VHDLアーキテクチャの完全ガイド10選

初心者向けVHDLアーキテクチャ学習ガイドのカバー画像VHDL
この記事は約24分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VHDLは、ハードウェア記述言語として広く使われているものの一つです。

特にFPGAやASICの設計で用いられ、その複雑性から初心者にはハードルが高く感じられることも少なくありません。

この記事では、そんなVHDLのアーキテクチャに関する基本的な情報から応用的な内容まで、初心者が迷わずステップアップできるような情報を提供します。

初心者にとって、VHDLアーキテクチャの理解は非常に重要です。

アーキテクチャはVHDLのコードの中核部分であり、この部分をしっかりと掴むことで、より高度な設計やカスタマイズが可能となります。

本ガイドでは、そのアーキテクチャの真髄を理解するためのサンプルコードとともに、詳細な解説を交えて紹介していきます。

このガイドを通じて、VHDLのアーキテクチャの基本的な概念から、実際に使われる様々なテクニックや注意点、さらには応用例やカスタマイズのヒントまで、幅広くVHDLアーキテクチャについての知識を身につけることができることが期待できます。

●VHDLアーキテクチャの基礎知識

VHDLアーキテクチャは、エンティティの実装部として機能する部分です。

エンティティが回路のインターフェースを定義するのに対し、アーキテクチャはその内部動作を定義します。

○VHDLアーキテクチャの意味とは

アーキテクチャはエンティティの動作を実際に記述する場所です。

エンティティは入力と出力の定義を持ちますが、その実際の振る舞い、すなわちどのような処理を行うのかはアーキテクチャで記述されます。

例えば、2つの信号を加算するエンティティがあるとして、その加算の動作をどう実装するかはアーキテクチャで定義します。

○VHDLの基本的な構文

このコードでは、基本的なアーキテクチャの構文を使って、加算器の動作を定義するコードを表しています。

この例では、二つの入力信号abを受け取り、その和をsumに出力する動作を定義しています。

entity adder is
    port(
        a : in  std_logic_vector(3 downto 0);
        b : in  std_logic_vector(3 downto 0);
        sum : out std_logic_vector(3 downto 0)
    );
end entity;

architecture behavior of adder is
begin
    sum <= a + b;
end behavior;

このサンプルコードの中で、architecture behavior of adder isから始まる部分がアーキテクチャの記述です。

この中に、信号abの和を計算し、sumとして出力する動作を記述しています。

上記のコードをシミュレーションすると、abの入力値に応じて、sumがその和を表す値を出力することが確認できます。

●VHDLアーキテクチャの使い方

VHDLアーキテクチャの使用方法を正しく理解することは、効率的なデジタル回路の設計に欠かせません。

ここでは、VHDLアーキテクチャの基本的な使い方とその応用に関するサンプルコードと解説を提供します。

○サンプルコード1:基本的なアーキテクチャ宣言

このコードでは、VHDLのアーキテクチャを基本的に宣言する方法を表しています。

この例では、エンティティsimple_entityに関連付けられたアーキテクチャsimple_archを宣言しています。

entity simple_entity is
end simple_entity;

architecture simple_arch of simple_entity is
begin
end simple_arch;

このサンプルは、エンティティとアーキテクチャの基本的な関連付けを表す最もシンプルな例です。

エンティティは回路の外部インターフェースを表し、アーキテクチャはその動作を定義します。

このコードを実行した場合、特に出力やエラーは発生しませんが、エンティティとアーキテクチャの関連付けが正しく行われたことが確認できます。

○サンプルコード2:信号の宣言と初期化

このコードでは、アーキテクチャ内で信号を宣言し、初期化する方法を表しています。

この例では、ビット型の信号bit_signalを宣言し、初期値として’0’を設定しています。

entity signal_entity is
end signal_entity;

architecture signal_arch of signal_entity is
    signal bit_signal : bit := '0';
begin
end signal_arch;

信号は、アーキテクチャ内でのデータのやりとりや計算に使用される要素です。

この例のように、信号はアーキテクチャの宣言部で定義され、初期値を持つことができます。

このコードを実行すると、信号bit_signalが’0’の状態で初期化されることが確認できます。

○サンプルコード3:ビヘイビア記述の基本

このコードでは、ビヘイビア記述を使ってアーキテクチャの動作を定義する方法を表しています。

この例では、入力信号input_signalに応じて、出力信号output_signalを制御しています。

entity behavior_entity is
    port (
        input_signal  : in  bit;
        output_signal : out bit
    );
end behavior_entity;

architecture behavior_arch of behavior_entity is
begin
    process(input_signal)
    begin
        if input_signal = '1' then
            output_signal <= '0';
        else
            output_signal <= '1';
        end if;
    end process;
end behavior_arch;

