を読み込むことを指定しています。

#include <stdio.h>

int main() {
    char str[100] = "Hello, World!";
    char buffer[50];

    sscanf(str, "%10s", buffer);
    printf("%s\n", buffer);

    return 0;
}

このコードを実行すると、出力結果は”Hello,”となります。

ここでは”%10s”というフォーマット指定子を用いて10文字までの文字列を読み込んでいます。

まとめ

以上、C言語のsscanf関数について詳しく解説しました。

sscanf関数は、文字列から特定のフォーマットに従ったデータを読み込む強力なツールです。

しかし、その使い方を間違えると予期しない結果を得ることがありますので、変数の型とフォーマット指定子の一致やエラーハンドリングには十分注意してください。

また、応用例を通じて、sscanf関数の使い方がいかに幅広いかを理解していただけたかと思います。

エラーハンドリングから日付と時刻の読み込みまで、sscanf関数は多くの場面で活躍します。

これからC言語を学ぶ皆さん、ぜひsscanf関数をマスターして、より高度なプログラムを作成してください。