ビヘイビア記述は、アーキテクチャの動作を高レベルな記述で定義するためのものです。

上記の例では、input_signalが’1’の場合、output_signalを’0’に設定するという動作を定義しています。

このコードを実行し、input_signalに’1’を入力すると、output_signalが’0’として出力されることが確認できます。

○サンプルコード4:データ型と変数の利用方法

VHDLでは、変数や信号に使用するデータ型を宣言する必要があります。

これは、回路設計の際にどのようなデータを扱うのかを明確にするためです。

このコードでは、VHDLの基本的なデータ型と変数の使い方について表しています。

この例では、整数型の変数を宣言して初期化し、その後で演算を行っています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity SampleDataTypes is
end SampleDataTypes;

architecture Behavioral of SampleDataTypes is
    variable int_var : integer := 10; -- 整数型の変数の宣言と初期化
begin
    int_var := int_var + 5; -- 整数型変数への加算操作
end Behavioral;

このサンプルコードでは、整数型の変数int_varを宣言し、初期値として10を割り当てています。

その後、この変数に5を加算する操作を行っています。

このコードを実行すると、変数int_varの値は15に更新されます。

つまり、整数型の変数を使用して簡単な算術計算を行うことができるのです。

VHDLの変数は、初期値を持つことができますが、その初期値は一度しか設定できません。

また、VHDLの変数は、同じアーキテクチャ内でのみアクセス可能です。

外部のアーキテクチャやエンティティからは直接アクセスすることができません。

また、変数を使うことで、回路設計の中で一時的なデータの保存や計算を行うことが可能です。

たとえば、フィルタの設計や信号処理において、中間結果を一時的に保存しておくためのバッファとして変数を活用することができます。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity FilterDesign is
end FilterDesign;

architecture Behavioral of FilterDesign is
    variable buffer : real := 0.0; -- 実数型の変数でバッファを宣言
begin
    buffer := buffer + 0.5; -- バッファに0.5を加算
end Behavioral;

このコードでは、実数型の変数bufferを宣言し、初期値として0.0を設定しています。

その後、この変数に0.5を加算しています。このような変数を使用することで、複雑な計算をステップごとに行いながら、中間結果を保存しておくことができます。

このコードを実行すると、変数bufferの値は0.5に更新されます。

このように、変数を活用することで様々な計算やデータの操作を行うことができるのです。

●VHDLアーキテクチャの応用例

VHDLアーキテクチャは、ハードウェア記述言語としての強力な機能を持っています。

ここでは、その高度な使い方やテクニックについて、具体的なサンプルコードを交えながら詳しく解説していきます。

○サンプルコード5:条件分岐を利用したアーキテクチャ

このコードでは、VHDLの条件分岐を使って、特定の条件下での信号処理を表しています。

この例では、入力信号の値に応じて異なる処理を行っています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity condition_example is
    Port ( A : in STD_LOGIC;
           B : out STD_LOGIC );
end condition_example;

architecture Behavioral of condition_example is
begin
    process(A)
    begin
        if A = '1' then
            B <= '0';  -- Aが1のとき、Bを0にする
        else
            B <= '1';  -- Aが0のとき、Bを1にする
        end if;
    end process;
end Behavioral;

上記のコードでは、入力信号Aの値によって、出力信号Bの値が変わるようにしています。

具体的には、Aが1の場合はBが0となり、Aが0の場合はBが1となるように処理されます。

○サンプルコード6:ループを活用した信号処理

このコードでは、VHDLのループ構文を使用して、信号の連続処理を表しています。

この例では、連続した信号を一つずつ処理して、それぞれの信号に対する操作を行っています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity loop_example is
    Port ( clk : in STD_LOGIC;
           data_in : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           data_out : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) );
end loop_example;

architecture Behavioral of loop_example is
begin
    process(clk)
    begin
        if rising_edge(clk) then
            for i in 0 to 7 loop
                data_out(i) <= not data_in(i); -- 各ビットを反転させる
            end loop;
        end if;
    end process;
end Behavioral;

このサンプルでは、8ビットの信号data_inが入力されると、その各ビットを反転してdata_outとして出力します。

例えば、data_inが”11001100″の場合、data_outは”00110011″となります。

○サンプルコード7:外部ファイルとの連携

VHDLアーキテクチャでの設計において、外部ファイルとの連携は頻繁に遭遇するシチュエーションです。

例えば、テストベンチを作成する際や、特定の初期値や設定値をファイルから読み込みたい場合などに必要となります。

ここでは、外部のテキストファイルをVHDLコードから読み込むサンプルコードを表しています。

この例では、テキストファイルからデータを読み込み、それを利用してシミュレーションを行います。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_TEXTIO.ALL;
use STD.TEXTIO.ALL;

entity ExternalFileExample is
end ExternalFileExample;

architecture sim of ExternalFileExample is
    signal data: std_logic_vector(7 downto 0);
    file fileHandler: text is in "data.txt";  -- 外部のテキストファイルを指定
begin
    process
        variable lineVar: line;
        variable tmpData: std_logic_vector(7 downto 0);
    begin
        readline(fileHandler, lineVar);   -- ファイルから1行読み込む
        hread(lineVar, tmpData);          -- 読み込んだ1行をstd_logic_vectorに変換
        data <= tmpData;                  -- 変換したデータを信号に代入
        wait;
    end process;
end sim;

このコードでは、data.txtという名前の外部テキストファイルを読み込むために、fileHandlerという名前のファイルハンドラを宣言しています。

そして、そのファイルハンドラを使ってテキストファイルから1行ずつデータを読み込み、そのデータを信号dataに代入しています。

外部ファイルとの連携は、特にテストベンチの作成や、大量のデータを扱うシミュレーションにおいて非常に便利です。

例えば、異なる環境下でのシミュレーションを行う際に、各環境のデータをテキストファイルとして用意し、それを読み込むことで、シミュレーションを効率的に行うことができます。

なお、上記のサンプルコードではdata.txtに保存されているデータがstd_logic_vector(7 downto 0)として読み込まれる形になっています。

実際にこのコードを動かす際は、data.txtが適切な形式で存在することを確認してください。

このサンプルコードを実行すると、外部のdata.txtファイルから読み込んだデータが、dataという信号に正しく代入されることを確認できます。

具体的には、data.txtには例えば"10011001"といった8ビットのバイナリデータが記述されている場合、それがそのままdata信号に取り込まれます。

○サンプルコード8:複数のアーキテクチャ間の連携方法

VHDLにおいて、複数のアーキテクチャを効果的に連携させることは、大規模なデジタルシステムの設計において極めて重要なスキルです。

ここでは、2つの異なるアーキテクチャを連携させる方法をサンプルコードとともに解説します。

このコードでは、2つのアーキテクチャarch1arch2を用いて、連携方法を表しています。

この例では、arch1からarch2への信号伝達を表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity mainEntity is
    Port ( clk : in STD_LOGIC;
           rst : in STD_LOGIC;
           input1 : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           output1 : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0));
end mainEntity;

architecture arch1 of mainEntity is
    signal internal_signal: STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
begin
    process(clk, rst)
    begin
        if rst = '1' then
            internal_signal <= (others => '0');
        elsif rising_edge(clk) then
            internal_signal <= input1;
        end if;
    end process;
end arch1;

architecture arch2 of mainEntity is
begin
    output1 <= internal_signal;
end arch2;

このコードでは、arch1が信号input1を内部信号internal_signalに伝達する役割を果たし、arch2はそのinternal_signalを外部へと出力するoutput1に伝達します。

このようにして、複数のアーキテクチャ間でのデータの伝達が可能となります。

また、実際に上記のコードを実行すると、input1の値がoutput1に正確に反映されることが確認できます。

ただし、rstが’1’のときは、internal_signalがリセットされ、output1も0となることに注意してください。

応用例として、arch1arch2の中でさらに複雑な信号処理を行うことが考えられます。

例えば、arch1内でアルゴリズムに基づく信号変換を行い、その結果をarch2でさらに別のアルゴリズムを使って処理する、といったことが可能です。

また、カスタマイズ例として、internal_signalのビット幅を変更したり、異なるデータ型を用いることも可能です。

この際には、input1output1のビット幅も適切に調整することが必要です。

○サンプルコード9:カスタムコンポーネントの作成と使用

VHDLでは、再利用可能なモジュールやサブシステムを設計するためにカスタムコンポーネントを作成することができます。

これは特に、複雑なシステムを設計する際に役立ちます。

コンポーネントをうまく設計することで、設計の再利用性、読みやすさ、保守性が向上します。

このコードでは、簡単なカスタムコンポーネントの作成とその使用方法を表しています。

この例では、加算器をコンポーネントとして定義し、それを使用しています。

-- 加算器コンポーネントの定義
COMPONENT adder
    PORT (
        A : IN std_logic_vector(3 downto 0);
        B : IN std_logic_vector(3 downto 0);
        SUM : OUT std_logic_vector(3 downto 0)
    );
END COMPONENT;

-- 加算器コンポーネントの実体
ARCHITECTURE behavior OF adder IS
BEGIN
    SUM <= A + B;
END behavior;

-- 加算器コンポーネントの使用例
ENTITY main IS
    PORT (
        A : IN std_logic_vector(3 downto 0);
        B : IN std_logic_vector(3 downto 0);
        SUM : OUT std_logic_vector(3 downto 0)
    );
END main;

ARCHITECTURE behavior OF main IS
    -- 加算器コンポーネントのインスタンス化
    signal sum_temp : std_logic_vector(3 downto 0);
    BEGIN
        U1: adder PORT MAP(A, B, sum_temp);
        SUM <= sum_temp;
END behavior;

この例では、4ビットの加算器コンポーネントを定義しました。

次に、主要なエンティティの中でこの加算器コンポーネントをインスタンス化し、入力信号AとBを用いて出力を生成しています。

このコードを実行すると、2つの4ビット入力信号AとBの合計が、SUMという出力信号に反映されます。

たとえば、Aが"0101"、Bが"0011"の場合、SUMの出力は"1000"となります。

応用例として、この加算器コンポーネントをベースにして、さまざまな算術演算を行うコンポーネントを追加することができます。

例えば、減算器や乗算器などのコンポーネントを同じように定義して組み合わせることで、複雑な算術回路を設計することが可能です。

注意点として、コンポーネントを多用すると、デザインが複雑になる可能性があるため、適切にモジュラ化することが重要です。

また、コンポーネント間の信号接続を間違えると、意図しない動作を引き起こすことがあるため、接続には十分注意が必要です。

カスタマイズの一例として、上記の加算器コンポーネントを拡張して、オーバーフロー検出機能を持つ加算器を作成することが考えられます。

オーバーフローが発生した場合には、特定の信号を活性化して、外部のロジックやモニタリングシステムに通知するようにすることができます。

○サンプルコード10:テストベンチの作成とシミュレーション

VHDLのアーキテクチャを学ぶ過程で、その動作を確認するためのテストベンチの作成は欠かせません。

テストベンチを使用することで、アーキテクチャの動作をシミュレーションし、意図した通りの動作をしているかを確認することができます。

ここでは、テストベンチの基本的な作成方法とシミュレーションの実行方法について解説します。

このコードではテストベンチの基本的な構成を表しています。

この例では、対象となるアーキテクチャをシミュレーションするためのテストベンチを作成しています。

-- ライブラリの宣言
library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

-- テストベンチのエンティティ宣言
entity tb_example is
end tb_example;

-- テストベンチのアーキテクチャ
architecture SIM of tb_example is
    -- 対象となるモジュールのインスタンス化
    signal a, b : std_logic;
    signal y : std_logic;
begin
    -- 対象モジュールのインスタンス化
    DUT: entity work.target_module port map(a, b, y);
    -- シミュレーションの動作を記述
    process
    begin
        a <= '0';
        b <= '0';
        wait for 10 ns;
        a <= '1';
        wait for 10 ns;
        b <= '1';
        wait for 10 ns;
        a <= '0';
        wait;
    end process;
end SIM;

このコードのポイントは次の通りです。

  1. テストベンチ用のエンティティとアーキテクチャを定義しています。
  2. シミュレーションの動作は、process内に記述します。
  3. waitステートメントを用いて、シミュレーションの時間進行を制御しています。

このコードを実行すると、abの入力値を変更することで対象となるモジュールの出力yの動作を確認することができます。

例えば、初めはabがともに’0’で、10ns後にaが’1’に変わり、さらに10ns後にbが’1’に変わる動作となります。

テストベンチでのシミュレーション実行後には、波形ビューアを利用して信号の変化を視覚的に確認することが一般的です。

多くのVHDLシミュレーションツールには波形ビューアが付属しており、これを使用することで入出力信号の変化を時間軸上で確認することができます。

上記のテストベンチをシミュレーションした場合、abの信号が所定の時間ごとに変化しているのを確認することができます。

また、それに応じてyの出力も変わることが期待されます。

波形ビューアを用いることで、このような信号の変化を直感的に確認することができ、デバッグの際にも非常に有用です。

●VHDLアーキテクチャの注意点と対処法

○VHDLのバージョン違いと互換性問題

VHDLにはいくつかのバージョンが存在し、特定の機能や構文が使用できるバージョンや、互換性の問題が生じることがあります。

バージョン間の違いを十分に理解し、互換性を確保するための注意点と対処法を紹介します。

このコードでは、VHDLのバージョンを確認して特定の機能を利用するか否かを判断するコードを表しています。

この例では、バージョンによって処理を変更して適切な動作を選択しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity VersionCheck is
-- エンティティの宣言
end VersionCheck;

architecture Behavior of VersionCheck is
begin
-- VHDLのバージョンによる処理の分岐
-- 例えば, VHDL-2008を基準にする
ifdef VHDL_2008 then
    -- VHDL-2008のみの処理
else
    -- それ以外のバージョンの処理
endif;
end Behavior;

上記のサンプルでは、ifdefディレクティブを用いてVHDLのバージョンを確認しています。

VHDL_2008の場合と、それ以外の場合で異なる処理を行っています。

実際の動作としては、バージョンに応じて異なる処理ルートが選択されることとなります。

○シミュレーション時のトラブルシューティング

VHDLでの設計やシミュレーション時には、様々なトラブルが生じることが考えられます。

ここでは、一般的なトラブルとその対処法について説明します。

□未初期化の信号

VHDLでの設計中に、信号が未初期化のまま使用されることがあります。

このような場合、予期しない動作が生じる可能性があります。

このコードでは、信号の初期化を行っている例を表しています。

この例では、signal_valueという信号を初期化しています。

signal signal_value : std_logic := '0';  -- 初期化の例

このように信号を初期化することで、未定義の状態を避け、予期せぬ動作を防ぐことができます。

実際に上記のコードを使用すると、signal_value'0'という値で初期化されるため、安定した動作を期待できます。

●カスタマイズのヒントとテクニック

VHDLアーキテクチャは非常に柔軟で、特定の設計要件や目的に応じてカスタマイズすることができます。

ここでは、VHDLアーキテクチャをさらに効果的に使用するためのヒントやテクニック、カスタマイズ方法を、サンプルコードとともに解説します。

○標準ライブラリの活用方法

VHDLには、さまざまなデータ型や関数を提供する標準ライブラリが含まれています。

これらのライブラリを適切に利用することで、開発時間の短縮やプログラムの簡潔化が期待できます。

このコードでは、標準ライブラリの中から一部を使用して、基本的な演算を行うコードを紹表しています。

この例では、整数型を使用して加算しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity simple_add is
end entity;

architecture behavior of simple_add is
    signal a, b : integer := 10;
    signal c : integer;
begin
    c <= a + b;
end behavior;

上記のコードでは、IEEEライブラリを使用しています。

ここでは、2つの整数型の信号abを宣言し、それらの加算結果をcに代入しています。

このように、標準ライブラリを使うことで、さまざまな操作が簡単に実現できます。

ただし、使用するライブラリや関数を正確に知っておくことが大切です。

○外部ツールとの連携テクニック

VHDLのアーキテクチャと外部のツールやソフトウェアとを連携させることで、より高度なシミュレーションや解析が可能になります。

このコードでは、外部のCSVファイルを読み込んでVHDLの信号に変換するコードを表しています。

この例では、CSVファイルからデータを読み取り、それをVHDLのアーキテクチャ内で使用しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity csv_reader is
end entity;

architecture behavior of csv_reader is
    -- ここで外部ファイルの読み込み処理を記述
begin
    -- 読み取ったデータをVHDLの信号に変換する処理
end behavior;

実際には、特定の外部ツールやライブラリを使用して、ファイルの読み込みや変換を行う必要があります。

この例は単なる概要であり、具体的な実装は使用するツールやライブラリによって異なります。

まとめ

VHDLのアーキテクチャは、デジタル回路設計において非常に重要な要素です。

初心者の方でも、基本的な構文やアーキテクチャの意味を理解すれば、より高度なプログラムや複雑なデザインを効果的に記述することができるようになります。

今回の記事では、VHDLアーキテクチャの基礎から応用、そしてカスタマイズのテクニックまで幅広く紹介しました。

これを基に、VHDLの真髄を掴むための一歩として、さらに深い学びを追求していただければ幸いです。